共通エラーページ静的ファイルバッチ作成フラグ

サイト混雑時に表示される common_error.htmについて、毎日一回自動的に作成するかを選択します。

▼common_error.htm の格納場所

コンテンツ管理 > テンプレート管理
view> userweb > common_error.htm
view> smartphone > common_error.htm
view> mobile > common_error.htm


「利用する」を選択した場合

毎日1回のバッチ実行で下記のテンプレートファイルを静的化して、「common_error.htm」を作成します。

view> userweb > common_error.xhtml
view> smartphone > common_error.xhtml
view> mobile > common_error.xhtml

※htm と xhtml で拡張子が異なるため、ご注意ください。


「利用しない」を選択した場合

テンプレートファイルは自動作成(更新)されません。

サイト混雑時には、「common_error.xhtml」と同じデザインではなく、
独自のデザインを適用させたい場合は、「利用しない」を選択してください。


初期値は「利用する」です。
設定の変更をご希望の場合は弊社サポート窓口までご連絡ください。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。