会員退会と削除について

退会手続きはユーザーウェブにてエンドユーザー自身が手続きを行う方法と、ショップ管理ツールにて店舗管理者が退会手続き代行を行う方法があります。
ここでは退会処理についてご説明いたします。

1. エンドユーザー が退会手続きをする方法

ユーザーウェブにてエンドユーザーがログイン後、 [退会する] をクリックして退会手続きを行うことにより退会扱いとなります。

未出荷・未入金の受注があるとユーザーウェブからの退会はできません。
※ショップ管理ツールにて店舗管理者が退会手続きを代行することはできます。

「ユーザーウェブ退会機能利用フラグ」を [利用しない] にすることにより、エンドユーザーが退会手続きできないように
することもできます。
※店舗管理者がショップ管理ツールでのみ退会手続きをすることになります

以下の画面から設定ができます。

「システム設定 登録・紹介」画面へのアクセス

2. 店舗管理者 が退会手続き代行をする方法

退会処理には「退会扱い」と「削除」があります。
・「退会扱い」
エンドユーザーはログインができなくなりますが、店舗管理者はショップ管理ツールにて復帰させることができます。
・「削除」
エンドユーザーの情報を削除し、店舗管理者もショップ管理ツール上から見ることはできなくなり、復帰させることはできなくなります。

会員データ検索/一覧にて会員の退会手続きができます。
以下の画面から退会手続きができます。

「会員データ検索/一覧」画面へのアクセス

①ショップ管理ツールの「会員データ検索/一覧」画面にて退会する会員の [編集] をクリックする。
②「会員の変更・削除」画面の項目 退会区分 にて、 [退会] を選択→ [確認] をクリックすることにより、退会扱いとなります。
「会員の変更・削除」画面にて、 [削除] をクリックすると削除扱いとなります。

[削除] ボタンをクリックするとエンドユーザーの情報を削除し、ショップ管理ツール上から見ることはできなくなります。


初期設定「退会・削除時の受注残チェック利用フラグ」を「利用する」にすると、
ショップ管理ツールからの会員の退会・削除時に、納品や入金が完了していない状態の受注(未配送、未入金、定期受注 等)が
残っているかチェックすることも可能です。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

7人の方が「参考になった」と言っています。

このページを見た方は他にもこんなページを見ています。