予約販売

予約販売

本オプションでは、ユーザーウェブのカートから予約を受け付け、後日、ショップ管理ツールにて在庫の引当を行うことで予約販売をすることができます。
エンドユーザーがカートに入れると「予約受注」となり、店舗管理者が受注一覧画面で在庫引当(一括引当)を行うと「本受注」となります。

また、「商品一覧」画面より、予約受注から本受注に変更し、その旨をエンドユーザーにメールでお知らせできます。
(お店をつくる>メールフォーマット登録・照会16:予約受注確定メール)

予約商品は、複数配送先 および 在庫管理 ができかねます。
予約商品でありながら、複数配送先や在庫管理を行いたい場合には、
カスタマイズも視野に入れてご案内したく存じますため、サポートまでお問い合わせください。



(1)設定手順

以下の画面で設定ができます。

「商品新規登録/商品検索一覧」画面へのアクセス


[予約商品フラグ]を[予約商品]に設定すると、その商品が予約商品となりユーザーウェブで予約商品アイコンが表示されます。
[予約フラグ自動有効化フラグ]を[有効化する]に設定すると、指定した商品の在庫が切れた際に、自動的に予約商品に切り替えることができます。

以下はショップ管理ツールの画面になります。


[予約商品フラグ]を[予約商品]にすると、ユーザーウェブで予約商品アイコンが表示されます。

以下はユーザーウェブの画面になります。


(2)エンドユーザー購入後の処理の流れ

以下の画面で確認と処理ができます。

あらかじめ受注一覧画面右上部にある[一覧の編集]で[予約日][予約ステータス]を表示させてください。


予約商品をエンドユーザーが購入すると、ショップ管理ツールの受注一覧画面では予約ステータスが[予約受注]となり黄色く表示されます。(下部画像①)

予約商品を用意できたら、引当を行いたい受注の左側のボックスにチェックを入れ、[一括引当]もしくは[一括引当Mail付]をクリックすると引当ができます。(下部画像②)
※[一括引当Mail付]をクリックした場合、引当と同時に予約受注確定メールを送信します。

引当された商品は予約ステータスが[本受注]に変わります。(下部画像③)


(3)バリエーションごとに予約商品とする場合の設定

バリエーションごとに『予約商品フラグ』及び『予約フラグ自動有効化フラグ』を設定したい場合、
バリエーション・在庫登録タブで設定をします。
※商品にバリエーションを紐付けしている場合に設定可能です。

設定は以下の通りです。

1.予約商品
『在庫単位フラグ』が「バリエーションごとに在庫管理する 」かつ、商品登録タブの『予約商品フラグ』が「通常商品」の場合、
チェックボックスにチェックを入れると、商品のバリエーション単位で予約商品とすることができます。

※商品登録タブの『予約商品フラグ』が「予約商品」の場合は、バリエーションごとの『予約商品』のチェックの有無に関わらず、
 全バリエーションが「予約商品」になります。

全バリエーションを通常商品に戻す場合の手順

1. 商品在庫一括アップロードで、バリエーションに設定している『予約商品フラグ』を「通常商品」にする
2. 商品一括アップロードで、商品に設定している『予約商品フラグ』を「通常商品」にする


※『在庫単位フラグ』が「バリエーションごとに在庫管理する 」かつ、予約商品としているバリエーションは、
 ユーザーウェブでの注文時、在庫の引き当て処理はされません。
 精算後、店舗管理者が受注一覧画面より引当処理を行うことで、在庫が引き当てられます。


2.予約自動有効化
『在庫単位フラグ』が「バリエーションごとに在庫管理する 」かつ、商品登録タブの『予約フラグ自動有効化』が
「有効化しない」の場合、チェックボックスにチェックを入れることで、バリエーション単位で在庫が0になったときに自動的に
予約商品にすることができます。

ショップ管理ツールにて在庫管理する場合のご注意
店舗管理者がショップ管理ツールで在庫を0にした場合は、予約フラグが自動で有効にならず予約商品になりません。
ユーザーウェブでは「品切れ」アイコン表示になりますのでご注意ください。

※初期設定の『SK商品変更時予約フラグ自動有効化』をご利用いただくと、商品情報で在庫を0にした場合のみ
自動で予約フラグが有効になるよう設定することができます。
設定は弊社で行いますので、ご希望の場合は弊社サポートへお問い合わせください。

 

商品登録タブで「1.予約商品フラグ」または、「2.予約フラグ自動有効化フラグ」を設定している場合について
バリエーションごとに予約商品に設定していても、商品登録タブで「1.予約商品フラグ」を「予約商品」
または、「2.予約フラグ自動有効化フラグ」を「予約自動有効化」に設定しているとそちらが適用されます。
バリエーションごとに予約商品に設定したい場合は、商品登録タブの方を以下のように設定してください。

1.予約商品フラグ:通常商品
2.予約フラグ自動有効化フラグ:有効化しない


以下のm:idをユーザーウェブの商品詳細ページ(item_detail.xhtml)に追記することで、商品のバリエーションごとに
予約可能の表示ができます。

m:id='IF_ITEM_PROPERTY_MATRIX_YOYAKU'
m:id='IF_ITEM_PROPERTY_YOYAKU'


この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。
0人の方が「参考にならなかった」と言っています。