-画面ごとの使い方-

受注データ管理

ID:ADMIN_ORDER_SEARCH

1.機能概要

検索条件を指定して、受注情報の検索を行うことができます。
検索結果のダウンロード、各受注データの編集、配送処理、入金処理、取消処理を行うことができます。
また、出荷お知らせメール、注文キャンセルメール等の配信処理も行うことができます。

2.項目説明

(1)検索条件の項目説明
[1]検索条件

検索条件として使用する項目をプルダウンより選択すると、プルダウンの右に検索条件の指定方法が表示されます。

例1)「端末区分」を選択した場合、「PC端末」、「携帯端末」がチェックボックスにて選択できるようになります。
例2)「受注番号」を選択した場合、受注番号を入力するテキストボックス及び、入力された値を完全一致で検索するのか部分一致で検索するのかを選択するラジオボタンが表示されます。

[2]検索条件選択

プルダウンから選択し、保存した検索条件を呼び出せます。

[3][フォーマット追加/編集]リンク

検索条件のフォーマット追加/編集画面がサブウィンドウで表示されます。
設定利用区分:検索条件を公開するか、現在の利用者のみに使うかを設定することができます。

[4]「検索条件を追加」リンク

「検索条件を追加」リンクをクリックすると、検索条件が追加されます。
追加した検索条件は、その他の条件と「かつ(AND)」、「または(OR)」、「以外(NOT)」のいずれかで検索することができます。

【検索条件の注意】
検索条件に『受注配送先の自由項目』が含まれている場合、以下の点に注意してください。
・「または(OR)」を選択した場合はすべての条件を「または(OR)」で検索してください。
・「かつ(AND)」または「以外(NOT)」で検索した場合はすべての条件を「かつ(AND)」または「以外(NOT)」で検索してください。
⇒「または(OR)」と「かつ(AND)」、もしくは「または(OR)」と「以外(NOT)」を併用した場合、検索は行われません。

[5]「この行を削除する」リンク

追加した検索条件ごとに表示されている「この行を削除する」リンクをクリックすると、当該検索条件を削除することができます。

[6][上記の条件を新規登録]リンク

[上記の条件を新規登録]リンクをクリックすることで現在設定している検索条件を新規に保存します。

[7]「上記の条件を保存」リンク

「上記の条件を保存」リンクをクリックすると、追加・削除した検索条件及び指定している検索条件を保存することができます。

[8]「上記の内容で検索する」ボタン

「上記の内容で検索する」ボタンをクリックすると、指定した検索条件で受注情報を検索することができます。

(3)受注一覧の項目説明

メール配信、編集アイコンについて
送信アイコン:クリックすることで、該当受注に対し、メールを配信することが可能になります。
再送アイコン:メールを配信すると、該当受注の配信アイコンが再送アイコンに変わります。
また、再送アイコンをクリックすることにより、一度メールを配信した受注に対して、メールを何度でも配信することができます。
編集アイコン:クリックするとサブウィンドウが開き、該当受注に対してのみ反映されるメールフォーマットを変更できます。
また、変更した内容は該当受注にのみ有効で、一度配信すると設定は「お店をつくる」→「メールフォーマット登録・照会」
にて設定している内容に戻ります。
一括配信ボタン:選択チェックボックスをONにしている受注に対して、一括でメールを配信することが可能です。

下記項目につきましては検索結果一覧画面から項目をクリックすることで直接編集することができます。
・宅配伝票番号
・自由項目

【ポイント利用時の注意】
入金区分を解除した場合、当該受注で加算された加算ポイントは、顧客の所持ポイントからマイナスされます。
取消区分を設定した場合、当該受注で使用していたポイントは、顧客のポイントに戻ります。
取消区分を解除(注文成立状態に戻す)した場合、当該受注で使用していた使用ポイントを顧客の所持ポイントからマイナスします。
ポイントのマイナス処理が発生した場合、、顧客の所持ポイントがマイナスポイントより少ない場合はエラーになります。
「注文と顧客の管理」→「顧客データ検索」の顧客変更画面にて、当該顧客のポイントを調整してご対応ください。

[1]「一覧を編集」リンク

一覧に表示する受注項目の選択をすることができます。

削除権限のあるユーザーの場合のみリストにカード番号を表示できます。
それ以外は店舗設定のフォーマットに従って表示されます。

[2]明細行を表示

明細行を表示にチェックすると、受注の明細情報が受注一覧に表示されます。
チェックを外すと受注一覧に表示された受注の明細情報が表示されなくなります。

[3]送付先単位で表示

送付先単位で表示にチェックすると、送付先の単位ごとに表示されます。
チェックを外すと元の表示に戻ります。

[4]ソート機能

項目名のところの「△」、「▽」リンクをクリックすると、受注一覧をソート(並び替え)することができます。
定期販売オプションを利用している場合は、受注番号のところに「(CHAR:△ ▽)」と表示されます。このソート機能は文字列としてソートされますので、同一の定期販売受注を並び替えるときに便利です。

[5]選択

受注データダウンロード時の出力対象として選択する場合、選択欄に表示されているチェックボックスにチェックをつけてください。

[6]受注番号

注文時の受注番号を表示します
「受注番号」リンクをクリックすると受注変更画面に遷移します。

[7]端末区分

注文時の端末区分が表示されます。
PCからの購入の場合、「PC端末」と表示され、携帯からの購入の場合、「携帯端末」と表示されます。
管理画面から登録された受注データの場合、登録時に選択した区分が表示されます。

[8]顧客名

受注時の顧客名が表示されます。
会員登録されている顧客の場合、「顧客名」がリンク表示されます。
リンククリック時、当該顧客の詳細情報が表示されます。

[9]支払い方法

受注時の決済方法名が表示されます。

[10]請求合計金額

受注時の合計金額が表示されます。

請求合計金額の算出方法は下記になります。
請求金額合計=
 内訳(商品定価)
 +内訳(消費税)
 +内訳(送料)
 +内訳(代引手数料)
※「内訳(商品定価)」には会員割引後の金額が設定されているため、「内訳(会員割引額)」は上記算出式の要素になりません。

[11]照会番号

クレジット決済を行った場合のみ、クレジット決済の照会番号が表示されます。

店舗設定の「クレジットカード番号保存フォーマット」に応じた
カード番号が表示されます。(受注データに保存されます)
例:
9999999999999999と指定すると16桁表示(保存)
************9999と指定すると下4けたのみ表示(保存)します

[12]e-SCOTT PLUS オーソリID

クレジット決済モジュールにイースコットプラスをご利用の場合のみ、オーソリ時に一意のキーが発行されます。
この値は、イースコットプラス側にはMerchantFree1として配信され、オーソリ時とオーソリ確定時に同じ値が配信されます。
イースコットプラス管理画面で、オーソリデータと、確定データを紐付けて検索する用途で利用できます。

[13]DL区分

選択したデータを対象としてファイルのダウンロードを行った場合、対象になった受注のDL区分が「済み」になります。
「済み」リンクをクリックすることで、DL区分の取消しを行うことができます。

[14]配送区分

チェックをつけ、カーソルをフォーカスアウトすることで配送日を本日の日付にします。
チェックをはずし、カーソルをフォーカスアウトすることで配送日を空白にします。
配信アイコンをクリックすることによって、出荷お知らせメールを配信することができます。
また、編集アイコンをクリックすることにより、該当受注に対するメールフォーマットを変更することができます。

[15]入金区分

チェックをつけ、カーソルをフォーカスアウトすることで入金日を本日の日付にします。
チェックをはずし、カーソルをフォーカスアウトすることで入金日を空白にします。
ポイント加算予定があるものは、入金されたタイミングで会員にポイントを追加します。

決済方法に、「コンビニ(ベリトランス)」、「コンビニ・ネットバンキング(e-SCOTTPLUS)」、「SMBCファイナンスサービス」(クレジットカードを除く)をご利用の場合、決済代行会社より入金通知が配信されます。入金通知を受け取ると自動的に、入金済みにチェックされます。入金日は通知を受け取った日付になります。

イレギュラーケースの場合の挙動については以下の通りとなっております。
1) 入金通知を受け取った際、既に入金済みのチェックが入っていた場合:
   入金日は最後に通知を受け取った日付になりますが、ポイントは追加されません。
2) 取消済みの受注に大して入金通知を受け取った場合:
    入金日は設定されますが、ポイントは追加されません。

[16]オーソリ確定

チェックをつけ、カーソルをフォーカスアウトすることでオーソリ確定し、売上確定情報をクレジットカード決済代行会社に配信します。
オーソリ確定を行うと入金済みにも同時にチェックが入ります(カスタマイズ可)

一度オーソリ確定すると、取消を行うことはできません。
チェックボックスが表示されない等、不明な点はサポートまでご連絡ください。

[17]取消区分

チェックをつけ、カーソルをフォーカスアウトすることで取消日を本日の日付にします。
チェックをはずし、カーソルをフォーカスアウトすることで取消日を空白にします。
配信アイコンをクリックすることによって、注文キャンセルメールを配信することができます。
また、編集アイコンをクリックすることにより、該当受注に対するメールフォーマットを変更することができます。

・定期受注の親受注の場合は商品の引当・引当解除が行われません。
・ユーザー側で取消処理を有効にするには
サイトの管理>初期設定>「ユーザーウェブ受注取り消し機能利用フラグ」を有効にしてください。
ユーザー様が取消可能な条件は、未配送、未取消の場合です。

管理者様か、ユーザー様側からの取消かを確認するには、「一覧を編集」リンクから、更新者を追加してください。
その後ダウンロードしたCSVファイルで更新者の確認ができます。

[18]受注自由区分

「一覧を編集」より項目を追加することで「出荷処理時配信メール」や「注文キャンセル時配信メール」以外に最大5つ
店舗管理者が自由にメール内容や項目名を設定し、顧客に配信することが可能になります。
配信アイコンをクリックすることによって、注文キャンセルメールを配信することができます。
また、編集アイコンをクリックすることにより、該当受注に対するメールフォーマットを変更することができます。

受注自由区分の名称は「サイトの管理」→「システム設定」の初期設定にて変更することが可能です。
受注自由区分のフォーマットを変更するには「お店を作る」→「メールフォーマット登録・照会」より編集できます。

[19]受注自由区分メール配信日

対応している受注自由区分のメール配信日を表示します。

受注自由区分メール配信日の名称は受注自由区分の名称を変更することで、自動的に変更されます。

[21]配送日一括設定

明細を「選択」チェックボックスで選択し、「配送日」一括設定ボタンをクリックすると、サブウィンドウから配送日を指定して選択された明細に配送日を一括で設定することができます。

[22]入金日一括設定

明細を「選択」チェックボックスで選択し、「入金日」一括設定ボタンをクリックすると、サブウィンドウから入金日を指定して選択された明細に入金日を一括で設定することができます。
1件でもエラーになると、全ての明細の更新がキャンセルされます。

[23]受注自由区分一括設定

明細を「選択」チェックボックスで選択し、「受注自由区分名」一括設定ボタンをクリックすると、サブウィンドウから日付を指定して選択された明細に日付を一括で設定することができます。
1件でもエラーになると、全ての明細の更新がキャンセルされます。

(4)ダウンロード
[1]CSVフォーマット選択

「CSVフォーマット選択/編集」で登録したフォーマットをセレクトボックスで選択することができます。
「ダウンロード」をクリックすると指定したフォーマットでダウンロードできます。

現在複数フォーマットは「ダウンロード」のみ対応しております。

[2]編集

現在セレクトボックスで選択しているフォーマットを編集します。

[3]CSVフォーマット選択/編集

新しくCSVフォーマットを追加、削除できます。どの項目を表示するか、選択することができます。
また、フォーマットの公開範囲を指定することができます。

・公開
→店舗で使用しているすべてのアカウントで使用できます。
・自身のみ
→フォーマットを登録したアカウントのみ使用できます。

[4]「ダウンロード」ボタン

「選択したデータを対象に」欄の「ダウンロード」ボタンをクリックすると、選択欄でチェックしたデータを対象に、CSV出力します。
「検索中のデータを対象に」欄の「ダウンロード」ボタンをクリックすると、検索結果を対象に、CSV出力します。

送付先が未設定の場合、注文者情報を自動的に送付先情報にいれてダウンロードします。

CSVフォーマットの編集で「カード番号」を項目に追加しても、ダウンロードしたCSVに表示する「カード番号」は空白になります。

[5]「納品書作成」ボタン

選択欄でチェックしたデータを対象に、納品書を作成します。
出力できる項目はこちらをご参照ください。

[6]「発注書作成」ボタン

選択欄でチェックしたデータを対象に、発注書を作成します。
出力できる項目はこちらをご参照ください。

[7]クリアボタン

検索結果をクリアし、初期状態を表示します。

[8]戻るボタン

「注文と顧客の管理」トップ画面を表示します。

3.オプション機能

[1]「NTTロジスコ用CSV出力」ボタン

NTTロジスコフォーマットのCSVをダウンロードすることができます。

[2]「e飛伝2用CSV出力」ボタン

e飛伝2のCSVをダウンロードすることができます。

[3]「BizPrint用CSV出力」ボタン

BizPrintのCSVをダウンロードすることができます。

[4]「ヤマトB2用CSV出力」ボタン

ヤマトB2のCSVをダウンロードすることができます。

[5]ピッキングリスト出力ボタン

ピッキングリストを表示することができます。
ピッキングリストとは、出荷指示に従い商品を保管場所から取り出して(ピッキング)揃える際に使用する表のことです。
出力できる項目は下記となります。

受注件数
全受注の合計金額
商品コード
商品名
数量
商品単価
合計金額

[6]データダウンロード時パスワード入力機能

データダウンロード時にログインパスワードの入力を要求します。
正しいパスワードが入力された場合のみダウンロードを実施します。
パスワードは、ログインパスワードになります。

[7]定期受注親データダウンロード区分

定期受注データのダウンロードを「定期受注親データはダウンロードしない」「定期受注親データのみをダウンロード」「両方ダウンロード」の3種類から選択できます。

本機能は定期販売オプション有効時のみの機能となります。


このページは参考になりましたか?

はい いいえ

1人の方が「参考になった」と言っています。
6人の方が「参考にならなかった」と言っています。

ページトップへ戻る