サイト表示速度をアップさせるコツ

テンプレート読み込み速度アップ方法

本システムのテンプレートを作成する際に読み込み速度をアップする方法をご紹介します。※2015年現在


不要なCSSは削除する

標準テンプレートのスタイルシート(style.css)にはオプション利用のときのみのCSSも沢山書かれています。必要のない部分はなるべく削除することで、読み込み速度はアップしすっきりとしたスタイルシートになります。


画像はそれぞれ適正なサイズを用意する

商品一覧ページ用商品画像と詳細ページ用商品画像などは1つの画像を利用せずに、それぞれにあったサイズの画像をアップロードしてください。
そうすることにより画像のリサイズ時間が減り、読み込み速度がアップします。また、imgタグの中にサイズを指定するとより効果的です。


m:idを記述する際にはなるべく少ない記述にする

たとえばIFで画像の表示非表示を制御したい場合は

<span m:id="IF_MEMBER">
 <img src="sample.png" />
</span>
<span m:id="IF_MEMBER" m:NOT="">
</span>

と記述せずに、

<img src="sample.png" m:id="IF_MEMBER" />

のみ記述してください。タグ数を減らすことで読み込み速度がアップします。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。