ビューとプレビューの違いについて

「ビュー」と「プレビュー」の違いについて

ショップ管理ツール右上部にある「ビューを確認」と「プレビューを確認」の違いについてご説明します。

ビュー

エンドユーザーが実際に見る画面となります。

プレビュー

エンドユーザーが見ることはできないテスト用のページです。
商品やトピックス等を登録する際の内容確認や、テンプレート修正時の確認等にご利用ください。

プレビューで表示される条件は以下の場合等です。

 ・商品情報の登録区分が仮登録の場合
 ・カテゴリ情報の登録区分が仮登録の場合
 ・お問い合わせフォーマットの登録区分が仮登録の場合
 ・トピックス情報の登録区分が仮登録の場合
 ・プロモーションの各ランキング(売れ筋ランキング・おすすめランキング・新着順設定)で[プレビュー]を押
  した場合

「ビュー」について

「画像・テンプレート管理」画面のサーバーフォルダツリーにある以下のフォルダを参照しています。

ROOT DIRECTORY>view

view フォルダは、ユーザーウェブに表示するデザインテンプレートを格納するフォルダです。
実際のエンドユーザーが見る画面と同じ画面を「ビューを確認」から確認することができます。
テンプレートの格納場所は端末ごとにわかれています。
それぞれに対応するテンプレートが「ビューを確認」の各端末のアイコンから閲覧できます。

userweb

PC用のテンプレートです。

smartphone

スマートフォン用のテンプレートです(スマートフォンパッケージオプションをお申込みの場合のみ)。

mobile

フィーチャーフォン用のテンプレートです(携帯・PCパッケージオプションをお申込みの場合のみ)。

「プレビュー」について

「画像・テンプレート管理」画面のサーバーフォルダツリーにある以下のフォルダを参照しています。

ROOT DIRECTORY>view_preview

view_previewフォルダは、管理画面からしか閲覧できないデザインテンプレートを格納するフォルダです。
仮登録にしている商品はビューには表示されませんが、プレビューでは表示します。
「プレビューを確認」は、動作やデザインの確認などが主な用途となります。
viewと全く同じファイル構成にする必要はありません。

例として、商品詳細ページだけを編集したい場合

商品詳細ページのテンプレートのみをview_previewに格納することで、商品詳細ページはview_previewの中のものを、それ以外のページはviewの中のものを見に行きます。
全体のデザイン崩れを気にすることなく、一部のページだけ編集ができます。
なお、CSS、JSに関しましては、自動でviewの中のものを見に行きません。この部分だけは、viewと同じファイルをview_previewにも入れてください。
フォルダ構成についてはviewと同じになります。



この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。
2人の方が「参考にならなかった」と言っています。