WeBBy決済商品(役務)種類マッピング

WeBBy決済の利用時、各商品の「商品(役務)種類」として使用する商品自由項目のテーブル項目名を設定します。

例:自由項目1を利用する場合、FREE_ITEM1 を指定

※設定をご希望の場合、弊社サポートサイト窓口までお問い合せください。

本設定が未完了の場合や、テーブル項目名の形式が誤っている場合(「FREEITEM1(アンダーバー抜け)」等)、
商品マスタに該当自由項目「商品(役務)種類」が設定されていない場合は、
お店を作る > 決済方法 > WeBBy >「商品(役務)種類」を使用します。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
0人の方が「参考にならなかった」と言っています。