商品画像の保存先をフォルダ化設定

商品の、商品画像1~4、携帯用画像1~4、アピール画像、携帯用アピール画像 の保存先を指定します。

「利用する」にした場合、画像の保存先が「itemimageフォルダ/商品コード名のフォルダ」直下になります。
「利用しない」にした場合、画像の保存先が「itemimageフォルダ」直下になります。

※初期値は『利用する』に設定されています。
※本設定は店舗様に公開をしておりませんので、変更したい場合は弊社サポートへお問い合わせください。
※itemimageフォルダはコンテンツ管理メニューの「画像管理」または「ファイル管理」から確認いただけます。


商品画像1~4、携帯用画像1~4、アピール画像、携帯用アピール画像の登録について、
「商品コード/画像ファイル名」のフォルダ構成とは異なる形での画像の設置、および商品一括アップロードでのパス指定を
することはできますが、その後商品変更画面で画像を更新した際に「商品コード/画像ファイル名」の形にパスが上書かれます。
また、同時に商品コード単位のフォルダが作成され、その配下に画像ファイルが設置されます。
※本初期設定が「利用しない」となっている場合、(itemimage/画像ファイル名)の形となります。

そのため、商品変更画面で商品情報の更新を行う可能性がある場合には、商品一括アップロードでの登録・更新時から、
本設定の設定値により、「商品コード/画像ファイル名」または「画像ファイル名」の形でパスを指定するようにしてください。

設定例:商品コードが「TEST1」で、本設定が「利用する」の場合、TEST1/test1.jpg


本設定が「利用する」の場合、画像のパスに商品コードが含まれるため、
登録済み商品の商品コードを変更する際には、画像のパスも変更する必要があります。

画像のパスを変更するためには、画像を再度アップロード(画像選択のラジオボタンで「変更する」を選択して
商品を更新)する必要があります。
※パスの変更後は、画像の反映が完了するまではユーザーウェブに表示されません。

商品コードを変更した場合の、本設定の設定値と画像の変更有無による挙動は以下の通りです。

画像選択のラジオボタン 商品登録時の設定 商品コード変更時の設定 商品コード変更時点の
画像・テンプレート内の挙動
商品コード変更後、画像変更した場合の画像の保存先
変更しない 利用する 利用する 旧商品コードのフォルダは削除、新商品コードのフォルダは作成されない※1 itemimage/新商品コード/画像
※画像変更時にパスも変更される
利用しない 利用する itemimage直下の画像は残存、旧商品コードのフォルダは削除、新商品コードのフォルダは作成されない※1
利用する 利用しない 旧商品コードのフォルダは残存、新商品コードのフォルダは作成されない※1 itemimage/画像
※画像変更時にパスも変更される
変更する 利用する 利用する 旧商品コードのフォルダは削除、新商品コードのフォルダが作成される
※パスも変更される
itemimage/新商品コード/画像
利用しない 利用する itemimage直下の画像は残存、旧商品コードのフォルダは削除、新商品コードのフォルダが作成される
※パスも変更される
利用する 利用しない 旧商品コードのフォルダは残存、新商品コードのフォルダは作成されない
※パスも変更される
itemimage/画像

※1 商品属性画像オプションを利用している場合、新商品コードのフォルダは作成されます。
  (フォルダの中にはmobileフォルダのみ格納されます)

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。