【業務効率UP策】予め時間を指定してバナーや画像を切り替えたい!時限設定m:idの活用

m:idのサンプルソース付き!

メインビジュアル

バナーや画像、その他HTML上で表示可能な要素を、時限設定で表示切り替えができる「m:id」を追加しました。

ECサイト上でセール商品、おすすめ商品のPRや予約商品などの告知をする際、バナーを使って表示されているのをよく目にします。
かつ、「0時スタート!」など切り替え時間が決まっていることが多く、運用者様におかれましては、その時間にショップ管理ツール上で手動でテンプレートの切り替えを行っていただいていました。そのような状況の中、

「その時間に管理画面を開いていないといけないから大変…」というお声を伺うことも多く、そんなときにオススメしたいのがこのm:idを活用した方法です。

「●月●日から●月●日まで、指定要素(画像や文字)を表示する」というように日時条件を設定できるm:idをご紹介します。



このようなお悩み・問題を抱えている店舗様にオススメです

  •  セールや予約開始画像(バナー)を夜中に切り替えることが多くて大変だ。
  •  有効期限がある要素(画像や文言)がある。
  •  ●月●日●時から掲載したい要素(画像や文言)がある。



まずはじめに、「m:id」とは?

ebisumartには、「m:id」という「動的要素を表示するため」の独自のHTMLタグがあります。HTMLのidやclass属性の指定と同じように、HTMLタグの属性として使用します。 タグの種類は、大きく分けて「HERE」「TAG」「IF」「LOOP」の4つがあります。

例えば、ショップ管理ツール上で登録した商品やトピックスなどを表示する場合、このm:idを使う事で動的に表示させることが可能です。

イメージ画像

時限設定が可能な「m:id」とは?

時限設定が可能にする「m:id」のご紹介をいたします。

m:id概要

【m:id名】common.IF_VALIDITY_PERIOD

開始日時と終了日時を指定できるm:idです。このm:idのタグ内に書かれた要素が指定日時に表示されるようになります。

また、m:idは、全ページでご利用いただけるパターンと、利用ページが限定されているパターンがありますが、「common.IF_VALIDITY_PERIOD」は、全ページでご利用が可能ですので、トップページのみならず、商品ページやカート画面など全てのページでご活用いただけます。


指定属性

開始日時と終了日時を指定します。

【開始日時】m:from='yyyy/mm/dd hh:mm:ss'
【終了日時】m:to='yyyy/mm/dd hh:mm:ss'

日付のみを指定した場合、時間は「00:00:00」として処理します。


「common.IF_VALIDITY_PERIOD」使用例

セール画像(timesale.jpg)を、4月28日0:00から5月7日23:59までメインビジュアルとして表示したい場合

前提条件

・ebisumart標準テンプレートを使用します。
・該当のセール画像は、「image」フォルダ直下に格納しました。

イメージ画像

コードサンプル

・ebisumart標準テンプレートの「top.xhtml」57行目あたりが該当箇所。
・下記コード緑字の部分を追記。開始日時と終了日時を「m:from」「m:to」属性で指定し、表示させたい画像を「img」タグで指定。

	
<!-- mainvisual -->
<div id="mainvisual">
    <div id="mainslider" class="flexslider">
        <ul class="slides">
            <li m:id='common.IF_VALIDITY_PERIOD' m:from='2017/04/28 00:00:00' m:to='2017/05/07 23:59:59'>
        	    <a href="#"><img src="images/timesale.jpg" width="770" height="300" alt="sale" /></a>
            </li>
            ー省略ー
        </ul>
    </div>
</div>
<!-- / mainvisual -->
	

ユーザーウェブイメージ

指定した4月28日0:00から、5月7日23:59までの間、サイトのメインビジュアルとして画像が表示されました。

イメージ画像

時限設定m:id Q&A

m:idを記述したのですが、うまく表示されません。
カテゴリ説明文など、ショップ管理ツールから登録する項目内で記述している場合、恐れ入りますが、m:idの使用ができません。
カテゴリページで、カテゴリ毎に時限設定を用いてコンテンツの出し分けをしたい場合、以下いずれかの方法をお試しください。

例:FEATUREカテゴリだけ時限設定を用いた画像を表示したい
■カテゴリ別テンプレート設定オプションを用いる方法
 カテゴリ別テンプレートオプションについて
 1.カテゴリ別テンプレート設定オプションを有効にする(サポート窓口までご連絡ください)
 2.FEATUREカテゴリ専用のテンプレート(item_list$FEATURE.xhtml)を作成する
  ここに、時限設定を用いた画像表示の記述を入れる
    3.FEATUREフォルダの【PC(SmartPhone)向けカテゴリ別商品一覧テンプレートの設定】で、「2」で作成したファイルを選択する

■parts$フォルダを用いる方法
 parts$フォルダについて
 1.FEATUREカテゴリの時にのみ表示したいコンテンツが書かれたテンプレートファイル(category_FEATURE.xhtml)を作成する
  ここに、時限設定を用いた画像表示の記述を入れる
 2.商品一覧ページ(item_list***.xhtml)の特定箇所に「1」で作成したファイルを読み込む処理を記述する
  「parts$フォルダについて」ページの「部品化したファイルの読み込み方法」を参照
どのページで利用できますか?
全ページでご利用いただけます。トップページやサイドバー、カート画面など、用途に合わせてご活用ください。
期限を指定しなかった場合どうなりますか?
テンプレートをアップロードしたタイミングから半永久的に適用されます。
指定した画像が表示されません。
画像がアップロードされているか、また、画像パスの記述に間違いがないかお確かめください。それでも表示されない場合、弊社までお問い合わせください。

ebisumart機能特集

毎週アップデートされるebisumartの機能の中から厳選して、おすすめ機能ご紹介します!ご要望やお気づきの点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

> ebisumart機能特集