reCAPTCHA認証(お問い合わせ入力)

目次

機能概要
導入手順
 ┗新規でv2を利用する場合
 ┗新規でv3を利用する場合
 ┗v2からv3に切り替える場合

機能概要

ユーザーウェブのお問い合わせ内容入力ページにて、登録者がコンピューターでないことの判定を行うことができます。
使用するreCAPTCHAのバージョンは、本オプションで対応しているバージョン「v2」と「v3」から選択いただけます。

v2を利用する

エンドユーザーが「お問い合わせ内容入力」ページにて、reCAPTCHAにチェックを入れずに確認ページに進もうとすると、
エラーとなり登録ができなくなります。

v3を利用する

エンドユーザーがチェックを入れたり画像を選択する必要なく、エンドユーザーとサイトとのインタラクション(やり取り)に基づいて、
コンピューターでないことの判定を行います。

実装すると「お問い合わせ内容入力」ページの右下に以下のような画像が表示されます。
画像にマウスオーバーすると以下のような表示になります。


v3を選択した場合、Google側でユーザーのサイト内の行動をスコアとして算出し、
そのスコアを基にコンピューターでないことの判定を行います。
そのため、ユーザーがリトライをしてもコンピュータと判定される場合がありますが、予めご了承ください。


ご利用環境について(v2,v3共通)
・IEでの動作について、本オプションはIE8には対応しておりません。IE9以上の環境でのみご利用いただけます。
 ※Chrome、Firefox、Microsoft Edge、Safari については、それぞれの最新版バージョンに対応しております。


導入手順について

新規でv2を利用する場合

本オプションをご利用いただくための導入手順は以下の通りです。

STEP1. お申込み手続き
STEP2. reCAPTCHA関連のm:idの組み込み
STEP3. オプションの適用
STEP4. SiteKey、SecretKeyの取得
STEP5. 初期設定の登録(1)
STEP6. 初期設定の登録(2)
STEP7. お問い合わせフォーマットの設定


STEP1. お申込み手続き

本オプション利用の申し込みの旨を、弊社サポート窓口までご連絡ください。


STEP2. reCAPTCHA関連のm:idの組み込み

該当テンプレートにreCAPTCHAを利用するためのm:idを組み込みます。

■対象テンプレート
/view/userweb/apply$/input_XXXX.xhtml
/view/smartphone/apply$/input_XXXX.xhtml
(XXXXにはお問い合わせフォーマットコードが入ります。)

■修正箇所
<div m:id='IF_INPUT'> ~ </div>で以下を囲んでください。



STEP3. オプションの適用

弊社にてオプションを適用するため、弊社サポート窓口までご連絡ください。


STEP4. SiteKey、SecretKeyの取得

Google社提供のreCAPTCHAお申込みサイトにて、v2用のSiteKey、SecretKeyを取得してください。

※reCAPTCHAのバージョンは、「v2」でお申し込みください
※デモ環境で動作検証する際は、demo.ebisumart.com等、デモ環境のユーザウェブのドメインでお申し込みください。


STEP5. 初期設定の登録(1)

初期設定「reCAPTCHA使用バージョン」にて、「Version2」を指定します。


STEP6. 初期設定の登録(2)

初期設定「reCAPTCHA設定SiteKey」「reCAPTCHA設定SecretKey」にて、STEP4で取得したSiteKey、SecretKeyを設定します。


STEP7. お問い合わせフォーマットの設定

reCAPTCHAを利用したいお問い合わせフォーマットについて、編集画面の「reCAPTCHA使用フラグ」を「使用する」に
してください。



新規でv3を利用する場合

本オプションをご利用いただくための導入手順は以下の通りです。

STEP1. お申込み手続き
STEP2. reCAPTCHA関連のm:idの組み込み
STEP3. オプションの適用
STEP4. SiteKey、SecretKeyの取得
STEP5. 初期設定の登録(1)
STEP6. 初期設定の登録(2)
STEP7. お問い合わせフォーマットの設定


STEP1. お申込み手続き

本オプション利用の申し込みの旨を、弊社サポート窓口までご連絡ください。


STEP2. reCAPTCHA関連のm:idの組み込み

該当テンプレートにreCAPTCHAを利用するためのm:idを組み込みます。

■対象テンプレート
/view/userweb/apply$/input_XXXX.xhtml
/view/smartphone/apply$/input_XXXX.xhtml
(XXXXにはお問い合わせフォーマットコードが入ります。)

■修正箇所
<div m:id='IF_INPUT'> ~ </div>で以下を囲んでください。



STEP3. オプションの適用

弊社にてオプションを適用するため、弊社サポート窓口までご連絡ください。


STEP4. SiteKey、SecretKeyの取得

Google社提供のreCAPTCHAお申込みサイトにて、v3用のSiteKey、SecretKeyを取得してください。

※reCAPTCHAのバージョンは、「v3」でお申し込みください
※デモ環境で動作検証する際は、demo.ebisumart.com等、デモ環境のユーザウェブのドメインでお申し込みください。


STEP5. 初期設定の登録(1)

初期設定「reCAPTCHA使用バージョン」にて、「Version3」を指定します。


STEP6. 初期設定の登録(2)

初期設定「reCAPTCHA設定SiteKey(v3用)」「reCAPTCHA設定SecretKey(v3用)」にて、STEP4で取得したSiteKey、SecretKeyを設定します。


初期設定「reCAPTCHA v3 bot判定閾値」で、人間かbotかどうかを判定する閾値を設定することができます。


STEP7. お問い合わせフォーマットの設定

reCAPTCHAを利用したいお問い合わせフォーマットについて、編集画面の「reCAPTCHA使用フラグ」を「使用する」に
してください。



v2からv3に切り替える場合

本オプションをv2からv3に切り替えるための導入手順は以下の通りです。

STEP1. reCAPTCHA関連のm:idの組み込み
STEP2. SiteKey、SecretKeyの取得
STEP3. 初期設定の登録(1)
STEP4. 初期設定の登録(2)


STEP1. reCAPTCHA関連のm:idの組み込み

reCAPTCHA(v3)を利用するため、該当テンプレートのm:idの記述を以下に更新します。

■対象テンプレート
/view/userweb/apply$/input_XXXX.xhtml
/view/smartphone/apply$/input_XXXX.xhtml
(XXXXにはお問い合わせフォーマットコードが入ります。)

■修正箇所
<div m:id='IF_INPUT'> ~ </div>で以下を囲んでください。



STEP2. SiteKey、SecretKeyの取得

Google社提供のreCAPTCHAお申込みサイトにて、v3用のSiteKey、SecretKeyを取得してください。

※reCAPTCHAのバージョンは、「v3」でお申し込みください
※デモ環境で動作検証する際は、demo.ebisumart.com等、デモ環境のユーザウェブのドメインでお申し込みください。


STEP3. 初期設定の登録(1)

初期設定「reCAPTCHA設定SiteKey(v3用)」「reCAPTCHA設定SecretKey(v3用)」にて、STEP2で取得したSiteKey、SecretKeyを設定します。


STEP4. 初期設定の登録(2)

初期設定「reCAPTCHA使用バージョン」にて、「Version2」から「Version3 」に切り替えます。


初期設定「reCAPTCHA v3 bot判定閾値」で、人間かbotかどうかを判定する閾値を設定することができます。



当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

2人の方が「参考になった」と言っています。

このページを見た方は他にもこんなページを見ています。