仕入先マスタ

機能概要

仕入先新規登録で登録された仕入先の一覧を表示します。
検索条件を絞り込むことで、特定の仕入先のみを表示させることも可能です。
表示された仕入先は6.[編集]ボタンから編集・削除することができます。

※登録された仕入先については、支払管理(別オプション)から支払いデータと仕入先を紐付けることで、各仕入先への支払い状況を確認することができるようになります。


項目説明

1.[新規登録]

仕入先新規登録に画面遷移します。
登録された仕入先は、仕入先マスタの結果一覧に表示されます(検索条件を絞り込んでいる場合は、登録した仕入先が検索条件に該当せず表示されない場合もあります)。

2.仕入先コード

検索条件を仕入先コードで絞り込んで検索したい場合に入力します。
入力せずに検索することも可能です。

3.仕入先名

検索条件を仕入先名で絞り込んで検索したい場合に入力します。
入力せずに検索することも可能です。

4.[上記の内容で検索する]

2.仕入先コード・3.仕入先名の入力内容に沿って、登録されている仕入先を検索します。
検索内容は、結果一覧に表示されます。
なお、2.仕入先コード・3.仕入先名の入力がない場合は、すべての仕入先が結果一覧に表示されます。

5.表示件数の選択

検索結果を一度に何件表示させるか、プルダウンで選択することができます。
初期状態は15件に設定されており、5,15,30,50,100,200,500件の中から選択が可能です。

6.[編集]

この仕入先の仕入先情報が表示されます。
仕入先情報画面の説明についてはこちらをご覧ください。

登録されている仕入先を削除したい場合……
仕入先の削除をしたい場合は、この[編集]ボタンで仕入先情報画面を開き、[削除]ボタンを押して削除を実行ください(仕入先の削除は、仕入先情報画面からのみ削除が可能です)。


7.[ダウンロード]

検索結果として表示されている仕入先を、CSVファイルにダウンロードします。
ダウンロードしたCSVファイルは、そのまま仕入先一括アップロードで使用することができるので大変便利です。

CSVファイル内の仕入先自由項目について

ダウンロードしたCSVファイル内の項目に、追加・削除した仕入先自由項目が反映されていない場合、
ショップ管理ツールへの再ログイン後、ダウンロードをお試しください。


8.[クリア]

現在表示されている検索結果をクリアします。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。

このページを見た方は他にもこんなページを見ています。