PayPal海外配送利用フラグ

「利用する」を選択すると、PayPal決済(決済代行会社:PayPal)での注文において、
配送先として海外住所を入力できるようになります。(選択肢:利用する、利用しない)


・本初期設定は、PayPal決済(決済代行会社:PayPal)利用時のみ設定可能です。
・初期値は「利用しない」です。
・設定の変更をご希望の場合、弊社サポート窓口までお問い合わせください。


「利用する」にした場合、ユーザーウェブの注文情報入力ページにて、
支払方法にPayPal決済(決済代行会社:PayPal)を選択し、「ご依頼主と異なる住所に配送する(海外)」をチェックすることで、
配送先の国や州が選択できるようになります。
※配送先の州は、国に「UNITED STATES」を選択した場合にのみ選択可能です。

海外住所を入力するには、以下のテンプレートファイルの編集が必要です。

cart_seisan.xhtml(注文情報入力ページ)

(1)DOCTYPE宣言文に、以下太字部分の記述を追加してください。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:paypal="eb:PAYPAL/view_paypal_cart_seisan.json" xmlns:m="http://mayaa.seasar.org" xml:lang="ja" lang="ja">


(2)配送先として海外住所を入力する場合に選択する、チェックボックスを追加してください。


(3)通常(国内)の配送先情報入力欄(複数配送先欄含む)を、以下のclass属性「paypal_send_to_jp」のタグで囲ってください。


(4)配送先とする海外住所の入力欄を追加してください。


・海外配送の場合、定期販売・複数配送先・通貨設定での外貨には非対応です。
・海外配送の場合、配送希望日の指定はできません。
・海外配送の場合、「その他離島など」の送料が適用されます。


海外配送の場合は、依頼主情報を英字で記載していただく旨、テンプレートファイルに注意書きを記載するなど、
店舗運用者様でご対応いただくよう、お願いいたします。
※氏名(カナ)・都道府県は英字入力不可のため、日本語での入力となります。


本初期設定が「利用する」の場合、送付先郵便番号に、半角15文字以内であればアルファベット入力が可能です。



cart_confirm.xhtml(注文情報確認ページ)

(1)配送先とする海外住所欄を追加してください。


(2)国内住所へ配送する場合に、通常の住所欄(複数配送先欄含む)を表示してください。



(3)PayPal決済を選択した場合に、すべての「→変更する」リンクを非表示にしてください。
 ※本初期設定が「利用する」かつPayPal決済を選択した場合、各情報変更ページへの遷移に非対応のため



注文時に入力した海外住所は、ショップ管理ツールの受注ヘッダ「送付先情報」タブに保持します。

送付先郵便番号 海外郵便番号
送付先住所1(都道府県) その他離島など
送付先住所2(市区町村、番地) 国・州・都道府県・市町村
送付先住所3(ビル、マンション名等) 市町村以降
送付先電話番号 電話番号


当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。