特設ページ登録・編集

機能概要

特設ページ管理では、ページに適用させたいデザインテンプレートを選択し、コンテンツ内容を登録することで
テンプレートを都度作成することなく、LPや特集ページといった定型レイアウトのページを作成することが可能です。

特設ページ登録・編集画面では、特設ページ情報の新規登録・変更を行います。

本機能は多言語オプションには対応しておりません。

項目説明

1.特設ページコード

特設ページコード(キー項目)を設定します。
ドメイン/sc/特設ページコード.htmlが、登録する特設ページのURLになります。

※全角は登録不可です。
※大文字は小文字に変換されます。
※記号は、半角ハイフン「-」と半角アンダーバー「_」のみ使用可能です。

2.特設ページ名

特設ページの名称を設定します。

3.表示対象(会員ランク)

コンテンツの表示対象とする会員ランクを指定します。
指定しない場合は全てのユーザーを表示対象とします。

指定した会員ランクの会員かそれより上位(会員ランクNOが小さい方が上位)の会員にのみコンテンツが表示されます。
「指定した会員ランクのみに公開する」にチェックを入れると、指定した会員ランクの会員のみに表示されます。

会員ランクオプションの利用時にのみ表示される項目です。


4.表示対象(会員タグ)

コンテンツの表示対象とする会員タグを指定します。
指定しない場合は全てのユーザーを表示対象とします。

会員タグオプションの利用時にのみ表示される項目です。


5.テンプレートファイル名

登録する特設ページに適用させたいデザインテンプレートを選択してください。
選択したテンプレートのbodyタグ内に、6.HTMLコンテンツ(PC)7.HTMLコンテンツ(SP)の内容が反映されます。

デザインテンプレートは、userweb/scまたは、smartphone/sc直下のxhtmlファイルの中から選択できます。

作成したいページのタイプに応じて、テンプレートを選択してください。
デフォルトで用意しているテンプレートは下記表の3種類です。


選択するテンプレート 表示結果 作りたいページ
sc_navi-none.xhtml サイドバーがないページ
(ランディングページなど)
sc_navi-right.xhtml サイドバーが右にあるページ
(ブログページなど)
sc_navi-left.xhtml サイドバーが左にあるページ
(商品紹介ページなど)

テンプレートの追加について

テンプレートは、デフォルトで用意されているもの以外にも追加が可能です。
userweb/sc、smartphone/sc内に、店舗様独自に作成したテンプレートをアップロードすることで、
選択できるようになります。

※拡張子がxhtml以外のファイル、サブディレクトリ配下のxhtmlファイルは適用されません。
/sc/sample1.xhtml・・〇
/sc/sample2.html・・×
/sc/test/sample3.xhtml・・×

登録したHTMLコンテンツを表示するため、追加するテンプレート内のコンテンツを表示したい箇所に
下記のコードを埋め込んでください。

<span m:id='common.SPECIAL_PAGE_HTML_TEXT_DISP_HERE'>文言など</span>

※デフォルトで用意しているテンプレートにはあらかじめ組み込まれているm:idです。


表示されるテンプレートについて

1つの特設ページに対して選択するテンプレートファイル名は1つですが、
PCでアクセスした際には、userweb/sc内のテンプレートが表示され、
スマートフォンでアクセスした際にはsmartphone/sc内のテンプレートが表示されます。

スマートフォンでのアクセス時、smartphone/sc内に選択したテンプレートが存在しなければ、
userweb/sc内のテンプレートが表示されます。

smartphone/sc内にのみテンプレートが存在する場合、PCでのアクセス時にはエラーになります。

※smartphone/sc内のテンプレートは、スマートフォンパッケージオプションの利用時にのみ表示されます。


6.HTMLコンテンツ(PC)

特設ページ内に表示するコンテンツをHTML形式で入力します。
HTMLエディタを使用しての入力も可能です。

登録したHTMLコンテンツの内容が、5.テンプレートファイル名で選択したテンプレートのbodyタグ内に反映されます。
※選択したテンプレートに m:id「common.SPECIAL_PAGE_HTML_TEXT_DISP_HERE」が埋め込まれていることが前提です。

コンテンツ内容は登録時に即時で反映されます。
userweb/sc配下のテンプレート表示時にのみ、登録内容が表示されます。


HTMLコンテンツ内ではm:idは使用できません。表示できるのは静的コンテンツのみです。


7.HTMLコンテンツ(SP)

特設ページ内に表示するコンテンツをHTML形式で入力します。
HTMLエディタを使用しての入力も可能です。

登録したHTMLコンテンツの内容が、5.テンプレートファイル名で選択したテンプレートのbodyタグ内に反映されます。
※選択したテンプレートに m:id「common.SPECIAL_PAGE_HTML_TEXT_DISP_HERE」が埋め込まれていることが前提です。

コンテンツ内容は登録時に即時で反映されます。
smartphone/sc配下のテンプレート表示時にのみ、登録内容が表示されます。

HTMLコンテンツ内ではm:idは使用できません。表示できるのは静的コンテンツのみです。

※スマートフォンパッケージオプションの利用時にのみ表示される項目です。


各タグへのCSSの適用について

HTMLコンテンツ(PS,SP)で登録するHTMLタグには、それぞれ userweb/sc/css/sc.csssmartphone/sc/css/sc.css
cssファイルが適用されます。

HTMLコンテンツ内の各タグへの適用結果は下記の通りです。

タグ 適用結果
<h2>大見出し</h2> 大見出し
<h3>中見出し</h3> 中見出し
<h4>小見出し</h4> 小見出し
<strong>強調文が入ります。</strong> 強調文
<blockquote>引用文が入ります。</blockquote> 引用文
<table>
   <tr>
      <th>見出し1</th>
      <td>内容1</td>
   </tr>
   <tr>
      <th>見出し2</th>
     <td>内容2</td>
   </tr>
   <tr>
     <th>見出し3</th>
     <td>内容3</td>
   </tr>
</table>
テーブル
<a href="#" class="button positive medium">大ボタン(赤)</a> 大ボタン(赤)
<a href="#" class="button normal medium">大ボタン(白)</a> 大ボタン(白)
<a href="#" class="button negative medium">大ボタン(黒)</a> 大ボタン(黒)
<a href="#" class="button not_click medium">大ボタン(グレー)</a> 大ボタン(グレー)
<a href="#" class="button positive small">小ボタン(赤)</a> 小ボタン(赤)
<a href="#" class="button normal small">小ボタン(白)</a> 小ボタン(白)
<a href="#" class="button negative small">小ボタン(黒)</a> 小ボタン(黒)
<a href="#" class="button not_click small">小ボタン(グレー)</a> 小ボタン(グレー)
<div class="wrap">
   <div class="clm-2 left">
      <p>カラム1の本文が入ります。...</p>
   </div>
   <div class="clm-2 right">
      <p>カラム2の本文が入ります。...</p>
   </div>
</div>
2カラム
<ul>
   <li>番号なしリストの項目1</li>
   <li>番号なしリストの項目2</li>
   <li>番号なしリストの項目3</li>
</ul>
番号無しリスト
<ol>
   <li>番号付きリストの項目1</li>
   <li>番号付きリストの項目2</li>
   <li>番号付きリストの項目3</li>
</ol>
番号付きリスト
<dl>
   <dt>リストの定義語1</dt>
   <dd>リストの定義語1の説明</dd>
   <dt>リストの定義語2</dt>
   <dd>リストの定義語2の説明</dd>
</dl>
定義リスト

8.表示期間

特設ページを公開する期間を指定します。
日付のみの指定または日付と時間の指定が可能です。


9.登録区分

特設ページの登録区分を指定します。
仮登録の場合プレビューでのみ表示されます。


この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
2人の方が「参考にならなかった」と言っています。