ショップ管理ツールマスク対象項目名

個人情報マスクの設定をしているショップ管理ツール利用者アカウントで、マスク表示対象にする項目を指定します。
カンマ区切りまたは改行区切りで複数指定することができます。

初期値は『F_NAME(名(漢字)),L_NAME(姓(漢字)),L_KANA(姓(カナ)),F_KANA(名(カナ)),
ADDR2(住所2(市区町村、番地)),ADDR3(住所3(ビル、マンション名等)),ZIP(郵便番号),
TEL(電話番号),MAIL(メールアドレス),LOGINID(ログインID),PASSWORD(パスワード),
MAIL_CONTENT(メール配信管理のメール本文),MAIL_TO(メール配信管理のTOメールアドレス),
MEMBER_NAME(会員アドレス帳、ポイント履歴管理、商品レビュー管理、請求先管理、支払管理で表示される氏名)』に設定されています。

#で始まる行は無視されます。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。