テンプレートの拡張機能 [extフォルダの使用方法]

テンプレートの拡張機能 [extフォルダの使用方法]

userwebフォルダ・mobileフォルダ・smartphoneフォルダ内のextフォルダには、テンプレート以外の拡張ファイルを置くことができます。たとえば、LP(ランディングページ)などの特設ページを設置したい場合にこのフォルダに置くことができます。
ここでは、extフォルダに置くことのできるファイルの説明をします。


拡張ファイルの格納場所

テンプレート以外の拡張ファイルは、PCの場合userwebフォルダ内、携帯の場合mobileフォルダ内、スマートフォンの場合smartphoneフォルダ内の「ext」フォルダにそれぞれ格納します。参照方法は、テンプレートのダウンロード・アップロード・編集をご覧ください。


ランディングページ

LP(ランディングページ)などの特設ページを設置したい場合も、このフォルダに設置することができます。テンプレートと同様にXHTML形式で保存してください。動的要素として、共通で使用できるm:idを使用することができます。一覧は共通で使用できるm:id一覧を参照ください。m:idを使用しないページを作成して設置することも可能です。

トップページ以外のリンクについて

ext配下でシステム内の特定ページへの静的リンクを記載する際は、先頭の"/"は不要です。
通常のWebページとはリンク作成方法が異なりますのでご注意ください。
また本システムの仕様として拡張子はhtmlで記述する必要がございます。

※作成例:ext/page1.htmlからext/page2.htmlへのリンクの場合

×href="page2.html"
×href="./page2.html"
〇href="ext/page2.html"

ファイル名に使用できる文字列について

拡張ファイルのファイル名に使用できる文字列は以下の通りです。

・全角文字全般
・半角英字(小文字)
・半角数字
・以下の半角記号
-
_
.
!
'
 
(
)
※6つ目は半角スペースです。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。
7人の方が「参考にならなかった」と言っています。