ユーザーウェブ自由パス設定

サイトURLの表示を自由に変更することができます。
『元のパス:新しいパス』のように、元のパスと新しく割り当てたいパスの組み合わせをコロンで結合して、1行に1セットずつ指定してください。



使用できる拡張子は以下の通りです。

リダイレクト元:『.html』『.xml』
リダイレクト先:『.html』『.xml』『.php』『.aspx』『.asp』『.pl』

新しいパスに以下の形式は使用できません。

/html/xxx.html
/client_info/xxxx.html
/client_info/xxxx.txt

※パラメータに「?」が入っているものは設定できません。
※#で始まる行は無視されます。
※同一パスの拡張子違い(例:/item/ITEM01.html:/item/ITEM01.xml)を指定すると、システムエラーとなり画面が表示されないのでご注意ください。
ユーザーウェブ自由リダイレクトパス設定と同時に使用することはできません。
※本設定で設定した場合も、元のパスでのサイトアクセスは可能です。
※本設定で遷移した画面では、以下のmidを使用できないのでご注意ください。

common.NARROW_DOWN_SUB_CATEGORY_LINK_TAG
common.NARROW_DOWN_CATEGORY_LINK_TAG
common.CLEAR_NARROW_DOWN_CATEGORY_LINK_TAG

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。