SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HERE

注文情報入力ページ(cart_seisan.xhtml)でログインする為のログインIDを入力するInputタグを出力します。使用しない場合は、ご依頼主(ご請求先)情報とm:id='SEISAN_LOGIN_PW_INPUT_HERE'で表示されるフォームに入力されたパスワードを元にログインを行います。


使用例 特記事項
<input m:id='SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HERE' value='' type='' name='' />
ソースコード例

「SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HERE」「SEISAN_LOGIN_PW_INPUT_HERE」「LOGIN_BUTTON_TAG」はセットで
ご利用ください。「SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HERE」を利用する場合とそうでない場合のソースコード例は以下の通りです。

SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HEREを利用する場合

<form m:id='FORM_TAG'>
~略~
  <h2>ログイン</h2>
  <p>会員の方は、下のフォームにログインID・パスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。</p>
  <table summary="ログイン">
    <tr>
      <th class="title">ログインID</th>
      <td><input m:id='SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HERE' name="" type="text" size="50" value="" /></td>
    </tr>
    <tr>
      <th class="title">パスワード</th>
      <td><input m:id='SEISAN_LOGIN_PW_INPUT_HERE' name="" size="50" value="" type="password" /></td>
    </tr>
  </table>

  <div>
    <input m:id='LOGIN_BUTTON_TAG' type="submit" value="ログイン" class="button positive medium" />
  </div>
~略~
</form>
SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HEREを利用しない場合

※初期設定「メールアドレスをログインIDとする設定」が「メールアドレスをログインIDとする」になっている状態


<form m:id='FORM_TAG'>
~略~
  <table summary="ご依頼主(ご請求先)情報" >
  ~略~
    <tr>
      <th class="title">メールアドレス</th>
      <td><input m:id='PC_MAIL_INPUT_HERE' name="PC_MAIL" type="text" size="50" value="" /></td>
    </tr>
    <tr>
      <th class="title">パスワード</th>
      <td><input m:id='SEISAN_LOGIN_PW_INPUT_HERE' name="" size="50" value="" type="password" /></td>
    </tr>
    <div>
      <input m:id='LOGIN_BUTTON_TAG' type="submit" value="ログイン" class="button positive medium" />
    </div>
  ~略~
  </table>
~略~
</form>

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。