商品検索自由項目ソート順設定(降順)

自由項目を任意のソート順として商品一覧画面(item_list.xhtml)で使用することができる初期設定です。
自由項目は『テーブル項目名:画面表示名』のように設定します。

記述例:

FREE_ITEM1:自由項目1(降順),FREE_ITEM2:自由項目2(降順)

※m:id『SORT_INPUT_HERE』が記述されていない場合は使用できません。
※初期設定『商品一覧自由項目ソート順利用フラグ』を『利用する』に設定する必要があります。
※この初期設定は店舗様に公開をしておりませんので、変更したい場合は弊社サポートへお問い合わせください。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。

このページを見た方は他にもこんなページを見ています。