ユーザーウェブ多言語対応

ユーザーウェブ多言語対応

本オプションでは、ユーザーウェブの利用言語を日本語以外に切り替えることができます。
日本語、英語のみの切り替えとなっており、他の言語を利用したい場合は別途設定や開発が必要となる場合がありますので、サポートまでお問い合わせください。

オプションの利用をご希望の場合、弊社サポート窓口までご連絡ください。


・自動翻訳はできません。
・海外配送には対応しておりません。


多言語対応を行うためには、商品名など、多言語に対応している項目とデザインテンプレートを各言語ごとに設定する必要があります。

以下の画面で設定ができます。

「サイト基本情報」画面へのアクセス

①「サイト基本情報」画面でユーザーウェブ利用言語を選択する。


②言語ごとに設定を行う。

多言語の登録が可能な項目がある画面では、上部に言語切り替えボタンが表示されるので、言語を切り替えてデータを編集します。

必須項目は、日本語・多言語のどちらも入力しないとエラーとなり登録ができません。

例)「商品新規登録」画面


多言語対応している項目一覧

ショップ管理ツールで設定可能な多言語対応しているデータは以下となります。多言語で設定したデータがユーザーウェブで表示可能となります。

(1)サイト基本情報

お店を作る > サイト基本情報で登録可能な以下項目
・サイト名(店舗名)
・サイトタイトル
・コピーライト表示

(2)メールフォーマット

お店を作る > メールフォーマット登録・照会から登録可能なメールフォーマットの以下項目
・件名
・FROM表示名
・メール本文

(3)決済方法

お店を作る > 決済方法で登録可能な以下項目
・画面表示テキスト
・PCコメント
・PCメールコメント

(4)トピックス内容

コンテンツ管理 > トピックス管理で登録可能な以下項目
・トピックスタイトル
・トピックス内容


(5)商品関連情報

商品
・商品名
・商品名(カナ)
・アピールポイント
・商品コメント1
・商品コメント2
・商品コメント3
・カート用商品コメント
・タイトルタグ表示
・注文確認メール商品コメント

カテゴリ
・カテゴリ名
・タイトルタグ表示
・カテゴリ説明文

バリエーショングループ
・バリエーショングループ名

バリエーション
・バリエーション名

③多言語のテンプレートを作成し、切り替えるリンクを作成する。

全てのテンプレートが多言語のテンプレートに対応しています。

「テンプレート管理」画面へのアクセス

多言語表示したいページのテンプレートに「_en」を付けて作成すると、多言語を選択した場合に「_en」のページを読み込みます。

例)
item_detail.xhtml → 日本語表示のテンプレートをユーザーウェブに表示します。
item_detail_en.xhtml → 英語表示のテンプレートをユーザーウェブに表示します。

参考ソース

/view/userweb/common/header.xhtml

④ユーザーウェブに切り替えボタンが表示されているか確認する。


当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。