パーツ登録・編集

機能概要

パーツ管理機能は、テンプレートを都度編集することなく、ページへのバナー画像の変更や、表記の入れ替えができる機能です。
ショップ管理ツールでバナー画像を選択したり、ブロック内に表示するHTMLを編集することで、簡単にページの編集ができます。

パーツ登録・編集画面では、コンテンツの新規登録・変更を行います。

本機能はユーザーウェブ多言語対応オプションには対応しておりません。

登録可能なコンテンツの上限件数は1,000件です。
※同一コンテンツコードでのコンテンツの登録上限は250件です。


項目説明

パーツ登録・編集画面では、コンテンツ区分(バナーまたはHTML)によって、表示する設定項目が切り替わります。
以下のリンクをクリックすると、各コンテンツ区分ごとの設定項目の説明に移動します。

1.バナー
バナー画像を登録する際の項目説明です。

2.HTML
HTMLコンテンツを登録する際の項目説明です。

登録したコンテンツの表示方法については、3.サンプルコードの埋め込みをご参考ください。

1.バナー画像を登録する
1.コンテンツID

コンテンツを登録する際に自動採番されるID(キー項目)が表示されます。
※登録済みコンテンツの編集画面でのみ表示されます。

2.コンテンツコード

コンテンツコードを指定します。
コンテンツコードをサンプルコード内で指定してテンプレートに埋め込むことで、
コンテンツコードに紐づくコンテンツが表示されます。

※全角は登録不可です。
※小文字は大文字に自動変換されます。
※記号は、半角ハイフン「-」と半角アンダーバー「_」のみ使用可能です。

登録済みのコンテンツコードと同じコンテンツコードで登録した場合、
サンプルコードを埋め込んだ箇所に表示順が上位のコンテンツから順に表示されます。
表示順が未指定または同一の場合は、コンテンツIDが小さいコンテンツから順に表示します。


3.コンテンツ名

コンテンツの名称を指定します。


4.表示対象(会員ランク)

コンテンツの表示対象とする会員ランクを指定します。
指定しない場合は全てのユーザーを表示対象とします。

指定した会員ランクの会員かそれより上位(会員ランクNOが小さい方が上位)の会員にのみコンテンツが表示されます。
「指定した会員ランクのみに公開する」にチェックを入れると、指定した会員ランクの会員のみに表示されます。

会員ランクオプションの利用時にのみ表示される項目です。


5.表示対象(会員タグ)

コンテンツの表示対象とする会員タグを指定します。
指定しない場合は全てのユーザーを表示対象とします。

会員タグオプションの利用時にのみ表示される項目です。


6.表示期間

コンテンツを表示する期間を指定します。
日付のみの指定または日付と時間の指定が可能です。


7.端末区分

コンテンツの表示対象とする端末を指定します。


8.バナー画像(PC)

PCでアクセスした際のユーザーウェブ上に表示するバナー画像を指定します。
7.端末区分にて「PC」を選択した場合、登録が必須になります。

※ファイル名には全角は使用不可です。
※画像はjpg, jpeg, gif, png 形式のみアップロード可能です。
※バナー画像として登録する画像について、同名ファイルは上書き保存されます。

指定したファイルは、
コンテンツ管理>ファイル管理> html/images/contents_banner_images に保存されます。


9.URLタグ(PC)

PCでのアクセス時、13.バナークリック時遷移先のURLに、広告媒体コードやGoogleアナリティクスタグ等のパラメータを
付与したい場合に指定します。

例)13.バナークリック時遷移先で「商品詳細を表示」を指定していて、
商品詳細ページのURLに「?bno=BANNER」のパラメータを付与したい場合、「bno=BANNER」を指定してください。


10.バナー画像(SP)

スマートフォンでアクセスした際のユーザーウェブ上に表示するバナー画像を指定します。
7.端末区分にて「SP」を選択した場合、登録が必須になります。

※ファイル名には全角は使用不可です。
※画像はjpg, jpeg, gif, png 形式のみアップロード可能です。
※バナー画像として登録する画像について、同名ファイルは上書き保存されます。

指定したファイルは、
コンテンツ管理>ファイル管理> html/images/contents_banner_images に保存されます。

※スマートフォンパッケージオプションの利用時のみ有効です。


11.URLタグ(SP)

スマートフォンでのアクセス時、13.バナークリック時遷移先のURLに、
広告媒体コードやGoogleアナリティクスタグ等のパラメータを付与したい場合に指定します。


例)13.バナークリック時遷移先で、「商品詳細を表示」を指定していて、
商品詳細ページのURLに「?bno=BANNER」のパラメータを付与したい場合、「bno=BANNER」を指定してください。

※スマートフォンパッケージオプションの利用時のみ有効です。


12.alt属性

指定したバナー画像にalt属性(代替テキスト)を指定します。
画像が表示されない場合、alt属性の記述内容が表示されます。


13.バナークリック時遷移先

バナークリック時の遷移先を指定します。

・遷移しない
クリック時の遷移先を指定しません。

・特設ページを表示
特設ページ登録・編集画面にて作成した特設ページに遷移します。
検索窓から特設ページコードを指定してください。

・商品一覧を表示
指定したカテゴリの商品一覧ページに遷移します。
検索窓からカテゴリコードを指定してください。

・商品詳細を表示
指定したカテゴリの商品詳細ページに遷移します。
検索窓から商品コードを指定してください。

・外部ページを表示
外部ページに遷移します。
任意のURLを指定してください。

「別タブで開く」にチェックを入れると、クリック時に別タブでURLを開きます。


14.表示順

同一のコンテンツコードで複数のコンテンツが登録されている場合の表示順を指定します。
サンプルコードを埋め込んだ場所に、表示順が上位のコンテンツから順に表示されます。
※表示順が未指定または同一の場合は、コンテンツIDが小さいコンテンツから順に表示します。


15.登録区分

コンテンツの登録区分を指定します。
仮登録の場合プレビューにのみ表示されます。


2.HTMLを登録する
1.コンテンツID

コンテンツを登録する際に自動採番されるID(キー項目)が表示されます。
※登録済みコンテンツの編集画面でのみ表示されます。

2.コンテンツコード

コンテンツコードを指定します。
コンテンツコードをサンプルコード内で指定してテンプレートに埋め込むことで、
コンテンツコードに紐づくコンテンツが表示されます。

※全角は登録不可です。
※記号は、半角ハイフン「-」と半角アンダーバー「_」のみ使用可能です。
※小文字は大文字に自動変換されます。

登録済みのコンテンツコードと同じコンテンツコードで登録した場合、
サンプルコードを埋め込んだ箇所に表示順が上位のコンテンツから順に表示されます。
表示順が未指定または同一の場合は、コンテンツIDが小さいコンテンツから順に表示します。


3.コンテンツ名

コンテンツの名称を指定します。


4.表示対象(会員ランク)

コンテンツの表示対象とする会員ランクを指定します。
指定しない場合は全てのユーザーを表示対象とします。
指定した会員ランクの会員かそれより上位(会員ランクNOが小さい方が上位)の会員にのみコンテンツが表示されます。
「指定した会員ランクのみに公開する」にチェックを入れると、指定した会員ランクの会員のみに表示されます。

会員ランクオプションの利用時にのみ表示される項目です。


5.表示対象(会員タグ)

コンテンツの表示対象とする会員タグを指定します。
指定しない場合は全てのユーザーを表示対象とします。

会員タグオプションの利用時にのみ表示される項目です。


6.表示期間

コンテンツを表示する期間を指定します。
日付のみの指定または日付と時間の指定が可能です。


7.端末区分

コンテンツの表示対象とする端末を指定します。


8.HTMLコンテンツ

ユーザーウェブ上に表示するコンテンツをHTML形式で入力します。
HTMLエディタを使用しての入力も可能です。

HTMLコンテンツ内ではm:idは使用できません。表示できるのは静的コンテンツのみです。


9.表示順

同一のコンテンツコードで複数のコンテンツが登録されている場合の表示順を指定します。
サンプルコードを埋め込んだ場所に、表示順が上位のコンテンツから順に表示されます。
※表示順が未指定または同一の場合は、コンテンツIDが小さいコンテンツから順に表示します。


10.登録区分

コンテンツの登録区分を指定します。
仮登録の場合プレビューにのみ表示されます。


3.サンプルコードの埋め込み

コンテンツ情報の入力後、登録内容確認画面へ遷移すると、下記のようなサンプルコードが表示されるので
コピーしておきます。
※画像はコンテンツコードを「CAMPAIGN」とした場合のサンプルコードです。


確認画面で表示されたサンプルコードを、「コンテンツ管理>テンプレート管理」または「コンテンツ管理>ファイル管理」から
表示したいテンプレートの該当箇所に埋め込みます。

テンプレートが反映されると、サンプルコードで指定したコンテンツコード(上記サンプルコード内「CAMPAIGN」)に紐づく
コンテンツ情報を参照し、サンプルコードが埋め込まれた箇所にコンテンツを表示します。


一度テンプレートが反映された後は、同一コンテンツコードでのコンテンツの新規登録、
または登録済みコンテンツの編集画面から登録情報の変更をすることで、テンプレートの編集や反映を待つことなく、
コンテンツの表示・切り替えが可能です。

コンテンツコードを指定しない場合の挙動について

サンプルコード内のm:id「common.IF_CONTENT」または「common.LOOP_CONTENT」では、
基本的に「m:content_cd="コンテンツコード"」の形でコンテンツコードを指定してください。

コンテンツコードを指定しない場合の挙動については、以下の通りです。

・「m:content_cd=""」を記述する場合の挙動
例)<div m:id="common.IF_CONTENT" m:content_cd="">・・

表示対象のコンテンツが全件表示されます。
その際の表示順は、コンテンツコード表示順コンテンツIDの順となります。

例)
1.コンテンツコード:CONTENT2、コンテンツID:1、表示順:1
2.コンテンツコード:CONTENT1、コンテンツID:2、表示順:2
3.コンテンツコード:CONTENT1、コンテンツID:3、表示順:指定なし
4.コンテンツコード:CONTENT1、コンテンツID:4、表示順:1
5.コンテンツコード:CONTENT1、コンテンツID:5、表示順:指定なし

上記5つのコンテンツが登録されている場合、4>2>3>5>1の順で表示されます。

・「m:content_cd=""」を記述しない場合の挙動
例)<div m:id="common.IF_CONTENT">・・

同テンプレート内の別の箇所にも「common.IF_CONTENT」「common.LOOP_CONTENT」を使用して
コンテンツを表示している場合、直前の記述箇所で指定されているコンテンツコードに紐づく情報を表示します。

同一テンプレート内の直前にm:idの記載がない場合は、コンテンツを全件表示します。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
3人の方が「参考にならなかった」と言っています。