CONTENT

parts$内やcommon.IMPORT_HEREで読み込まれるページ等、部品のページを記述する際、どの部分を部品として利用するかを指定するm:idです。要素内が利用対象となります。


使用例 特記事項
<div m:id='CONTENT'>
</div>

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

3人の方が「参考になった」と言っています。