外部委託先オプション

目次

1. 機能概要と利用制限
2. ショップ管理ツールでの操作について
3. ユーザーウェブでの操作について
4. 関連する初期設定

機能概要と利用制限

本オプションは、委託先企業情報を設定することで、委託先ごとに商品や受注を管理し、
委託先企業のアカウントは、自社に紐づく商品や受注のみを操作できるようになる機能です。


ご留意事項や利用制限

・店舗様毎のカスタマイズ内容や利用オプションとの併用可否については、導入時に影響調査が必要です。

・フィーチャーフォンには対応していません。

・当オプションをご利用いただく場合、仕入先マスタを、委託先マスタとして扱います。
 委託先管理オプションでの用途以外の仕入先マスタの利用はできません。


ショップ管理ツールでの操作について

商品の管理 > 仕入先管理 > 仕入先新規登録/変更
システム設定 > 利用者管理 > 利用者登録/更新
商品の管理 > 商品管理 > 商品新規登録/変更
商品の管理 > 商品管理 > 商品検索/一覧
商品の管理 > 商品管理 > 商品一括アップロード
商品の管理 > 商品管理 > 商品在庫一括アップロード画面/商品カテゴリ一括アップロード/
 商品バリエーション一括アップロード/商品一括削除画面

注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理
注文の管理 > 受注管理 > 受注新規登録/変更
注文の管理 > 受注管理 > 受注新規一括アップロード
注文の管理 > 受注管理 > 出荷実績取込(ヤマトB2)


商品の管理 > 仕入先管理 > 仕入先新規登録/変更

仕入先マスタを利用して、委託先企業の管理を行います。



1.仕入先コード

委託先企業を判別するための委託先コードとして利用するコードを指定します。

2.仕入先メールアドレス

該当の委託先企業の商品(1.仕入先コード=商品の仕入先コード)の注文があった際、
注文確認メールの宛先とするメールアドレスを指定します。
カンマ区切りで複数のメールアドレスを登録可能です。

3.注文確認メール受付フラグ

チェックが入っている場合のみ、該当の委託先企業の商品(1.仕入先コード=商品の仕入先コード)の
注文があった際に、「仕入先メールアドレス」宛に注文確認メールを送信します。

4.注文メール仕入先コメント

受注関連メール(※1)内に出力するコメントを設定します。
メールフォーマット内に置換文字「#SHIIRE_COMMENT#」を記載することで、設定したコメント内容が置換されます。

※1 受注関連メールは以下の通りです。

・注文確定時送信メール(注文確認メール)
・出荷処理時送信メール(出荷お知らせメール)
・注文キャンセル時送信メール(注文キャンセルメール)
・入金処理時送信メール(入金お知らせメール)
・予約受注確定メール
・決済確定メール(後払い決済用)
・与信審査結果通知メール(後払い決済用)
・受注自由区分メール1~5



システム設定 > 利用者管理 > 利用者登録/更新

委託先企業の利用者に対して利用者アカウントを作成し、「委託先管理者」のロールを設定します。
※「委託先管理者」ロールの追加は弊社にて行います。
※「委託先管理者」ロールへの権限付与については、お客様と調整の上、適切な権限を弊社にて設定します。



1.ロール

委託先企業の利用者アカウントに対し、「委託先管理者」のロールを設定します。

2.仕入先コード

仕入先マスタにて、委託先コードとして登録した仕入先コードを設定します。


商品の管理 > 商品管理 > 商品新規登録/変更

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)のみ、参照・登録・編集可能とします。

また、編集可能とする項目を制御することができます。



1.仕入先コード

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
本項目はラベル表示とし、商品登録・更新時に、自動的に自社の仕入先コード(利用者マスタの仕入先コード)を設定します。

2.登録区分

初期設定「委託先アカウント本登録可否」が「不可」の場合、
本項目はラベル表示とし、商品登録時に自動的に仮登録として登録します。
※更新時には、現在登録されているの値のまま更新します。

3.その他の項目

初期設定「委託先アカウント本登録可否」が「不可」の場合、初期設定「委託先アカウント商品編集不可項目」で、
委託先アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている)で編集不可とする項目を指定できます。

登録区分が本登録の商品について、「委託先アカウント商品編集不可項目」に設定された項目は編集不可になります。



商品の管理 > 商品管理 > 商品検索/一覧

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)のみ、参照可能とします。



1.商品一覧

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)のみ、商品一覧に表示します。

また、初期設定「委託先アカウント本登録可否」が「不可」の場合、
「一括本登録」「一括仮登録」ボタンは非表示とします。


2.ダウンロード

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
一覧画面に表示される、自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)のみダウンロード可能とします。


商品の管理 > 商品管理 > 商品一括アップロード

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
「仕入先コード」と「登録区分」は以下の値で登録されます。

仕入先コード:利用者マスタの仕入先コード
登録区分:仮登録


※更新時には、現在登録されているの値のまま更新します。

※その他の値は任意の値で登録・更新可能です。
 ただし、初期設定「委託先アカウント商品編集不可項目」に設定した項目は更新できません。


商品の管理 > 商品管理 > 商品在庫一括アップロード画面/商品カテゴリ一括アップロード/商品バリエーション一括アップロード/商品一括削除画面

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)のみ、登録・更新可能とします。


注文の管理 > 受注管理 > 受注データ管理

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)が含まれる受注のみ、参照可能とします。



1.受注一覧

自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)が含まれる受注のみ、受注一覧に表示します。


2.ダウンロード

一覧画面に表示される、自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)が含まれる受注のみ
ダウンロード可能とします。


注文の管理 > 受注管理 > 受注新規登録/変更

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)の受注のみ、登録・更新可能とします。



1.商品コード

自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)のみ指定可能とします。
他委託先の商品を指定した場合、登録内容確認画面に進んだ際にエラーになります。


2.商品コードの虫眼鏡検索

自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)のみ候補リストに表示します。


3.商品名の虫眼鏡検索

自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)のみ候補リストに表示します。


委託先管理者アカウントでは、商品の仕入先コードが未設定の商品の受注登録・更新はできません。


注文の管理 > 受注管理 > 受注新規一括アップロード

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)の受注のみ、登録可能とします。


委託先管理者アカウントでは、商品の仕入先コードが未設定の商品の受注登録はできません。


注文の管理 > 受注管理 > 出荷実績取込(ヤマトB2)

委託先管理者アカウント(利用者マスタに「仕入先コード」が設定されている) でのログイン時、
ヤマトB2の伝票番号登録(出荷実績取込)を行う際、自社管理商品(商品の仕入先コード=利用者マスタの仕入先コード)の
受注の出荷実績情報のみ、取込可能
とします。


委託先管理者アカウントでの出荷処理については、出荷実績取込(ヤマトB2)のみ対応しています。


ユーザーウェブでの操作について

同一委託先の商品のみ、同時購入を可能とする
買い物かごのページ(cart_index.html)

初期設定「委託先ごとユーザー購入可否」が「不可」の場合、
異なる委託先の商品同士の、同一注文でのカート追加は不可とします。

また、初期設定「委託先未設定商品同時購入可否」が「不可」の場合、
委託先が設定されている商品と、委託先未設定の商品との、同一注文でのカート追加は不可とします。



上記設定での条件を満たしてカート投入できても、その後商品情報の更新がされたことで、
注文確定のタイミングでは委託先が異なる状態や未設定になった場合には、
[注文する]ボタンの押下時にエラーとなり購入できません。


仕入先メールアドレス宛てに注文確認メールを送信する

仕入先マスタの「注文確認メール受付フラグ」にチェックが入っている場合のみ、
該当の委託先企業の商品の注文があった際に、「仕入先メールアドレス」宛に注文確認メールを送信します。


異なる委託先の商品が同時に購入された場合は、各委託先の商品情報が注文確認メール内に出力されます。


関連する初期設定

本オプションに関連する初期設定は、以下の通りです。

初期設定名 内容
委託先アカウント本登録可否 委託先アカウントで、商品の登録区分の編集を可能とするかを設定します。
委託先アカウント商品編集不可項目 委託先アカウントによる編集を許可する項目を設定します。
委託先ごとユーザー購入可否 複数委託先企業の商品の同時購入可否を設定します。
委託先未設定商品同時購入可否 ユーザーウェブでの注文時、仕入先コードが設定された商品と、
未設定の商品の組み合わせでの注文を許可するかを設定します。


当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。