common.REQUEST_PARAM_INPUT_TAG

リクエストパラメーターの値を自動的にvalue属性に反映するためのm:idです。inputタグにて、画面遷移前の情報を保持するために利用します。
リクエストパラメーターの名前を指定します。この名前に対応する値がvalue属性に設定されます。(例: m:name="L_NAME")


使用例 特記事項
<input m:id='common.REQUEST_PARAM_INPUT_TAG' m:name="L_NAME" />

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。