カテゴリごとにテンプレートを分ける[item_list$***.xhtmlの使用方法]

カテゴリごとにテンプレートを分けるカテゴリ別テンプレート[item_list$***.xhtmlの使用方法]

商品一覧のテンプレート(item_list.xhtml)を、あるカテゴリだけ個別のデザインのものにしたいという際、そのカテゴリのみ別のデザインのテンプレートで表示することができます。
※オプション機能です


カテゴリごとの商品一覧テンプレートの格納場所

カテゴリごとの商品一覧テンプレートは、PCの場合userwebフォルダ・携帯の場合mobileフォルダ・スマートフォンの場合smartphoneフォルダにそれぞれ格納します。参照方法は、テンプレートのダウンロード・アップロード・編集をご覧ください。


作成方法

テンプレートファイル名に、任意のコードを下記のように記載します。
item_list$***.xhtml(*****は任意のコード)
この名前でアップロードすると、カテゴリ情報の「PC向けカテゴリ別商品一覧テンプレートの設定」の項目のプルダウンで選択することができます。
そのカテゴリの一覧ページを表示した際に選択されたテンプレートでページが表示されます。

また、item_detail$***.xhtml(*****は任意のコード)という名前でアップロードされた商品詳細ページのテンプレートがあれば、 「PC向けカテゴリ別商品詳細テンプレートの設定」の項目のプルダウンで選択することができます。
そのカテゴリに属する商品詳細ページを表示した際に選択されたテンプレートでページが表示されます。
優先順位については下記補足をご参照ください。

商品詳細別テンプレートとの優先順位は下記です。

直接商品ページにアクセスした場合(ドメイン/item/商品コード.html)
→ 商品情報に設定した商品テンプレート

カテゴリを辿って商品ページにアクセスした場合(ドメイン/category/カテゴリ名/商品コード.html)
→ カテゴリ情報に設定した商品テンプレート

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
5人の方が「参考にならなかった」と言っています。