common.REQUEST_TOKEN_HERE

リクエストのトークンを取得します。V4での使用を想定し作成されています。


使用例 特記事項
<span m:id='common.REQUEST_TOKEN_HERE' "></span>

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。