納品書や発注書のフォーマットを変更する方法

各帳票のフォーマットは、ファイル管理>WEB-INFフォルダ 配下にあります。

 HACHUSHO.xls → 発注書のフォーマットです。
 NOUHINSHO.xls → 納品書のフォーマットです。
 NOUHINSHO_type2.xls → 複数配送先オプション利用時の納品書フォーマットです。
 RYOSHUSHO.xls →領収書のフォーマットです。
 SHIHARAISHO.xls → 支払管理オプション利用時のみ使われる支払書フォーマットです。
 SEIKYUSHO.xls → 請求管理オプション利用時、1つの請求に1受注が紐付く場合の請求書フォーマットです。
 SEIKYUSHO_type2.xls → 請求管理オプション利用時、1つの請求に複数の受注が紐付く場合の請求書フォーマットです。

変更したいファイルを選択し、「ダウンロード」ボタンを押すと、該当ファイルがダウンロードされます。
修正後は、WEB-INFフォルダを選択し、アップロードを実行してください。



※アップロードの際は、WEB-INF配下にあるファイル名と同名でアップロード(上書き)してください。


初期フォーマットにある「#while#」という記述は、複数の明細がある場合に、
明細を繰り返して表示するために必要な記述になります。消さないようご注意ください。


帳票フォーマット内に画像が含まれる場合について
各帳票のフォーマット内に画像が含まれていると、受注や請求データを複数選択し帳票出力することで
帳票のシートが複数になる場合、帳票内の画像は全てのシートには表示されません。
シート名の文字列が最も若いシートにのみ、画像が表示されますのでご了承ください。

例)シート名が「ORDER 99」と「ORDER 100」のシートが存在する場合、「ORDER 100」のシートにのみ
  画像が表示されます。


帳票フォーマット内での関数の利用や書式変更について
標準でご用意している各帳票フォーマットのファイル種類は「Excel97-2003ブック(*.xls)」です。
フォーマット内の関数の利用や書式変更について、.xls形式に対応してないものは正常に動作しません。
非対応のものについてはご利用をお控えください。


各帳票で使用できる置換文字はこちらをご参照ください。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

3人の方が「参考になった」と言っています。

このページを見た方は他にもこんなページを見ています。