FRAUD_DETECTION_JS_HERE

不正検知サービス用のJavaScriptを出力します。


使用例 特記事項
<script m:id='FRAUD_DETECTION_JS_HERE'>文言など...</script>

『FRAUD_DETECTION_JS_HERE』が使用できるテンプレートファイル
・cart_confirm.xhtml(注文情報確認ページ)

※頭に「common」が付かないm:idは、テンプレートファイルにより、挙動が異なる場合がございます。
 詳細は各m:idのマニュアルをご確認ください。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。