GoogleShopping連携カラム設定

GoogleShopping連携で連携する商品データについて、各属性に自由項目など任意の項目を割り当てることができます。
「属性名(g:id等)=項目ID(ITEM_CD等)」の形式で指定します。

データ形式については
http://support.google.com/merchants/bin/answer.py?hl=ja&answer=188494#JPをご参照ください。


本設定に、該当属性(g:id等)が指定されてない場合は、下記デフォルトの項目(ITEM_CD等)の値が出力されます。
本設定に、該当属性を指定している場合は、その属性に対して指定している項目の値が出力されます。

例)g:idはデフォルトでは商品コードが出力されますが、本設定にg:id=FREE_ITEM1と指定した場合、
  商品自由項目1が出力されます。

デフォルト値(本初期設定で属性が未指定の場合の出力項目)

g:id=ITEM_CD
title=ITEM_NAME
g:price=TEIKA
description=ITEM_INFO2(値が未設定の場合はITEM_NAME)※descriptionはsummaryに変換される
g:expiration_date=KIKAN_T
g:image_link=ITEM_IMAGE1(パスが設定されていない、またはパスに画像が存在しない場合はnoimage画像)
g:additional_image_link=ITEM_IMAGE2,ITEM_IMAGE3,ITEM_IMAGE4
(パスが設定されていない、またはパスに画像が存在しない場合はnoimage画像)
link=item/ITEM_CDの値.html
g:condition="new"
g:availability=在庫状況
/ 在庫管理フラグが「管理する」かつ在庫が0の場合:out of stock
/ 在庫管理フラグが「管理する」かつ在庫が1以上かつ最低在庫数以下の場合:limited availability
/ 上記どれにも該当しない場合:in stock


注意事項
※項目IDとして設定できるのは、商品マスタの項目のみです。

※指定した項目の値が未設定の場合は、gsFeed.xmlに出力されません。
 ただし、link , g:condition , g:availabilityについては、値が未設定の場合、デフォルトの値が出力されます。

 例)初期設定で下記を設定した場合

 g:expiration_date=FREE_ITEM1 
 →FREE_ITEM1が未設定の場合はgsFeed.xmlに出力されません。
 g:condition=FREE_ITEM2
 →FREE_ITEM2が未設定でも、newが値としてgsFeed.xmlに出力されます。

※商品マスタに存在しない項目IDが指定された場合、エラーとなりgsFeed.xmlは作成されません。

※descriptionはsummaryに変換されます。
 本設定にはg:description=XXXと指定しますが、gsFeed.xmlで出力される際の属性はsamaryに変換されて
 出力されます。

※title , description , link を指定する場合、"g:"はつかないためご注意ください。

※g:image_link , g:additional_image_linkについて、パスが設定されていない、またはパスに画像が存在しない場合、
 noimage画像が出力されます。

※linkには、”サービスURL+設定値”が出力されるため、存在しないパスやサービスURL込みのURLは
 指定しないでください。


当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。