会員とメルマガ会員の違いについて

本システムでは、「会員」と「メルマガ会員」を別々に管理しています。
それぞれの違いは以下になります。

1. 会員とメルマガ会員の違い

(1)会員

エンドユーザーがユーザーウェブにてログインIDとパスワードを入力し登録することにより、ポイントなどの特典や、商品の購入履歴を閲覧するなどのサービスを受けられるようになります。

以下のユーザーウェブTOPページから新規会員登録することができます。

また、店舗管理者はショップ管理ツールにて会員の管理ができます。
エンドユーザー、店舗管理者いずれもが登録作業しても会員データが作成されます。
以下のショップ管理ツールの画面から会員データの管理ができます。

「会員管理」画面へのアクセス

(2)メルマガ会員

エンドユーザーがユーザーウェブでメールマガジンの登録を行うことにより、メールマガジンの配信サービスを受けられるようになります。
以下のユーザーウェブTOPページからメルマガ購読の登録することができます。

メールアドレスだけで気軽に利用可能な登録方法としてご用意しています。

また、店舗管理者はショップ管理ツールにて会員の管理ができます。
エンドユーザー、店舗管理者いずれもが登録作業してもメルマガ会員データが作成されます。
以下の画面から管理ができます。

「メルマガ管理」画面へのアクセス

詳しくはメルマガ会員の管理方法をご覧ください。

2.メルマガ会員登録のみのエンドユーザーが会員登録を希望した場合

エンドユーザー自身で登録するか、店舗管理者が代行して登録追加することができます。
エンドユーザー、店舗管理者いずれもが登録作業してもメルマガ会員データに加え、会員データが作成されます。

(1)メルマガ会員登録のみのエンドユーザーが、会員登録をする方法

エンドユーザーがユーザーウェブで新規会員登録を行うことにより、メルマガ会員データに加え会員データへと紐付け登録できます。
※メールマガジンに登録済みのメールアドレスと同一であることが前提になります。
以下のユーザーウェブTOPページから新規会員登録することができます。

(2)店舗管理者がメルマガ会員登録のみのエンドユーザーに会員登録を追加する方法
①メルマガ会員のメールアドレスを確認する。

「会員新規登録」画面で会員として新規登録します。
以下の画面から編集ができます。

「会員新規登録」画面のアクセス

②メルマガ会員のメールアドレスも含めて会員データを入力する。
③項目の メルマガ受付区分 で、メルマガを受信したい任意の端末を選び、[確認]をクリックする。

3.会員登録のみのエンドユーザーがメルマガ会員登録を希望した場合

エンドユーザー自身で登録するか、店舗管理者が代行して登録追加することができます。
エンドユーザー、店舗管理者いずれもが登録作業しても会員データに加え、メルマガ会員データが作成されます。

(1)会員登録のみのエンドユーザーが、メルマガ会員登録をする方法

エンドユーザーがユーザーウェブでメールマガジンの登録を行うことにより、メールマガジンの配信サービスを受けられるようになります。
※会員登録に登録済みのメールアドレスと同一であることが前提になります。
以下のユーザーウェブTOPページから新規会員登録することができます。

また、ユーザーウェブでログイン後[会員情報変更]をクリックし、メールマガジンを受けたい端末を選択する事でも同様にメールマガジンの配信サービスを受けられるようになります。
※どちらの方法で登録しても、会員データとメルマガ会員データはメールアドレスで紐付けされた一つの情報として扱われます。

(2)店舗管理者が会員のメルマガ受付区分を変更する方法

「会員データ検索/一覧」画面で会員データを編集します。
以下の画面から編集ができます。

「会員データ検索/一覧」画面のアクセス

①メルマガ会員登録したい会員データを選び、[編集]をクリックする。

②項目の メルマガ受付区分 で、メルマガを受信したい任意の端末を選び、[確認]をクリックする。

メルマガ受付区分を「受け付けない」としている会員が、メルマガ購読フォームよりメルマガ会員登録した場合、
会員退会・削除をすると、同一メールアドレスのメルマガ会員も削除されるようになります。

※「メールアドレス重複許可:利用する」で、同一メールアドレスで複数の会員IDを有する場合、
 有効な(退会/削除していない)会員IDが1つでもある限り、メルマガ会員データは削除しません。

 例)同一アドレスで、会員ID:A,Bと2つ有しつつ、メルマガ会員データとしても登録あり。
  1、会員ID:Aはそのままで、会員ID:Bのみ退会。 ⇒ メルマガ会員データは削除されない。
  2、会員Aも退会。 ⇒ 有効な会員IDが無いため、メルマガ会員データも削除。 

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

2人の方が「参考になった」と言っています。