CREDIT_TOKEN_ERROR_MESSAGE_TAG

クレジットがトークン決済を使用する場合に、トークン取得処理からのメッセージを出力します。 id属性はシステムで使用しているため、自動で上書かれます。


使用例 特記事項
<span m:id='CREDIT_TOKEN_ERROR_MESSAGE_TAG' class="error"></span>

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。

このページを見た方は他にもこんなページを見ています。