会員パスワード暗号化

会員パスワード暗号化

本オプションでは、会員パスワードを暗号化してデータベースに保存することが可能になります。
ご利用頂くことで、セキュリティの強化となります。
※この機能は標準機能としてご提供しており、予め適用されています。
会員パスワードが暗号化されると、店舗管理者でも実際に設定されたパスワードの値を確認することはできません。

以下の画面で暗号化された会員パスワードの確認ができます。

会員データ検索/一覧画面へのアクセス



エンドユーザーがユーザーウェブでログインパスワードを設定すると、暗号化された状態でデータベースに保存されます。

例)
パスワード:jiro123
データベース登録:78fa9664ec5f30884666059db4c60da16faa15ed
管理画面での表示:78fa9664ec5f30884666059db4c60da16faa15ed
CSVダウンロード:78fa9664ec5f30884666059db4c60da16faa15ed

会員一括アップロードのご注意
会員一括アップロード機能にて、CSVファイルにログインパスワード(上記例に則り:jiro123)を設定してCSVアップロードすると、CSVで設定したパスワード(例:jiro123)が暗号化された値と判断され、そのままデータベースに保存されます。
CSVで、設定したパスワード(例:jiro123)では、ログインできなくなりますのでご注意ください。

パスワードの変更案内をするには
店舗管理者はパスワードに設定されている値の確認はできません。(※弊社でも確認不可)
エンドユーザーからパスワードの設定内容に関するお問い合わせを受けた場合は、パスワードリマインダーをご案内してください。


この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
0人の方が「参考にならなかった」と言っています。