サイト基本情報

1.処理概要

店舗オープンに向けて店舗の基本となる情報を入力します。"必須"となっている項目は、必ず入力が必要です。

2.項目説明

①ショップオープンフラグ

エンドユーザーに表示するユーザーウェブの切り替えを行います。
「準備中」にするとメンテナンス画面が表示され、「オープンする」にするとサイトが表示されます。
初期状態は「準備中」です。


※表示されるメンテナンスページは下記テンプレートです。
/view/userweb/site_close_error.xhtml
/view/smartphone/site_close_error.xhtml
/view/mobile/site_close_error.xhtml

「準備中」に設定した際のショップ管理ツールからのアクセスについて

ショップオープンフラグを「準備中」に設定していても、ショップ管理ツールの下記項目から
サイトへ遷移している場合には、通常通りサイトが表示されます。

・ショップ管理ツール上部の「ビューを確認」「プレビューを確認」ボタン
・商品の管理 > カテゴリ管理 > カテゴリマスタ > プレビュー
・コンテンツ管理 > トピックス管理 > トピックス検索/一覧 > プレビュー
・商品の管理 > 商品管理 > 商品検索/一覧 > プレビュー
・プロモーション > ランキング管理 > 各ランキングの「プレビューに反映」ボタン

また、「準備中」への設定変更前も含め、上記項目からユーザーウェブを確認した、
同一セッションからのアクセスについては、通常通りサイトが表示されます。

設定後の表示確認時には、別ブラウザにてユーザーウェブのURLを開き、ご確認ください。

②メンテナンス設定(FROM~TO)

設定した期間、ショップオープンフラグが「準備中」の場合と同様に、メンテナンス画面を表示します。
※①の「ショップオープンフラグ」で「オープンする」にしても、②を設定すると②が優先されます。

メンテナンス期間中のショップ管理ツールからのアクセスについて

メンテナンス設定した期間中でも、ショップ管理ツールの下記項目からサイトへ遷移している場合には、
通常通りサイトが表示されます。

・ショップ管理ツール上部の「ビューを確認」「プレビューを確認」ボタン
・商品の管理 > カテゴリ管理 > カテゴリマスタ > プレビュー
・コンテンツ管理 > トピックス管理 > トピックス検索/一覧 > プレビュー
・商品の管理 > 商品管理 > 商品検索/一覧 > プレビュー
・プロモーション > ランキング管理 > 各ランキングの「プレビューに反映」ボタン

また、メンテナンス期間の設定変更前も含め、上記項目からユーザーウェブを確認した、
同一セッションからのアクセスについては、通常通りサイトが表示されます。

メンテナンス期間設定後の表示確認時には、別ブラウザにてユーザーウェブのURLを開き、ご確認ください。

③サイト名(店舗名) ※必須

本システムからエンドユーザーへ配信されるメールの、FROM表示名称(送信者名)となるサイト名を設定します。

別設定可能な例
「メールフォーマット登録・照会」画面で、各メールにFROM表示名称を別途設定可能です。

④サイトタイトル ※必須

この項目の内容が、ユーザーウェブすべてのページでタイトルタグとして表示されます。

下記の画像はユーザーウェブでの表示です。

別設定可能な例
カテゴリページ、商品詳細ページなどは別途設定可能です。

⑤メタタグキーワード

エンドユーザーが検索エンジンで検索する際に、入力する事が想定されるキーワードを設定します。
カンマ区切りで複数のキーワードを指定する事が可能です。
3~4ワード程度が最適です。

別設定可能な例
カテゴリページ、商品詳細ページなどは別途設定可能です。

⑥メタタグディスクリプション

エンドユーザーが検索エンジンで検索した結果にサイトの説明として表示されます。
※ページの本文からピックアップされることもあります。

メタタグディスクリプションが検索結果に表示される文字数はスマートフォンの場合は80文字、PCの場合は120文字程度になっておりますので、80文字程度であれば、スマートフォン及びPCの双方に最適な表示になります。

別設定可能な例
カテゴリページ、商品詳細ページなどは別途設定可能です。

⑦コピーライト表示 ※必須

ユーザーウェブのコピーライト(著作権)を入力してください。
入力した内容は、ユーザーウェブのフッタに表示されます。

下記の画像はユーザーウェブでの表示です。

⑧店舗管理者メールアドレス ※必須

在庫状態お知らせメールなど、システムから送られるメールのあて先になります。
※カンマ(,)で区切って複数指定することが可能です。

送信メールは以下のとおりです。

・在庫状態お知らせメール
・受注登録・変更画面の確認画面から配信する確認メール通知先
・ポイント付与上限お知らせ
・ポイント付与回数上限のお知らせ

「定期販売オプション」をご利用の場合
・定期受注をエンドユーザーが変更した場合のお知らせ
・定期受注クレジットカード情報変更のお知らせ

各種決済をご利用の場合
・SBPSクレジット決済失敗のお知らせ(SBPSクレジット決済使用時)
・SMBC後払い決済のキャンセル処理失敗のお知らせ(SMBC後払い決済使用時)
・ペイジェント差分情報通知連絡のお知らせ(ペイジェント決済使用時)

その他のオプションをご利用の場合
・シリアル在庫状態お知らせメール(商品シリアルオプション利用時のみ)
・レビュー投稿のお知らせ(レビュー機能オプション利用時かつ、レビュー承認依頼メール通知オプション利用時に「レビュー承認依頼メール通知」を「使用する」にした場合のみ)
・不正アクセス検知メール(不正ログイン検知時ブロック区分利用時のみ)

⑨セッションタイムアウト ※必須

ユーザーウェブで、エンドユーザーがログイン状態を継続できる時間を秒単位で指定します。
初期値は1800(=30分)で、120~3600の間で設定できます。

なお、ショップ管理ツールの閲覧時間もこの値が適用されます。
次のログイン時から設定が有効になります。


⑩ユーザ画面購買履歴表示

会員登録したエンドユーザーがログインした際、マイページのメニューで「購入履歴を見る」の表示をする/しないを選択できます。
初期状態は「表示しない」です。
※エンドユーザーは会員登録しないと履歴が見られません。

下記の画像はユーザーウェブになります。

⑪配送希望日時使用

注文情報入力時に、配送希望日時指定の表示をする/しないを指定します。
初期状態は「表示しない」です。

⑫配送希望日指定可能最小日数

⑪の配送希望日時使用を表示するにした際、注文情報入力時に指定可能となる配達希望日の最小日数を指定します。

⑬配送希望日指定可能最大日数

⑪の配送希望日時使用を表示するにした際、注文情報入力時に指定可能となる配達希望日の最大日数を指定します。

例)
・「配送希望日指定可能最小日数」を3に設定した場合
 ↓
 12/10に注文した場合、3日後の12/13から配達希望日が選べます。

・「配送希望日指定可能最大日数」を10に設定した場合
 ↓
 12/10に注文した場合、10日後の12/20まで配達希望日が選べます。

・上記を同時に設定すると、
 ↓
 12/10に注文した場合、12/13~12/20まで配達希望日として選べます。
 以下は、同時に設定した場合のユーザーウェブの表示です。

⑭注文時会員登録強制

注文時、ログインしていないエンドユーザーに会員登録を強制するかを指定します。

「する」を選択すると、エンドユーザーがカート確認画面からご注文手続きへ進もうとすると、ログイン情報入力欄が表示され、注文処理と会員登録処理が同時に行われます。
「しない」を選択すると、会員登録なしに(ログインせずに)注文が可能になります。
初期状態では「強制しない」です。

⑮パスワード誤り制限回数

エンドユーザーがログインをする際に、指定した回数のパスワードを間違えると、アカウントがロックされログインすることができなくなります。

パスワードロックを解除するには、ユーザーウェブにて、パスワードリマインダー機能を利用します。
未記入または0を指定すると、何回間違ってもロックされません。

別設定可能な例
「会員管理」画面にて、会員のエンドユーザーごとにパスワード誤り上限が別途設定可能です。

ロックが解除されるタイミングは下記になります。
・⑯「パスワード誤り制限解除時間」にて、設定した時間が経過
・ユーザーウェブにて、パスワードリマインダー機能を利用

⑯パスワード誤り制限解除時間

パスワード誤り制限回数を設定しロックがかかった場合に、その会員が何分後に再ログイン出来るようになるかを分単位で設定します。

※未記入の場合は60分後に設定されます。
初期値は未記入です。上限は9999999まで指定可能です。
例:24時間後までログインを制限したい場合:1440

⑰連絡先メールアドレス

障害連絡やメンテナンス告知、機能更新のお知らせ等、弊社からの連絡先とするメールアドレスを設定します。



3.オプション機能

以下は、各オプション機能をご利用中の店舗のみ表示される項目です。

(1)「受注番号任意設定」をご利用の場合
①受注番号変更

受注番号を、任意の番号からの連番に変更することができます。

この項目で任意の番号を記入すると、以後受注番号は、その値から番号が振られます。画面の指示に従って同じ番号が重複しないように入力してください。

店舗をオープン済みで、途中から本オプションを利用したい場合は、サポートまでお問合せください。

(2)「ユーザーウェブ多言語対応」をご利用の場合
①PCのユーザーウェブ利用言語

上記オプションをご利用の場合に表示されます。設定が必要なためサポートまでお問合せください。

②携帯のユーザーウェブ利用言語

上記オプションをご利用の場合に表示されます。設定が必要なためサポートまでお問合せください。

(3)「定期販売オプション」をご利用の場合
①定期商品・通常商品同時購入可能フラグ

ユーザーウェブにてエンドユーザーが、定期商品と通常商品の同時購入を可能にするかを指定します。
初期状態では「同時購入不可」です。

②定期商品複数同時購入可能フラグ

ユーザーウェブにてエンドユーザーが複数の定期商品の同時購入を可能にするかを指定します。
初期状態では「同時購入可能」です。

「同時購入可能」に指定していても、配送間隔が同じ定期商品でないと同時購入できません。



(4)「入荷お知らせ」オプションをご利用の場合
①入荷お知らせメールを配信する在庫の閾値

入荷お知らせオプション機能で、入荷お知らせメールの配信対象となる在庫数の設定が可能です。

例:2に指定した場合、品切れ商品の在庫数が1では入荷お知らせメールの配信対象になりません。
※未記入の場合は5に設定されます。

(5)「自動ログイン停止機能」オプションをご利用の場合
①ログイン停止フラグ


自動ログイン停止機能で、不正ログインを検知した際の動作を「ログインのみ停止」に設定し、ユーザーウェブにてログイン停止状態になった場合はこちらが「停止する」になります。
復帰するためには、こちらを「停止しない」に指定します。

初期状態は「停止しない」です。

下記の画像はログイン停止時のユーザーウェブの表示です。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

2人の方が「参考になった」と言っています。
1人の方が「参考にならなかった」と言っています。