機能更新履歴 - Update History -

掲載日付時点での更新内容です。
過去の機能更新履歴はこちらからご確認いただけます。

2020/03/25 

# 755 商品新規登録時の商品画像の保存先が、変わっていたため元に戻しました
対象機能・画面:初期設定「商品画像の保存先をフォルダ化設定:利用する」をご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 商品新規登録 , 商品検索/一覧

機能更新# 728 で、 商品情報更新時の商品画像(商品の自由項目にもたせている画像も含む)に対する挙動を修正しましたが、

これにより、商品新規登録時に画像の変更有無を選択するラジオボタンが表示される画面遷移を辿った場合の
商品画像の保存先が変わっていたため、2020年2月12日(水)のショップ管理ツール本番更新前の挙動に戻しました。

<前提条件> 初期設定「商品画像の保存先をフォルダ化設定:利用する」

■ 2020年2月12日(水)のショップ管理ツール本番更新前
 商品新規登録時は「itemimage/商品コード」フォルダに格納

■ 2020年2月12日(水)のショップ管理ツール本番更新後
 画像の変更有無を選択するラジオボタンが表示される画面遷移を辿り
 ラジオボタンのデフォルト値「変更なし」のまま商品新規登録すると「itemimage」フォルダ直下に格納

 ▼ 画像の変更有無を選択するラジオボタン


■ 商品新規登録時に、画像の変更有無を選択するラジオボタンが表示される画面遷移パターン
 【1】商品新規登録 入力画面にて「確認」ボタン押下
    ⇒ 確認画面にて「戻る」ボタン押下
    ⇒ 入力画面にて、ラジオボタン表示

 【2】商品新規登録 入力画面にて「確認」ボタン押下
    ⇒ 入力画面にてチェックエラーが発生すると、ラジオボタン表示

 【3】商品検索/一覧「コピー」ボタン押下
    ⇒ 入力画面にて、ラジオボタン表示

2020/03/25 

# 754 クレジットカード継続課金(GMOペイメントゲートウェイ)の接続先を、
連携テスト用・本番環境用と分けて設定できるよう初期設定を追加しました
対象機能・画面:定期販売オプション、かつ、クレジットカード継続課金(GMOペイメントゲートウェイ)をご利用の店舗様

クレジットカード継続課金(GMOペイメントゲートウェイ)の接続先を
連携テスト用と本番環境用、それぞれ分けて設定できるよう初期設定を追加しました。

初期設定名 概要
GMOPG継続課金設定(HOST_NAME) 接続先SFTPサーバのIPアドレスを設定
GMOPG継続課金設定(USER_NAME) 接続先SFTPサーバのログインIDを設定
GMOPG継続課金設定(PASSWORD) 接続先SFTPサーバのパスワードを設定
GMOPG継続課金設定(LOCAL_DIRNAME) 店舗側ディレクトリを設定
※非公開 デフォルト値「/WEB-INF」 
GMOPG継続課金設定(FTP_DIRNAME) 送信先ディレクトリを設定
※非公開 デフォルト値「/」 

※連携テスト用の設定は、初期設定名が「テスト用***」になります。

サポートページはこちら

2020/03/18 

# 753 エンドユーザーが、配送間隔指定定期の「次回お届け予定日」を変更する際
非稼働日を考慮するようにしました
対象機能・画面:定期販売オプション と 営業日カレンダーオプション を併用し、配送間隔指定定期をご利用の店舗様
        定期購入商品の情報変更ページ(teiki_renew.xhtml)

エンドユーザーが、マイページより注文している配送間隔指定定期の「次回お届け予定日」を変更する際、
非稼働日が考慮されていなかっため修正しました。

■変更前
【変更日】+【配送希望日指定可能最小日数】+【1日】の日付から「次回お届け予定日」を選択可能

■変更後
【変更日】+【配送希望日指定可能最小日数】+【1日】+【非稼働日分】の日付から「次回お届け予定日」を選択可能

【配送希望日指定可能最小日数】について
 サイト基本情報[配送希望日指定可能最小日数]と 商品登録画面の[配送希望日指定可能最小日数]の
 設定値を比較し、数値の大きい方の値を適用します。

 配送希望日指定可能最小日数の計算方法は 2通りございますが、下に挙げる例ではデフォルトの
 「翌日以降の稼働日より計算」として記載します。計算方法の詳細については、こちらをご覧ください。


■ 例:<前提条件>
   ・エンドユーザーが「次回お届け予定日」を変更する日:2/8
   ・非稼働日:2/9、2/11
   ・配送希望日指定可能最小日数:2日

▼「配送間隔指定定期子受注作成時の非稼働日考慮フラグ:利用しない」の場合
 ・変更前:2/8時点では、「次回お届け予定日」は【2/11】以降を選択可能。
      最短の「次回お届け予定日:2/11」の子受注は、2/9以降のバッチで作成。
 ・変更後:2/8時点では、「次回お届け予定日」は【2/13】以降を選択可能。
      最短の「次回お届け予定日:2/13」の子受注は、2/11以降のバッチで作成。

▼「配送間隔指定定期子受注作成時の非稼働日考慮フラグ:利用する」の場合
 ・変更前:2/8時点では、「次回お届け予定日」は【2/11】以降を選択可能。
      最短の「次回お届け予定日:2/11」の子受注は、2/8以降のバッチで作成。
 ・変更後:2/8時点では、「次回お届け予定日」は【2/13】以降を選択可能。
      最短の「次回お届け予定日:2/13」の子受注は、2/9以降のバッチで作成。

2020/03/18 

# 752 レビュー承認時ポイント付与確認メールで使用できる置換文字
「#SITE_URL#」の出力内容を修正しました
対象機能・画面:商品レビューオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > お店を作る > メールフォーマット登録・照会

メール種類ID 40:レビュー承認時ポイント付与確認メール において
サイトURLを表示する置換文字「#SITE_URL#」が正しく機能していなかったため修正しました。

2020/03/18 

# 751 会員割引情報を含んだ額で「小計」を出力する場合も
ゲスト購入や注文と同時に会員登録した受注を集計するよう修正しました
対象機能・画面:レポートカスタマイズオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > データ解析 > カスタム売上レポート新規登録

機能更新# 734 で適用しました、会員割引情報を含んだ額で「小計」を出力する にチェックすると、
ゲスト購入、もしくは、注文と同時に会員登録した受注が集計対象外となっていたため、集計するよう修正しました。   

2020/03/18 

# 750 商品自由項目の値が指定したパラメータと一致する時のみ
表示するm:idを各ページに追加しました
対象機能・画面:ー

商品自由項目の値が指定したパラメータと一致する時のみ表示するm:idのご用意が無かった箇所について、
m:idを追加しました。

m:id 概要
common.IF_ITEM_FREE_VALUE_MATCH 指定した商品コードで、商品自由項目の値が指定したパラメータと一致する時のみ表示
common.IF_ITEM_OF_CATEGORY_FREE_VALUE_MATCH 現在の「カテゴリに紐づく一覧商品」の商品自由項目の値が指定したパラメータと一致する時のみ表示
m:id='common.LOOP_ITEM_OF_CATEGORY'の中だけで使用

2020/03/18 

# 749 GMOペイメントゲートウェイの 楽天ペイ or キャリア決済で
決済リンクを複数回クリックしたときの挙動を変更しました
対象機能・画面:GMOペイメントゲートウェイの 楽天ペイ or キャリア決済 を「連携番号形式:決済連携ID」でご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > お店を作る > 決済方法    

GMOペイメントゲートウェイの下記リンク型決済において
 ・楽天ペイ
 ・キャリア決済(ドコモケータイ払い・ソフトバンクまとめて支払い(B)・auかんたん決済)

決済方法で、「連携番号形式:決済連携ID」を選択している場合
注文完了ページ、または、注文確定時送信メールの決済リンクを複数回クリックしたときの挙動を変更しました。

■ 変更前
 ebisumart 側では
 ・決済リンクをクリックする度、新しい決済連携IDを採番する。
 ・決済連携IDの履歴を保持せず、最新の決済連携IDのみ保持する。

 ⇒GMOペイメントゲートウェイ側より、最新以外の決済連携IDでebisumart へ結果が返却されると、
 保持する決済連携IDと一致せずエラーになる。

■ 変更後
 ebisumart 側では
 ・決済リンクをクリックする度、新しい決済連携IDを採番する。(変更なし)
 ・決済連携IDの履歴を保持する。

 ⇒GMOペイメントゲートウェイ側より、最新以外の決済連携IDでebisumart へ結果が返却されると、
 保持する決済連携IDの履歴から一致する取引を特定し、受注決済ステータスを更新。

 ※GMOペイメントゲートウェイ側で重複して与信を取っている可能性があるため
  1度、GMOペイメントゲートウェイ側からebisumart へ結果が返却された受注に対し
  異なる決済連携IDで再び結果が返却された場合は、ebisumart 側でエラーにする。

2020/03/18 

# 748 サイト混雑時に表示されるページを、他のエラーと分けて
独自に設定できるよう初期設定を追加しました
対象機能・画面:ー

サイト混雑時に表示する「common_error.htm」は、viewフォルダ下の媒体(userweb/smartphone/mobile)ごとの
共通エラーページ「common_error.xhtml」を毎日1回静的化して作成していますが、

その他エラー発生時にも使われる汎用的なもの* であるため
(* いつ「common_error.xhtml」が表示されるについては、こちらをご覧ください)

初期設定「共通エラーページ静的ファイルバッチ作成フラグ」を「利用しない」とすれば
「common_error.htm」を、「common_error.xhtml」とは異なるデザインに編集し
サイト混雑時専用のページとして保存できるようにしました。
サポートページはこちら

2020/03/11 

# 747 NP後払い(NPコネクトプロ)・NP掛け払い(FREX BtoB)の
受注の「後払いステータス」更新時の挙動を修正しました
対象機能・画面:NP後払い(NPコネクトプロ)・NP掛け払い(FREX BtoB)をご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理

■ NP後払い(NPコネクトプロ)の受注について
 「後払いステータス」が [出荷報告完了] となった場合に「入金区分」にチェックが入るよう修正しました。

■ NP掛け払い(FREX B2B)の受注について
 「後払いステータス」が [請求依頼完了] となった場合に「入金区分」にチェックが入るよう修正しました。

2020/03/11 

# 746 ショップ管理ツールより受注登録・更新時に
受注金額を再計算するか選択できるよう初期設定を追加しました
対象機能・画面:ー

ショップ管理ツールより受注の[登録]・[更新]ボタン押下時に、受注金額を再計算するか選択できるよう、
初期設定「ショップ管理ツール受注変更時金額再計算フラグ」を追加しました。

■ 変更前
 [登録]・[更新]ボタン押下時に、受注金額を再計算

■ 変更後
・ショップ管理ツール受注変更時金額再計算フラグ:利用する(デフォルト値)
 [登録]・[更新]ボタン押下時に、受注金額を再計算(変更前と同じ)

・ショップ管理ツール受注変更時金額再計算フラグ:利用しない
 [登録]・[更新]ボタン押下時に、受注金額の再計算を行わずに受注データを登録・更新

サポートページはこちら

2020/03/11 

# 745 メルマガ画像アップロードメニューを削除しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > プロモーション > メルマガ管理 > メルマガ画像アップロード

2020年2月12日(水)、2月25日(火)に事前案内しておりました
画像ファイルをメルマガに添付する機能の廃止にむけて、メニューを削除しました。

メルマガに画像を組込む場合は、コンテンツ管理 > 画像管理 に画像ファイルを保存し
HTMLコンテンツ内で画像ファイルの絶対パスを指定、リンクで表示させてください。

※メニュー削除前に、メルマガ配信画像アップロードよりアップロード済みの画像を絶対パスで表示することはできかねます。


■ 廃止スケジュール
・2020年3月10日(火)のショップ管理ツール本番更新時
 メルマガ画像アップロードメニュー削除
・2020年4月末頃 ※確定日付は、4月半ばの事前案内でご連絡します
 メルマガ画像アップロードよりアップロードしたデータ自体を削除


■ 4月末頃の、アップロードしたデータ自体の削除前
・メニュー削除前に、メルマガ画像アップロードよりアップロード済みの画像は
 HTMLコンテンツに <img src="CID:ファイル名" /> と記述し、組込むことは可能です。

■ 4月末頃の、アップロードしたデータ自体の削除後
・エンドユーザー側で、受信済みのメールの画像ファイルはご覧いただけます。

・「メルマガコンテンツ検索/一覧」や「メルマガ配信コンテンツレポート」より
 過去、<img src="CID:ファイル名" /> を用いたHTMLコンテンツの画像は確認できなくなります。


※ご確認のお願い※
2020年4月末頃のデータ自体の削除後は、メルマガ画像ファイルを復元できなくなります。
店舗様側で必要な画像ファイルがあれば、それまでに下記いずれかの方法により保管ください。

●「メルマガ画像検索」より、保存したいファイルを「表示」し右クリック後「名前を付けて画像を保存」より保存

<img src="CID:ファイル名" /> としてHTMLコンテンツに記述し、店舗管理者や貴社内の担当部署宛にメルマガ配信

2020/03/04 

# 744 入荷お知らせメールの配信区分が「メール配信管理から1件ずつ配信」の場合の
集計方法を 変更しました
対象機能・画面:入荷お知らせオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > プロモーション > 入荷お知らせ管理

下記メールフォーマットが「メール配信区分:メール配信管理から1件ずつ配信」の場合の
入荷お知らせ管理画面における「配信済み数」の集計方法を変更しました。

 ・メール種類ID 33:入荷お知らせメール
 ・メール種類ID 83:携帯入荷お知らせメール

■ 変更前
 「お知らせメール配信」ボタンを押下すると「配信済み数」にカウント

 例)「入荷お知らせ受付数:3」「配信済み数:0」「メール送信対象数:3」の場合
  ▼「お知らせメール配信」ボタンを押下
   ・「配信済み数:0」   →「配信済み数:3」
   ・「メール送信対象数:3」→「メール送信対象数:0」
   ※実際には、メール配信データ管理より手動配信するまで配信されない。

■ 変更後
 「お知らせメール配信」ボタンを押下後
 メール配信データ管理より手動配信すると、「配信済み数」にカウント

 例)「入荷お知らせ受付数:3」「配信済み数:0」「メール送信対象数:3」の場合
  ▼「お知らせメール配信」ボタン押下
   ・「配信済み数:0」   (変更なし)
   ・「メール送信対象数:3」(変更なし)
  ▼メール配信データ管理画面より「配信済みフラグ:未配信」を「配信」ボタン押下
   ・「配信済み数:0」   →「配信済み数:3」
   ・「メール送信対象数:3」→「メール送信対象数:0」

2020/03/04 

# 743 定期購入商品の確認・変更ページにて、
配送間隔指定定期の「次回配送予定日」を表示するm:idを作成しました
対象機能・画面:定期販売オプションをご利用の店舗様
        定期購入商品の確認・変更ページ(teiki_index.xhtml)

定期購入商品の確認・変更ページにて、配送間隔指定定期の「次回配送予定日」を表示するm:idを作成しました。


m:id 概要
PARENT_NEXT_SEND_HOPE_YEAR_HERE 現在の定期親受注の次回配送予定日の年を出力
m:id='LOOP_ORDER'の中だけで使用
PARENT_NEXT_SEND_HOPE_MONTH_HERE 現在の定期親受注の次回配送予定日の月を出力
m:id='LOOP_ORDER'の中だけで使用
PARENT_NEXT_SEND_HOPE_DAY_HERE 現在の定期親受注の次回配送予定日の日を出力
m:id='LOOP_ORDER'の中だけで使用
NEXT_SEND_HOPE_YEAR_HERE 現在(最新の定期子受注および過去の定期子受注)の次回配送予定日の年を出力
m:id='LOOP_DETAIL'の中だけで使用
NEXT_SEND_HOPE_MONTH_HERE 現在(最新の定期子受注および過去の定期子受注)の次回配送予定日の月を出力
m:id='LOOP_DETAIL'の中だけで使用
NEXT_SEND_HOPE_DAY_HERE 現在(最新の定期子受注および過去の定期子受注)の次回配送予定日の日を出力
m:id='LOOP_DETAIL'の中だけで使用

2020/03/04 

# 742 @前後で分割しない、確認用メールアドレス入力フォームを
表示するm:idを作成しました
対象機能・画面:ー

確認用メールアドレス入力フォームは、@前後で分割するm:idのご用意のみだったため
@前後で分割しないm:idを作成しました。


m:id 概要 対象ページ
PC_MAIL_CONFIRM_INPUT_HERE 依頼主PCメール(確認)を入力するInputタグを出力 注文情報入力
(cart_seisan.xhtml)
MOBILE_MAIL_CONFIRM_INPUT_HERE 依頼主携帯メール(確認)を入力するInputタグを出力
PC_MAIL_CONFIRM_INPUT_HERE PCメール(確認)を入力するInputタグを出力 会員登録入力
(member_input.xhtml)
MOBILE_MAIL_CONFIRM_INPUT_HERE 携帯メール(確認)を入力するInputタグを出力
MAIL_CONFIRM_INPUT_HERE メール(確認)を入力するInputタグを出力 会員登録及び注文処理のメールアドレス確認
(mail_validate.xhtml)
※「確認用入力欄必要」の場合
PC_MAIL_CONFIRM_INPUT_HERE 依頼主PCメール(確認)を入力するInputタグを出力 定期購入商品の情報変更(teiki_renew.xhtml)
※定期販売オプション
MOBILE_MAIL_CONFIRM_INPUT_HERE 依頼主携帯メール(確認)を入力するInputタグを出力
PC_MAIL_CONFIRM_INPUT_HERE PCメール(確認)を入力するInputタグを出力 プレゼント応募入力(present_input.xhtml)
※懸賞管理オプション

2020/03/04 

# 741 ショップ管理ツールより受注登録・更新・削除した後の画面で
遷移先を選択できるよう初期設定を追加しました
対象機能・画面:ー

ショップ管理ツールより受注登録・更新・削除した後の画面にて
遷移先を選択できるよう、初期設定「受注登録時完了画面表示フラグ」を追加しました。

■ 変更前
 受注一覧を表示

■ 変更後
・初期設定「受注登録時完了画面表示フラグ:表示しない」(デフォルト値)
 受注一覧を表示(変更前と同じ)

・初期設定「受注登録時完了画面表示フラグ:表示する」
 登録完了画面を表示し、遷移先を下記ボタンより選択可能

 「続けて登録」     ⇒ 新規受注登録画面に遷移
 「登録した受注を確認」 ⇒ 直前に新規登録または更新した受注の編集画面に遷移
 「一覧へ」       ⇒ 受注一覧画面に遷移
 「トップページへ」   ⇒ ショップ管理ツールのトップページに遷移


サポートページはこちら

2020/02/26 

# 740 ショップ管理ツール2段階認証利用時に送信されるメールに
対象のebisumart Noを記載するようにしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール2段階認証をご利用の店舗様

ショップ管理ツール2段階認証の、利用者アカウントの2段階認証方式が「メール送信」の場合に、
送信されるメールの件名と本文に、対象のebisumart Noを記載するようにしました。

2020/02/26 

# 739 トークン決済利用時の一部処理を修正しました
対象機能・画面:注文情報確認ページ(cart_confirm.xhtml)

トークン決済を選択して、全額をポイントorクーポンで支払おうとした際、
部分情報変更ページ(※)から、注文情報確認ページに遷移できない場合があったため修正しました。

※注文情報確認ページから遷移できる、依頼主情報、ポイント情報、クーポン情報等を変更できるページ    

2020/02/26 

# 738 削除日をクリアする場合、既存のログインIDと重複しないか
チェックする処理を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員一括アップロード

機能更新# 727で適用しました、
会員一括アップロードで、退会済みとなっている会員の退会日をクリアし復帰させる場合に、
既存のログインIDと重複しないかチェックする処理について、
「削除日」がクリアされた場合にも、チェックするようにしました。

■経緯
  初期設定「退会済ログインID重複許可:利用する」として
  削除済み会員と重複するログインIDを許可している場合に復帰させると、ログインIDの重複が発生するため。      

2020/02/26 

# 737 コンテンツ管理のファイル表示時、
上層フォルダに移動できるリンクを表示しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > コンテンツ管理 > 以下[対象]
        画像管理 , テンプレート管理 , 帳票フォーマット管理 , ファイル管理

ファイル表示時、ファイルパスのフォルダ名をリンク形式にし、 上層フォルダに移動できるようにしました。

2020/02/26 

# 736 会員データダウンロード時の出力項目に
「累積購買回数」と「累積購買金額」を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員データ検索/一覧

会員データ一覧の [CSV] ボタンからダウンロード可能なCSVファイルの出力項目に、
「累積購買回数」と「累積購買金額」を追加しました。

※出力項目は [ダウンロード] > [編集] から追加可能です。

2020/02/19 

# 735 「ポップリンク/ポップファインド連携オプション」を 追加しました
対象機能・画面:ー

ビジネスサーチテクノロジ株式会社が提供する検索アシストサービス「ポップリンク」「ポップファインド」を
使用できるよう、ebisumartの商品情報を連携する「ポップリンク/ポップファインド連携オプション」を追加しました。

※弊社へのオプション申込みとは別に、ビジネスサーチテクノロジ株式会社へ、各サービスのお申込み手続きが必要です。

■ サービス導入イメージ (ビジネスサーチテクノロジ株式会社HPより引用)
▼ ポップリンク (ナビゲーションツール)


※詳細は、右記URLをご覧ください。https://www.bsearchtech.com/products/poplink/


▼ ポップファインド (ECサイト内検索サービス)

※詳細は、右記URLをご覧ください。https://www.bsearchtech.com/products/popfind/

サポートページはこちら

■ 注意事項
・店舗様毎のカスタマイズ内容や利用オプションとの併用可否については
  オプション機能お申込みにあたって行う、事前影響調査で確認いたします。
・カテゴリ数や商品数が多い店舗様の場合、性能面の確認が必要な場合があります。
・FTPサーバを開設していない店舗様の場合、併せてFTPサーバ開設の申込みが必要です。
 ※別途有償での対応となります。

2020/02/19 

# 734 商品の会員割引額を引いた後の価格で
「小計」を出力できるようにしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > データ解析 > カスタム売上レポート新規登録

カスタム売上レポートの出力項目である「小計」では
受注明細の「購入時の値段」×「個数」と、会員割引の価格で算出しておりましたが、
会員割引の価格でも出力できるよう、チェック項目を追加しました。

会員割引情報を含んだ額で「小計」を出力する にチェックすると
下記で設定した会員割引情報を適用した価格で「小計」を出力します。

 ・会員割引額 (商品の管理 > 商品管理 > 商品新規登録 , 商品検索/一覧)
  会員登録済みのエンドユーザーに対して指定した商品を販売価格から割引く

 ・会員割引率 (お店を作る > 金額設定)
  会員登録済みのエンドユーザーに対して商品購入合計ごとの商品割引率を設定

 ・会員ランク別会員割引率リスト (お店を作る > 金額設定)
  会員ランクごとに商品購入合計ごとの商品割引率を設定

2020/02/13 

# 733 入荷お知らせメールの配信区分が
「メール配信管理から1件ずつ配信」の文言を変更しました
対象機能・画面:入荷お知らせオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > プロモーション > 入荷お知らせ管理

下記メールフォーマットにて、両方、もしくは、いずれかが
「メール配信区分:メール配信管理から1件ずつ配信」となっている場合

 ・メール種類ID 33:入荷お知らせメール
 ・メール種類ID 83:携帯入荷お知らせメール

入荷お知らせ管理より、「お知らせメール配信」ボタンを押下した後
メール配信データ管理より手動配信する必要がある旨
入荷お知らせ管理画面と、店舗管理者宛のメールに明記するようにしました。

■ 「入荷お知らせ管理」にて「お知らせメール配信」ボタンを押下後の文言
▼ 変更前
 入荷お知らせメールの配信処理を行っています。完了有無は処理が終わり次第メールにて通知致します。
 配信済みデータの更新は送信処理終了後に反映されます。

▼ 変更後
 入荷お知らせメールの配信準備中です。準備が整い次第、店舗管理者メールアドレス宛に通知致します。

 ※入荷お知らせメールの配信区分が「メール配信管理から1件ずつ配信」のため、
  配信準備完了メール受取後「システム設定→メール配信管理→メール配信データ管理」から手動で配信処理を行ってください。

■ 店舗管理者宛の完了メールの文言
▼ 変更前
 ・件名:入荷お知らせメールの配信処理が完了しました
 ・本文:xx件の入荷お知らせメールを配信しました。

▼ 変更後
 ・件名:入荷お知らせメールの配信準備が完了しました
 ・本文:
  入荷お知らせメールの配信準備ができました。

  入荷お知らせメールの配信区分が「メール配信管理から1件ずつ配信」のため、
  メール配信管理(システム設定→メール配信管理→メール配信データ管理)より配信処理を行ってください。

2020/02/13 

# 732 定期割引プレゼント商品個数設定における
定期商品購入時の挙動を修正しました
対象機能・画面:定期販売オプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 定期割引設定マスタ

定期割引プレゼント商品個数設定における
定期商品を購入した時(#1 の子受注)の挙動を下記のように修正しました。

<前提条件>
 定期割引設定マスタの設定が下記条件を満たす
  ・「定期番号(開始):1」
  ・「定期割引プレゼント商品コード」に、「販売単位制限数」が設定された商品を登録
  ・「定期割引プレゼント商品個数設定:商品の個数に合わせる」

■ 修正前
・購入した時(#1 の子受注)
 「販売単位制限数」の設定が考慮されず、付与するプレゼント商品の個数は「商品の購入個数」
・2回目以降(#2 以降の子受注)
 「販売単位制限数」の設定が考慮され、付与するプレゼント商品の個数は「商品の購入個数」×「販売単位」

 例:定期商品の購入個数が「2」で、付与するプレゼント商品の販売単位制限数が「3」
  ・#1 の子受注  :付与するプレゼント商品の個数「2」
  ・#2 以降の子受注:付与するプレゼント商品の個数「6」

■ 修正後
 購入した時(#1 の子受注)から、「販売単位制限数」の設定が考慮され、
 付与するプレゼント商品の個数は「商品の購入個数」×「販売単位」

2020/02/13 

# 731 ページングの最終ページの、番号を表示するm:id
または、リンクを表示するm:idを各ページに追加しました
対象機能・画面:ー

ページングの最終ページの、番号を表示するm:id・リンクを表示するm:idのご用意が無かったページについて、
m:idを追加しました。   

m:id (概要) 追加ページ
LAST_PAGE_LINK_NO_HERE
(ページングの最終ページ番号を表示)
・購入履歴一覧ページ(member_history.xhtml)
・トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml)

▼ポイントオプション
・ポイント履歴ページ(member_point_record.xhtml)
▼ウィッシュリストオプション
・お気に入りリストページ(wishlist.xhtml)
▼アドレス帳オプション
・アドレス帳に登録された住所一覧ページ(address_list.xhtml)
▼商品レビューオプション
・商品レビュー「もっと見る」表示ページ(item_review.xhtml)
・会員レビューページ(member_review.xhtml)
LAST_PAGE_LINK_TAG
(ページングの最終ページのリンクを表示)
▼ポイントオプション
・ポイント履歴ページ(member_point_record.xhtml)
▼ウィッシュリストオプション
・お気に入りリストページ(wishlist.xhtml)
▼商品レビューオプション
・商品レビュー「もっと見る」表示ページ(item_review.xhtml)
・会員レビューページ(member_review.xhtml)

2020/02/13 

# 730 ショップカレンダーの並び順を日付の新しい順に変更しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > お店を作る > ショップカレンダー > 日付一覧

カレンダー日付の並び順のデフォルト値が、画面上の表示とダウンロードしたCSVともに古い順になっているのを、
日付の新しい順になるよう変更しました。

2020/02/13 

# 729 メニュー名を、「受注一括アップロード」から
「受注新規一括アップロード」に変更しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > 受注一括アップロード

受注の一括アップロードでは、新規登録のみ可能なため、メニュー名を「受注新規一括アップロード」に変更しました。

2020/02/13 

# 728 商品情報またはクーポン情報を更新したときの
画像に対する挙動を変更しました
対象機能・画面:初期設定「商品画像の保存先をフォルダ化設定:利用する」
        または クーポン割引オプションをご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品検索/一覧
        ショップ管理ツール > プロモーション > クーポン管理 > クーポン検索/一覧

商品情報(商品の自由項目にもたせている画像も含む)、またはクーポン情報を更新したときの、
各画像に対する挙動を下記のように変更しました。  

商品画像の場合(商品の自由項目にもたせている画像も含む)
 <前提条件>
  初期設定「商品画像の保存先をフォルダ化設定:利用する」として
  商品画像を「itemimage/商品コード」フォルダに格納する店舗様

 ▼変更前
  商品変更画面から、画像の変更有無によらず商品情報を更新すると
  「itemimage/商品コード/画像ファイル名」の形に画像パスを上書きする

 ▼変更後
  商品変更画面から、画像を変更したときのみ「itemimage/商品コード/画像ファイル名」の形に画像パスを上書きする


クーポン画像の場合 ※クーポン割引オプション
 ▼変更前
 ・新規登録
  クーポン新規登録時にクーポン画像を設定すると、「couponimage/画像ファイル名」に配置
 ・更新
  クーポン変更画面から、クーポン画像の変更有無によらずクーポン情報を更新すると
  「couponimage/クーポンID/画像ファイル名」の形で配置

 ▼変更後
  新規登録・更新によらず、クーポン新規登録・変更画面から画像を設定した場合
  「couponimage/クーポンID/画像ファイル名」の形で配置
  ※クーポンIDは、クーポン一覧画面・クーポン変更画面に表示


■ 経緯
 下記のような場合、商品画像を変更していないのに一時表示されない事象が起きる

  例:商品コードが「ITEM01」の場合
  [1] 「itemimage/ITEM01」以外の画像パスを指定し、商品一括アップロードを実施
  [2] 商品変更画面から、ITEM01の画像以外の商品情報を変更する
  [3] [1]で指定した画像ファイルが「itemimage/ITEM01/{画像ファイル名}」にコピー
    この時、「itemimage/ITEM01/{画像ファイル名}」に反映されるまで表示されない

2020/02/13 

# 727 退会日をクリアする場合、既存のログインIDと重複しないか
チェックする処理を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員一括アップロード

会員一括アップロードより、退会済みとなっている会員の退会日をクリアし復帰させる場合
既存のログインIDと重複していないか、チェックする処理を追加しました。

■ 経緯
 初期設定「退会済ログインID重複許可:利用する」として、退会済み会員と重複するログインIDを許可している場合に
 復帰させるとログインIDの重複が発生するため。   

2020/02/13 

# 726 会員変更・削除画面に
「会員の受注一覧を表示」するリンクを追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員データ検索/一覧 > 会員変更・削除画面

会員変更・削除画面の画面左下に、受注一覧にて当該会員IDで検索した結果を表示するリンク「会員の受注一覧を表示」を追加しました。   

2020/02/13 

# 725 メルマガのFROMメールアドレスのデフォルト値を
個別に指定できるよう初期設定化しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 > メルマガFROMメールアドレス

メルマガFROM表示名称」と同様に、「メルマガFROMメールアドレス」も個別に指定できるよう、初期設定化しました。

■ 変更前
 ▼【メルマガ配信時】
  「店舗管理者メールアドレス」(お店を作る > サイト基本情報)の先頭のアドレスを「FROMメールアドレス」の初期値に反映

 ▼【メルマガテスト配信時】
  テスト配信先のメールアドレスとして指定したアドレスを、配信元アドレスに反映
  ※配信先と配信元が同一アドレスのため、受信側で迷惑メール判定されるケースあり

■ 変更後
 ▼【メルマガ配信時】・【メルマガテスト配信時】
 ・「メルマガFROMメールアドレス」にアドレス未登録の場合「店舗管理者メールアドレス」の先頭のアドレスを反映
   ※デフォルト値は、未登録(ブランク)とします

 ・「メルマガFROMメールアドレス」にアドレスを登録した場合
  「メルマガFROMメールアドレス」のアドレスを反映


サポートページはこちら

2020/02/13 

# 724 「会員登録無効メールドメイン設定」と「お問い合わせ無効メールドメイン設定」
にてワイルドカード「*」を使用可能にしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 >
        会員登録無効メールドメイン設定 / お問い合わせ無効メールドメイン設定

初期設定「会員登録無効メールドメイン設定」と 「お問い合わせ無効メールドメイン設定」において、
ワイルドカード(あいまい検索)「*」を使用できるようにしました。

■ ワイルドカードの使用例
・「*.cn」 → 任意の文字列 + 「.cn」
・「*.test.*」 → 任意の文字列 + 「.test.」 + 任意の文字列
・「test.*」 → 「test.」+ 任意の文字列
・「test.*.jp」 → 「test.」+ 任意の文字列 + 「.jp」

2020/02/13 

# 723 ショップ管理ツールから明示的にログアウトした場合も
「ショップ管理ツール2段階認証再確認間隔」が利くように修正しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール2段階認証をご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 >
        ショップ管理ツール2段階認証再確認間隔

ショップ管理ツール2段階認証 では、「ショップ管理ツール2段階認証再確認間隔」にて2段階認証通過後、
何日経過したら再度2段階認証を行うかの間隔を指定しますが、

ショップ管理ツールから明示的にログアウトした場合「ショップ管理ツール2段階認証再確認間隔」よりも短い間隔で、
2段階認証が発動するケースが判明したため修正しました。

2020/02/05 

# 722 承認制会員登録オプション利用時は
注文時会員登録を強制できないようにしました
対象機能・画面:承認制会員登録オプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > お店を作る > サイト基本情報 > 注文時会員登録強制

承認制会員登録オプションをご利用の場合は、ショップ管理ツールにて
「注文時会員登録強制」を「強制しない」から「強制する」へ切替えようとするとエラーになるようにしました。

■ 経緯
 承認制会員登録オプションをご利用で、「注文時会員登録強制:強制する」とした場合
 ゲスト購入を試み、注文情報確認ページ(cart_confirm.xhtml)にて「注文する」を押下すると、
 会員登録が完了していないとしてエラーになるため。

※ご留意事項※
 現状、承認制会員登録オプションをご利用、かつ、「注文時会員登録強制:強制する」と
 している店舗様においては、引続きご利用いただけます。

 ただし、サイトの導線としてゲスト購入を試みることが可能な作りになっている場合
 経緯に記載のとおり、会員登録が完了していないとしてエラーになります。

2020/02/05 

# 721 一部決済方法にて、会員が標準支払いとして登録したカードの
選択が外れる挙動を修正しました
対象機能・画面:会員クレジットカード情報保存オプションご利用の店舗様

会員登録入力ページ(member_input.xhtml)にて
会員が、標準利用支払い方法としてクレジットカードを選択していると

注文情報入力ページ(cart_seisan.xhtml)にて対象カードは選択された状態となりますが、

一部決済方法にて、対象カードで注文完了すると選択状態が外れることが判明したため
次回注文時にも選択状態が維持されるよう、修正しました。

■ 対象決済方法
・クレジットカード(ベリトランス3G)
・クレジットカード(ベリトランス4G)
・クレジットカード(りそなPayResort)
・クレジットカード(りそなPayResort)※3Dセキュア認証

2020/02/05 

# 720 商品, 受注, 会員 の画面下部にあるボタンを 画面上部にも追加しました
(確認/戻る/クリア etc.)
対象機能・画面:ー

ショップ管理ツールの、商品, 受注, 会員 の各画面下部にあるボタンを画面上部にも追加し、
都度スクロールする手間を省きました。

対象画面 ボタン
各新規登録画面 「確認」ボタン押下後
・商品新規登録
・受注新規登録
・会員新規登録
「確認」
「戻る」
「クリア」
「登録」
「戻る」
各変更・削除画面 「確認」ボタン押下後
・商品変更・削除
・受注変更
・会員変更・削除
「確認」
「戻る」
「クリア」
「削除」
「更新」
「戻る」
・受注変更 ※定期販売オプションご利用で親受注
「子受注作成」
・会員変更・削除 「受注新規登録画面へ」

※オペレータ受注画面オプションご利用

「オペレータ受注新規登録画面へ」

■事前案内内容との相違点
 事前案内では、オペレータ受注新規登録画面(※オペレータ受注画面オプションご利用)も
 各新規登録画面の対象として挙げておりましたが、対象外となりましたことご了承ください。

2020/01/29 

# 719 まとめ買い割引一覧にて、「まとめ買い期間FROM」「まとめ買い期間TO」の
ソートボタンが利くようにしました
対象機能・画面:まとめ買い割引オプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > プロモーション > まとめ買い割引管理 > まとめ買い割引検索/一覧

まとめ買い割引一覧にて、「まとめ買い期間FROM」と「まとめ買い期間TO」のソートボタン(▲ ▼)を押下すると
エラーになっていたため、修正しました。

2020/01/29 

# 718 ボリュームディスカウントが設定されている時のみ表示する
m:idを作成しました
対象機能・画面:商品ボリュームディスカウントオプション と ランキング自由設定オプション を併用している店舗様
        商品ボリュームディスカウントオプション と アクセスランキング設定オプション を併用している店舗様

common.LOOP_FREE_RANKING 内、または、common.LOOP_ACCESS_RANKING 内で
ボリュームディスカウントが設定されている時のみ表示するm:idを作成しました。

m:id 概要
common.IF_FREE_RANKING_VOLUME_DISCOUNT 現在のフリーランキング(売上)の商品にボリュームディスカウントが設定されている時にのみ表示
m:id='common.LOOP_FREE_RANKING'の中だけで使用
common.IF_ACCESS_RANKING_VOLUME_DISCOUNT 現在のアクセスランキング商品にボリュームディスカウントが設定されている時にのみ表示
m:id='common.LOOP_ACCESS_RANKING'の中だけで使用

2020/01/29 

# 717 common.LOOP_ITEM_OF_CATEGORY 内で
タイムセール価格を税抜きで表示するm:idを作成しました
対象機能・画面:タイムセールオプションをご利用の店舗様

common.LOOP_ITEM_OF_CATEGORY 内で、タイムセール価格の税込金額を出力するm:idのご用意はありましたが、
税抜きで表示するm:idが無かったため、作成しました。

m:id 概要
common.ITEM_OF_CATEGORY_TIMESALE_KAKAKU_HONTAI_HERE 現在の「カテゴリに紐づく一覧商品」のタイムセール価格のうち本体価格(税抜き金額)を出力 m:id='common.LOOP_ITEM_OF_CATEGORY'の中だけで使用

2020/01/29 

# 716 取引IDが存在する受注データは、受注変更画面上に
取引IDを表示するようにしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理

取引IDを有する受注データのうち、一部の決済方法においては、受注変更画面上に「取引ID」が表示されなかったため
受注変更画面上に「取引ID」が表示されなかったため(データをダウンロードすれば取引IDを確認可能)

決済方法によらず、取引IDを有する受注データであれば、受注変更画面上に「取引ID」を表示するように変更しました。

2020/01/29 

# 715 カート投入後に、商品が「表示期間外」や「仮登録」になると
購入できないようにしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 商品検索/一覧

カート投入時点では、「表示期間内」や「本登録」の商品について
注文完了前に、店舗様側で「表示期間外」や「仮登録」に商品情報を更新した場合

もしくは、エンドユーザーがカート投入後に日を跨ぐなど
注文完了前に、商品の「表示期間外」となった場合は、購入できないように変更しました。

2020/01/29 

# 714 商品カテゴリ一括アップロードにおいて
商品マスタカテゴリ紐付け数の上限チェック処理を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 商品カテゴリ一括アップロード

下記件名で、2019/12/27にメールいたしましたとおり
 ・【ebisumart/重要】本番環境 ショップ管理ツールメンテナンスのご連絡(2019.12.27)

機能適用を戻しておりました、機能更新# 693 商品カテゴリ一括アップロードにおける上限数チェック処理追加について
本番環境ショップ管理ツールサーバの負荷高騰に繋がらないよう内部処理を修正したので、改めて適用いたしました。

■ 更新内容
 商品カテゴリ一括アップロード時に、商品マスタに紐付けるカテゴリの最大数である「商品マスタカテゴリ紐付け数*」を超え
 (*メニュー:システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 > 商品マスタカテゴリ紐付け数)

 商品にカテゴリを紐づけることが出来る状態であったため
 商品カテゴリ一括アップロード時に「商品マスタカテゴリ紐付け数」を超えている場合はエラーとなるよう、
 チェック処理を追加しました。

■ 経緯
 商品カテゴリ一括アップロードより、「商品マスタカテゴリ紐付け数」を超えて登録した場合、
 対象商品の更新時にエラーとなるため。

2020/01/22 

# 713 ソーシャルログイン時に付与したパラメータを保持するか、
選択できるようにしました
対象機能・画面:ソーシャルプラス連携オプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定
        ソーシャルプラス用URLパラメータ付与フラグ

シングルサインオンでソーシャルログインした際に、会員登録入力ページ(member_input.html)のURLに付与したパラメータを
従来通りクリアするか、もしくは、保持するかを選択できるようにしました。
※デフォルト値は、従来の挙動である「クリアする」となります。

サポートページはこちら

2020/01/22 

# 712 購入履歴一覧ページにて予約注文のみ「お届け予定日」を
表示するようにしました
対象機能・画面:Fulfillment by ZOZO ご利用の店舗様
        購入履歴一覧ページ(member_history.xhtml)

通常注文と予約注文の両方に「お届け予定日」が表示されていたため
予約注文のみに「お届け予定日」が表示されるよう、修正しました。

2020/01/22 

# 711 会員ランク変動の判定対象とする受注期間や金額を指定できるよう、
初期設定を追加しました
対象機能・画面:会員ランクオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定
        会員ランク処理変動バッチ処理設定:対象期間
        会員ランク処理変動バッチ処理設定:送料・決済手数料除外フラグ

会員ランク処理変動バッチ処理設定では、会員の過去1年間の購入回数または
購入金額をベースにして、会員ランクを変動させるかを指定いただきますが、

会員ランク変動の判定対象とする受注期間を指定できる初期設定
「会員ランク処理変動バッチ処理設定:対象期間」を作成しました。(単位:月)

また、判定対象とする購入金額に、送料・決済手数料を含めるかを指定できる初期設定
「会員ランク処理変動バッチ処理設定:送料・決済手数料除外フラグ」を作成しました。

マニュアル 「対象期間」 マニュアル 「送料・決済手数料除外フラグ」

2020/01/22 

# 710 商品コード, 商品名について、部分一致検索か完全一致検索か、
選択できるm:idを作成しました
対象機能・画面:詳細検索ページ(item_detail_search.xhtml)

詳細検索ページにおいて、商品コードだけでなく(m:id=ITEM_CODE_INPUT_HERE)商品名での検索も可能としました。
また、部分一致検索か、完全一致検索かを選択可能なラジオボタンをご用意しました。

m:id 概要
SEARCH_TYPE_PARTIAL_ITEM_CD_INPUT_TAG 検索種別(商品コード):部分一致を選択するラジオボタン
name属性、value属性、checked属性が変化
SEARCH_TYPE_EXACT_ITEM_CD_INPUT_TAG 検索種別(商品コード):完全一致を選択するラジオボタン
name属性、value属性、checked属性が変化
ITEM_NAME_INPUT_HERE 商品名を入力するInputタグを出力
SEARCH_TYPE_PARTIAL_ITEM_NAME_INPUT_TAG 検索種別(商品名):部分一致を選択するラジオボタン
name属性、value属性、checked属性が変化
SEARCH_TYPE_EXACT_ITEM_NAME_INPUT_TAG 検索種別(商品名):完全一致を選択するラジオボタン
name属性、value属性、checked属性が変化

2020/01/22 

# 709 カート内で商品自由項目の画像を出力するm:idを作成しました
対象機能・画面:ー

カート内で商品自由項目の画像を出力するm:id「CART_ITEM_FREE_IMAGE_TAG」を作成しました。

m:id 概要
common.CART_ITEM_FREE_IMAGE_TAG カート内商品の自由項目の値をURLとする画像を表示
自由項目の番号を指定 (例: m:free_item_no='1')

※m:id='common.LOOP_CART_ITEM'の中だけで使用可

▼対象ページ
 全ページ
CART_ITEM_FREE_IMAGE_TAG カート内商品の自由項目の値をURLとする画像を表示
自由項目の番号を指定 (例: m:free_item_no='1')

※m:id='LOOP_ITEM'の中だけで使用可

▼対象ページ
・買い物かごのページ(cart_index.xhtml)
・注文情報入力ページ(cart_seisan.xhtml)
・注文情報確認ページ(cart_confirm.xhtml)
・注文完了ページ(cart_result.xhtml)
・ノベルティ選択ページ(cart_novelty_select.xhtml)
 ※ノベルティ機能オプション

2020/01/22 

# 708 「保存して本番フォルダに反映」押下時、viewフォルダに
同名ファイルが無い場合の挙動を変更しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > コンテンツ管理 > テンプレート管理

view_previewフォルダ配下のテンプレートファイルを選択し「保存して本番フォルダに反映」ボタンを押下した際に
viewフォルダ配下に対応する同名ファイルが無い場合の挙動を変更しました。

■ 変更前
 何もメッセージが表示されることなく、サーバフォルダーツリーに戻り右側のファイル編集画面は白くなるが、
 viewフォルダ配下に何も反映されない

■ 変更後
 viewフォルダ配下の同階層に、新規で同名ファイルをコピー作成   

2020/01/22 

# 707 「保存」ボタン押下後もファイル編集画面を開いたままにしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > コンテンツ管理 > テンプレート管理

サーバフォルダーツリーで、テンプレートファイルを選択し「保存」ボタンを押下した後の挙動を変更しました。

■ 変更前
 サーバフォルダーツリーに戻り、右側のファイル編集画面は白くなる
 引続き同テンプレートファイルを編集する場合は、選択し直す必要がある

■ 変更後
 「保存」ボタン押下した時点のファイル編集画面は開いたまま   

2020/01/22 

# 706 段階設定時の消費税率について、小数点付き4桁でなく
整数2桁で登録するように変更しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > お店を作る > 金額設定

「消費税率」欄、また、軽減税率対応オプションご利用の店舗様では、「軽減消費税率」欄の「追加」ボタンより、
段階設定する税率を登録すると 2019/10/01 00:00 より 10.00% といったように段階設定時の税率は小数点付き4桁で登録されていたため、
整数2桁に統一しました。

2020/01/22 

# 705 メルマガ配信結果コンテンツレポートの 「開封数」「開封率」を変更しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > プロモーション > メルマガ管理 > メルマガ配信結果コンテンツレポート

メルマガ配信結果コンテンツレポートに表示される「開封数」「開封率」はHTMLコンテンツのみがカウント対象のため
ショップ管理ツール画面上や、ダウンロードしたCSVデータでもわかるよう下記のように変更しました。

■ 画面表示の変更
・項目名の変更
 「開封数」→「開封数(HTMLコンテンツのみ)」
 「開封率」→「開封率(HTMLコンテンツのみ)」

・正常配信されたコンテンツがテキストコンテンツのみの場合の表示変更
 開封数:「0」→「対象外」
 開封率:「0.0%」→「対象外」

■ CSVダウンロードデータの変更
・カラム名変更
 「開封数」→「開封数(HTMLコンテンツのみ)」
 「開封率」→「開封率(HTMLコンテンツのみ)」

・正常配信されたコンテンツがテキストコンテンツのみの場合の値変更
 開封数:「0」→ブランク
 開封率:「0.0%」→ブランク

■開封率の集計方法の変更
 ・変更前:開封数(HTMLのみ)/正常配信数(テキスト・HTML合計)
 ・変更後:開封数(HTMLのみ)/正常配信数(HTMLのみ)

2020/01/22 

# 704 ユーザーウェブアクセスログを 分単位で期間指定できるようにしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > システム設定 > アクセスログ > ユーザーウェブアクセスログ表示

ユーザーウェブアクセスログは、日単位での期間指定としておりましたが、分単位で期間指定できるようにしました。

「ダウンロード」よりCSVデータを出力すると、画面に表示される項目より詳細なデータを確認可能ですので、お役立てください。

2020/01/15 

# 703 ショップ管理ツールから郵便番号を入力する際
英数字を許容するようにしました
対象機能・画面:ユーザーウェブ多言語対応オプションご利用の店舗様

海外の場合、郵便番号に英字が混じる国があるため、ユーザーウェブ多言語対応オプションご利用の場合は
ショップ管理ツールから、郵便番号に英数字を入力できるようにしました。
(ユーザーウェブからは従前より入力可能です)

対象画面 オプション有無
仕入先登録・変更 無し
仕入先一括アップロード
受注登録・変更
受注一括アップロード
会員新規登録・変更
会員一括アップロード
会員アドレス帳登録・変更 アドレス帳
会員アドレス帳一括アップロード
オペレータ受注登録・変更 オペレータ受注画面
請求先登録・変更 請求管理
請求先一括アップロード
法人登録・変更 BtoB
法人一括アップロード

2020/01/15 

# 702 商品ボリュームディスカウントとまとめ買い割引を
併用した場合の挙動を修正しました
対象機能・画面:商品ボリュームディスカウントオプション と まとめ買い割引オプション を併用している店舗様
        ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 自動お知らせ管理

まとめ買い割引の対象商品に、ボリュームディスカウントも設定している場合
当該商品を複数、カート投入しようとするとエラーになっていたため

ボリュームディスカウントの設定に従って、商品の定価から割引き後、
小計金額に対し、まとめ買い割引を適用し購入できるよう挙動を修正しました。

2020/01/15 

# 701 商品コードをお知らせ条件とした場合
一部受注データにアイコンが表示されない挙動を修正しました
対象機能・画面:会員登録自動お知らせオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 自動お知らせ管理

注文・会員登録自動お知らせにおいて、お知らせ条件として「商品コード」を指定した場合
ユーザーウェブから該当商品購入時のみ、受注データにアイコンが表示されていたため

ショップ管理ツールから、受注データの新規登録や更新を行った場合もアイコンが表示されるよう修正しました。

■ 変更前
▼ アイコンが表示される
・エンドユーザーがユーザーウェブより購入した受注データ
・ユーザーウェブからの購入時に作成される親受注と#1の子受注
 ※定期販売受注, 頒布会受注 の場合 (定期販売オプション , 頒布会オプション)

▼ アイコンが表示されない
・店舗側で、ショップ管理ツールより新規登録した受注データ
・店舗側で、ショップ管理ツールより更新した受注データ
 エンドユーザーがユーザーウェブより購入しアイコンが表示されていた受注データも
 ショップ管理ツールより空更新すると、アイコンは外れる
・バッチで作成される子受注
 ※定期販売受注, 頒布会受注 の場合 (定期販売オプション , 頒布会オプション)

■ 変更後
 ショップ管理ツールからの操作有無によらず、該当商品を購入した受注データにアイコンが表示される

2020/01/15 

# 700 遷移元のカテゴリ含め、商品が紐づくカテゴリを出力する
m:idを作成しました
対象機能・画面:商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

商品のカテゴリを辿って商品詳細ページへ遷移した場合
遷移元として辿ったカテゴリを含め、商品が紐づくカテゴリを出力するm:idが無かったため作成しました。

m:id 概要
IF_ITEM_HAS_CATEGORY 商品にカテゴリが紐づく場合に表示
パラメータに"category_cd"が設定されている場合、商品に紐づいているカテゴリと設定されたカテゴリが一致している場合のみ表示
LOOP_ITEM_CATEGORY 商品に紐づくカテゴリを繰り返す
パラメータに"category_cd"が設定されている場合、設定されたカテゴリのみ繰り返す
LOOP_ITEM_CATEGORY_HIERARCHY 現在の「商品の紐づくカテゴリ」を、紐づく上位の階層のカテゴリふくめ繰り返す
IF_ITEM_CATEGORY_HIERARCHY_FIRST 「商品の紐づくカテゴリ」の階層が親カテゴリの時にのみ表示
IF_NOT_ITEM_CATEGORY_HIERARCHY_FIRST 「商品の紐づくカテゴリ」の階層が親カテゴリでない時にのみ表示
ITEM_CATEGORY_HIERARCHY_CATEGORY_LINK_TAG 「商品の紐づくカテゴリ」の現在の階層のカテゴリ商品一覧画面へ遷移
ITEM_CATEGORY_HIERARCHY_CATEGORY_NAME_HERE 「商品の紐づくカテゴリ」の現在の階層のカテゴリ名を出力

2020/01/15 

# 699 カテゴリに紐づく商品を繰り返すm:idで在庫ありのみ表示可能にしました
対象機能・画面:ー

カテゴリに紐づく商品一覧を繰り返すm:id「common.LOOP_ITEM_OF_CATEGORY」で
m:stock に true を指定することで、在庫あり商品のみの表示を可能にしました。

サポートページはこちら

2020/01/15 

# 698 「ファイル反映後管理者宛にメールを配信」ボタンが
反映完了を正しく検知するよう修正しました
対象機能・画面:ー

画像・テンプレートファイルの反映状況をメールで通知する機能である、
ショップ管理ツール上部の「ファイル反映後管理者宛にメールを配信」ボタンですが、

画像・テンプレートファイルがユーザーウェブへ反映完了しているにも関わらず、
「ファイルの反映に遅延が発生しています」としてメールが配信される状態でしたので

アップロードしたファイルが、全ユーザーウェブサーバへ反映されたことを正しく検知するよう修正しました。

2019/12/25 

# 697 外貨使用時における、会員割引額の有無により表示を出し分けるm:idの
挙動を修正しました
対象機能・画面:通貨設定オプションご利用の店舗様
商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

通貨設定オプションご利用時、外貨使用時に表示の出し分けの制御が利かず、
常に表示されているm:idがあるため、会員割引額の有無によって出し分けるよう修正しました。

会員割引額が存在する/しない IF_DISCOUNT
IF_NOT_DISCOUNT
現在のおすすめ商品に会員割引額が存在する/しない IF_RECOMMEND_DISCOUNT
IF_NOT_RECOMMEND_DISCOUNT

2019/12/25 

# 696 出力するm:idが無かったエラーについてm:idを作成しました
対象機能・画面:カート個別エラーメッセージオプションご利用の店舗様

注文情報入力ページ(cart_seisan.xhtml)にて、出力するm:idが無いため
エラーメッセージは表示されないのに、画面遷移できないケースがございました。

ご用意が無かったエラーメッセージを出力するm:idを作成しましたので、必要に応じてテンプレートに追記くださいませ。

m:id 概要
HAISO_ID_ERROR_HERE 配送IDのエラーメッセージを出力
IF_HAISO_ID_ERROR 配送IDのエラーメッセージがある場合表示細
MSG_KEY_ERROR_HERE キーで指定したエラーメッセージを出力
IF_MSG_KEY_ERROR キーで指定したエラーメッセージがある場合表示
IF_SEND_HOPE_MONTH_ERROR 配送希望月のエラーメッセージがある場合表示
IF_SEND_HOPE_DAY_ERROR 配送希望日のエラーメッセージがある場合表示
SEND_HOPE_MONTH_ERROR_HERE 配送希望月のエラーメッセージを出力
SEND_HOPE_DAY_ERROR_HERE 配送希望日のエラーメッセージを出力
クーポン割引オプションご利用の店舗様
COUPON_SELECT_ERROR_HERE クーポン(ラジオボタン)のエラーメッセージを出力
IF_COUPON_SELECT_ERROR クーポン(ラジオボタン)のエラーメッセージがある場合表示
複数配送先オプションご利用の店舗様
IF_MULTI_SEND_HOPE_YEAR_ERROR 配送希望年のエラーメッセージがある場合表示
m:id="LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS"の中だけで使用可
IF_MULTI_SEND_HOPE_MONTH_ERROR 配送希望月のエラーメッセージがある場合表示
m:id="LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS"の中だけで使用可
IF_MULTI_SEND_HOPE_DAY_ERROR 配送希望日のエラーメッセージがある場合表示
m:id="LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS"の中だけで使用可
MULTI_SEND_HOPE_YEAR_ERROR_HERE 配送希望年のエラーメッセージを出力
m:id="LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS"の中だけで使用可
MULTI_SEND_HOPE_MONTH_ERROR_HERE 配送希望月のエラーメッセージを出力
m:id="LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS"の中だけで使用可
MULTI_SEND_HOPE_DAY_ERROR_HERE 配送希望日のエラーメッセージを出力
m:id="LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS"の中だけで使用可
定期販売オプションご利用、かつ、月単位の配送間隔指定定期をご利用の店舗様
DAY_OF_WEEK_IN_MONTH_NEXT_TEIKI_SEND_HOPE_DATE_ERROR_HERE 月次配送間隔指定定期販売商品の曜日指定の週のエラーメッセージを出力
DAY_OF_WEEK_NEXT_TEIKI_SEND_HOPE_DATE_ERROR_HERE 月次配送間隔指定定期販売商品の曜日指定の曜日のエラーメッセージを出力
DATE_NUM_FOR_MONTHLY_TEIKI_SEND_HOPE_DATE_ERROR_HERE 月次配送間隔指定定期販売商品の日付指定の日のエラーメッセージを出力
IF_DAY_OF_WEEK_IN_MONTH_NEXT_TEIKI_SEND_HOPE_DATE_ERROR 月次配送間隔指定定期販売商品の曜日指定の週のエラーメッセージがある場合表示
IF_DAY_OF_WEEK_NEXT_TEIKI_SEND_HOPE_DATE_ERROR 月次配送間隔指定定期販売商品の曜日指定の曜日のエラーメッセージがある場合表示
IF_DATE_NUM_FOR_MONTHLY_TEIKI_SEND_HOPE_DATE_ERROR 月次配送間隔指定定期販売商品の日付指定の日のエラーメッセージがある場合表示

2019/12/25 

# 695 会員登録確認ページにreCAPTCHA機能を追加する
「会員登録用reCAPTCHA設定オプション」を追加しました
対象機能・画面:ー

会員登録確認ページ(member_confirm.xhtml)にて
登録者がコンピューターでないことを確認するための本人認証を必須とすることができる
「会員登録用reCAPTCHA設定オプション」(無償)を追加しました。

■ 経緯
 海外のIPアドレスから、大量に会員登録される事例報告を承ったため。

サポートページはこちら

※ご参考
 reCAPTCHA設定オプションは、他に以下3種類ございます。
 オプション名をクリックするとマニュアルにリンクします。

オプション名 概要
ご注文用reCAPTCHA設定オプション ご注文情報入力ページで
購入者がコンピュータでないことを確認するために本人認証を行います。
お問い合わせ用reCAPTCHA設定オプション お問合せ内容入力ページで
登録者がコンピュータでないことを確認するために本人認証を行います。
カード登録用reCAPTCHA設定オプション クレジットカード情報登録ページで
登録者がコンピュータでないことを確認するために本人認証を行います。

2019/12/25 

# 694 クーポンの自由項目を出力するm:idを作成しました
対象機能・画面:クーポン割引オプションをご利用の店舗様

クーポンの自由項目を出力するm:idを作成しました。

m:id 概要
common.IF_COUPON_FREE_USE クーポン自由項目を「使用する」に設定された時にのみ表示
クーポン自由項目の番号を指定(例: m:free_item_no='1')
common.IF_COUPON_FREE クーポン自由項目を「使用する」に設定し、値が登録された時にのみ表示
クーポン自由項目の番号を指定(例: m:free_item_no='1')

2019/12/25 

# 693 商品カテゴリ一括アップロードにおいて商品マスタカテゴリ紐付け数の
上限チェック処理を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 商品カテゴリ一括アップロード

商品カテゴリ一括アップロード時に、商品マスタに紐付けるカテゴリの最大数を指定する「商品マスタカテゴリ紐付け数*」を超え
(*メニュー:ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 > 商品マスタカテゴリ紐付け数)

商品にカテゴリを紐づけることが出来る状態であったため
商品カテゴリ一括アップロード時に「商品マスタカテゴリ紐付け数」を超えている場合はエラーとなるよう、
チェック処理を追加しました。

■ 経緯
 商品カテゴリ一括アップロードより、「商品マスタカテゴリ紐付け数」を超えて登録した場合、
 対象商品の更新時にエラーとなるため。 

2019/12/19 

# 692 指定したメールドメインからの会員登録をブロックする 初期設定を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 > 会員登録無効メールドメイン設定

指定したメールドメインからの会員登録・更新をブロックする初期設定
「会員登録無効メールドメイン設定」を追加しました。

会員のPCメールアドレスまたは携帯メールアドレスのメールドメインが
「会員登録無効メールドメイン設定」に設定したメールドメインに合致する場合
エラーとなり、会員登録または会員情報の更新ができないようにします。

※既存会員で、指定するメールドメインに該当するメールアドレスを登録している会員は
 同メールドメインでの会員更新ができなくなります。

■ 経緯
 海外のIPアドレスから、大量に会員登録される事例報告を承ったため。

サポートページはこちら

2019/12/18 

# 691 外貨使用時における、会員割引額の有無により
表示を出し分けるm:idの挙動を修正しました
対象機能・画面:通貨設定オプションご利用の店舗様
        商品一覧ページ(item_list.xhtml)、お気に入りリストページ(wishlist.xhtml)

通貨設定オプションご利用で、外貨使用時に表示の出し分けの制御が利かず、常に表示されているm:idがあるため
会員割引額の有無によって出し分けるよう修正しました。

▼対象m:id

会員割引額が存在する/しない IF_DISCOUNT
IF_NOT_DISCOUNT

2019/12/18 

# 690 継続課金のバッチ処理終了メールに処理件数が出力されるよう修正しました
対象機能・画面:定期販売オプションご利用の店舗様

■ 対象決済
・GMOペイメントゲートウェイ:クレジットカード(継続課金)
・イーコンテクスト:クレジットカード(継続課金)

継続課金有効性確認送信バッチ、また、継続課金請求データ送信バッチの処理終了のお知らせをメール受信している場合、
メール本文に「総処理件数:0」や「対象データ:null」と、件数が表示されていなかったため
正しい処理件数を出力するよう修正しました。

2019/12/18 

# 689 O-PLUX連携オプションを利用し注文する際、姓名に特殊なスペースが入ると
エラーになる事象を解消しました
対象機能・画面:O-PLUX連携オプションご利用の店舗様

ユーザーウェブ、もしくは、ショップ管理ツールからの受注登録時に、注文者名や送付先名の姓名に特殊なスペースが入っていると
注文完了前にO-PLUXへ通信した際、エラーになり購入出来ない事象が発覚したため
O-PLUX側へ特殊なスペースを送信しないよう修正しました。

2019/12/18 

# 688 タイムセール一括アップロードにおけるキー項目を追加しました
対象機能・画面:タイムセールオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > プロモーション > タイムセール管理 > タイムセール一括アップロード

タイムセール一括アップロードのキー項目「ITEM_CD」「TIME_SALE_KIKAN_F」に「TIME_SALE_TIME_F」を追加します。

■ 経緯
 同日で、時間区切り(例:12-15時:30%OFF, 15-21時:20%OFF)のセールを設定することができなかったため。

■ 変更前のキー項目
 ・ITEM_CD(商品コード)
 ・TIME_SALE_KIKAN_F(タイムセール期間FROM)

■ 変更後のキー項目
 ・ITEM_CD(商品コード)
 ・TIME_SALE_KIKAN_F(タイムセール期間FROM(日付))
 ・TIME_SALE_TIME_F(タイムセール期間FROM(時間))   

■ 注意事項
 「TIME_SALE_TIME_F」をキー項目に追加したことで、同一日付の開始時間を更新することができなくなります。
 (別時間の場合、新規登録となる)
 同一日付の開始時間を更新する場合は、タイムセール削除と合わせて行う必要がございます。

2019/12/18 

# 687 タイムセール一括アップロード , タイムセール一括削除 の 項目名を変更しました
対象機能・画面:タイムセールオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > プロモーション > タイムセール管理
        ・タイムセール一括アップロード
        ・タイムセール一括削除

IDは、タイムセール期間の日付と時間で異なっているのに対し
項目名は「タイムセール期間FROM」「タイムセール期間TO」と同一名称のため
項目名でも日付か時間を判別できるよう変更しました。

ID 変更後の項目名 変更前の項目名
TIME_SALE_KIKAN_F タイムセール期間FROM(日付) タイムセール期間FROM
TIME_SALE_TIME_F タイムセール期間FROM(時間) タイムセール期間FROM
TIME_SALE_KIKAN_T タイムセール期間TO(日付) タイムセール期間TO
TIME_SALE_TIME_T タイムセール期間TO(時間) タイムセール期間TO

2019/12/18 

# 686 商品一括アップロードにおける商品の自由項目1の項目IDの表記を
画面とCSVで統一しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 商品一括アップロード

商品一括アップロードにおいて、商品の自由項目1の項目IDが画面上では「FREE_ITEM1」となっているのに対し、
「タイトル行ダウンロード」より出力したCSVでは「ITEM.FREE_ITEM1」と異なっていたため、
画面上の項目IDも「ITEM.FREE_ITEM1」に修正しました。

※商品一括アップロード操作自体は「FREE_ITEM1」「ITEM.FREE_ITEM1」いずれでもアップロード可能です。

2019/12/18 

# 685 Excelのバージョン違いで利用できない関数がある場合も
帳票出力できるようにしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理
        「Excel」での [納品書作成]・[発注書作成] をご利用の店舗様
        請求管理オプションをご利用で、ショップ管理ツール > 請求・支払 > 請求管理 > 請求データ検索/一覧
        「Excel」での [請求書発行]・[領収書発行] をご利用の店舗様

Excelのバージョンで、サポートされていない関数を使用した場合でも、帳票ダウンロードできるよう処理を変更しました。

■ 変更前
 帳票ダウンロードはできない。

■ 変更後
 サポートされていない関数を使用しているセルは、処理をスキップし空白にはなるが、帳票ダウンロードできる。   

2019/12/18 

# 684 会員名に「'」や「\」を含むと
会員検索のポップアップ画面が閉じない挙動を修正しました
対象機能・画面:ー

「会員検索」ボタンより表示される、会員検索のポップアップ画面において
「'(半角シングルクォーテーション)」を会員名(姓,名)に含む、もしくは
「\(半角バックスラッシュ)」を会員名(姓,名)の末尾に含む会員を選択しようとすると
ポップアップ画面が閉じず、当該会員を選択しかねることが判明したため、選択できるよう挙動を修正しました。

■ 会員検索のポップアップ画面が表示されるショップ管理ツールメニュー

・注文の管理 > 受注管理 > 受注新規登録

・注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理

・注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理 > オペレータ受注新規登録
  ※オペレータ受注画面オプションご利用の店舗様

・会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員アドレス帳新規登録検索/一覧
  ※アドレス帳オプションご利用の店舗様

・会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員名寄せ登録
  ※会員マスタ名寄せオプションご利用の店舗様

・会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員名寄せ検索/一覧
  ※会員マスタ名寄せオプションご利用の店舗様

2019/12/18 

# 683 商品登録・編集画面における画像の縦幅サイズを指定可能な
初期設定を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定>
        ショップ管理ツール商品画像縦幅サイズ設定

ショップ管理ツールの商品編集画面と確認画面で表示される画像の、縦幅サイズを指定する
初期設定「ショップ管理ツール商品画像縦幅サイズ設定」を追加しました。

※横幅は画像比を維持した状態で表示されます。
※未設定の場合、原寸大の画像サイズで表示されます。

■ 経緯
 大きい画像を用いている場合、原寸大のままではショップ管理ツールの画面レイアウトが見づらくなるため。

サポートページはこちら

2019/12/18 

# 682 お問い合わせフォーマットにて個人情報を入力する項目を
マスク対象にする機能を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > お問い合わせ管理 > お問い合わせフォーマット編集

利用者のロール*において、個人情報マスク「マスクする」にチェックしていた場合、お問い合わせフォーマットに設定している、
個人情報を入力する項目もマスク対象とできるよう、「お問い合わせフォーマット編集 項目編集」画面に「個人情報フラグ」
という新たな項目を追加し、当該項目にて「個人情報を保護する」にチェックすると、マスク対象として「****」と
表示するようにしました。
(*メニュー:ショップ管理ツール > システム設定 > 利用者管理 > 利用者ロール設定)

■ 注意事項
「個人情報マスク:マスクする」ロールであってもお問い合わせでは、個人情報が閲覧できることを鑑み
デフォルト値は、お問い合わせフォーマットの全項目をマスク対象としました。
そのため、マスク不要な項目についてはお手数ですが、「個人情報を保護する」のチェックを外すようお願いいたします。
「個人情報フラグ」の変更は、お問い合わせの項目編集権限を有する方であれば可能です。

2019/12/18 

# 681 ebisumartで利用可能な決済方法に 「LINE Pay」を追加しました

ebisumartで利用可能な決済方法に、LINE Pay株式会社が提供する「LINE Pay」を追加しました。

LINE Payの決済サービス詳細については、下記URLをご覧ください。
https://pay.line.me/portal/jp/main

「LINE Pay」をお申込みいただいた際には、決済方法*の設定と初期設定より、LINE Pay側の決済画面に表示する
画像のURLを設定する必要があります。
(*メニュー:ショップ管理ツール > お店を作る > 決済方法)

サポートページはこちら

■ 注意事項
 ・決済代行会社がGMOペイメントゲートウェイの店舗様のみ利用可能です。

 ・Fulfillment by ZOZO ご利用の店舗様につきましては、現時点で対象外であり別途対応予定であること、
  何卒ご了承くださいませ。

2019/12/11 

# 680 外貨使用時における、会員割引額の有無により表示を出し分けるm:idの
挙動を修正しました
対象機能・画面:通貨設定オプションご利用の店舗様

通貨設定オプションご利用で、外貨使用時に表示の出し分けの制御が利かず、
常に表示されているm:idがあるため会員割引額の有無によって出し分けるよう修正しました。

▼対象m:id

会員割引額が存在する/しない IF_MEMBER_DISCOUNT
IF_NOT_MEMBER_DISCOUNT
現在のアクセスランキング設定の商品に会員割引額が設定されている/いない common.IF_ACCESS_RANKING_DISCOUNTT
common.IF_NOT_ACCESS_RANKING_DISCOUNT
現在の「すべての商品一覧」に会員割引額が存在する/しない common.IF_ALL_ITEM_DISCOUNT
common.IF_NOT_ALL_ITEM_DISCOUNT
現在のフリーランキング(売上)の商品に会員割引額が設定されている/いない common.IF_FREE_RANKING_DISCOUNT
common.IF_NOT_FREE_RANKING_DISCOUNT
現在の「カテゴリに紐づく一覧商品」に会員割引額が存在する/しない common.IF_ITEM_OF_CATEGORY_DISCOUNT
common.IF_NOT_ITEM_OF_CATEGORY_DISCOUNT
現在の閲覧履歴商品に会員割引額が存在する/しない common.IF_ITEMACCESSLOG_DISCOUNT
common.IF_NOT_ITEMACCESSLOG_DISCOUNT
現在の売上ランキングの商品に会員割引額が設定されている/いない common.IF_RANKING_DISCOUNT
common.IF_NOT_RANKING_DISCOUNT
現在のおすすめ商品に会員割引額が存在する/しない common.IF_RECOMMEND_DISCOUNT
common.IF_NOT_RECOMMEND_DISCOUNT
現在の新着順設定に登録されている商品に会員割引額が設定されている/いない common.IF_SINTYAKU_DISCOUNT
common.IF_NOT_SINTYAKU_DISCOUNT

2019/12/11 

# 679 オペレータ受注新規登録における「クーポン割引計算」ボタン押下時の
算出処理を修正しました
対象機能・画面:オペレータ受注画面オプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > オペレータ受注新規登録

「オペレータ受注新規登録」より開く受注登録画面、基本情報「決済・請求情報」タブの
「クーポン割引計算」ボタン押下時の処理について、下記2点修正しました。

■ ショップ管理ツール > お店を作る > 金額設定 にて下記設定の場合
  ・消費税区分:外税
  かつ
  ・クーポン割引時消費税計算区分:クーポン割引後、消費税計算

 税抜き金額に対してクーポン割引額を算出すべきところ、税込み金額に対してクーポン割引額を算出しているため
 税抜き金額からまとめ買い割引額・キャンペーン割引額を引いた金額に対し、クーポン割引額を算出するよう修正しました。

■ 小計を超える金額を「クーポン割引額」に入力した場合
 「クーポン割引計算」ボタン押下時に、小計 - クーポン割引額が0円未満にならないよう「クーポン割引額」の入力値を修正しました。

▼ 例)小計300円(税込330円)の商品で、「クーポン割引額:400」と入力し「クーポン割引計算」ボタンを押下すると
  「クーポン割引時消費税計算区分:クーポン割引後、消費税計算」、かつ、
  「消費税区分:外税」では、「クーポン割引額:300」に修正します。

2019/12/11 

# 678 カートオプション商品の画像を
注文情報入力ページで出力するm:idを作成しました
対象機能・画面:カートオプション商品オプションをご利用の店舗様

注文情報入力ページ(cart_seisan.xhtml)にて、注文に紐付くオプション商品を繰り返す m:id「LOOP_OPTION_ITEM」内で、
「商品画像1」を出力するm:idを作成しました。

m:id 概要
IF_OPTION_ITEM_IMAGE1 現在のオプション商品の商品画像1が存在する場合のみ表示
OPTION_ITEM_IMAGE1_TAG 現在のオプション商品の商品画像1を表示
商品画像1が存在しないときはNOIMAGE画像を表示

2019/12/11 

# 677 商品情報コピー時に、現在編集しているのが
コピーである旨のメッセージを追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 商品検索/一覧

商品一覧の「コピー」ボタンより、商品新規登録画面へ遷移した際
現在編集しているのがコピーである旨のメッセージを表示するようにしました。

■ 経緯
 商品一覧の「編集」ボタンより開く画面と、「コピー」ボタンより開く画面が同一であることから、
 誤ってコピー元としたい商品情報の編集を防ぐため。

2019/12/11 

# 676 受注変更画面において電子マネー決済の取引IDを表示しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理

支払い方法が下記の場合、受注変更画面にて取引IDを表示するようにしました。
※従前より、ダウンロードの対象項目としては「取引ID」を登録できました。

■ 対象の支払い方法
・ベリトランス3G:電子マネー決済(モバイルSuica)
・ベリトランス3G:電子マネー決済(モバイルEdy)
・ベリトランス3G:電子マネー決済(サイバーEdy)
・ソフトバンクペイメントサービス:電子マネー決済(ビットキャッシュ決済)
・ソフトバンクペイメントサービス:電子マネー決済(ネットキャッシュ決済)
・ソフトバンクペイメントサービス:電子マネー決済(ウェブマネー決済)

2019/12/11 

# 675 送信メールやCSVファイルの文字コードを 設定する初期設定を公開しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 >
        ・送信メール文字コード
        ・メール送信時機種依存文字使用可能化フラグ
        ・アップロード・ダウンロードファイルエンコード

送信メールやCSVファイルの文字コードを設定する初期設定を、公開しました。

初期設定名 概要
送信メール文字コード 各種送信メールの文字コードを変更します。
「個別設定」の場合は「メールフォーマット登録・照会」にて各メールごとに文字コードを選択可能になります。
※サポートページはこちら
メール送信時機種依存文字
使用可能化フラグ
通常、メールで丸数字などの機種依存文字を使用すると「?」などに変換されて送信されます。
このフラグをONにすると、それらの機種依存文字も送信できるようになります。
ただし一部のメールソフトで全文が文字化けてしまう現象が発生しますので運用にはご注意ください。
アップロード・ダウンロードファイルエンコード アップロード、ダウンロードされるCSVファイルのエンコードを選択します。

2019/12/11 

# 674 商品の一覧ページにて、ツールチップにより「商品名」を表示するか
選択できる初期設定を 追加しました
対象機能・画面:商品一覧ページ(item_list.xhtml)にてm:id「ITEM_DETAIL_LINK_TAG」をご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 >
        商品一覧ページ ツールチップ表示フラグ

商品の一覧ページ(item_list$****.xhtml)において、ツールチップを表示するかどうかを選択できる
初期設定「商品一覧ページ ツールチップ表示フラグ」を追加しました。

「利用する」を選択した場合、現在の商品の商品詳細ページへリンクするm:id「ITEM_DETAIL_LINK_TAG」に
カーソルやマウスポインタを合わせることで、ツールチップに「商品名」が表示されます。

これにより、「商品名」が長い場合もエンドユーザーにご確認いただけるようになります。
(ツールチップ:商品にカーソルやマウスポインタを合わせた際に表示されるもの)

■ 経緯
 商品閲覧履歴やランキングでは、ツールチップに「商品名」が表示されていましたが、
 商品の一覧ページでは表示されていなかったため。

マニュアルはこちら

2019/12/04 

# 673 配送間隔指定定期の子受注作成時に非稼働日を考慮するか、
選択可能な初期設定を追加しました
対象機能・画面:定期販売オプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定 >
        配送間隔指定定期子受注作成時の非稼働日考慮フラグ

ショップカレンダーで指定した非稼働日(倉庫の休日・商品の出荷ができない日)を考慮し
配送間隔指定定期の子受注を作成するか、選択可能な初期設定を追加しました。

利用する 親受注の【次回配送予定日】から、非稼働日を除いた
【配送希望日指定可能最小日数】をさかのぼった日付に子受注を作成する
利用しない 親受注の【次回配送予定日】から
【配送希望日指定可能最小日数】をさかのぼった日付に子受注を作成する

マニュアルはこちら

2019/12/04 

# 672 商品入数を、商品一括アップロードより登録可能にしました
対象機能・画面:商品入数販売オプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 商品一括アップロード

商品入数を、商品一括アップロードより登録できるよう、項目を追加しました。
・項目名:商品入数
・項目ID:QUANTITY_OF_LOT

2019/12/04 

# 671 注文情報確認ページにて、受注明細の自由項目を出力するm:idの
文字化けを修正しました
対象機能・画面:注文情報確認ページ(cart_confirm.xhtml)にて下記m:idをご利用の店舗様
        ・MEISAI_FREE_VALUE_HERE
        ・MULTI_MEISAI_FREE_VALUE_HERE

注文情報入力ページ(cart_seisan.xhtml)にて、半角の「&」「¥」を入力すると
注文情報確認ページ(cart_confirm.xhtml)にて文字化けしていたため、正しく出力するよう修正しました。

■ 対象m:id
・MEISAI_FREE_VALUE_HERE
 受注明細自由項目の値を出力

・MULTI_MEISAI_FREE_VALUE_HERE
 現在の複数配送先に対して受注明細自由項目の値を出力

2019/12/04 

# 670 おすすめ商品を繰り返すm:id「common.LOOP_RECOMMEND」内で
発売日を表示するm:idを作成しました
対象機能・画面:ー

おすすめ商品を繰り返すm:id「common.LOOP_RECOMMEND」内で、発売日を出力するm:idを作成しました。

m:id 概要
common.IF_RECOMMEND_SALE_DATE 現在のおすすめ商品に発売日が存在する場合にのみ表示
(m:id='common.LOOP_RECOMMEND' の中だけで使用可)
common.RECOMMEND_SALE_DATE_YEAR_HERE 現在のおすすめ商品の発売日の年を出力
(m:id='common.LOOP_RECOMMEND' の中だけで使用可)
common.RECOMMEND_SALE_DATE_MONTH_HERE 現在のおすすめ商品の発売日の月を出力
(m:id='common.LOOP_RECOMMEND' の中だけで使用可)
common.RECOMMEND_SALE_DATE_DAY_HERE 現在のおすすめ商品の発売日の日を出力
(m:id='common.LOOP_RECOMMEND' の中だけで使用可)

2019/12/04 

# 669 受注一覧にて、受注ヘッダの自由項目を検索条件とした際の挙動を修正しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > システム設定 > 自由項目管理 > 自由項目登録・照会 > 受注ヘッダ
        「項目入力形式:プルダウン」かつ「項目選択肢:99」を設定している店舗様

受注ヘッダの自由項目において、「項目入力形式:プルダウン」で「項目選択肢」として「99:仮受注」のように
値に「99」を設定している場合、受注一覧の検索条件として、当該自由項目「99」を指定しても絞込みされず全受注が表示されていたため、
「99」で絞込みするよう修正しました。

2019/12/04 

# 668 一部文字列を入力した際の、ユーザーウェブにおけるキーワード検索の
挙動を修正しました
対象機能・画面:ー

ユーザーウェブにおける検索キーワードとして、「%」、「\」、「_」という一部文字列を含む場合、
正しく絞込みがされていないためエンドユーザーが入力した値のとおり、検索するよう修正しました。

2019/12/04 

# 667 一覧画面において検索結果を表示した際のメッセージを変更しました
対象機能・画面:ー

一覧画面において検索結果を表示した際のメッセージを下記のように変更しました。

■ 対象画面
・ショップ管理ツール
 「メールフォーマット登録・照会」や「メルマガ配信コンテンツレポート」等の一覧画面
・ユーザーウェブ
 検索件数と現在の表示件数を出力するm:id「PAGEGUIDE_HERE」を記述した画面
 ※m:id「PAGEGUIDE_HERE」を記述できる対象ページ一覧は こちら

<例>
検索結果全123件のうち、現在開いている画面で1~15件目を表示している場合のメッセージ

■ 変更前
 123 件中 1 件から 15 件を表示しています。

■ 変更後
 1 ~ 15 件目を表示しています。(全123件)

2019/11/27 

# 666 商品の検索条件【SmartPhone向け商品テンプレート】
【携帯向け商品テンプレート】について
関連オプションをご利用の場合のみ選択できるようにしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 商品の管理 > 商品管理 > 商品検索/一覧

機能更新# 654 において追加した商品データ一覧の検索条件のうち【SmartPhone向け商品テンプレート】と【携帯向け商品テンプレート】が、
関連オプションをお申込みでない場合にも表示されていたため、ご利用の場合のみ、検索条件として選択できるよう修正しました。

・SmartPhone向け商品テンプレート
 商品別テンプレート設定、かつ、スマートフォンパッケージ利用時のみ選択可能
・携帯向け商品テンプレート
 商品別テンプレート設定、かつ、携帯・PCパッケージ利用時のみ選択可能

2019/11/27 

# 665 PDFダウンロード時、制限値である100件を超えていないか
チェック処理を追加しました
対象機能・画面:ー

ショップ管理ツールの受注一覧等でPDF形式でダウンロードする際に、制限値である100件を超えていないか
チェック処理を追加し、101件以上が対象であった場合は、エラーになるようにしました。

※参考サポートサイト:機能ごとの制限について
 https://support.ebisumart.com/item/A000116.html

■ 経緯
  1回に出力する帳票出力枚数(PDFページ数)として「制限値:100」としておりますが、
  100件を超えているかのチェック処理が入っていない箇所があり、PDFサーバが高負荷状態となり、
  他店舗に影響が及ぶ可能性があったため

2019/11/20 

# 664 O-PLUX連携に関する初期設定を2つ追加しました
「O-PLUX商品情報制御」「O-PLUX受注OUT制御」
対象機能・画面:O-PLUX連携オプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > システム設定 > システム設定マスタ > 初期設定
        ・O-PLUX商品情報制御
        ・O-PLUX受注OUT制御

■ O-PLUX商品情報制御
 O-PLUX連携のイベント登録APIで連携する「加盟店商品ID」として従来は「商品ID」を連携していましたが、
 「商品ID」「商品コード」「購入時の商品バリエーションコード」から指定できるようにしました。

マニュアルはこちら

■ O-PLUX受注OUT制御
 ユーザーウェブからの受注登録時の「O-PLUX審査結果」および、受注更新・取消時の
 「目視審査結果」によって、標準APIの受注データ連携OUTの制御を行うかを設定できるようにしました。

マニュアルはこちら


※ご留意事項※

 現在、O-PLUX連携オプションご利用中の店舗様で設定ご希望の場合は
 事前に影響調査をいたしますので、弊社サポートまでお問い合わせください。

2019/11/20 

# 663 定期購入商品の情報変更ページにて、確認用メールアドレスフォームがない場合も
メールアドレスを変更可能にしました
対象機能・画面:定期販売オプションをご利用の店舗様

定期購入商品の情報変更ページ(teiki_renew.xhtml)にて確認用メールアドレスフォームがないとエラーになり、変更できかねたため
確認用メールアドレスフォームがない場合は確認用メールアドレスとのチェック処理を外し、変更可能にしました。

2019/11/20 

# 662 現在の商品が定期販売商品のときのみ表示するm:idを
各ページに追加しました
対象機能・画面:定期販売オプションをご利用の店舗様

現在の商品が定期販売商品のときのみ表示するm:idのご用意が無かったページについて、m:idを追加しました。

m:id 概要
common.IF_ITEMACCESSLOG_TEIKI 現在の閲覧履歴商品が定期販売商品のときのみ表示。
(m:id='common.LOOP_ITEMACCESSLOG' の中だけで使用可)
common.IF_SINTYAKU_TEIKI 現在の新着順設定に登録されている商品が定期販売商品のときのみ表示。
(m:id='common.LOOP_SINTYAKU' の中だけで使用可)
common.IF_RECOMMEND_TEIKI 現在のおすすめ商品が定期販売商品のときのみ表示。
(m:id='common.LOOP_RECOMMEND' の中だけで使用可)
common.IF_RANKING_TEIKI 現在の売上ランキングの商品が定期販売商品のときのみ表示。
(m:id='common.LOOP_RANKING' の中だけで使用可)
common.IF_FREE_RANKING_TEIKI 現在のフリーランキング(売上)の商品が定期販売商品のときのみ表示。
(m:id='common.LOOP_FREE_RANKING' の中だけで使用可)

2019/11/20 

# 661 メルマガ会員の情報を、CSVファイルにダウンロードした際の出力項目に
登録日時を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > プロモーション > メルマガ管理 > メルマガ会員ダウンロード

「ダウンロード」もしくは「メルマガ会員のみをダウンロード」からダウンロードするCSVファイルの出力項目に、
登録日時を追加しました。

■ 更新前の出力項目
 メールアドレス , 端末区分 , メールタイプ , 会員ID , 端末機種情報

■ 更新後の出力項目
 メールアドレス , 端末区分 , メールタイプ , 会員ID , 端末機種情報 , 登録日時
 ※最後に追加しました。

2019/11/20 

# 660 ショップ管理ツールより、Excel形式で各種帳票をダウンロードした際の
シート名に受注番号のみ出力するよう変更しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理
        「Excel」での [納品書作成]・[発注書作成] をご利用の店舗様
        請求管理オプションご利用で、ショップ管理ツール > 請求・支払 > 請求管理 > 請求データ検索/一覧
        「Excel」での [請求書発行]・[領収書発行] をご利用の店舗様

機能更新# 638 において、受注番号を出力するよう変更しましたが、
Excelの仕様でシート名の最大文字数は、全角・半角によらず31文字であり
受注番号フォーマットを長く設定している場合等に文字数上限を超えエラーになるため
冒頭に出力している、帳票フォーマットのシート名を出力しないようにしました。

■ 更新前のシート名
 帳票フォーマットのシート名 受注番号

■ 更新前のシート名
 受注番号

2019/11/20 

# 659 取消済の受注データにおいて備考欄のみ更新可能にしました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理

「取消区分」にチェックの入った、取消済の受注データの場合
受注変更画面にて、備考欄の右に「備考更新」ボタンを設け更新可能にしました。

2019/11/20 

# 658 会員一覧,受注一覧における検索条件に 「会員IDリスト」を追加しました
対象機能・画面:ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員データ検索/一覧
        ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理

会員データ一覧,受注データ一覧の検索条件に、「会員IDリスト」を追加しました。
会員タグオプション(無償)ご利用時、複数会員に対して会員タグを付与したい場合等にご活用ください。

2019/11/20 

# 657 ebisumartで利用可能な決済方法に
「Paidy翌月払い(コンビニ/銀行)ver.2」を追加しました
対象機能・画面:ー

ebisumartで利用可能な決済方法に
株式会社Paidyが提供する「Paidy翌月払い(コンビニ/銀行)ver.2」を追加しました。

Paidy翌月払いとは、メールアドレスと携帯番号の登録だけで、簡単にオンライン決済ができる支払い方法です。
決済サービスの詳細については、下記URLをご覧ください。

https://paidy.com/payments/

■ 従前の決済方法<Paidy翌月払い(コンビニ/銀行ATM)> との変更箇所
▼ オーソリ確定後に ebisumart から取消できるようになりました。
 ebisumart より取消すると、Paidy側へAPI連携されて返金処理がされます。
※全額取消のみの対応です。一部返金には対応しておりません。

▼ Paidy側の決済画面は、注文情報確認ページ(cart_confirm.xhtml)でのみ起動するようになります。
※従前の<Paidy翌月払い(コンビニ/銀行ATM)>では注文完了ページ(cart_result.xhtml)でも起動しますが、
 注文完了ページからの起動では、その後決済処理を完了せずに終えてしまうケースがあり
 注文情報確認ページ(cart_confirm.xhtml)でのみ起動するよう変更しました。


※ご留意事項※

今回追加した<Paidy翌月払い(コンビニ/銀行)ver.2>は、
従前の決済方法<Paidy翌月払い(コンビニ/銀行ATM)>とは異なる決済方法のため、
<Paidy翌月払い(コンビニ/銀行ATM)>をご利用の店舗様が
<Paidy翌月払い(コンビニ/銀行)ver.2>をご希望の場合、決済追加にあたります。

2019/11/13 

# 656 ステップメールにて、使用不可な項目 「CCメールアドレス」
「BCCメールアドレス」を削除しました
対象機能・画面:ステップメールオプションご利用の店舗様
        ショップ管理ツール > お店を作る > メールフォーマット登録・照会 > メール種類ID:99「ステップメール」

ステップメールでは、「CCメールアドレス」「BCCメールアドレス」にメールアドレスを設定しても配信されませんが、
画面上には項目として表示されていたため削除しました。