バリエーション画像命名規則利用フラグ

バリエーション画像利用時に「利用する」を選択すると、
命名規則(商品コード-バリエーションコード.ファイル拡張子)に従って各種処理を行います。

商品新規登録(商品変更・削除)画面からバリエーション画像を登録
 命名規則に基づいたファイル名にリネーム
商品バリエーション画像一括アップロードより画像を商品に紐づける
 命名規則に基づかない場合はエラー

初期値は『利用しない』に設定されています。

以下のようなパターンに当てはまる場合「利用する」となることを想定しています。
・外部システムから本システムにバリエーション画像を取得しており、かつ、その画像が命名規則前提になっている場合(FTP等)
・ebisumart ecosystem Appsでバリエーション画像を取得しており、かつ、その画像が命名規則前提になっている場合

本設定が「利用する」の場合でも、「商品バリエーション画像一括アップロード」にて、
ファイル名とバリエーションコードがマッピングされたCSVファイルのアップロードは必要です。ご注意ください。


新環境をご利用の店舗様のみ利用可能な機能です。
本設定は店舗様に公開をしておりませんので、変更したい場合は弊社サポートへお問い合わせください。


当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。