会員データの扱いについて

エンドユーザーの個人情報などを登録したデータが会員データになります。
会員データを取り扱うことにより、以下のことができるようになります。

1. エンドユーザー ができること

ユーザーウェブにてエンドユーザーが会員登録を行うことにより、以下のサービスが受けられるようになります。

・商品購入時に会員割引の特典を受けられるようになります。
・商品購入時にポイント付与の特典を受けられるようになります。
・クレジットカード情報をお預かりし、商品購入時に毎回カード番号の入力する必要が無くなります。
 ※オプション機能になります。
 決済代行会社様によっては、ご利用になれない場合があります。
 詳しくはサポートまでお問い合わせください。
・商品購入履歴を参照できるようになります。
・ログイン後、商品購入時に送付先住所などを入力を省略できるようになります。
・メルマガの配信を受けられるようになります。

2. 店舗管理者 ができること

ショップ管理ツールにて会員データを管理できます。

・エンドユーザーの会員登録作業を代行できます。
・エンドユーザーの登録情報の変更作業を代行したり、アカウントロックしてしまった場合に解除することができます。
・会員データの削除作業をおこなえます。

▼会員登録について、詳しくは ショップ管理ツールで会員登録を行う方法をご覧ください。

▼会員データの退会処理や削除について、詳しくは会員退会と削除についてをご覧ください。

当ページの記載内容は、標準機能に関するものです。
機能に関するカスタマイズをされている場合にはこの限りではありません。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。