商品の登録方法

商品情報を新規登録する場合は、「商品新規登録」画面にて登録を行います。
登録した商品の編集は、「商品検索/一覧」画面にて[編集]をクリックし、商品の変更画面を開いて編集を行います。
また、CSVファイルで一括アップロードすることも可能です。

1.ショップ管理ツールで直接編集する方法

以下の画面で編集ができます。

「商品管理」画面へのアクセス
(1)新規登録
ショップ管理ツールの「商品新規登録」画面にて商品を登録する。

項目について詳しくは管理画面説明書:商品新規登録をご覧ください。

(2)登録済み商品の編集
ショップ管理ツールの「商品検索/一覧」画面にて編集したい商品の[編集]をクリックする。

商品名、商品名(カナ)、販売価格、仕入金額、希望小売価格についてはマークをクリックすると「商品検索/一覧」画面上で編集が可能です。

2.CSVファイルを一括アップロードする方法

一度に多くの商品情報を編集する場合、CSVでの一括アップロードが便利です。
※1商品からでも商品一括アップロードは可能です。

csvアップロードで商品一括登録する際は、必ず文字コードを S-JIS 形式で保存したcsvファイルでおこなってください。

作業手順
①編集したい商品をダウンロードする

編集したい商品の左側のボックスにチェックを入れ、画面下部の「選択したデータを対象」からダウンロードすることで、該当の商品情報のみをダウンロードできます。

※検索結果をすべてダウンロードする際は「検索中のデータを対象」からダウンロードすることで、検索結果すべての商品情報をダウンロードできます。


②ファイルをダウンロードすると、ローカル環境にCSVファイルが生成されます。


ダウンロードする際に押下したボタンによって、CSVのファイル名や内容、アップロード先が変わります。

 ▼ item.csv
 →[商品ダウンロード]ボタンを押した際に生成されます。
  商品の基本情報になります。
  ダウンロードボタン右上部にある[CSVフォーマット編集]をクリックして
  ダウンロードする項目を取捨選択することができます。
  「商品一括アップロード」画面からアップロードします。

 ▼ item_category.csv
 →[商品カテゴリダウンロード]ボタンを押した際に生成されます。
  商品コード、カテゴリコードがダウンロードされます。
  主に商品に紐付けるカテゴリコードを一括で変更する際に使用します。
  「商品カテゴリ一括アップロード」画面からアップロードします。

 ▼ item_itemproperty_zaiko.csv
 →[商品在庫ダウンロード]ボタンを押した際に生成されます。
  商品コード、バリエーションコード、在庫数 がダウンロードされます。
  主に商品の在庫数を一括で変更する際に使用します。
  「商品在庫一括アップロード」画面からアップロードします。

 ▼ item_itemproperty_config.csv
 →[バリエーション設定ダウンロード]ボタンを押した際に生成されます。
  商品コード、バリエーションコード がダウンロードされます。
  主に商品で使用するバリエーションを一括で追加、変更する際に使用します。
  「商品バリエーション一括アップロード」画面からアップロードします。


③ダウンロードしたCSVを開き、編集します。

 ダウンロードされたCSV項目は、左側に表示されている項目の上から順番にA列、B列と並びます。
 商品情報を変更する場合は、該当の商品の行から変更したい項目の列を探し、書き換えます。 

※あわせて以下のページもご参考ください。
CSVファイルをExcelで扱う際の注意点

Excel形式でダウンロードできる「Excelダウンロードボタン」オプションもご用意しておりますので、ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

④編集したファイルを保存し、対応する画面からアップロードします。

商品を編集ではなく新規で登録する場合、
何か1点商品をダウンロードしてそちらを参考に作成するか、
「商品一括アップロード」画面のマッピングを参考に新しくファイルを作成してください。

登録済みの商品を 商品一括アップロード で更新する際、カテゴリとレコメンド商品については、1つでもCSV項目に登録されていると上書きする仕様となっています。

<例>
アップロード前の登録 カテゴリ1:Sサイズ カテゴリ2:ブルー カテゴリ3:子ども用
     ↓
一括アップロードCSV カテゴリ1:Mサイズ
     ↓
アップロード後の登録 カテゴリ1:Mサイズ カテゴリ2:   カテゴリ3:   

カテゴリとレコメンド商品を変更する際は、変更しない項目も一括アップロードCSVに含めないと元の項目は削除されるため、「カテゴリやレコメンドが削除される場合は中断する」設定の初期値は[中断する]が選択されています。

カテゴリやレコメンド商品を書き換える必要がないのにエラーメッセージが出てしまった場合は、カテゴリの項目を列ごと削除してください。
削除したカテゴリの項目は元の情報が据え置かれます。


当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。