ユーザーウェブアクセスログ表示

機能概要

エンドユーザーがユーザーウェブ上で行った操作を、ユーザーウェブアクセスログという形で検索・ダウンロードすることができます。

検索画面

日付指定

ユーザーウェブアクセスログを表示したい期間を入力します。
FROM、TOの両方を必ず指定してください。

・FROMの日付には操作日の6ヶ月前まで指定できます。
・指定可能な検索期間は2ヶ月間です。

[表示]

日付指定で指定した期間のユーザーウェブアクセスログを表示します。

結果一覧

表示件数の選択

ユーザーウェブアクセスログを一度に何件表示させるか、プルダウンで選択することができます。
初期状態は15件に設定されており、5,15,30,50,100,200,500件の中から選択が可能です。表示件数が多い場合、検索結果はページ単位で表示されます。

アクセス日時

ユーザーウェブアクセスログが登録された日時を、時・分・秒まで表示しています。
表示される順番は、上から下へ日付が新しいログから表示されます。

リクエストパス

ユーザーウェブでアクセスしたページのパスを表示しています。

会員ID

会員がログインして各ページを見ている場合は、ログに会員IDが表示されます。
そのため、未表示になっているログは、会員ではないエンドユーザーのアクセスと見なされます。

商品コード

特定の商品に関わるページ(item_detailやcart_index等の場合)のログの場合、その商品コードが表示されます。

キーワード

そのログを見る際に検索したキーワードが表示されます。

[ダウンロード]

検索結果をCSVファイルにダウンロードすることができます。
出力項目は以下の通りです。

端末区分、会員ID、端末機種情報、セッションID、商品コード、キーワード、リクエストパス、アクセス日時、リファラー、
アクセス元IPアドレス、携帯端末固体識別情報、アクセスログアクセスブラウザ区分、クエリ文字列

※検索結果がない場合[ダウンロード]ボタンは表示されません。


当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

3人の方が「参考になった」と言っています。