O-PLUX受注OUT制御

ユーザーウェブからの受注登録時の「O-PLUX審査結果」および、受注更新・取消時の「目視審査結果」によって、
標準APIの受注データ連携OUTの制御を行うかを設定します。

O-PLUX連携を利用している場合のみ使用可能となる設定です。


選択肢受注登録時受注更新・取消時
制御しない 受注の「O-PLUX審査結果」によらず、受注データ連携OUTを行います。 受注の「目視審査結果」によらず、受注データ連携OUTを行います。
制御する(自動審査NG,自動審査REVIEW,目視審査NG,目視審査HOLD) 受注の「O-PLUX審査結果」がNGもしくはREVIEWの場合、受注データ連携OUTを行いません。 受注の「目視審査結果」がNGもしくはHOLDの場合、受注データ連携OUTを行いません。
制御する(自動審査NG,目視審査NG,目視審査HOLD) 受注の「O-PLUX審査結果」がNGの場合、受注データ連携OUTを行いません。 受注の「目視審査結果」がNGもしくはHOLDの場合、受注データ連携OUTを行いません。

受注更新・取消時に「目視審査結果」が未設定の場合は、「O-PLUX審査結果」によって制御します。
※「O-PLUX審査結果」による制御は、受注登録時と同じ判断基準です。


「O-PLUX審査結果」による制御について、設定値がOK,NG,REVIEW以外の場合、受注データ連携OUTは行いません。


以下画面・機能での受注登録時は、本設定による制御は適用されず、受注データ連携OUTを行います。

・注文の管理 > 受注管理 > 受注新規登録画面
・注文の管理 > 受注管理 > 受注一括アップロード画面
・注文の管理 > 受注管理 > オペレータ受注新規登録画面(オペレータ受注画面オプションをご利用の店舗様)
・定期子受注作成バッチ(定期販売オプションをご利用の店舗様)
・頒布会作成バッチ(頒布会オプションをご利用の店舗様)


受注一覧画面から下記項目を更新した場合にも、本設定による制御が適用されます。

・配送区分
・入金区分
・取消区分
・受注自由区分
・宅配伝票番号
・受注ヘッダ自由項目
・予約ステータス


この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。
0人の方が「参考にならなかった」と言っています。