物流連携(出荷指示データ出力・宅配伝票番号取込)

1.物流連携(出荷指示データ出力・宅配伝票番号取込)

本オプションでは、外部の物流サービスと連携した出荷指示データの出力や、受注データへの宅配伝票番号一括紐付けなどが可能になります。
各物流サービスごとの説明は下記をご参照ください。

(1)佐川急便 e飛伝2連携

本オプションでは、佐川急便の送り状発行サービスe飛伝2とCSVファイルにて連携することができます。
出荷するための受注データCSVファイルを本システムから出力し、宅配伝票番号を紐付けるためのCSVファイルを本システムに取り込むことができます。
取り込みと同時に、エンドユーザーへ宅配伝票番号を記載した出荷お知らせメールを一括で送信することが可能です。

以下の画面で、受注データCSVファイルの出力ができます。

受注データ管理画面へのアクセス


本システムから出力するCSVファイルの項目(レイアウト)調整が必要になる場合があります。ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。


以下の画面で、本システムに宅配伝票番号を紐付けるCSVファイルのアップロードができます。

出荷実績取込(e飛伝2)画面へのアクセス

アップロードと同時に以下の処理を画面の操作で選択することができます。

CSVフォーマットの記載方法について
タイトル行(ヘッダ)は「日本語名」のカンマ区切り、もしくは「日本語名:英語名」のカンマ区切りで記載できます。

・タイトル例
お客様管理ナンバー,お問合せ送り状No.・・・・・
もしくは
お客様管理ナンバー:ORDER_DISP_NO,お問合せ送り状No.:SHIP_SLIP_NO・・・・・

▼配送日自動設定
受注データの配送区分(配送日)をアップロードした日の日付で登録します。

▼出荷お知らせメール自動配信
エンドユーザーに出荷処理時送信メール(出荷お知らせメール)を送信します。
メールフォーマットの作成方法は管理画面説明書:メールフォーマット登録・照会をご覧ください。

▼クレジット決済確定処理
クレジット決済の売上確定処理を行い、クレジット決済の受注の入金区分を入金済みで登録します。

▼代引決済入金区分チェック
代引決済の受注データの入金区分を入金済みで登録します。

[参照]をクリックし、対象のCSVファイルを選択後、[アップロード実行]をクリックすると取込み処理が行われます。

e飛伝2から出力されるCSVファイルをそのままアップロードすることができます。※アップロードのCSVファイルのフォーマットはダウンロードのCSVファイルのフォーマットと同一となります。画面にも記載がありますのでご確認ください。
本システムではお客様管理ナンバー(受注番号)をキーに、お問い合せ送り状NOを設定していくため、その他の項目は無視されます。

紐付けた宅配伝票番号は「受注管理」画面にある該当受注の[その他情報]タブにて確認ができます。


(2)ヤマトB2連携

本オプションでは、ヤマト運輸の送り状発行ソフトB2とCSVファイルにて連携することができます。
出荷するための受注データCSVファイルを本システムから出力し、宅配伝票番号を紐付けるためのCSVファイルを本システムに取り込むことができます。
取り込みと同時に、エンドユーザーへ宅配伝票番号を記載した出荷お知らせメールを一括で送信することが可能です。

以下の画面で、受注データのCSV出力ができます。

受注データ管理画面へのアクセス



本システムから出力するCSVファイルの項目(レイアウト)調整が必要になる場合があります。ご希望の際はサポートまでお問い合わせください。


以下の画面で、本システムに宅配伝票番号を紐付けるCSVファイルのアップロードができます。

出荷実績取込(ヤマトB2)画面へのアクセス

CSVフォーマットの記載方法について
タイトル行(ヘッダ)は「日本語名」のカンマ区切り、もしくは「日本語名:英語名」のカンマ区切りで記載できます。

・タイトル例
お客様管理番号,伝票番号・・・・・
もしくは
お客様管理番号:ORDER_DISP_NO,伝票番号:SHIP_SLIP_NO・・・・・

アップロードと同時に以下の処理を画面の操作で選択することができます。

▼配送日自動設定
受注データの配送区分(配送日)をアップロードした日の日付で登録します。

▼出荷お知らせメール自動配信
エンドユーザーに出荷処理時送信メール(出荷お知らせメール)を送信します。
メールフォーマットの作成方法は管理画面説明書:メールフォーマット登録・照会をご覧ください。

▼クレジット決済確定処理
クレジット決済の売上確定処理を行い、クレジット決済の受注の入金区分を入金済みで登録します。

▼代引決済入金区分チェック
代引決済の受注データの入金区分を入金済みで登録します。

[参照]をクリックし、対象のCSVファイルを選択後、[アップロード実行]をクリックすると取込み処理が行われます。

ヤマトB2から出力されるCSVファイルをそのままアップロードすることができます。※アップロードのCSVファイルのフォーマットはダウンロードのCSVファイルのフォーマットと同一となります。画面にも記載がありますのでご確認ください。
本システムではお客様管理番号(受注番号)をキーに伝票番号を設定していくため、その他の項目は無視されます。

紐付けた宅配伝票番号は「受注管理」画面にある該当受注の[その他情報]タブにて確認ができます。


(3)ヤマト BIZPrint連携

本オプションでは、ヤマトシステム開発の帳票出力代行サービスBIZPrintとCSVファイルにて連携することができます。
出荷するための受注データCSVファイルを本システムから出力し、宅配伝票番号を紐付けるためのCSVファイルを本システムに取り込むことができます。
取り込みと同時に、エンドユーザーへ宅配伝票番号を記載した出荷お知らせメールを一括で送信することが可能です。

以下の画面で、受注データCSVファイルの出力ができます。

受注データ管理画面へのアクセス



本システムから出力するCSVファイルの項目(レイアウト)調整が必要になる場合があります。ご希望の際はサポートまでお問い合わせください。


以下の画面で、本システムに宅配伝票番号を紐付けるCSVファイルのアップロードができます。

出荷実績取込(bizprint)画面へのアクセス

CSVフォーマットの記載方法について
タイトル行(ヘッダ)は「日本語名」のカンマ区切り、もしくは「日本語名:英語名」のカンマ区切りで記載できます。

・タイトル例
お客様管理キー,宅配伝票番号・・・・・
もしくは
お客様管理キー:ORDER_DISP_NO,宅配伝票番号:SHIP_SLIP_NO・・・・・


アップロードと同時に以下の処理を画面の操作で選択することができます。

▼配送日自動設定
受注データの配送区分(配送日)をアップロードした日の日付で登録します。

▼出荷お知らせメール自動配信
エンドユーザーに出荷処理時送信メール(出荷お知らせメール)を送信します。
メールフォーマットの作成方法は管理画面説明書:メールフォーマット登録・照会をご覧ください。

▼クレジット決済確定処理
クレジット決済の売上確定処理を行い、クレジット決済の受注の入金区分を入金済みで登録します。

▼代引決済入金区分チェック
代引決済の受注データの入金区分を入金済みで登録します。

[参照]をクリックし、対象のCSVファイルを選択後、[アップロード実行]をクリックすると取込み処理が行われます。

ヤマトBIZPrintから出力されるCSVファイルをそのままアップロードすることができます。※アップロードのCSVファイルのフォーマットはダウンロードのCSVファイルのフォーマットと同一となります。画面にも記載がありますのでご確認ください。
本システムではお客様管理キー(受注番号)をキーに宅配伝票番号を設定していくため、その他の項目は無視されます。

紐付けた宅配伝票番号は「受注管理」画面にある該当受注の[その他情報]タブにて確認ができます。


(4)DMS連携

本オプションでは、DMS通販出荷代行サービスとCSVファイルにて連携することができます。
出荷するための受注データCSVファイルを本システムから出力し、宅配伝票番号を紐付けるためのCSVファイルを本システムに取り込むことができます。
取り込みと同時に、エンドユーザーへ宅配伝票番号を記載した出荷お知らせメールを一括で送信することが可能です。

以下の画面で、受注データのCSV出力ができます。

受注データ管理画面へのアクセス



本システムから出力するCSVファイルの項目(レイアウト)調整が必要になる場合があります。ご希望の際はサポートまでお問い合わせください。


以下の画面で、本システムに宅配伝票番号を紐付けるCSVファイルのアップロードができます。

出荷実績取込(DMS)画面へのアクセス

CSVフォーマットの記載方法について
タイトル行(ヘッダ)は「日本語名」のカンマ区切り、もしくは「日本語名:英語名」のカンマ区切りで記載できます。

※CSVファイルのタイトル例
伝票番号,送り状番号,出荷日
もしくは
伝票番号:ORDER_NO,送り状番号:SHIP_SLIP_NO,出荷日:SEND_DATE


アップロードと同時に以下の処理を画面の操作で選択することができます。

▼出荷お知らせメール自動配信
エンドユーザーに出荷処理時送信メール(出荷お知らせメール)を送信します。
メールフォーマットの作成方法は管理画面説明書:メールフォーマット登録・照会をご覧ください。

▼クレジット決済確定処理
クレジット決済の売上確定処理を行い、クレジット決済の受注の入金区分を入金済みで登録します。

▼代引決済入金区分チェック
代引決済の受注データの入金区分を入金済みで登録します。

[参照]をクリックし、対象のCSVファイルを選択後、[アップロード実行]をクリックすると取込み処理が行われます。

DMSから出力されるCSVファイルをそのままアップロードすることができます。
※アップロードのCSVファイルのフォーマットはダウンロードのCSVファイルのフォーマットと同一となります。画面にも記載がありますのでご確認ください。

紐付けた宅配伝票番号は「受注管理」画面にある該当受注の[その他情報]タブにて確認ができます。


(5)NTTロジスコ連携

本オプションでは、NTTロジスコとCSVファイルにて連携することができます。
出荷するための受注データCSVファイルを本システムから出力し、宅配伝票番号を紐付けるためのCSVファイルを本システムに取り込むことができます。
取り込みと同時に、エンドユーザーへ宅配伝票番号を記載した出荷お知らせメールを一括で送信することが可能です。

以下の画面で、受注データCSVファイルの出力ができます。

受注データ管理画面へのアクセス



本システムから出力するCSVファイルの項目(レイアウト)調整が必要になる場合があります。ご希望の際はサポートまでお問い合わせください。


以下の画面で、本システムに宅配伝票番号を紐付けるCSVファイルのアップロードができます。

出荷実績取込(NTTロジスコ)画面へのアクセス

CSVフォーマットの記載方法について
※CSVファイル例※
IF_TEST_SHOP-99,10,4444
*受注番号(必須),ステータス,問合せ番号(送り状番号)(必須)となります。

※CSVファイルの一行目にタイトル行は不要です。


アップロードと同時に以下の処理を画面の操作で選択することができます。

▼配送日自動設定
受注データの配送区分(配送日)をアップロードした日の日付で登録します。

▼出荷お知らせメール自動配信
エンドユーザーに出荷処理時送信メール(出荷お知らせメール)を送信します。
メールフォーマットの作成方法は管理画面説明書:メールフォーマット登録・照会をご覧ください。

▼クレジット決済確定処理
クレジット決済の売上確定処理を行い、クレジット決済の受注の入金区分を入金済みで登録します。

▼代引決済入金区分チェック
代引決済の受注データの入金区分を入金済みで登録します。

[参照]をクリックし、対象のCSVファイルを選択後、[アップロード実行]をクリックすると取込み処理が行われます。


紐付けた宅配伝票番号は「受注管理」画面にある該当受注の[その他情報]タブにて確認ができます。


当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。

このページを見た方は他にもこんなページを見ています。