common.MEMBER_FREE_VALUE_HTML_HERE

現在ログイン中の会員の自由項目の値をエスケープせずに出力します。HTMLタグがそのまま出力されます。自由項目が「画像」の場合は、画像ファイル名を出力します。
エンドユーザーが入力できる自由項目に対して、このm:idを使用してはいけません。(使用するとXSS脆弱性を引き起こします)
自由項目の番号を指定します。(例: m:free_item_no='1')


使用例 特記事項
<span m:id='common.MEMBER_FREE_VALUE_HTML_HERE' m:free_item_no='1'>文言など...</span>

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
0人の方が「参考にならなかった」と言っています。