オプション機能一覧

本サービスは初期状態からご利用頂ける標準機能に加えて、様々なオプション機能をご用意しています。
オプション機能には費用がかかる場合があります。
詳しくはオプション料金についてをご覧ください。
標準機能、オプション機能にご用意がない機能はカスタマイズとしてご要望にお応えすることができます。
詳しくはカスタマイズをご希望の場合をご覧ください。

オプション機能一覧

本システムで提供中のオプション機能は以下の通りです。

1.システム全体に関わる基本機能のオプション
機能名機能概要
PC・携帯パッケージパソコン用テンプレートとケータイ用テンプレートの利用有無を選択できます。
スマートフォンパッケージスマートフォン用テンプレートの利用有無を選択できます。
ユーザーウェブ多言語対応ユーザーウェブの利用言語を日本語以外に切り替えることができます。
通貨設定店舗で使用する通貨を、円以外の外貨に選択することができます。
Excelダウンロードボタン商品・会員・受注データ検索にて、標準のCSVダウンロードに加えてExcelデータとしてダウンロードが可能になります。
画像軽量化オプションitemimageフォルダ内にアップロードする画像において、画質を維持できる範囲でファイル容量を軽量化することができます。


2.商品・販売・在庫に関するオプション
機能名機能概要
複数配送先一つの受注データに対して複数の配送先の紐付けが可能になります。
商品比較エンドユーザーが商品を比較検討リストに入れて、リストの中から商品を比較できます。
商品レビューエンドユーザーが商品に対し、評価点数およびレビューコメントを投稿することができます。
予約販売ユーザーウェブのカートから商品予約を受け付け、後日、在庫の引き当てを行い予約販売をすることができます。
商品バリエーション画像商品のバリエーションごとの画像をユーザーウェブに表示することができます。
カートアクセス制御ご注文情報入力ページに入れる人数を制限することができます。
ダウンロード販売ダウンロード商材の販売を行うことができます。
カートオプション商品オプション商品として登録した商品を、カートページに表示しエンドユーザーに選択させることができます。
別精算ページ通常のご注文情報入力ページの他に、複数のご注文情報入力ページを作成できます。
クーポン割引クーポンを発行し、エンドユーザーがそのクーポンを商品購入時に利用することができるようになります。
カート投入時在庫引当通常は精算処理後に行う在庫の引当処理を、エンドユーザーが商品をカートに投入した時点で在庫引当を行うことができます。
ネクストエンジン連携機能受注一元管理ができるネクストエンジンと連携することができます。
商品シリアル管理オプション商品の在庫管理をシリアル単位で制御することができます。
GoogleShopping連携機能商品マスタの情報をGoogleShoppingと連携することができます。
商品画像名ハッシュ化(暗号化)機能商品画像名を暗号化することができます。
入荷お知らせ在庫切れ商品が入荷した際にお知らせを希望したエンドユーザーにメールを送ることができます。
reCAPTCHA設定オプション購入者がコンピューターでないことを確認するための本人認証ができるようになります。
入力フォームplaceholderオプション入力フォームに灰色のテキストを表示し、入力項目の誘導ができるようになります。
バスケット分析商品詳細画面にてバスケット分析によるおすすめ商品を表示できるようになります。


3.定期販売オプション
機能名機能概要
配送間隔指定定期定期商品のお届けを10日毎、年1回など、発送周期の指定が可能です。
月次定期定期商品を毎月お届けすることができます。
定期一回休み定期のお届けをエンドユーザーが一回お休みすることができます。
定期割引設定購入回数を指定した割引や送料無料などの設定が可能です。
定期にまとめて注文定期のお申込みをしているエンドユーザーが、定期商品以外の通常商品を次回の定期注文とまとめて決済・発送することができます。

定期販売については上記をすべてまとめたページもございます(→こちら)。


4.物流・請求・支払に関するオプション
機能名機能概要
物流連携(出荷指示データ出力・宅配伝票番号取込)外部の物流サービスと連携した出荷指示データの出力や、受注データへの宅配伝票番号一括紐付けなどが可能になります。
ピッキングリスト受注データを絞り込み、商品ごとに数量・価格をリスト化して画面に表示することができます。
発注書・納品書PDF出力Excel形式で出力可能な発注書・納品書を、PDF形式でも出力することができるようになります。
支払管理指定した商品の受注データをまとめて仕入先への支払管理をすることができるようになります。


5.会員ランクオプション

※『会員ランクメンテナンス』『会員ランク/割引率設定』に関する詳細ページは現在準備中です。
会員ランクについての詳細をご希望の場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

機能名機能概要
会員ランクメンテナンス会員ランクを作成することができます。
会員ランク/割引率設定作成した会員ランクに割引率を設定し、会員に紐付けることで、会員ランクごとに商品購入合計金額からの割引適用をすることができます。また会員ランクごとに商品の公開/非公開を設定することも可能です。
会員ランク別商品価格会員ランクごとに、個別に指定した商品の価格から割引ができます。割引後価格、もしくは、割引率で設定ができます。


6.会員に関するオプション
機能名機能概要
会員クレジットカード情報保存定会員がクレジットカード番号を予め登録し、商品購入時に番号を入力せずに一覧からカードを選択できるようになります。
会員マスタ名寄せ重複して登録した会員を一つにまとめることができます。
注文・会員登録自動お知らせ予め登録したルールに従って、管理者へのメール通知、及び、受注一覧と会員一覧に目印アイコンを表示することができます。
ウィッシュリストエンドユーザーが会員ログイン時に商品のウィッシュリストを登録することができます。
アドレス帳会員がアドレス帳管理できるようになります。


7.プロモーションに関するオプション
機能名機能概要
ステップメール条件に当てはまるエンドユーザーに対して定期的にメールを送信し関連する商品をお勧めすることができます。
メルマガ添付ファイルオプションメールマガジンにファイルを添付して配信できるようになります。
懸賞管理(プレゼント応募)機能ユーザーウェブにてエンドユーザーが懸賞の応募をすることができるようになります。
セールスキャンペーンセールスキャンペーンの管理を行うことができます。
フリーランキング既存のランキングの他に、任意のランキングを作成することができます。カテゴリごとのランキングが作成できます。
タイムセールオプションタイムセール企画を開催できます。
広告媒体管理広告媒体を経由したアクセス数や合計売上額などを確認できます。
ノベルティオプション商品登録したノベルティグッズを注文時に付与する事ができるようになります。
まとめ買い割引オプション商品を複数個まとめて購入した際に、購入数によって割引することができます。
拡張版セールスキャンペーンエンドユーザーに対して、対象者・適用条件を指定して様々な種類のキャンペーンを実施することができます。


8.デザインに関するオプション
機能名機能概要
ユーザーウェブ静的化ページを予め静的化しユーザーレスポンスを最大限速くすることができるようになります。
商品別テンプレート設定商品ごとに異なった商品詳細ページのテンプレートを使用することができます。
カテゴリ別テンプレート設定カテゴリごとに異なったカテゴリ一覧ページのテンプレートを使用することができます。
またカテゴリを経由した先の商品詳細ページもカテゴリごとに個別のテンプレートで表示させることができます。


9.BtoB向けオプション
機能名機能概要
会員別商品価格設定商品の販売価格を会員ごとに設定して販売することができます。
承認制会員登録ユーザウェブからの会員登録を承認制にすることができます。
商品入数販売商品入数を設定してケース単位での販売を行うことができます。
商品ボリュームディスカウント商品ごとに購入個数によって1~10段階までディスカウント金額を設定できます。
請求管理会員ごとに受注をまとめて一括請求することができるようになります。


10.セキュリティに関するオプション
機能名機能概要
会員パスワード暗号化会員パスワードを暗号化してデータベースに保存することができます。
2段階ログインログイン認証に加えて会員のメールアドレスに確認番号を送信してその番号を入力することによる認証を行います。
自動ログイン停止機能不正ログイン検知時に自動でログイン停止したり、サイトをクローズすることができます。
ダウンロード時パスワード入力 ショップ管理ツールからデータをダウンロードする際にパスワードの入力を要求できるようになります。
reCAPTCHA設定オプション  ユーザーウェブの「ご注文情報入力」ページにて購入者がコンピューターでないことを確認するために本人認証ができるようになります。
カード登録用reCAPTCHA設定オプション  ユーザーウェブの「クレジットカード情報登録」ページにて購入者がコンピューターでないことを確認するために本人認証ができるようになります。
お問い合わせ用reCAPTCHA設定オプション  ユーザーウェブの「お問合せ内容入力ページ」にて登録者がコンピューターでないことを確認するために本人認証ができるようになります。
全ページHTTPSオプション  ユーザーウェブへのアクセスを、全ページHTTPSでの通信とします。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
1人の方が「参考にならなかった」と言っています。

ここを見た方は他にもこんなページを見ています。