メール配信データ削除

機能概要

メール配信データ管理に存在するメールを、一括削除することができます。

※削除したメールは、復活させることができませんので、この機能をご利用いただく際はご注意ください。

項目説明

1.配信済みフラグの選択

削除したいメールを絞り込むため、メールの配信済みフラグをプルダウンから選択します。

1.(配信済みフラグ)

こちらを選択した場合、配信済みフラグが未配信配信済み配信エラーとなっているすべてのメールを削除対象とします。

2.未配信

配信済みフラグが未配信となっているメールを削除対象とします。
メール配信データ削除画面を開いた状態では、こちらが選択されています。

3.配信済み

配信済みフラグが配信済みとなっているメールを削除対象とします。

4.配信エラー

配信済みフラグが配信エラーとなっているメールを削除対象とします。

2.メール種類の選択

削除したいメールを絞り込むため、メールのメール種類をプルダウンから選択します。
選択できるメール種類はメールフォーマット登録・照会で登録されたメール種類に準じています。
また(メール種類)を選択した場合は、すべてのメール種類を削除対象とします。

3.配信日時

削除したいメールが配信された日を、削除対象として指定します。
FROMについては空欄でも指定可能ですが、TOは必ず指定する必要があります。
また、カレンダーボタンから日付を選択することもできます。

4.[削除]

このボタンを押すと、1.配信済みフラグの選択2.メール種類の選択3.配信日時で選択した内容に沿ってメールを削除します。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
0人の方が「参考にならなかった」と言っています。