トピックス新規登録

機能概要

ユーザーウェブで表示されるトピックスを設定します。
個々のトピックスに、特定の商品やカテゴリ、または別サイトへのURLを設定して画面遷移させることができるので、ピックアップしたい商品のお知らせや特設ページへの導線等さまざまな用途にご利用いただけます。

項目説明

1.トピックスタイトル

ユーザーウェブのトピックスに表示されるタイトルを入力します。
全角1000文字まで入力することができますが、改行が出来ないため、長くても全角30~40文字程度を推奨しております。
紐付けたトピックスタイトルは、トピックスが表示されるすべてのページ(トップページ(top.xhtml)・トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml)・トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml))で表示されます。

2.トピックスカテゴリ

このトピックスを、どのトピックスカテゴリに紐付けるかを選択します。
紐付けたトピックスカテゴリは、トップページ(top.xhtml)とトピックス一覧ページ(topics_list.xhtml)で表示されます。

3.トピックスタイトル画像

このトピックスのタイトル部分に表示させたいタイトル画像を登録します。
登録したタイトル画像は、トピックスが表示されるすべてのページ(トップページ(top.xhtml)・トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml)・トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml))で表示されます。

4.トピックス内容

このトピックスの本文を入力します。
テキストのみで入力した場合は、ユーザーウェブのトピックスで改行されずに、トピックス内容が表示されます。そのため、本システムではhtmlタグを利用しての入力をおすすめしております。
登録したトピックス内容は、トピックスが表示されるすべてのページ(トップページ(top.xhtml)・トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml)・トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml))で表示されます。

5.お知らせ日付

ユーザーウェブのお知らせで表示される日付を入力します。
過去・未来どちらの日付も有効です。
登録したお知らせ日付は、トピックスが表示されるすべてのページ(トップページ(top.xhtml)・トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml)・トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml))で表示されます。

このトピックスが、ユーザーウェブでお知らせとして表示される順番を指定します。
表示順が重複して登録されている場合は、5.お知らせ日付が新しい順でユーザーウェブに表示されます。
なお、表示順もお知らせ日付も同じ場合は、このトピックスの更新日時が新しい順で表示されます。

6.表示順

このトピックスが、ユーザーウェブでお知らせとして表示される順番を指定します。
表示順が重複して登録されている場合は、5.お知らせ日付が新しい順でユーザーウェブに表示されます。
なお、表示順もお知らせ日付も同じ場合は、このトピックスの更新日時が新しい順で表示されます。

7.トピックス区分

エンドユーザーがユーザーウェブにアクセスした際、そのアクセスが会員か非会員で判別して、このトピックスを表示/非表示とすることができる機能です。

・一般用情報

一般用情報に設定した場合、このトピックスは、エンドユーザーが非会員としてユーザーウェブを閲覧している時のみ表示されます。
※初期状態ではこちらが選択されています。

・会員用情報

会員用情報に設定した場合、このトピックスは、エンドユーザーが会員としてユーザーウェブを閲覧している時のみ表示されます。

・一般・会員用情報

一般・会員用情報に設定した場合、このトピックスは、エンドユーザーが会員/非会員どちらの場合でも表示されます。

8.登録区分
・本登録

本登録にした場合、このトピックスは、ビュー・プレビューどちらのユーザーウェブでも表示されます。
※初期状態ではこちらが選択されています。

・仮登録

仮登録にした場合、このトピックスは、プレビューで閲覧した場合のみ表示されます。

このトピックスをユーザーウェブでお知らせとして表示する際に、特定のカテゴリ一覧や商品コード、任意の外部URLをリンク先として設定することができます。
設定できるリンク先は、下記項目のうち1種類のみとなりますのでご注意ください。

・指定なし

トピックス内で、リンク先を指定しません。
ただし4.トピックス内容で、htmlのタグを使用してリンク先を設定する場合は、この設定であってもトピックスの本文内にリンク先を指定することが可能です。
※初期状態ではこちらが選択されています。

・カテゴリコード

この項目にカテゴリコードを設定すると、ユーザーウェブのトピックスで該当箇所をクリックした際に、そのカテゴリコードのカテゴリ一覧ページへ画面遷移することができるようになります。
クリックできる該当ページと対応しているm:id、及びm:idに出力されるトピックスの各項目は以下の通りです。

テンプレート m:id名 出力項目
トップページ(top.xhtml) common.INFORMATION_TITLE_IMAGE_HERE 13.PC画像の登録
common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml) common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml) common.INFORMATION_TITLE_IMAGE_HERE 13.PC画像の登録
common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
  • 画面遷移については、同一タブでの画面遷移となるのでご注意ください。
  • 文字列を入力すると、予測変換でカテゴリコードの候補が表示されます。
  • 文字列を入力せず、右側の虫眼鏡アイコンをクリックすると、すべてのカテゴリコードが候補として表示されます。
・商品コード

この項目に商品コードを設定すると、ユーザーウェブのトピックスで該当箇所をクリックした際に、その商品コードの商品詳細ページへ画面遷移することができるようになります。
クリックできる該当ページと対応しているm:id、及びm:idに出力されるトピックスの各項目は以下の通りです。

テンプレート m:id名 出力項目
トップページ(top.xhtml) common.INFORMATION_TITLE_IMAGE_HERE 13.PC画像の登録
common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml) common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml) common.INFORMATION_TITLE_IMAGE_HERE 13.PC画像の登録
common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
  • 画面遷移については、同一タブでの画面遷移となるのでご注意ください。
  • 文字列を入力すると、予測変換で商品コードの候補が表示されます。
  • 文字列を入力せず、右側の虫眼鏡アイコンをクリックすると、すべてのカテゴリコードが候補として表示されます。
・任意のURL

この項目に任意のURLを設定すると、ユーザーウェブのトピックスで該当箇所をクリックした際に、そのURLへ画面遷移することができるようになります。クリックできる該当ページと対応しているm:id、及びm:idに出力されるトピックスの各項目は以下の通りです。

テンプレート m:id名 出力項目
トップページ(top.xhtml) common.INFORMATION_TITLE_IMAGE_HERE 13.PC画像の登録
common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml) common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml) common.INFORMATION_TITLE_IMAGE_HERE 13.PC画像の登録
common.INFORMATION_MESSAGE_HERE 4.トピックス内容
  • 画面遷移については『同一タブで画面遷移する』のチェックボックスをチェックすると、別タブでそのURLを開くか、同一タブで画面遷移するかの選択をすることができます。
10.[カテゴリ検索]

このボタンを押すと、別画面でカテゴリ検索画面が表示されます。
カテゴリ検索画面の検索結果から指定したカテゴリコードは、9.リンク先指定のカテゴリコードに登録されます。

1.カテゴリコード

文字列を入力すると、予測変換でカテゴリコードの候補が表示されます。
カテゴリコードを登録し3.[検索]ボタンを押すと、そのカテゴリコードに紐づく商品が表示されます。
文字列を入力せず、右側の虫眼鏡アイコンをクリックすると、すべてのカテゴリコードが候補として表示されます。

2.カテゴリ名

文字列を入力すると、予測変換でカテゴリ名の候補が表示されます。
カテゴリ名を登録し3.[検索]ボタンを押すと、そのカテゴリ名に紐づく商品が表示されます。
文字列を入力せず、右側の虫眼鏡アイコンをクリックすると、すべてのカテゴリ名が候補として表示されます。

指定された検索条件で、検索を実行します。
検索条件にヒットした場合は、検索結果としてカテゴリ一覧が表示されます。
【キャプチャ文言:9.リンク先指定のカテゴリコードとして登録するには、検索結果が表示された後、リンク先に指定したいカテゴリコードをクリックしてください。】 -->

4.[クリア]

この画面を開いた時の状態に戻します(検索した内容がクリアされます)。

5.[戻る]

この画面を閉じ、トピックス新規登録画面に戻ります。

11.[商品検索]

このボタンを押すと、別画面で商品検索画面が表示されます。
商品検索画面の検索結果から指定した商品コードは、9.リンク先指定の商品コードに登録されます。

1.カテゴリコード

文字列を入力すると、予測変換でカテゴリコードの候補が表示されます。
カテゴリコードを登録し6.[検索]ボタンを押すと、そのカテゴリコードに紐づく商品が表示されます。
文字列を入力せず、右側の虫眼鏡アイコンをクリックすると、すべてのカテゴリコードが候補として表示されます。

2.カテゴリ名

文字列を入力すると、予測変換でカテゴリ名の候補が表示されます。
カテゴリ名を登録し6.[検索]ボタンを押すと、そのカテゴリ名に紐づく商品が表示されます。
文字列を入力せず、右側の虫眼鏡アイコンをクリックすると、すべてのカテゴリ名が候補として表示されます。

3.商品コード

文字列を入力すると、予測変換で商品コードの候補が表示されます。
商品コードを登録し6.[検索]ボタンを押すと、その商品コードで登録されている商品が表示されます。
文字列を入力せず、右側の虫眼鏡アイコンをクリックすると、すべての商品コードが候補として表示されます。

4.商品名

文字列を入力すると、予測変換で商品名の候補が表示されます。
商品名を登録し6.[検索]ボタンを押すと、その商品名で登録されている商品が表示されます。
文字列を入力せず、右側の虫眼鏡アイコンをクリックすると、すべての商品名が候補として表示されます。

5.表示期間

初期状態では「期間内の商品のみ表示する」にチェックが入っています。
このチェックを外した場合は、表示期間外の商品も、検索条件の対象として表示されるようになります。

指定された検索条件で、検索を実行します。
検索条件にヒットした場合は、検索結果として商品一覧が表示されます。

7.[クリア]

この画面を開いた時の状態に戻します(検索した内容がクリアされます)。

8.[閉じる]

この画面を閉じ、トピックス新規登録画面に戻ります。

12.表示期間(FROM~TO)

このトピックスが、ユーザーウェブにお知らせとして表示される期間を設定します。
未入力の場合は、無期限で表示されますが、トピックス情報を更新すると、5.お知らせ日付6.表示順の設定によって、表示順が変わる場合がありますのでご注意ください。

13.PC画像の登録

このトピックスのイメージとなる画像を登録することができます。
登録した画像は、ユーザーウェブでトピックスが表示されるすべてのページ(トップページ(top.xhtml)・トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml)・トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml))で表示されます。

14.トピックスPDF

この項目でPDFファイルをアップロードすると、トピックス一覧ページ(topics_list.xhtml)・トピックス詳細ページ(topics_detail.xhtml)に『PDF:リンク』という文言が表示されます。
この文言の『リンク』部分をクリックすると、この項目でアップロードしたPDFファイルを、ユーザーウェブで閲覧することができるようになります。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
5人の方が「参考にならなかった」と言っています。