エンドユーザーに入金督促メールを配信する方法

注文後未入金の受注について、エンドユーザーに入金督促メールを配信することが可能です。
入金督促メールを配信するには、以下の設定が必要となります。

(1)入金督促メールの配信対象日の設定

初期設定「入金督促メール配信対象基準日数」にて、払込期限の何日前に入金督促メールを配信するか、日数を設定します。


(2)入金督促メール配信バッチの設定

メールを自動配信するため、弊社にてバッチの設定が必要です。
初期設定「入金督促メール配信対象基準日数」に基づき算出されるメール配信日の何時にメールを配信するか、
メール配信時刻を弊社サポートまでご連絡ください。

(3)決済方法ごとに入金督促メールの配信対象とするかの設定

決済方法「入金督促メール配信対象」にて、決済方法ごとに入金督促メールの配信対象とするかを設定します。


注意事項
 入金督促メール配信の対応決済は以下の通りです。下記以外の決済は適用対象外となります。

 ・e-SCOTTPLUS(コンビニ ネットバンキング)
 ・GMOペイメントゲートウェイ(コンビニ/ペイジー)
 ・イーコンテクスト(コンビニ)
 ・ソフトバンクペイメントサービス(コンビニ)
 ・ペイジェント(コンビニ)
 ・ベリトランス(コンビニ)
 ・ベリトランス3G(ATM/キャリア決済/コンビニ/電子マネー)
 ・クロネコwebコレクト(コンビニ)
 ・ペイジー(りそなPayResort(ATM))


(4)メールフォーマットの「メール配信区分」の設定

「入金督促メール」「携帯入金督促メール」の「メール配信区分」を「配信」に設定します。


メール内で使える置換文字は、下記のリンクよりご確認ください。
入金督促メールで使える置換文字一覧


この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。
1人の方が「参考にならなかった」と言っています。