機能更新履歴 - Update History -

2017-07-26

#330メルマガの配信対象アドレスを『誕生月』で絞り込めるようにいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ予約/配信>[上記の条件に加えて、さらに詳しく配信対象アドレスを選択する]

メルマガの配信対象アドレス絞り込み画面に『誕生月』の検索条件が追加されました。
誕生月で絞り込んだデータをメルマガの配信対象とすることで、誕生月ごとに異なったメルマガを配信できるようになります。
また会員タグオプションとクーポン機能を併せてご利用いただくことで、下記のようなCRM施策を実施することも可能です。

【例】
誕生月でセグメント化されたメルマガを配信する際、配信対象を会員タグでグループ化
グループ内の会員のみが使えるクーポンの付与や、セールのご案内等

会員タグオプションについてはこちらをご覧ください。
無償オプションとしてご利用可能です。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

クーポンオプションについてはこちらをご覧ください。
月額費用が発生するオプションとなります。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-07-26

#329バリエーショングループに自由項目を登録できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>自由項目登録・照会>バリエーショングループ
         ショップ管理ツール>商品の管理>バリエーション管理>バリエーショングループ追加
         ユーザーウェブ>商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

バリエーショングループで新たに自由項目が登録できるようになりました。
登録された自由項目は、ユーザーウェブの商品詳細ページ(item_detail.xhtml)に表示されます。

自由項目を表示させるために必要なm:idは以下の通りです。

IF_ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE

現在のバリエーショングループの自由項目に値が設定さてている場合のみ出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_TITLE_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の画面表示名を出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の値を出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE_HTML_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の値を出力します。 出力される値はエスケープされていません。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

2017-07-26

#328メールフォーマットの置換文字列を『全ページHTTPSオプション』に対応するよう修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

メールフォーマット登録・照会でサイトURLを表示させる置換文字列『#SITE_URL#』の出力内容が、『全ページHTTPSオプション』を使用している場合でも『http://……』のまま出力されておりましたので、これを『https://……』と出力されるよう修正いたしました。

2017-07-19

#327カスタム売上レポートの集計基軸を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>データ解析>カスタム売上レポート新規登録

カスタム売上レポートの集計基軸に、以下の集計基軸を追加いたしました。
下記表のオプション等をご利用いただいている際には、これらの集計基軸を使うことで、より詳細なカスタムレポートを作成することができるようになります。
今回追加される集計基軸と追加される場所は、以下の通りです。

機能名
【商品】集計基軸

【会員】集計基軸

【受注】集計基軸

『BtoBオプション』
使用時

会員法人コード

注文者法人コード

『広告媒体管理』
使用時

広告媒体コード

『クーポン割引』
利用時

利用クーポンコード

『会員ランク/割引設定』
及び
『会員ランクメンテナンス』
両方使用時

会員ランク

『仕入先管理』
(ebisumart標準機能)

仕入先コード


【ご注意】
※本機能は『レポートカスタマイズオプション】及び追加される集計基軸に対応する各オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-07-19

#326後払い決済に関するメールフォーマットの名称を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

7/12に#321で告知しております『後払いに関するメールフォーマットの名称変更』が完了いたしました。
こちらは名称変更のみのため、機能自体に変更はございません。
従来の名称に比べ、実際のメール配信のタイミングに則した名称に変更しております。

メール種類ID
メール種類(変更前)

メール種類(変更後)

42

決済確定メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査OKメール

43

与信審査結果通知メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査NG(受注キャンセル)メール

2017-07-19

#3257/19に追加されたm:id

【対象機能・画面】カート精算画面(cart_seisan.xhtml)

7/19に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例・記入例については、下記m:idを直接クリックしてご確認ください。

SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HERE

精算画面でログインする為のログインIDを入力するInputタグを出力します。

2017-07-12

#324会員データの検索条件に『誕生月』を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員データ検索/一覧>検索条件

会員データの検索条件に誕生月を追加いたしました。

誕生月で絞り込んだ会員データへ会員タグを紐付けることで、会員データを誕生月ごとにセグメント化できるようになります。
会員タグでセグメント化された会員データを使用すると、下記のようなCRM施策を店舗様で実施することができるようになります。

【例】
誕生月ごとにセグメント化されたメルマガ配信
誕生月のエンドユーザーのみ使用可能なクーポンの付与

会員タグオプションについてはこちらをご覧ください。
無償オプションとしてご利用可能です。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

クーポンオプションについてはこちらをご覧ください。
月額費用が発生するオプションとなります。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-07-12

#323『会員別商品価格テーブル設定一括アップロード』で会員別商品価格の追加登録ができるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>会員ランク別商品価格一括アップロード

会員別商品価格テーブル設定一括アップロード機能は、従来、CSVファイルに登録されている会員別商品価格にすべて入れ替えて登録する機能でしたが、今回新たに追加登録と一括更新を選択できる機能を追加いたしました。
これにより、従来すべての会員別商品価格をCSVファイルで毎回登録・更新していた手間が省け、追加登録したいデータだけをアップロードして登録・更新ができるようになります。

【例】
会員別商品価格がすでに5件登録されていて、新たに6件目を追加したい場合。

■追加登録
 →CSVファイルには6件目の会員別商品価格だけ登録してCSVアップロード。
■一括更新(入替登録)
 →CSVファイルには現在登録されている5件+6件目の会員別商品価格を登録してCSVアップロード。
【ご注意】
※こちらは『会員ごと商品金額設定』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
※7/12以前に店舗作成された店舗様では初期値が「一括更新(入替登録)」に設定されています。
 7/12以降に店舗作成される店舗様では初期値が「追加登録」に設定されます。
※こちらの設定を変更する場合は初期設定の『会員別商品価格アップロード区分初期値』から変更可能です。
※追加登録時にキー項目となる値は『商品コード』と『会員ID』となります。

2017-07-12

#322一部m:idの不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】受注明細自由項目に自由項目マッピング機能を使用した場合

下記m:idを使用して受注明細自由項目(項目入力形式:チェックボックス)をユーザーウェブから入力する際、自由項目マッピング機能を使用して、コピー元項目に『商品自由項目(項目入力形式:チェックボックス)』を設定していると、商品自由項目にチェックボックスで入力されている内容が、カート精算画面でコピーされない状態で表示されてしまう不具合があったため、コピー元項目を正しく表示するよう修正いたしました。

MEISAI_FREE_INPUT_HERE

受注明細自由項目の値を入力するInputタグを出力します。

【ご注意】
※本不具合は『自由項目マッピング機能表示フラグ』をご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-07-05

#321後払い決済に関するメールフォーマットの名称を変更いたします

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

下記メールフォーマットの名称を、実際のメールフォーマットの動きに則した名称に変更いたします。

メール種類ID
メール種類(変更前)

メール種類(変更後)

42

決済確定メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査OKメール

43

与信審査結果通知メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査NG(受注キャンセル)メール

※上記変更は2017年7月19日(水)の本番更新を予定しております(名称変更のみのため、機能に変更はございません)。

2017-07-05

#320『会員別利用制限決済』オプションをリリースいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員新規登録

会員データに『利用制限決済』を設定できるオプションが追加されました。
この機能をご利用いただくと、会員ごとに別々の決済方法を使用して商品を購入することができるようになります。

この機能をご利用いただく場合、商品データに設定できる「利用制限決済」と「お店を作る>決済方法」の設定状況により、表示される決済方法が変わってきます(下記参照)のでご注意ください。

会員データ・商品データ・決済方法それぞれを指定している場合、その会員のカート精算画面で選択する決済方法会員情報変更画面で設定できるお支払い方法が下記のように変化いたします。

1.会員データの『利用制限決済』をひとつでも選択している場合
 →会員データに設定した『利用制限決済』が表示されます。

2.会員データの『利用制限決済』をひとつも選択していない場合
 →購入する商品の商品データに設定された『利用制限決済』が表示されます。

3.会員データも商品データも『利用制限決済』を選択していない場合
 →『お店を作る>決済方法』で選択している決済方法が表示されます。
【ご注意】
※会員データの利用制限決済を設定する際、その会員の標準利用支払い方法で選択している決済方法を、
 利用制限決済から外すことはできません。
※定期販売で、上記オプションをご利用いただく場合は、定期の親受注(最初の受注)のみ使用可能です。
 子受注の決済方法を変更する場合は、ショップ管理ツールからのみ変更可能です。
※上記仕様のため、すでに商品データで利用制限決済を使用している店舗様においては、本機能のご利用を
 お勧めしておりません。本オプションをご利用いただく際はご注意ください。
※本オプションは無償オプションとなります。
 ご利用をご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-07-05

#319ebisumartで使用可能な決済方法に『NP後払い』『NP掛け払い』が追加されました

ネットプロテクションズが提供する後払いサービス『NP後払い』『NP掛け払い』がebisumartでも利用可能となりました。
『NP後払い』は元々ebisumartでご利用可能な決済方法でしたが、従来は手動連携のみだったため、今回APIによる自動連携が可能となりました。
詳細については、こちらをご覧ください。

■NP後払い:https://www.netprotections.com/
■NP掛け払い:https://frexb2b.jp/

※上記決済方法のご利用をご希望される場合は、弊社サポートへお問い合わせください(別途担
 当営業からお見積もりをお送りいたします)。

2017-07-05

#3187/5に追加されたm:id

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

7/5に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例・記入例については、下記m:idを直接クリックしてご確認ください。

common.IF_ITEM_OF_CATEGORY_SHORT

現在の「カテゴリに紐づく一覧商品」の在庫が最低在庫数を下回る場合に表示します。

2017-06-21

#3176/21に追加されたm:id

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

6月21日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例・記入例については、それぞれのm:idを直接クリックしてご確認ください。

common.CORPORATION_NAME_HERE

ログイン中の会員に紐づいている法人名を出力します。

common.IF_CORPORATION_MEMBER

ログイン中の会員が指定された法人コードの会員の場合に出力します。

ご注意
本m:idで出力される法人名やパラメータとして指定する法人コードは『法人管理オプション』ご利用時にのみ使用可能な項目です。

2017-06-21

#316『メルマガ配信エラーアドレス検索/一覧』が日付で検索できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>配信エラーアドレス検索/一覧

6月14日に#314で告知いたしました『メルマガ配信エラーアドレス検索/一覧』での日付検索が追加されました。
これにより、エラーとなったメールアドレスを日付単位で検索することができるようになりました。

2017-06-14

#315商品データに『公開会員ランク(指定した会員ランクのみに公開する)』が追加されました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品新規登録>公開会員ランク

6/7に告知いたしました#311『公開会員ランク(指定した会員ランクのみに公開する)』がリリースされました。
このフラグを使って登録した商品は『特定の会員ランクのみに特定の商品をご案内する』ということが可能になります。

なおこの機能の追加加に伴い、商品CSVファイルの項目に『公開会員ランク指定フラグ』が追加されておりますので、CSVファイルのダウンロード・アップロード時にはCSVファイルの登録内容にご注意ください。

2017-06-14

#314『メルマガ配信エラーアドレス検索/一覧』が日付で検索できるようになります

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>配信エラーアドレス検索/一覧

メルマガ配信エラーアドレス検索/一覧は、メルマガ配信時に何らかの原因で配信できなかったメールアドレスを一覧で表示する機能ですが、従来はすべてのエラーアドレスが表示されていたため、配信日時でエラーアドレスを検索できるようにいたします。
下記はイメージです。

なお配信日時は検索した日を含むその月一ヶ月分がデフォルトの値として表示されるようになります(例:6月20日に検索した場合は6/1から6/30が表示され、7月1日に検索した場合は7/1から7/31が表示されます)。
この日時を店舗様で変更してエラーメールアドレスを検索することも可能です。

※本機能のリリースは2017年6月21日(水)を予定しております。

2017-06-14

#313CSVファイルの登録処理に使用している文言を変更いたしました

【対象画面】ショップ管理ツール>お店を作る>ショップカレンダー>日付一括アップロード
      ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品カテゴリ一括アップロード
      ショップ管理ツール>プロモーション>クーポン管理>クーポン別会員一括追加登録アップロード

上記メニューの各登録処理で使用している文言『洗い替え登録』ですが、少々分かりづらい文言ということで『一括更新(入れ替え登録)』という文言に変更いたしました。
文言の変更のみとなりますので、CSVファイルでアップロードする際、すでに登録されているデータをそのCSVファイルの内容にすべて入れ変えて更新・登録するという機能自体に変更はございません。

2017-06-14

#312初期設定に『配送時間設定』が追加されました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>初期設定>配送時間設定

6/7に告知いたしました#308初期設定の『配送時間設定』を店舗様に公開・登録可能とするようにいたしました。
これにより上記の初期設定から店舗様独自の配送時間を設定することが可能となります。

なお2017年6月19日から適用される、クロネコヤマトの新しい配送時間帯をこの初期設定に適用させる場合は、下記をコピーしてご登録ください。

クロネコヤマトの新配送時間帯に設定したい場合はこちら
希望なし:希望なし,午前中:午前中,14時から16時:14時から16時,16時から18時:16時から18時,18時から20時:18時から20時,19時から21時:19時から21時
ご注意
配送時間帯をカスタマイズで表示している店舗様では、この機能はご利用になれません。
ご不明な点は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-06-07

#311商品データに『公開会員ランク(指定した会員ランクのみに公開する)』が追加されます

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品新規登録>公開会員ランク

受注データの公開会員ランクは、指定した会員ランクと同じランクか、その会員ランクより上位ランクのエンドユーザーのみが商品を閲覧・購入できるという機能ですが、この公開会員ランクに『指定した会員ランクのみに公開する』というフラグを追加いたします。
この追加により、従来できなかった『特定の会員ランクのみに特定の商品をご案内する』ことが可能となります。

なおこの追加に伴い、商品CSVファイルの項目に『公開会員ランク指定フラグ』が追加されますので、CSVファイルのダウンロード・アップロード時には、CSVファイルの設定にご注意いただきますようお願いいたします。

※本機能のリリースは2017年6月14日(水)を予定しております。

2017-06-07

#310定期販売の子受注が作成された際に配信するメールフォーマットを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

定期販売の子受注をバッチで作成した際に、自動で配信可能なメールフォーマットを追加いたしました。
追加されたメールフォーマットは以下の通りです。

メール種類ID
メール種類

47

注文確定時送信メール(注文確認メール):定期受注バッチ用

96

携帯注文確定時送信メール(注文確認メール):定期受注バッチ用

使用可能な置換文字は通常の受注時に配信されるメールフォーマット(メール種類ID:3注文確定時送信メール・メール種類ID:53携帯注文確定時送信メールと同様です。

ご注意
※こちらは『定期販売』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
※デフォルトでは『配信しない』に設定されております。
※定期の親受注作成時には配信されません(子受注作成時のみ配信対象となります)。

2017-06-07

#309入荷お知らせを一括削除できるようになりました

ショップ管理ツール>プロモーション>入荷お知らせ管理

入荷お知らせ管理に登録されている入荷お知らせの中から、不要なものを選択して一括で削除できる機能を追加いたしました。
追加されたボタンは以下の通りです。



注意事項
※本機能は『入荷お知らせ』オプションをご利用いただいている場合のみ対象となります。

2017-06-07

#3085/31にリリースされたクロネコヤマトの配送時間変更について追加のご案内

5/31の下記#306でご案内いたしましたクロネコヤマトの新配送時間帯ですが、配送時間設定を指定していない配送方法をご使用いただいている店舗様の場合や、それ以外でも下記例に挙げている設定をしている場合等は、ebisumartがデフォルトで用意している配送時間帯を表示するようになっております。

そのため配送方法をクロネコヤマトの新しい時間帯に変更しても、新しいクロネコヤマトの時間帯が表示されない場合がございます。

この場合、このデフォルトで用意している配送時間帯の変更については6/14(水)以降、店舗様で変更可能となりますので、今しばらくお待ちください。

※クロネコヤマトの新しい配送時間帯は6/19以降に適用されるものですが、もしお早めの変更をご希望の場合は弊社サポートへお問い合わせいただければ、前もって変更することも可能です。

クロネコヤマトの旧時間帯以外で、デフォルトの時間帯が表示される設定(例)

お店を作る>送料/配送方法基本情報>送料基本設定にて、

・送料基本設定にて、サイト内の全商品の送料を無料に設定している場合
・または送料基本設定にて、全商品一律送料に設定している場合

お店を作る>送料/配送方法新規登録にて、

・送料加算フラグを重み加算に設定して、配送方法を指定していない場合
上記設定の場合にebisumartがデフォルトで表示する配送時間帯

希望なし
午前中
12時から14時
14時から16時
16時から18時
18時から20時
20時から21時

2017-05-31

#307会員がお気に入りに登録した商品を、自動でリマインドする初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

会員がログイン後お気に入りリストに登録した商品を、

・お気に入りリストに入れた日から〇日後に、
・お気に入りリストに入れた商品の在庫が〇個以上だった場合、

のように設定し、設定内容に応じてあらかじめ作成したメールフォーマットを、その会員に自動で配信する初期設定を追加いたしました。

本初期設定で設定できる内容は以下の通りです。

お気に入り商品リマインダー機能
利用フラグ

この機能を使うか使わないかのフラグです。

お気に入りリマインド経過日数

会員がお気に入りリストに追加してから、何日後にメールを配信するかを設定できます。
初期値は7日後に設定されています。

お気に入りリマインド最低在庫数

会員がお気に入りリストに追加した商品の在庫が、何個以上だったらメールを配信するという設定ができます。
初期値は1に設定されています。

お気に入り商品リマインダーメール
明細フォーマット

メールフォーマットの『メール種類ID:45 お気に入り商品自動リマインドメール』の#WISHLIST_INFO#に出力する内容を設定します。
設定した内容はテキスト形式で出力されます。

お気に入り商品リマインダーメール
明細フォーマット(HTML)

メールフォーマットの『メール種類ID:45 お気に入り商品自動リマインドメール』の#WISHLIST_INFO#に出力する内容を設定します。
設定した内容はHTML形式で出力されます。

注意事項
※この機能は『ウィッシュリスト』オプションをご利用いただいている場合のみご使用いただけます。
※お気に入りリストに登録された商品をその会員が一度でも購入済みとなっている場合、メールは配信されま
 せん。
※一度本メールを配信したお気に入りリストへの再配信はされません。
※5/29現在、パソコン・スマートフォンのみ配信可能です(ケータイ対応は後日となるので、今しばらくお待
 ちください)。
※本機能をご利用いただく際は、弊社でバッチの設定が必要となります(バッチは1日1回となり、配信時間の
 設定も可能です)。ご希望の際はまず弊社サポートへご依頼ください。
※バッチ設定後、初回のバッチ起動時のみ、条件にあったすべてのお気に入りリストが自動配信の対象となり
 ます。古いお気に入りリストを自動配信の対象にしたくない場合等は、弊社サポートへご相談ください。

2017-05-31

#306クロネコヤマトの配送時間帯が変更になります

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>送料/配送方法設定>送料/配送方法一覧

クロネコヤマトの配送時間帯変更に伴い、ebisumartのクロネコヤマト用配送時間帯設定を新たに追加いたしました。
変更される時間帯と、配送時間帯を指定するヤマトB2用CSVで出力される文字列は以下の通りです。

【6/18まで】
クロネコヤマト(宅急便)

【6/19から】
クロネコヤマト(宅急便-5つの区分)

ヤマトB2用CSV出力用文字列

午前中(12時まで)

午前中(12時まで)

812 → 812
(変更なし)

12時から14時

廃止

廃止

14時から16時

14時から16時

1416 → 1416
(変更なし)

16時から18時

16時から18時

1618 → 1618
(変更なし)

18時から20時

18時から20時

1820 → 1820
(変更なし)

20時から21時

19時から21時

2021 → 1921

現在ご利用いただいている『クロネコヤマト(宅急便)』の配送時間帯は、2017/6/19以降、上記の通り一部の時間帯が受付不可となるため、6/19までに店舗様で『クロネコヤマト(宅急便-5つの区分)』への変更をご準備いただきますようお願いいたします。
設定方法は以下の通りです。

配送方法の変更方法
ショップ管理ツール

お店を作る

送料/配送方法設定

送料/配送方法一覧

該当するクロネコヤマトの配送方法を編集

配送時間設定を『クロネコヤマト(宅急便)』から『クロネコヤマト(宅急便-5つの区分)』に変更
注意事項
※6/18までは『クロネコヤマト(宅急便)』『クロネコヤマト(宅急便-5つの区分)』どちらの配送時間帯も並行
 運用可能です(詳しくはご利用いただいているクロネコヤマトの営業所へ直接お問い合わせください)。
※上記配送時間設定を変更しても、すでに登録されている出荷前の受注データについては配送時間帯が変更さ
 れません。
 受注データの配送時間帯変更をご希望の際は、弊社へご依頼いただければ、受注データの配送時間帯を一括
 変更することも可能です(有償のため都度お見積もりとさせていただきます)。
※初期設定の『配送時間設定』で配送時間を設定している場合は、今回の変更に合わせて初期設定の配送時間
 を変更する必要があるのでご注意ください。
※配送時間についてカスタマイズをしている店舗様については、上記の変更によりカスタマイズに影響がある
 可能性がございますので、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-05-31

#305ユーザーウェブの詳細検索画面で会員別商品価格を検索できるようになります

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>詳細検索画面(item_detail_search.html)

ユーザーウェブの詳細検索画面(item_detail_search.html)で金額を入力して検索する際は、従来、定価またはタイムセール価格のみが検索対象となっていましたが、この検索対象を会員別商品価格にも適用させることができる初期設定『金額検索設定』が追加されました。 この初期設定をご希望する際は、弊社サポートへお問い合わせください。

注意事項
※この初期設定は会員別商品価格オプションをご利用いただいている場合のみ対象となります。
※会員別商品価格は、該当する会員がログインして検索した場合のみ検索対象となります。
※同一商品に会員別商品価格とタイムセール価格を設定している場合は、タイムセール価格が検索対象となる
 のでご注意ください。

2017-05-24

#304メールフォーマットがHTML形式でも配信できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>メールフォーマット照会・受注データ管理

従来ebisumartのメールフォーマットはすべてテキスト形式でのみ配信可能でしたが、HTML形式でも配信できるようになりました。
一部のメールフォーマット(下記注意事項参照)を除き、ほぼすべてのメールフォーマットがHTMLタグを使用して配信可能となります。
今回追加された項目は以下の通りです。






テキスト形式・HTML形式ともに本文サンプルは弊社サポートサイトへ載せております。
ショップ管理ツールから各メールフォーマットサンプルを確認したい場合は『サンプルはこちら』のリンクをクリックしてください。

なお、今回のHTML対応に伴い、メールフォーマットに画像イメージを表示させる置換文字と、商品情報をメールフォーマットに出力させる初期設定を追加しております。
追加された置換文字を初期設定で登録すると、HTML形式でメールフォーマットを設定した際、商品画像をメールに表示させることができるようになります。
今回追加された置換文字と初期設定は以下の通りです。


今回追加された置換文字

今回追加される置換文字

置換文字で変換される内容

#ITEM_APPEAL_IMAGE_URL#

商品アピール画像URL

#ITEM_IMAGE_URL[画像項目番号]#

商品画像URL

#M_ITEM_APPEAL_IMAGE_URL#

携帯商品アピール画像URL

#M_ITEM_IMAGE_URL[画像項目番号]#

携帯商品画像URL


今回追加された(上記置換文字を使用可能な)初期設定と、初期設定の内容をメールフォーマットに出力させる置換文字

今回追加された初期設定

初期設定の内容を出力させる置換文字

注文完了メール明細フォーマット(HTML)

#ITEM_INFO#

注文完了メール明細フォーマット2(HTML)

#ITEM_INFO2#

注文完了メール複数配送先明細フォーマット(HTML)

#SEND_ITEM_INFO#

注文完了メール複数配送先フォーマット(HTML)

#OTHER_SEND_INFO#

お気に入り商品リマインダーメール明細フォーマット(HTML)

#WISHLIST_INFO#

注意事項
・本機能は『メールID:36ネクストエンジンメールフォーマット』では使用できません。
・ショップ管理ツールに上記追加項目が表示されていない店舗様ではこの機能がご利用になれない場合がござ
 います。
 本機能をご希望の場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-05-24

#303自由項目マッピング機能をリリースいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>自由項目登録・照会

ユーザーウェブのカート精算画面に出力されている自由項目の内容を、ショップ管理ツールの受注データへ自動で反映させる機能『コピー元項目』を追加いたしました。
従来、本システムでは自由項目同士のデータを共有することができませんでしたが、本機能を使うことで自由項目同士のデータを共有できるようになりました。
本機能をご希望の場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

コピー元項目を設定できる自由項目と、設定したコピー元項目に対応する各マスタは以下の通りです。

コピー元項目を設定できる
自由項目

コピー元項目に
コピー可能なデータ

コピーされたデータが
反映される箇所

受注ヘッダ

会員マスタ

受注ヘッダのその他情報タブ

受注明細

商品マスタ

受注明細のその他情報

受注配送先

アドレス帳マスタ

受注ヘッダの送付先情報タブ

コピー元項目のご利用例

BtoBサイトにおいて、会員の自由項目として『法人名』と『法人住所』を設定しており、その自由項目を受注ヘッダに反映させたい場合

1.受注ヘッダ自由項目をふたつ作成し、コピー元項目に会員マスタの自由項目(法人名・法人住所)をそれぞれ設定します。

2.エンドユーザーがサイトにログインします。

3.会員ログインした状態で注文します。この時カート精算画面には、会員の自由項目(法人名・法人住所)が表示されています。

4.注文完了後、ショップ管理ツールの受注ヘッダ>その他情報タブには、この会員の自由項目(法人名・法人住所)が反映されます。

※この会員がアドレス帳を使って法人名や法人住所を登録していれば、受注配送先自由項目にコピー元項目を設定することで、送付先情報タブに反映させることも可能です。
また複数配送先でアドレス帳を使用している場合もコピー元項目へ反映されます。
注意事項
※コピー元項目に設定するデータは、自由項目だけではなく、元々標準で使用している基本項目(商品マスタ
 であれば商品名や販売価格等)を設定することも可能です。
※コピー元項目に設定する項目とコピーされる自由項目は、双方で入力形式や文字数等の設定が異なっている
 と、エラーとなり正しく表示されないことがあります。
※自由項目の項目入力形式が『画像』または『パスワード』の場合、本機能は対応しておりませんのでご注意
 ください。
※コピーされるデータは『ユーザーウェブの受注→ショップ管理ツール』のみとなります。
 ショップ管理ツールでの受注登録時には、コピーか適用されないのでご注意ください。
※『コピー可能なマスタのデータ』→『コピー元項目へのデータコピー』のみができる機能となります。
 例:会員マスタのデータ→受注ヘッダの自由項目へコピー:〇
   受注ヘッダのデータ→会員マスタへのコピー:×
※すでに表示されているコピー元となるデータを、カート精算画面で書き換えて注文完了した場合は、書き換
 えたデータのほうがコピー元項目に反映されます。

2017-05-17

#302サポートサイトのm:idに関する説明文のうち『会員ランク別商品価格』について名称を統一いたしました

【対象機能・画面】サポートサイトのm:idに関する説明文全般

ebisumartのオプション『会員ランク別商品価格』を表示することができるm:idの説明で、オプションの名称が正しくは『会員ランク別商品価格』である所を、一部『会員ランク価格』『会員別ランク価格』のように表現に揺れがあったため、これらを正しい名称で統一いたしました。

2017-05-10

#301ショップ管理ツールの受注登録画面でセキュリティコードについての文言を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注新規登録

ショップ管理ツールの受注登録画面で、クレジットカードのセキュリティコードを登録する際の文言を下記のように変更いたしました。
変更の理由は、American Expressのみセキュリティコードが4桁だったため、となります。

(半角数値3桁まで):セキュリティコードを入力してください。』

(半角数値3桁または4桁):セキュリティコードを入力してください。』

2017-05-10

#300退会済み会員のログインIDを、重複して利用できる初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブの会員登録画面または会員情報変更画面、及びショップ管理ツールの会員登録画面

すでに退会済みとなっている会員のログインIDを、別の会員が新たなログインIDとして利用できる初期設定『退会済ログインID重複許可』を追加いたしました。

こちらの機能をご利用いただくと、ユーザーウェブ・ショップ管理ツールともに、退会済み会員のログインIDを別の会員が使用できるようになります。
新規登録・会員情報変更、どちらの場合も利用可能です。

※重複したログインIDが新たに登録された場合は、すでに退会済みの会員から退会フラグを外そうとしてもエラーとなります。
※本初期設定をご希望の場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-04-26

#299全ページHTTPSオプション使用時の一部不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】相対パスに『http://support.ebisumart.com/client_info/EBISU_SUPPORT』『http://support.ebisumart.com/client_info/EBISU_SUPPORT/view/userweb』『http://support.ebisumart.com』を使用している場合

全ページHTTPSオプションを使用している際に、下記置換文字列を使用した相対パスがHTTPで始まるURLになってしまう不具合を修正いたしました。
対象となる相対パスは以下の通りです。

2017-04-26

#2984/26に追加されたm:id

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

4月26日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例・記入例については、それぞれのm:idを直接クリックしてご確認ください。

common.IF_SOLDOUT

指定された商品コードの商品が在庫0となった場合に表示します。

common.IF_ITEM_OF_CATEGORY_SOLDOUT

カテゴリに紐づく商品一覧が在庫0となった場合に表示します。

2017-04-26

#297ショップ管理ツールのログインパスワードを、自動入力されないように制御いたします

【対象機能・画面】ショップ管理ツールログイン画面

ebisumartのセキュリティ強化のため、ショップ管理ツールのログイン画面で、(ブラウザの自動入力機能を使った)ログインパスワードが自動入力されなくなるよう修正いたします。

修正予定日:5/10(水)

※ブラウザのバージョンにより本設定が無視される場合もありますので、予めご了承ください。

2017-04-19

#296SMBCファイナンスサービス(クレジットカード)に取消API連携フラグを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法>クレジットカード(SMBCファイナンスサービス)

SMBCファイナンスサービスのクレジットカード決済に『取消API連携フラグ』機能を追加いたしました。

このフラグをオンにすると、ショップ管理ツールから受注を取り消しにした時や、ユーザーウェブのマイページ(購入履歴)から受注キャンセルをした際に、SMBC側の与信データを自動で取り消しすることができるようになります。

※ebisumart側で受注金額の変更をしている場合は、SMBC側と金額を合わせてキャンセルをする必要があります。
※初期状態では連携しない設定になっております。ご利用の際は『取消API連携フラグ』の『受注取消時に取り消し連携する』にチェックを入れてください。

2017-04-19

#2954/5に追加されたm:idの一部修正について

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

4/5に追加された『高額購入割引使用時に送料等を表示させるm:id』ですが、金額の表示にカンマ(,)と単位(円)が出力されないことが判明したため、カンマと単位(円)が表示されるよう修正したm:idを新たに追加いたしました。
今回追加されたm:idは以下の通りです。

common.SORYO_DISCOUNT_REST_PRICE_HERE

送料オプション「高額購入割引を使用する」がONの場合に送料割引までの金額を単位付きで表示します。

common.SORYO_DISCOUNT_PRICE_HERE

送料オプション「高額購入割引を使用する」がONの場合に送料高額割引後の送料を単位付きで表示します。

※4/5に追加された下記m:idのうち、下記2つは非推奨となります。
すでに実装済みの店舗様はご注意ください(このままでも使用可能ですが、カンマと単位が表示されません)。

common.SORYO_DISCOUNT_REST_HERE
common.SORYO_DISCOUNT_HERE

2017-04-19

#294受注管理画面で『配送区分』『入金区分』『取消区分』を連打できないよう制御いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理>『入金区分』『配送区分』『取消区分』の各チェックボックス

ショップ管理ツールの受注管理画面で『入金区分』『配送区分』『取消区分』のチェックボックスをダブルクリックできないよう制御いたしました。
本修正は、従来のebisumartでは『各チェックボックスをダブルクリックした場合に、リクエストが二重で送信されてしまっていたため』となります。
修正後の挙動は、ダブルクリック時にダイアログを表示しリクエストが二重に送信されないよう制御いたします。

2017-04-12

#293GMOペイメントゲートウェイ(コンビニ決済)で、支払い番号の名称及び桁数が変わりました

【対象機能・画面】コンビニ決済を利用した注文確定時

GMOペイメントゲートウェイ(コンビニ決済)の仕様変更に伴い、受注時にエンドユーザーへ通知する支払い番号の名称及び桁数が、それぞれ下記のように変更されます。

コンビニ名

変更される名称及び桁数

サークルK
サンクス
セイコーマート

:オンライン決済番号:11桁の番号

:受付番号:6桁の番号
  確認番号:10桁の番号

ファミリーマート

:お客様番号:11桁の番号
  確認番号:4桁の番号

:企業コード:5桁の番号
  注文番号:12桁の番号

ローソン
ミニストップ

:お客様番号:11桁
 確認番号:4桁の番号

:お客様番号:14桁
 確認番号:4桁の番号

セブンイレブン
スリーエフ

変更はありません

上記変更に伴い、店舗様でサイト上に支払い方法のご案内(テンプレート上に支払い番号や桁数の直書き等)をしている場合は、各テンプレートの文言修正等が発生する場合がございます。
なにとぞご了承ください。

2017-04-05

#292パスワードの変更を通知するメールフォーマットを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

エンドユーザーがパスワードを変更した際に配信されるメールフォーマットを、新たに追加いたしました。
新たに追加されたメールフォーマットは以下の通りです。

メール種類ID:48 パスワード変更通知メール
メール種類ID:97 携帯パスワード変更通知メール

どちらも初期状態は配信しない設定となっておりますので、こちらにつきましては、店舗様の運用に合わせてメールフォーマットを加筆・修正の上ご利用ください。

2017-04-05

#291受注データ等を登録する際の商品検索画面で、検索条件を設定できる初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注新規登録>受注明細>[商品検索]
         ショップ管理ツール>プロモーション>各種ランキング>[商品検索]
         ショップ管理ツール>プロモーション>トピックス新規登録>リンク先指定>[商品検索] 等

ショップ管理ツールで[商品検索]ボタンを押した際開かれるサブウィンドウで、検索条件を追加・保存できる機能を追加いたしました。
検索画面のイメージは以下の通りです。


4/4以前に作成された店舗様の場合、初期状態は検索条件が固定です。
4/5以降に作成される店舗様の場合、初期状態は検索条件が追加・保存できるようになっています。

どちらの場合も弊社サポートにて設定の変更をいたしますので、ご希望の店舗様はお問い合わせください。
※設定変更後の動作確認(弊社側・店舗様双方にて)が必要となります。
※本機能は、当該機能をカスタマイズしている店舗様ではご利用になれない場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

2017-04-05

#290自動会員ランク設定で、会員ランクを下げないようにする初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】自動会員ランク設定バッチ作動時

自動会員ランク設定とは、店舗様で決めた条件(過去1年間の購入金額や購入回数)に沿って、該当会員の会員ランクをバッチ処理でアップダウンさせる機能ですが、このバッチ処理時に会員ランクのダウンをせず据え置きにし、会員ランクのアップのみ行うことができる初期設定を追加いたしました。
本設定をご希望の場合は、弊社サポートにお問い合わせください。

※こちらは『会員ランク』オプション及び『自動会員ランク設定』をご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-04-05

#289受注データの検索条件『送付先電話番号』の検索条件を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理>検索条件「送付先電話番号」

2017年3月29に告知いたしました『送付先電話番号』の検索条件変更について、修正が完了いたしましたのでご報告いたします。
本修正により、送付先電話番号は電話番号にハイフンがあるなしを問わず検索できるようになりました。

2017-04-05

#288ステップメールのメールコンテンツ削除について仕様を一部変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>ステップメール管理>ステップメール一覧>[編集]>ステップメール編集

従来、上記画面からステップの変更画面を開いた場合、サブウィンドウの下部に[削除]ボタンが表示されておりましたが、このボタンを廃止いたしました。
廃止の理由といたしましては、登録したステップを削除してしまうと、その削除したステップを再度編集できなくなってしまう不具合が発覚したためとなります。
シナリオ内に登録したステップを店舗様でご利用にならない場合は、今後は[削除]ボタンではなく、各コンテンツの状態を『強制停止』にしてご利用ください。


※こちらは『ステップメール』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-04-05

#2874/5に追加されたm:id

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

4月5日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

common.IF_SORYO_DISCOUNT

高額購入割引を使用していて送料割引が適用された場合に表示します。

common.SORYO_DISCOUNT_REST_HERE

高額購入割引を使用している場合に、送料割引までいくらなのかを表示します。

common.SORYO_DISCOUNT_HERE

高額購入割引が適用された後の送料を表示します。

2017-03-29

#286画像・テンプレート管理で、複数のフォルダを一度に削除またはダウンロードできるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート

2017年2月1日に『画像・テンプレート管理で、複数ファイルを一度にダウンロードできるようになりました』とご案内させていただいております複数ファイルの一括ダウンロード機能ですが、このたび複数ファイルだけではなく、複数フォルダでも一度に削除・ダウンロードができるようになりました。

2017-03-29

#285商品一括アップロード画面の項目に『予約商品自動有効化フラグ』を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品一括アップロード

商品一括アップロード画面の項目に『予約商品自動有効化フラグ』を追加いたしました。
従来よりダウンロード・アップロード可能な項目でしたが、ショップ管理ツールに説明がなかったため項目の説明を追加しております。

※機能の変更ではございませんので、従来通り商品一括アップロードをご利用可能です。

2017-03-29

#284受注検索画面の検索条件『送付先電話番号』が、ハイフンの無い電話番号でも検索できるようになります

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理
【前提】『複数配送先』オプション・『受注送付先作成設定』オプションどちらもご利用いただいていない場合

受注検索画面の検索条件『送付先電話番号』で、ハイフンの無い送付先電話番号でも検索にヒットするように機能改修を行います。

:
送付先電話番号が『03-1234-5678』で登録されている場合

改修前:
『0312345678』や『0312』のようにハイフンを抜いて検索した場合は、ヒットしませんでした。

改修後:
電話番号の部分一致・完全一致を問わず、ハイフンを抜いた状態で検索してもヒットします(ハイフンを入れた状態でもヒットします)。

上記の仕様変更のため店舗様の運用によっては、検索条件にヒットする件数が多くなる恐れがございますので、本メールでは事前告知とさせていただきました。
本仕様変更にご不都合がある場合は、弊社サポートへお問い合わせください。


【改修日程】
4/5(水)の本番更新を予定しております。

2017-03-15

#283別精算ページでログイン画面をスキップして直接カート精算画面へ進める初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カートログイン画面(cart_login.xhtml)・カート精算画面(cart_seisan.xhtml)

従来、未ログインのエンドユーザーがebisumartで商品を購入する際の購入フローは、

商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

買い物かご一覧ページ(cart_index.xhtml)

カートログイン画面(cart_login.xhtml)

カート精算画面(cart_seisan.xhtml)

このようなフローになっておりますが、別精算ページをご利用いただいている場合にのみ、この中のカートログイン画面をスキップして、直接カート精算画面(cart_seisan.xhtml)に画面遷移できる初期設定を追加いたしました。
初期設定の名称は『別精算ページ遷移時のカートログインスキップ』となります。

この初期設定を使用して、別精算ページをご利用いただいた場合の購入フローは以下の通りです。

商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

カート精算画面(cart_seisan.xhtml)

別精算ページでは、元々買い物かご一覧ページを表示しないため、上記のように商品を買い物かごに入れた所から購入までのステップが大幅に削減されます。

※こちらは『別精算ページ』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
※本機能をご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-03-15

#282サイト混雑時ユーザー整理機能で整理終了メールの配信条件を変更いたしました

【対象機能・画面】サイト混雑時ユーザー整理機能で、入場整理開始始後、サイトへの訪問ユーザー数上限値を下回ったアクセスになった場合

『サイト混雑時ユーザー整理機能』では『サイトへの訪問ユーザー数上限値』を上回った場合に、指定したメールアドレスへ入場整理開始メールを配信し、下回った場合には入場整理終了メールを配信しておりますが、この入場整理終了メールを『サイトへの訪問ユーザー数上限値』の80%を下回った場合に配信するよう、配信条件を変更いたしました。
変更の理由は『サイトへの訪問ユーザー数上限値』を下回った時点で終了メールを配信していたため、頻繁に開始と終了のメールが配信されてしまっていたためとなります。

※こちらは『サイト混雑時ユーザー整理機能』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-03-15

#281一部のm:idが正しい動作をしていなかったため、これを修正いたしました

【対象機能・画面】各m:idが使用可能な画面に準じます

下記m:idを使用する際、自由項目の種別がチェックボックスまたはラジオボタンの場合に正常に使用できずテンプレートエラーとなってしまっていたため、こちらを修正いたしました。

common.IF_ITEMACCESSLOG_FREE

商品自由項目を「使用する」に設定している場合に表示します。
商品自由項目の番号を指定します。(例: m:free_item_no='1')

2017-03-08

#280アフィリエイト等の計測タグで出力できる項目に『割引額合計』を追加いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>注文確認画面(cart_confirm.xhtml),注文完了画面(cart_result.xhtml)

店舗様がアフィリエイトやGoogleアナリティクスで計測タグとして使用する『HIDDEN_DATA_TAGS_HERE』で、HIDDEN_DATA_FORMに指定できるHIDDENタグを追加いたしました。
追加した内容は以下の通りです。

WARIBIKI_SUM

割引額合計を出力します。
割引額合計は、割り引いた後の注文金額合計ではなく、割り引く金額の合計を出力します。
使用できる画面は、注文確認画面(cart_confirm.xhtml)と注文完了画面(cart_result.xhtml)です。

2017-03-08

#279特定の条件でお問い合わせフォームに生年月日が時分秒まで表示されてしまう不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブのお問い合わせフォーム
【前提】・会員ログイン時
    ・お問い合わせフォーマットの項目編集で会員マスタ項目を生年月日とした場合
    ・ログインした会員の会員データに生年月日が登録されている

上記前提の際、ユーザーウェブのお問い合わせフォーマットの生年月日が、年・月・日だけではなく時・分・秒まで表示されてしまう不具合がございましたが、こちらを年月日だけ表示するよう修正いたしました。

2017-03-08

#2783/8に追加されたm:id一覧

【対象機能・画面】m:idが使用可能な画面に準じます

3月8日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

IF_EXIST_CHANGE_TEIKI_ORDER_CARD

定期注文で使用するカードとして変更できるカードが一つ以上ある場合にのみ表示します。
ゼウス決済を使用している場合にのみ使用できます。

IF_CHANGE_TEIKI_ORDER_CARD

現在の登録しているカード情報を、定期注文で使用するカードとして変更できる場合にのみ表示します。
ゼウス決済を使用している場合にのみ使用できます。

CHANGE_TEIKI_ORDER_CARD_BUTTON_TAG

現在の登録しているカード情報を、定期注文で使用するカードとして変更します。
定期注文が複数ある場合はすべての注文に反映されます。
ゼウス決済を使用している場合にのみ使用できます。
href属性が変化します。

2017-03-08

#277問い合わせ管理で一部文言を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>お問い合わせ管理>お問い合わせ一覧>[編集]>投稿データ一覧>表示中データのダウンロード済みを解除する

上記画面で『表示中データのダウンロード済みを解除する』を押した際に、

『処理します。よろしいですか?』
 ↓
[OK]
 ↓
『ダウンロードします。よろしいですか?』
 ↓
[OK]
 ↓
『ダウンロード済みを取り消しました。〇件』

このように「ダウンロードを解除する」機能であるにも関わらず「ダウンロードしますか」と表示されておりましたが、こちらについては明らかな日本語の間違いであるため、これを「ダウンロード済みを解除します」という文言に変更いたしました。

※文言の修正のみのため、機能自体に変更はございません。

2017-03-01

#276GMOのコンビニ決済で連携可能なコンビニが増えました

【対象機能・画面】お店を作る>決済方法

GMOのコンビニ決済で『スリーエフ』と『セイコーマート』が連携可能となりました。
ご利用をご希望されるかたは、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-03-01

#275クーポン割引が使用できないオプションについて、ショップ管理ツール上に明記いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>クーポン管理>クーポン新規登録

本システムのオプションである『クーポン割引』は、別オプション『カートオプション商品』に対応しておりません。
その旨を、ショップ管理ツール上に記載し、店舗様が運用面で齟齬をきたさないようにいたしました。

※こちらは『クーポン割引』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-03-01

#274予約フラグ自動有効化フラグの名称を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品新規登録>予約フラグ自動有効化フラグ

2016年11月1日に告知しております『予約フラグ自動有効化フラグ』の名称について、こちらの名称を『予約商品自動有効化フラグ』に変更いたしました。
この変更に伴い、商品在庫一括アップロードでCSVファイルを一括アップロードされてる店舗様の場合は、CSVファイルのカラム名も『予約商品自動有効化フラグ』に変更されますので、あらかじめご了承ください。

※こちらは『予約販売』及び『予約フラグ自動有効化』オプション両方を、ご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-03-01

#273ショップ管理ツールのトップページで、一部文言を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>トップページ>マニュアル

従来「マニュアル」という文言で、こちらのページへリンクするようにしておりましたが、これを「管理画面説明書」という名称に変更し、管理画面説明書のトップページへリンクするよう変更いたしました。


従来のページをご覧いただく場合は、トップページ画面右上の[?]ボタンからご参照ください。

2017-03-01

#2723月1日に追加されたm:id一覧

【対象機能・画面】m:idが使用可能な画面に準じます

3月1日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

TEIKA_SUM_HERE

小計を出力します。
定期の配送先変更画面(teiki_renew.xhtml)及び定期の配送先変更確認画面(teiki_renew_confirm.xhtml)で使用可能です。

2017-02-22

#271一部のm:idが正しい動作をしていなかったため、これを修正いたしました

【対象機能・画面】各m:idが使用可能な画面に準じます

下記m:idが本来想定している動きではなかったため、正しい動きをするよう修正いたしました。

DELIVERY_DATE_SELECT_INPUT_HERE

一度プルダウンで配送日を選択すると、配送日を指定しない状態に戻すことができなかったため、これを修正いたしました。

IF_CAN_REGIST_CARD

元々ペイジェント用に開発されたm:idでしたが、このm:idを使用した場合ペイジェント以外の決済でカード保存機能が使えなくなってしまっていたため、これを修正いたしました。

2017-02-15

#270すべての会員に対してメルマガを一斉送信する機能を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>メルマガ予約配信>「会員(メルマガ未購読者含む)のみ」

現在登録されているすべての会員に対して、メールを一斉配信できる機能を追加いたしました。
本機能を使ってメルマガを配信すると、本来メルマガを受け付けない会員に対してもメルマガを配信することができます
そのため配信内容には十分ご注意ください。


※本機能は、店舗様でシステムメンテナンス等を行う場合に、全会員へ一斉送信する機能を想定して作成しております。
※この機能を使った配信対象は「PCテキストコンテンツ」のみとなります。HTMLには対応しておりません。
※全会員を配信対象とする機能のため、会員のメールアドレスを絞り込んで特定の会員のみに配信することはできません。
※PC用メールアドレスの登録がない会員の場合は、その会員の携帯用メールアドレスへ配信されます。
※配信対象から除外される会員は以下の通りです。
 ・退会フラグが退会済みの会員
 ・登録区分が仮登録の会員(承認制会員登録オプションをご利用のお客様のみ)
 ・会員データがない、メルマガ希望のみのメルマガ会員

※メルマガ機能をカスタマイズしている店舗様では、この機能をご利用になれません。あらかじめご了承ください。

2017-02-15

#269ノベルティ商品が仮登録でも表示されてしまう不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.html)

ノベルティ商品として登録した商品が、仮登録であるにも関わらずビューで表示されてしまう不具合がございましたが、これを修正いたしました。
従来はこの状態でも在庫が0であれば表示されない状態でしたが、在庫がある場合でも仮登録の場合は表示されないように修正しております。

※こちらは『ノベルティ機能』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-02-15

#268メルマガ配信解除に関する不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>メルマガ配信[購読]または[解除]を押下した場合

2017年1月25日に事前告知いたしました『メルマガ購読・解除ボタン押下時の仕様変更』について、弊社の修正作業が完了いたしました。
詳細については『#255 メルマガ購読・解除ボタン押下時の仕様変更について』をご参照ください。

2017-02-08

#267決済方法に各決済の決済IDを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法

各決済方法に決済IDを追加いたしました。
イメージは以下の通りです。


決済IDは、CSVファイルによる一括アップロード機能(下記参照)をご利用いただく際、必要となる項目です。

一括アップロード機能例:
・受注一括アップロード:支払い方法
・商品一括アップロード:商品利用決済IDリスト
・会員一括アップロード:標準利用支払い方法

※決済方法画面をカスタマイズしている一部の店舗様では、上記改修は対象外となります。

2017-02-08

#266ペイジェントのカード情報登録件数が5枚から10枚に変更されました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.xhtml)・カード情報登録画面(member_credit_entry_input.xhtml)
【前提】決済代行会社にペイジェントをご利用いただいている店舗様

エンドユーザーがクレジットカード情報を登録する際、従来は5件まで登録可能となっておりましたが、これを10件まで登録できるようにいたしました。

※本機能は『会員クレジットカード情報保存』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
※ペイジェントについてはこちらをご覧ください。

2017-02-08

#265入金管理の決済ステータスで、表示の不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>請求・支払管理>請求管理>入金管理

入金管理画面の決済ステータスで発生する、表示内容の不具合を修正いたしました。

従来の仕様では、

請求データ作成時(請求済みで更新時)
請求金額合計:10,000円 残高:10,000円 決済ステータス:未入金

入金処理:10,000円

請求金額合計:10,000円 残高:0円 決済ステータス:入金済み

マイナス処理(入金取り消し等、店舗様の運用でマイナス処理:10,000円)

請求金額合計:10,000円 残高:10,000円 決済ステータス:一部入金

このように入金取り消しをし、残高が戻ったにも関わらず、決済ステータスが一部入金のままとなっておりましたが、これを下記のように修正いたしました。

請求データ作成時(請求済みで更新時)
請求金額合計:10,000円 残高:10,000円 決済ステータス:未入金

入金処理:10,000円

請求金額合計:10,000円 残高:0円 決済ステータス:入金済み

マイナス処理(入金取り消し等、店舗様の運用でマイナス処理:10,000円)

請求金額合計:10,000円 残高:10,000円 決済ステータス:未入金

※請求金額合計-残高=プラスの金額の場合、決済ステータスは一部入金のまま表示されます。
※請求金額合計-残高=0円またはマイナスの場合に、決済金額は未入金となります。

※仕様変更は、2/8以降に作成される請求データのみ対応しております。
 2/8以前の請求データにつきましては、仕様変更後も決済ステータスが『一部入金』のままと
 なりますので、ご注意ください。

※本機能は『請求管理』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-02-08

#264売上レポートで一部の商品画像が表示されない不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>データ解析>売上レポート>商品別売上/利益集計

売上レポートの商品別売上/利益集計画面で、一部の商品画像が表示されない不具合があったため、これを修正いたしました。

2017-02-08

#263スマートフォン用テンプレートの仕様を一部を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>テンプレート管理

ebisumartの仕様として、テンプレートの構成がPC用とスマートフォン用で同じ構成になっていないと、スマートフォン側でエラーになってしまうというのがございましたが、これを修正し、スマートフォン用のファルダにアップされているテンプレートのみでも、スマートフォンページが表示されるよう修正いたしました。

※今回の修正はextフォルダ配下のテンプレートのみとなっております。
あらかじめご了承ください。

2017-02-01

#262画像・テンプレート管理で、複数ファイルを一度にダウンロードできるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート

従来の画像・テンプレート管理画面では、テンプレートをひとつひとつダウンロードするか、フォルダごとまとめてダウンロードするかのどちらかしか出来ませんでしたが、これを任意のテンプレートや画像ファイルのみ選択してダウンロードできるよう改修いたしました。

画面イメージは以下の通りです。

2017-02-01

#261広告媒体管理で掲載期間の検索条件を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>広告媒体管理>広告媒体マスタ>掲載期間

広告媒体管理マスタで、掲載期間の検索条件を以下のように修正いたしました。
現在有効/無効となっている広告媒体データを、店舗様で確認しやすくなりました。

 before = 掲載期間:FROM/掲載期間TO(範囲内の広告媒体データを表示)
 ↓
 after = 掲載期間:なし/期間前/期間中/期間後(検索した日付を基準として、広告媒体データを表示)

※こちらの機能は『広告媒体管理』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-02-01

#260受注データ一覧の明細に小計を表示できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注データ管理>[明細行を表示]またはCSVダウンロード

受注データ一覧画面の明細行に、各明細の小計金額を表示させるようになりました。
下記画面は受注データ一覧画面ですが、CSVファイルで受注データをダウンロードする際にも、小計を出力できるよう項目を追加しております。

※明細行・CSVファイルどちらも、表示項目編集で「小計」を選択する必要があります。

2017-02-01

#259納品書のクーポン割引額がマイナスで出力できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注データ管理>[納品書作成]ボタン

納品書を出力する際のクーポン割引額を、マイナス表記にすることが可能となりました。
マイナスを表記することにより、クーポンによる割引額であることがより明確となります。

2017/2/1以降に店舗構築された店舗様

クーポン割引額はマイナスで表記されます。

2017/2/1以前に店舗構築された店舗様

クーポン割引額はマイナスで表記されません。
弊社で設定をONにいたしますので、弊社サポートへご連絡ください。

2017-02-01

#258カート精算画面で配送希望日をプルダウンではなくカレンダー方式で入力できるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.html)

カート精算画面の配送希望日を、プルダウン形式ではなくカレンダーから直接入力できるようになりました。
イメージは以下の通りです。


本機能をご利用いただく際は、下記の最新版テンプレートをダウンロードしてご利用ください。

・ebisu_datepicker_uw.js
・ebisu_lib.js
・style.css
・cart_seisan.xhtml
上記テンプレートのうち、cart_seisan.xhtmlには、下記の新規m:idが追加されております。
SEND_HOPE_CALENDAR_JS_HERE

年月日に分割されている配送希望日の入力フォームで使用可能なカレンダーの初期化処理を行うJavascriptを出力します。

SEND_HOPE_CALENDAR_HERE

年月日に分割されている1つ目の配送希望日に使用するカレンダーを表示するタグを出力します。

MULTI_SEND_HOPE_CALENDAR_HERE

年月日に分割されている2つ目以降の配送希望日に使用するカレンダーを表示するタグを出力します。

※テンプレートの修正作業を行う際は、必ずテンプレートのバックアップを取っていただくことをお勧めしております(CSS等を店舗様で修正している場合、新規テンプレートをそのままアップロードするとそれまでのデザインが崩れる場合があります)。
※ご不明な点がございましたら、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-02-01

#257配送希望日を過去日に設定できる不具合を改修いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.html)
【前提】サイト基本情報または商品データで『配送希望日指定可能最少日数』を0に設定していた場合

上記前提の際、ユーザーウェブのカート精算画面で配送希望日を過去日に設定できてしまう不具合がございましたが、過去日については入力できないよう修正いたしました。

※2/1現在、ユーザーウェブからの受注のみ対応済みとなります。
ショップ管理ツールでの配送希望日は過去日に設定可能でございますのでご注意ください。

2017-02-01

#256一部のm:idが正常に動作しない不具合を改修いたしました

【対象機能・画面】各m:idに準拠します

本システムで提供している一部のm:idが、正常に動作せずテンプレートエラーとなる不具合がございましたので、これを修正いたしました。
対象となるm:idは以下の通りですが、現在は正常に動いております。

common.IF_ALL_ITEM_DISCOUNT

現在の「すべての商品一覧」に会員割引販売価格が存在する場合にのみ表示します。

common.IF_NOT_ALL_ITEM_DISCOUNT

現在の「すべての商品一覧」に会員割引販売価格が存在しない場合にのみ表示します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引価格を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_HONTAI_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格のうち本体価格(税抜き金額)を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_TAX_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格のうち消費税額を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_ZEIKOMI_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格の税込金額を出力します。

2017-01-25

#255メルマガ購読・解除ボタン押下時の仕様変更について

告知

エンドユーザーがメルマガの[購読]または[解除]を押した際の挙動について、
一部正常に動かない不具合がございましたので、この機能を改修いたします。

【不具合の対象となる条件】
エンドユーザーの会員データで、PC用メールアドレスと携帯用メールアドレスが、両方同じメールアドレスで登録されている場合のみ。
※ここでいう「携帯」とは、いわゆるガラケー・フィーチャーフォンを指しております。あらかじめご承知おきください。
■現在の仕様

メルマガの[購読]または[解除]を押した際、PC用のメールアドレスを入力した場合であっても、入力されたメールアドレスを携帯用のメールアドレスとして判断しておりました。

そのため、例えばメルマガ受付区分を「受け付けない」にしようと試みた場合に、

メールアドレスはパソコン用とケータイ用で同じメールアドレスなので、両方ともメルマガ受け付けが解除されて、メルマガ受付区分が「受け付けない」となるのが、本来想定される正常な動きでしたが、現状では、入力されたメールアドレスを「携帯用のメールアドレス」と認識してしまっていたため、携帯用のみが解除され、メルマガ受付区分は「PCのみ受け付ける」になってしまうという動きをしておりました。
■改修後

上記のような場合に、入力されたメールアドレスをPC・携帯の端末区分で判断せず、メールアドレスのみで判断するようにいたします。

同じメールアドレスで[解除]した場合には、メルマガ受付区分が正しく「受け付けない」に設定されます。
【改修日程】
2/15(水)の本番更新を予定しております。

2017-01-18

#254新オプション『タグマネージャ機能』をリリースいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>データ解析>タグマネージャー

タグマネージャとは、googleアナリティクスやアフェリエイトなどの各種タグを、ショップ管理ツール上で一括登録・編集し、各テンプレートへ反映させることができる機能です。

従来は各テンプレートへそれぞれのタグを直接ベタ書きする必要がございましたが、これをショップ管理ツール上で管理できるようなります。

アクセス制限機能

追加されたメニュー

・タグ新規登録/一覧(サポートサイトはこちら
・タグルール新規登録/一覧(サポートサイトはこちら

注意事項
※本オプションは無償でご利用可能です。
※ご利用をご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。
※本機能を使用して各種タグを埋め込む際、既存のテンプレートに書き込まれたタグは、
 店舗様にて削除していただく必要がございます。あらかじめご了承ください。

2017-01-18

#253投稿済みの商品レビューをエンドユーザーが直接削除できるよう、レビュー機能の改修をいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品レビュー管理

投稿済みの商品レビューをエンドユーザーが直接削除できるよう、レビュー機能を改修いたしました。
これに伴い、商品レビュー削除時のポイント減算機能について下記の項目を追加いたしました。

商品レビュー基本設定画面に『レビューポイント減算区分』を追加

レビューを削除した際は(店舗様の運用にもよりますが)レビュー時にエンドユーザーへ付与されたポイントを減算する必要があります。
この減算すべきポイントについて、レビュー投稿時に実際に付与されたポイント数を基に減算するか、レビュー基本設定のレビュー付与ポイントを基に減算するかを選択することができるようになりました。

なおこの設定は下記のように初期値が設定されておりますが、店舗様で自由に変更可能です。

2017/1/18以降に店舗構築された店舗様

レビュー時に実際に付与されたポイント数を基に減算。
項目名:付与済みポイント数を利用する

2017/1/18以前に店舗構築された店舗様

レビュー基本設定のレビュー付与ポイントを基に減算。
項目名:レビュー付与ポイントを利用する

商品レビュー管理に『付与済みポイント数』と『削除日時』の項目追加

付与済みポイント数

レビューを投稿した際に付与されたポイント数を表示します。

削除日時

ユーザーウェブでレビューが削除された日時を表示します。

商品レビュー一括アップロード画面に『付与済みポイント数』を追加

CSVファイルでレビューを一括アップロードする際、ポイント減算を行う場合の必要項目として追加されております。
CSVアップロード時のポイント付与・減算は、新規登録とデータ更新時で下記のように変化いたしますのでご注意ください。

1.レビュー新規登録時の『付与済みポイント数』の動き

ポイント承認フラグの状態

動作

『承認済み』

CSVファイルの『付与済みポイント数』を付与します。
『付与済みポイント数』が空白のままCSVファイルをアップロードした場合は、商品レビュー基本設定の『レビュー付与ポイント』を基に付与します。

『未承認』

ポイントは付与されません。

2.レビューの内容を更新した場合の『付与済みポイント数』の動き

更新時のポイント承認フラグの状態

動作

『承認済み』→『未承認』

ポイントが減算されます。
減算するポイントは、

1.CSVファイル『付与済みポイント数』

2.上記1.が空白の場合は現在登録されているレビューの『付与済みポイント数』

3.上記1.2.どちらも空白の場合は商品レビュー基本設定の『レビュー付与ポイント』

のように優先順位が決まっております。

『承認済み』のまま

新たにポイントが付与されることはありません。

『未承認』→『承認済み』

商品レビュー基本設定の『レビュー付与ポイント』を付与します。
CSVファイルの『付与済みポイント数』が設定されていても、付与されません。

『未承認』のまま

ポイントは付与されないままです。

※こちらの機能は『商品レビュー』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-01-18

#252会員がカード情報を保存している際、マスクされたカード情報を確認できる初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員データ検索/一覧>[編集]

会員がカード情報を保存している場合に、マスクされたカード情報を確認できる初期設定を追加いたしました。
この機能をご利用いただくと、ショップ管理ツールの会員データ上部へ、下記のようにマスクされたカード情報が表示されます。



※この機能のご利用をご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-01-18

#2511月18日に追加されたm:id一覧

【対象機能・画面】対象となるテンプレート:各m:idをご参照ください。

1月18日に追加されたm:idは以下の通りです。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

REVIEW_DELETE_BUTTON_TAG

レビュー削除確認画面に遷移するボタンを表示する。

IF_DELETE

商品レビュー削除処理の場合のみ表示。

PARENT_SEND_HOPE_TIME_HERE

現在の定期受注親データの配送希望時間を出力。

2017-01-13

#250非稼働日(商品の出荷ができない日)を考慮した配送希望日を表示させる機能を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>ショップカレンダー>日付一括アップロード

ショップカレンダーの日付一括アップロードに『非稼働日フラグ』を追加いたしました。
このフラグを使って日付をアップロードすると、予め、倉庫の非稼働日を考慮して、配送希望日を表示させることができるようになります。

エンドユーザーから週末にご注文いただいた際、土日は倉庫が動かず出荷できない場合や、その結果週明けの最短お届け希望日に間に合わない、といった場合にご利用いただくことを想定しております。
また土日だけではなく、大型連休などの際にも店舗様の運用に合わせてご利用いただくことが可能です。

例:
注文日の翌日出荷ができる商品で、

 →配送希望日指定可能最小日数→2日
 →配送リードタイム→2日
 →配送希望日指定可能最大日数→10日

のように商品を設定し、1/16に注文した場合。

■非稼働日フラグを使用しない通常の設定であれば……

『最小日数2日+リードタイム2日=4日後からお届け可能』となるため、1/20から26の間でお届け可能として注文可能。
■非稼働日を1/17に設定した場合……

非稼働日として設定された翌日1/18から3日後、1/21から26の間でお届け可能として注文可能。
1/18を最小日数のうち一日として計算するので、1/18の3日後という計算方法です。
■非稼働日を1/17・18のように連続して設定した場合……

非稼働日として設定された翌日1/19から3日後、1/22から26日の間でお届け可能として注文可能。
1/19を最小日数のうち一日として計算するので、1/19の3日後という計算方法です。
■非稼働日を1/17・19のように飛び飛びにした場合

非稼働日として設定された翌日1/18から3日後、1/21から26日の間でお届け可能として注文可能。
1/18を最小日数のうち一日として計算するので、1/18の3日後という計算方法です。
この場合、1/19の非稼働日が適用される注文は、1/18の注文分となります。
■非稼働日を1/25・26のように、最大日数に当たる日にした場合

『最小日数2日+リードタイム2日=4日後からお届け可能』となるため、1/20から26の間でお届け可能として注文可能。
この場合、この非稼働日が適用される注文は、1/24・25の注文分となります。
【注意事項】
※カレンダーオプションをご利用いただいている店舗様のみご利用可能な機能となります。
※カレンダーオプションをご利用いただいてない店舗様で、この機能のご利用をご希望される際は、弊社サポートへお問い合わせください(カレンダーオプションは無償でご提供しております)。
※カレンダー自体をユーザーウェブに表示させない店舗様であってもご利用可能です。
※カレンダー機能をカスタマイズしている店舗様の場合、この機能を使うことによって本来意図しない動作をする恐れがございます。該当する店舗様でこの機能のご利用をご希望される際は、弊社サポートへお問い合わせください。
※定期販売オプションをご利用いただいている店舗様の場合、定期の子受注はこの非稼働日フラグに対応しておりません(後日改修予定です)。なにとぞご了承ください。

2017-01-13

#249ショップ管理ツールで『加算ポイント合計』を手入力できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注新規登録>受注ヘッダ>受注金額>加算ポイント合計

受注データの加算ポイント合計を、手入力で登録できるようにいたしました。
受注ごとに個別でポイントを付与したい場合等にご利用いただけます。

2017-01-13

#248『サイトオープンIPアドレス制限』機能で、IPアドレスを範囲指定できるようになりました

【対象機能・画面】対象範囲:ユーザーウェブ全般

『サイトオープンIPアドレス制限』とは、ショップがオープンしている状態で、指定したIPアドレス以外からのアクセスをすべて準備中として表示させるための機能です。
この機能をご利用いただくと、指定したIPアドレス以外からはユーザーウェブにアクセスすることができなくなるため、クローズドサイト等でご利用いただくことを想定しております。

従来、この機能で指定するIPアドレスは『000.000.0.00』のような形式のみでしたが、これを『000.000.0.00/24』のようにIPアドレスを範囲で指定することができるようになりました。

※本機能は無料でご利用いただけますが、弊社での設定が必要なため、ご希望の際は弊社サポートへご依頼ください。

2017-01-13

#247『ユーザー情報更新時送信メール(確認メール)』で使用できる置換文字を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会>ユーザー情報更新時送信メール(確認メール)

会員情報を更新した際に配信されるメールフォーマットで、使用できる置換文字を追加いたしました。対象となるメールフォーマットと追加される置換文字は以下の通りです。

【対象となるメールフォーマット】
2.ユーザー情報更新時送信メール(確認メール)

【追加される置換文字】
#CORPORATION_CD_OLD#
……変更前の法人コードを表示します。
#CORPORATION_NAME_OLD#
……変更前の法人を表示します。

※この置換文字は法人管理オプションご利用時のみご利用可能です。

2017-01-13

#246ランキング情報を表示するm:idの中で商品レビューを表示させるm:idが使えるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ全般

下記ランキング情報を繰り返し出力するm:id一覧の中で、商品レビュー関連の既存m:idが使えるようになりました。
こちらはすべて、既存のm:idに対しての機能追加となります。
各m:idの詳細・使用例については、m:idを直接クリックしていただくと、m:idの説明ページを閲覧することができます。

ランキング情報を繰り返し出力するm:id一覧


common.LOOP_RANKING

ランキング商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_RECOMMEND

おすすめ商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_SINTYAKU

新着商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_FREE_RANKING

ランキング自由設定の商品を1位から順に繰り返します。
※『ランキング自由設定』オプションをご利用いただいている場合のみ使用可能なm:idです。

common.LOOP_ACCESS_RANKING

アクセスランキング設定の商品を1位から順に繰り返します。 ※『アクセスランキング設定』オプションをご利用いただいている場合のみ使用可能なm:idです。

商品レビュー関連の既存m:id


common.IF_REVIEW

商品レビューが1件以上存在する時にのみ表示します。

common.LOOP_REVIEW_ACTIVE_STAR_AVERAGE

商品レビュー自己評価星数の平均(切り捨て)の回数繰り返します。

common.REVIEW_STAR_COUNT_AVERAGE_HERE

商品レビュー自己評価の平均数(小数点二桁)を出力します。

common.LOOP_REVIEW_INACTIVE_STAR_AVERAGE

商品レビュー自己評価星数の平均(切り捨て)が最大数に見たない場合最大数までの残りの回数繰り返します。

common.REVIEW_COUNT_HERE

レビュー件数を出力します。

common.LOOP_REVIEW

現在の商品の商品レビューを繰り返します。

common.LOOP_ACTIVE_STAR

現在の商品レビューの自己評価星数の回数繰り返します。

common.LOOP_INACTIVE_STAR

現在の商品レビューの自己評価星数が最大数に見たない場合最大数までの残りの回数繰り返します。

common.STAR_COUNT_HERE

現在の商品レビューの自己評価星数を出力します。

common.REVIEW_TITLE_HERE

現在の商品レビューのタイトルを出力します。

common.REVIEWER_LINK_TAG

現在の商品レビューの投稿者が過去に行ったレビューの一覧ページへ遷移します。

common.REVIEWER_NICKNAME_HERE

現在の商品レビューのニックネームを出力します。

common.REVIEW_DATE_HERE

現在の商品レビューの投稿日(年・月・日・時・分・秒)を出力します。

common.REVIEW_COMMENT_HERE

現在の商品レビューの本文を出力します。

common.REVIEW_ITEM_NAME_HERE

現在の商品レビューの商品名を出力します。

common.IF_SEND_ITEM_ALREADY

現在の商品の商品レビューの商品が発送済み(配送日が現時刻以前)のときのみ表示します。

common.IF_BUY_ITEM_ALREADY

現在の商品の商品レビューの商品が購入済みのときのみ表示します。

common.MORE_REVIEW_LINK_TAG

現在の商品の商品レビューのリンクを表示します。

common.IF_MORE_REVIEW

現在の商品の商品レビューの総件数が属性m:max_countで指定した値より大きい場合に表示します。

2017-01-11

#2451月11日に追加されたm:id一覧

【対象機能・画面】対象となるテンプレート:userweb/wishlist.xhtml

1月11日に追加されるm:idは以下の通りです。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

IF_USE_MEMBER_WISH_LIST_PAGING

ウィッシュリストページングを利用している時にのみ表示します。

2016-12-26

#244ステップメール登録時の不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>ステップメール管理

ステップメールをご利用いただく際、ステップメールのシナリオに商品コードを設定しなくても登録できてしまう不具合がありましたが、これを修正いたしました。

※こちらは『ステップメール』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-12-26

#243サイト混雑時にユーザーの入場数を調整できる機能をリリースいたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ全般に影響あり

店舗様でセールやキャンペーン等を実施した際、アクセスが集中して「サイト混雑中」となってしまうのを防ぐため、ユーザーウェブへの訪問ユーザー数を一定の範囲内に保ち、安定したサイト閲覧・商品購入が実現できる機能をリリースいたしました。
こちらの機能はすべて無料でご利用いただけますので、ご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。

・サイトへの訪問ユーザー数上限値
ユーザーウェブ内で一度に閲覧・購入ができるユーザー数を設定します。
初期値は1000に設定されています。
この場合、1000以上のアクセスについては「サイト混雑中」画面に画面遷移させ、ユーザーウェブ内のアクセス数が1000以下になった時点で、次のユーザーがアクセスできるようになります。
・訪問中ユーザーか否かの判定時間
ユーザーウェブ内で閲覧・購入しているユーザーが、どれぐらいの時間ユーザーウェブに滞在できるかを設定します。
初期値は10分で設定されています。
・サイトへの訪問ユーザー数上限値係数
ユーザーウェブへのアクセスが急激に高騰した場合に、ユーザーウェブの安定稼働を目的として入場者数を制限し、強制的かつランダムに「サイト混雑中」画面へ画面遷移させる機能です。
設定する内容は『サイトへの訪問ユーザー数上限値』を基準とした係数で設定し、初期値は1.2(=1200人の入場者数)で設定されています。
この場合、1000×1.2=1200のアクセスがあった場合に、200人を強制的かつランダムに退場させます。
・警告メール送信閾値
ユーザーウェブへの訪問ユーザーが、この『警告メール送信閾値』を超えた場合に『警告メール送信先アドレス』へ警告メールを配信します。
初期状態では数値が設定されておりません。
警告メールとしての用を成すため、必ず『サイトへの訪問ユーザー数上限値』を下回る数値で設定してください。
・警告メール送信先アドレス
『警告メール送信閾値』で設定した値を超えたアクセスがあった場合に、警告メールを配信する先のメールアドレスを設定します。
初期状態ではメールアドレスは設定されておりません。
なお『警告メール送信閾値』を設定しても、このメールアドレスの設定がない場合はメールが配信されないのでご注意ください。

2016-12-26

#242会員一括アップロードで、ログインパスワードを暗号化できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員一括アップロード

※この機能は『会員パスワード暗号化』オプションをご利用いただいている場合のみ、ご使用いただけます。
※ログインパスワードがすでに暗号化されている会員データの場合、この機能を使って会員データを更新するのは避けていただきますようお願いいたします。
 この機能を使って再度アップロードしてしまうと、暗号化された旧パスワードの文字列をさらに暗号化してしまいます。
 そのため、この会員のログインパスワードが本来のログインパスワードとはかけ離れた文字列になってしまいますのでご注意ください。
※上記理由のため、この機能は新規会員のCSVアップロード時のみご使用いただくことをお勧めいたします。

2016-12-14

#241ポイントの利用レートを設定できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>ポイント設定>ポイント利用レート

ebisumartのポイントは、従来1ポイントにつき必ず1円の割引と決まっておりましたが、これを変更できる機能として下記画面に『ポイント利用レート』を追加いたしました。

この機能をご利用いただくと、1ポイントに対しての割引金額を、1ポイントにつき10円や100円といった割引額に変更することができるようになります。

※1ポイントにつき1円以下の設定(0.5円=2ポイントにつき1円割引等)は不可となっておりますのでご注意ください。

※店舗様でポイント機能についてカスタマイズを行っている場合、カスタマイズの状況により、この機能が使えない場合がございます
 ので、ご不明な場合は弊社サポートへお問い合わせいただいた上でご利用いただくことをお勧めいたします。

2016-12-14

#240ペイジェントで、クレジットカード情報の保存機能が使えるようになり、
定期販売オプションにも対応できるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.xhtml)・カード情報登録画面(member_credit_entry_input.xhtml

従来『会員クレジットカード情報保存オプション』及び『定期販売オプション』は、株式会社ペイジェント様をご利用いただく場合に、ebisumartで使用することができないオプションとなっておりましたが、これを改修しオプションをご利用いただくことが可能となりました。
こちらについては別途お申し込みが必要となりますので、ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

※『会員クレジットカード情報保存オプション』は無償でご提供可能です。
※定期販売をご利用いただく場合は、定期受注作成時に都度与信が必要となります。
 またカード情報の登録が必須となる定期販売になるため、ユーザーウェブのテンプレート等を書き換える必要があります。

なお、ペイジェントでは保存できるカード情報は最大5枚までとなっておりますので、これを判定するm:idが新たに追加されております。
IF_CAN_REGIST_CARD

クレジットカードを登録できる時のみ表示し、ログインしている会員の登録しているカード数が上限に達しているかどうかを判定します(対応している支払方法はペイジェント決済のみです)。

2016-12-07

#239ユーザーウェブのお問い合わせ画面で、リダイレクト時のURLを改変することができる不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>お問い合わせ画面

ユーザーウェブのお問い合わせ画面で、戻るボタンに任意のURLを指定して、特定のサイトにリダイレクトできるという不具合がありましたが、こちらについては新たに初期設定を作成し対処いたしました。 追加された設定は以下の通りです。

・お問い合わせの戻り先URL制御フラグ

このフラグをONにすると、戻るボタンからリダイレクトした際に、そのリダイレクト先のURLを見て画面遷移するようになります。
画面遷移のパターンは以下の通りです。

1.サイト内でリダイレクト先のURLが指定されていない場合
→トップページへ画面遷移します。

2.『お問い合わせの戻り先URL許可リスト』に設定されていないURLがリダイレクト先に指定されている場合
→トップページへ画面遷移します。

3.『お問い合わせの戻り先URL許可リスト』に設定されているURLがリダイレクト先に指定されている場合
→そのURLへリダイレクトします。

・お問い合わせの戻り先URL許可リスト

上記『お問い合わせの戻り先URL制御フラグ』をONにした際に、リダイレクトを許可するURLをここで指定します。

本設定は無料でご利用可能ですが、弊社での設定が必要となるため、ご希望の際は弊社サポートへご連絡ください。

2016-12-07

#238『Criteoカタログフィード無効化フラグ』をカテゴリの項目として追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>カテゴリ管理>カテゴリ新規登録または編集>Criteoカタログフィード無効化フラグ

複数のカテゴリに紐付く商品をCriteoへカタログフィードしている場合に、特定のカテゴリに紐付く商品をすべてCriteoで表示させないように(=在庫0として連携)できる機能を追加いたしました。
この機能をご利用いただくことにより、従来に比べてカテゴリ単位でのカタログフィード出力を管理しやすくなりました。

※こちらは『Criteo連携機能』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-12-07

#237ショップ管理ツールの受注No.リストで、小文字の検索ができなかった不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注データ管理>受注No.リストで検索した場合

上記受注データ管理画面の受注No.リストで小文字の受注番号を検索した際、検索対象となる受注番号に小文字が使われている場合のみ、検索結果が表示されないという不具合が発見されたため、これを修正いたしました。

2016-12-07

#236GMOペイメントゲートウェイの決済方法で、クレジット決済(リンクタイプ)が使用できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法

GMOペイメントゲートウェイの決済方法で、クレジット決済(リンクタイプ)が使用できるようになりました。
こちらの決済をご利用いただいた場合はリンク型決済のため、えびすマートでの受注の流れが以下のようになります。

ユーザーウェブからご注文。

注文完了画面と注文メールに、GMO側へのリンクが表示されます。

エンドユーザーがそのリンクをクリックすると、GMO側の画面へ移動します。

GMO側の画面で決済完了すると、えびすマート側でも注文完了となります。
(この時受注は自動でオーソリ確定となります)

※受注金額の変更や注文取消し処理も、店舗様が決済方法設定画面でご設定いただくことで自動連携させることが可能です。

※この決済をご利用いただくには、弊社へのお申し込みが必要となりますので、まずはサポートへお問い合わせください。

2016-11-30

#235 郵便番号で住所を検索する際「市区町村」と「町域」を分割して登録できる機能を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール・ユーザーウェブどちらでも[〒反映]ボタンを押した場合

従来のebisumartでは、ショップ管理ツール・ユーザーウェブどちらも入力した郵便番号を反映する[〒反映]ボタンを押すと、

住所1→都道府県
住所2→市区町村+町域
住所3→空欄

となっておりましたが、これを

住所1→都道府県
住所2→市区町村
住所3→町域



のように、町域を分割して表示することができる機能を追加いたしました。
本機能のご利用をご希望される場合は、弊社サポートへご連絡ください。

2016-11-30

#234ユーザーウェブへのアクセスが多く、PV数高騰の原因となりがちなアクセスをブロックできる機能を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定マスタ>初期設定>アクセス除外UserAgent群

ユーザーウェブへのアクセスのうち、エンドユーザーの端末情報(ユーザーエージェント)が空(null)となっているアクセスというのは、不必要なbotである可能性が高いため、店舗様ではPV数高騰の原因となる可能性がございます。
そのため、こういったアクセスについては、ebisumart上でブロックし、PV数としてカウントしないようにする初期設定を追加いたしました。
設定方法は以下の通りです。

初期設定のアクセス除外UserAgent群に、

@null@

と追加してください。



このようにしていただく事で、ユーザーエージェントが空になっているアクセスをブロックできるようになります。

※ただしebisumartの運用上必須となるアクセス(バッチ・API等)を、除外することはできませんのでご注意ください。

2016-11-30

#233会員別商品価格一括アップロードで、CSVフォーマットの整合性を整えました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>会員ランク別商品価格一括アップロード

『会員別商品価格テーブル検索』でダウンロードしたCSVを、そのまま『会員別商品価格一括アップロード』でアップロードしようとすると、従来は【商品ID】のカラムがエラーとなり、アップロードすることができず都度修正を必要としておりましたが、これを修正せずにそのままでもアップロードできるよう修正いたしました。
これにより、ダウンロードしたCSVを毎回加工してアップロードする必要がなくなりました。

※こちらは『会員別商品価格』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-11-30

#232クーポン割引を使用する際の消費税計算区分を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>金額設定>クーポン割引時消費税計算区分

従来のクーポン割引オプションでは、カート投入時の商品価格から消費税を計算後にのみクーポン割引を適用しておりましたが、これをカート投入時にクーポン割引をしてから、消費税を計算できるよう設定を追加いたしました。

※こちらは『クーポン割引』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
また、

・消費税区分が『外税』
・消費税額計算区分が『合計に消費税額を加算』

の場合のみ、この設定は有効となります。

※弊社側での初期設定が必要となりますので、ご利用をご希望される場合は、弊社へご連絡ください。

2016-11-30

#231受注新規登録画面のクーポンコード入力欄を見やすくいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注新規登録>その他情報>利用クーポンコード

クーポンコードの入力画面を以下のように修正いたしました。



従来、受注新規登録のクーポンコード入力欄では、プルダウンにクーポンコードのみが表示されておりましたが、これをクーポンコードとクーポン名、さらに期限切れのクーポンの場合は【期限切れ】が表示されるよう改修いたしました。

※こちらは『クーポン割引』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-11-30

#23011/30に追加されたm:id一覧

11/30に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

CONTINUE_REFERER_LINK_TAG

買い物を続ける場合等でリファラーを元に遷移元ページに戻ります。

common.INFORMATION_FREE_VALUE_HTML_HERE

トピックスの自由項目でHTMLタグをそのまま出力します。全画面で使用可能です。

INFO_FREE_VALUE_HTML_HERE

トピックスの自由項目でHTMLタグをそのまま出力します。トピックス一覧とトピックス詳細画面で使用可能です。

common.ITEM_NAME_HERE

指定された商品コードの商品名を表示します。

common.ITEM_TEIKA_HERE

指定された商品コードの定価を表示します。

common.ITEM_INFO1_HERE

現在の商品の商品コメント1を表示します。

common.ITEM_INFO2_HERE

現在の商品の商品コメント2を表示します。

common.ITEM_INFO3_HERE

現在の商品の商品コメント3を表示します。

common.POINT_ADD_HERE

現在の商品のポイント追加数を出力します。

common.TIMESALE_PRICE_HERE

現在の商品のタイムセール価格を出力します。

common.ITEM_DETAIL_LINK_TAG

現在の商品の商品詳細画面へ遷移します。

common.IF_ITEM_IMAGE1

現在の商品の商品画像1が存在する時にのみ表示します。

common.ITEM_IMAGE1_TAG

現在の商品の商品画像1を表示します。商品画像1が設定されていない場合は、NOIMAGE画像が表示されます。

common.IF_ITEM_IMAGE2

現在の商品の商品画像2が存在する時にのみ表示します。

common.ITEM_IMAGE2_TAG

現在の商品の商品画像2を表示します。商品画像2が設定されていない場合は、NOIMAGE画像が表示されます。

common.IF_ITEM_IMAGE3

現在の商品の商品画像3が存在する時にのみ表示します。

common.ITEM_IMAGE3_TAG

現在の商品の商品画像3を表示します。商品画像3が設定されていない場合は、NOIMAGE画像が表示されます。

common.IF_ITEM_IMAGE4

現在の商品の商品画像4が存在する時にのみ表示します。

common.ITEM_IMAGE4_TAG

現在の商品の商品画像4を表示します。商品画像4が設定されていない場合は、NOIMAGE画像が表示されます。

common.IF_ITEM_FREE

商品自由項目を「使用する」に設定し、値が登録された時にのみ表示します。

common.FREE_TITLE_HERE

商品自由項目の画面表示名を出力します。

common.IF_FREE_VALUE

商品自由項目の値が設定されている時にのみ表示します。

common.IF_NOT_FREE_VALUE

商品自由項目の値が設定されていない時にのみ表示します。

common.FREE_VALUE_HERE

商品自由項目の値を出力します。 商品自由項目が「画像」の場合は、画像ファイル名を出力します。

common.FREE_VALUE_HTML_HERE

商品自由項目の値を出力します。HTMLタグがそのまま出力されます。商品自由項目が「画像」の場合は、画像ファイル名を出力します。

common.FREE_IMAGE_TAG

商品自由項目の値をURLとする画像を表示します。 商品自由項目が「画像」の場合は、設定された画像を表示します。

common.FREE_LINK_TAG

商品自由項目の値に設定されたURLにリンクします。商品自由項目が「画像」の場合は、設定された画像へのリンクになります。

common.IF_REVIEW

商品レビューが1件以上存在する時にのみ表示します。

2016-11-22

#22911/22に追加されたm:id一覧

11/22に追加されたm:idは以下の通りです。
11/22の本番更新では大変多くのm:idが追加されましたので、こちらではm:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

受注データの受注自由区分にチェックが入った際に表示するm:idの追加


IF_FREE_DATE

受注自由区分が設定されている場合に表示します。

FREE_DATE_HERE

受注自由区分が設定された日付を表示します。

FREE_DATE_YEAR_HERE

受注自由区分が設定された日付のうち年を表示します。

FREE_DATE_MONTH_HERE

受注自由区分が設定された日付のうち月を表示します。

FREE_DATE_DAY_HERE

受注自由区分が設定された日付のうち日を表示します。

受注データの受注自由区分メールが配信された際に表示するm:idの追加


IF_FREE_MAIL_DATE

受注自由区分メール配信日が設定されている場合に表示します。

FREE_MAIL_DATE_HERE

受注自由区分メール配信日を表示します。

FREE_MAIL_DATE_YEAR_HERE

受注自由区分メール配信日のうち年を表示します。

FREE_MAIL_DATE_MONTH_HERE

受注自由区分メール配信日のうち月を表示します。

FREE_MAIL_DATE_DAY_HERE

受注自由区分メール配信日のうち日を表示します。

カテゴリに紐付く商品一覧を繰り返し表示するためのm:id(common.LOOP_ITEM_OF_CATEGORY)内で使用できるm:idの追加


common.LOOP_REVIEW

商品レビューを繰り返します。

common.LOOP_ACTIVE_STAR

商品レビューの自己評価星数の回数繰り返します。

common.LOOP_INACTIVE_STAR

商品レビューの自己評価星数が最大数に見たない場合最大数までの残りの回数繰り返します。

common.STAR_COUNT_HERE

商品レビューの自己評価星数を出力します。

common.REVIEW_TITLE_HERE

商品レビューのタイトルを出力します。

common.REVIEWER_LINK_TAG

商品レビューの投稿者が過去に行ったレビューの一覧ページへ遷移します。

common.REVIEWER_NICKNAME_HERE

商品レビューのニックネームを出力します。

common.REVIEW_DATE_HERE

商品レビューの投稿日(年・月・日・時・分・秒)を出力します。

common.REVIEW_COMMENT_HERE

商品レビューの本文を出力します。

common.REVIEW_ITEM_NAME_HERE

商品レビューの商品名を出力します。

common.IF_SEND_ITEM_ALREADY

商品レビューの商品が発送済み(配送日が現時刻以前)のときのみ表示します。

common.IF_BUY_ITEM_ALREADY

商品レビューの商品が購入済みのときのみ表示します。

common.IF_MORE_REVIEW

商品レビューの総件数が属性m:max_countで指定した値より大きい場合に表示します。

common.MORE_REVIEW_LINK_TAG

商品レビューのリンクを表示します。

common.ITEM_OF_CATEGORY_PUT_TO_WISHLIST_LINK_TAG

現在の「カテゴリに紐づく一覧商品」をウィッシュリストに追加します。

下記の既存m:idについては、属性m:review_item_cdを指定しない状態でも使用できるよう改修いたしました。


common.IF_REVIEW

商品レビューが1件以上存在する時にのみ表示します。

common.LOOP_REVIEW_ACTIVE_STAR_AVERAGE

商品レビューの自己評価星数平均(切り捨て)をその回数繰り返します。

common.REVIEW_STAR_COUNT_AVERAGE_HERE

商品レビュー自己評価の平均数(小数点二桁)を出力します。

common.LOOP_REVIEW_INACTIVE_STAR_AVERAGE

商品レビュー自己評価星数の平均(切り捨て)が最大数に見たない場合最大数までの残りの回数繰り返します。

common.REVIEW_COUNT_HERE

レビュー件数を出力します。

2016-11-22

#228>html/site_close_error.htmlの使用終了について

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート>html/site_close_error.html

ebisumartではサイトのメンテナンス画面を表示するテンプレートとして、site_close_error.htmlというものがございますが、現状の動きとして、ショップ管理ツールにログインした際『view/userweb/site_close_error.xhtml』の内容を『/html/site_close_error.html』にコピーして生成するという動きをしておりました。
現状のebisumartではこの処理が用をなしていないことが判明したため、ショップ管理ツールの処理速度改善の一環として、このコピーを生成するという処理自体をしないようプログラムを改修いたしました。

店舗様のテンプレートに、該当のURL『html/site_close_error.html』を直接記述している箇所があった場合、そのURLへのアクセスがエラーとなってしまいますのでご注意ください。

※こちらについては、2016年11月8日に告知済みの内容となりますが、なにとぞご了承ください。

2016-11-22

#227同一IPアドレスからのアクセスを分単位で制限する機能を追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ全般

同一IPアドレスからのユーザーウェブへのアクセスを、

・1分間に何PVまではアクセス可能と設定し、それ以上のアクセスがあった場合にそのIPアドレスからのアクセスは遮断する
・遮断したIPアドレスは何分後にアクセス可能とする

といった設定ができる機能を追加いたしました。

こちらの設定については、下記設定をご検討の上、弊社サポートへお問い合わせください。

・1分間に同一IPから大量のアクセスがあった場合、何PVまでアクセス可能とするか。
・アクセス制限を掛けたIPアドレスの制限解除を、アクセス制限後何分後に設定するか。
・本設定に対してバッチを設定するため、バッチをサイトへ適用させる日程(お申し込みからバッチの設定完了まで、通常3営業日程度
 かかります)。

本設定の注意事項は以下の通りです。

・同一IPアドレスからのPV数は、ページ単位でのPV数ではなくサイトのドメイン全体でカウントします。
・バッチは5分に一回動くので、完全なリアルタイムでアクセスを停めることはできません。
・アクセス制限をした場合、該当IPからのアクセスはHTTPステータス403(Forbidden)となります。
・バッチ設定後、実際にアクセス制限をした場合は、店舗様の店舗管理者宛てにメールが配信されます。
・アクセス制限をお知らせするメールには、該当するIPアドレスが明記されます。
・本設定はすべて無料でご利用いただけます。

本機能についてのサポートサイトは、下記をご参照ください。
同一IPからの分間PV制限数
同一IPからのPV制限時の制限期間(分)

2016-11-15

#226一部テンプレートで使用できなかったm:idを使用できるようにしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>テンプレート管理
【対象テンプレート】
userweb/item_detail.xhtml
userweb/item_list.xhtml
【対象m:id】
MAIN_CATEGORY_CD_HERE
CATEGORY_CD_HERE

上記m:idはすでにえびすマートで実装されているm:idですが、上記の対象テンプレートで使用できないことが判明いたしましたので、これを追加いたしました。
追加されたm:idと対象テンプレートは以下の通りです。

MAIN_CATEGORY_CD_HERE

新たにuserweb/item_detail.xhtmlで使用可能となります。
商品詳細ページで、代表カテゴリコードを出力することができます。

CATEGORY_CD_HERE

新たにuserweb/item_list.xhtmlで使用可能となります。
商品一覧ページで、カテゴリコードを出力することができます。

2016-11-15

#225注文確定時送信メールで使用できる置換文字を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会
【対象メールフォーマット】
注文確定時送信メール(注文確認メール)

上記メールフォーマットで使用する置換文字に、代引き手数料の税抜価格(内税時)を表示するための置換文字を追加いたしました。
追加された置換文字は以下の通りです。

TOTAL_DAIBIKI_ZEINUKI

2016-11-15

#224カテゴリに紐付く商品数を表示するm:idに使用できる属性を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>テンプレート管理
【対象m:id】
common.TOP_CATEGORY_COUNT_HERE
common.ITEM_CATEGORY_ITEM_COUNT_HERE
common.SUB_CATEGORY_ITEM_COUNT_HERE

上記m:idを使用してカテゴリに紐付く商品数を表示する際、m:idに追記して表示内容を変えるための属性を追加いたしました。

『m:item_rank_except='true'』
商品情報の「公開会員ランク」を加味した商品点数を出力することができます。

※公開会員ランクは『会員ランク/割引率設定』オプションをご利用いただいている場合のみ使用可能です。

『m:bracket_except='true'』
こちらを指定すると、カテゴリに紐付く商品点数の両端に表示されるカッコを除外して、商品点数を出力することができます。

common.SUB_CATEGORY_ITEM_COUNT_HEREでは、この属性はご利用になれません。

2016-11-15

#223アフィリエイトやGoogleAnalytics用計測タグで使用できる項目を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>テンプレート管理
【対象m:id】
HIDDEN_DATA_TAGS_HERE
【対象テンプレート】
userweb/cart_result.xhtml
userweb/cart_confirm.xhtml

アフィリエイトやGoogleAnalyticsで実績を計測するためのm:id『HIDDEN_DATA_TAGS_HERE』で、今まで計測できなかった下記項目を計測できるよう機能の追加をいたしました。
新たに計測できるようになった項目は以下の通りです。

クーポン割引額:COUPON_WARIBIKI
ポイント割引額:POINT_WARIBIKI
会員割引額合計:MEMBER_WARIBIKI_SUM

2016-11-08

#222GMOペイメントゲートウェイのクレジットカード決済で、オーソリ確定後に金額変更及びGMO側と連携可能となるフラグを追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>決済方法
【対象となる決済】
・クレジットカード(GMOペイメントゲートウェイ)
・クレジットカード(GMOペイメントゲートウェイ(リンクタイプ))
【対象となるメールフォーマット】
注文確定時送信メール(注文確認メール)

GMOペイメントゲートウェイのクレジットカード決済で、オーソリ確定後に金額変更及びGMO側と連携可能となるフラグを追加いたしました。
このフラグをONにすることで、受注データの受注金額を変更し、

1.GMO側へ金額変更の連携
2.エンドユーザーへ金額変更の旨をメール配信

を、することができるようになります。

■決済方法画面


■受注管理画面

2016-11-08

#221html/site_close_error.htmlの使用終了について

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート>html/site_close_error.html

ebisumartではサイトのメンテナンス画面を表示するテンプレートとして、site_close_error.htmlというものがございますが、現状の動きとして、ショップ管理ツールにログインした際『view/userweb/site_close_error.xhtml』の内容を『/html/site_close_error.html』にコピーして生成するという動きをしておりました。
現状のebisumartではこの処理が用をなしていないことが判明したため、ショップ管理ツールの処理速度改善の一環として、このコピーを生成するという処理自体を11/22付けで終了する予定となっております。

こちらにつきましては、もし店舗様のテンプレートに、該当のURL『http://service.ebisumart.com/client_info/IF_TEST/html/site_close_error.html』を直接記述している箇所があった場合、そのURLへのアクセスがエラーとなってしまいますのでご留意ください。

2016-11-08

#220会員登録メール・会員情報更新メールのメールフォーマットで、法人コード・法人名が使えるようになりました

【種別】機能追加
【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作るメールフォーマット登録・照会
【対象となるメールフォーマット】
1.ユーザー登録時送信メール(確認メール)
2.ユーザー情報更新時送信メール(確認メール)

上記メールフォーマットで、法人コード・法人名を出力できる置換文字を追加いたしました。
追加される置換文字は以下の通りです。

#CORPORATION_CD#
……法人コードを表示します。
#CORPORATION_NAME#
……法人名を表示します。

※こちらは『法人管理オプション』をご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-11-08

#219一部のテンプレートで使用できないm:idがあったため、これを追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>テンプレート管理>userweb/item_detail_other_image.xhtml
【対象m:id】
IF_ITEM_IMAGE1
ITEM_IMAGE1_TAG
【対象テンプレート】
userweb/item_detail_other_image.xhtml

上記m:idは、上記対象テンプレートで使用ができませんでしたが、こちらを使用できるようm:idを追加いたしました。

2016-11-08

#218placeholderオプションがテキストエリアでも使えるようになりました

【対象機能・画面】全テンプレートのテキストボックスまたはテキストエリア

『入力フォームplaceholderオプション』は、テキストボックスでの使用のみ可能だったため、現状1行しか入力することができませんでしたが、これをテキストエリアにも適用させ、複数行のコメントをplaceholderで表示できるようにいたしました。
これにより、複数の入力項目でplaceholderを使えるようになりますので、カート精算ページ等でエンドユーザーの誤入力をより防げるようになることが期待できます。

※こちらは『入力フォームplaceholderオプション』をご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-11-01

#2172016年11月16日に『予約フラグ自動有効化フラグ』という名称が変わります

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品新規登録>予約フラグ自動有効化フラグ

こちらの『予約フラグ自動有効化フラグ』ですが"フラグ"という単語が重複していたため、2016年11月16日の本番更新をもって、項目名を『予約商品自動有効化フラグ』と変更させていただきます。
これに伴い、商品在庫一括アップロードでCSVファイルを一括アップロードされてる店舗様の場合は、CSVファイルのカラム名も『予約商品自動有効化フラグ』に変更されますので、あらかじめご了承ください。

※こちらは『予約フラグ自動有効化』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-11-01

#216ショップ管理ツール内の『えびすマート』という文言が『ebisumart』に変わりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール全体

2016年10月19日に事前告知させていただいております表題の件ですが、2016年11月2日付で『えびすマート』という名称を『ebisumart』に変更させていただきました。
名称の変更のみとなりますので店舗様で特に影響はないかと存じますが、予めご承知おきください。

※店舗様でバッチやAPI等のエラーメールを受信されている際は、それらメールのFROM名も「ebisumart」となりますので、あわせてご確認ください。

2016-11-01

#215自由項目の項目選択肢について最大文字数2000文字の制限を外しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>自由項目管理>自由項目登録・照会>[編集]>項目選択肢

自由項目で登録できる項目選択肢は、今まで半角2,000文字までという文字数制限がございましたが、この制限を外し自由に項目選択肢を登録できるようになりました。
なお登録できる最大文字数は店舗様でお使いのブラウザにより変わりますので、あらかじめご了承ください。

2016-11-01

#214メルマガ会員ダウンロードのメルマガ会員抽出方法を一部仕様変更しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>メルマガ会員ダウンロード
【前提】『メルマガ登録メール大文字小文字区別』オプションを途中からオンにした場合

『メルマガ登録メール大文字小文字区別』オプションとは、メルマガを登録する際のメールアドレスを、大文字と小文字同一のメールアドレスとするか、区別するかを選択することができるオプションです。

例)
 大文字のメールアドレス:TEST_EBISUMART@interfactory.co.jp
 小文字のメールアドレス:test_ebisumart@interfactory.co.jp

 の場合

 ・『メルマガ登録メール大文字小文字区別』オプションがオフの場合

 大文字・小文字が区別され、上記アドレスは別アドレスとしてデータベースに登録されます。
 メルマガ会員ダウンロードの際、メールアドレスは別アドレスとして、2件出力されます。

 ・『メルマガ登録メール大文字小文字区別』オプションがオンの場合

 大文字・小文字を区別せずに、上記アドレスを同一メールアドレスとして登録します。
 メルマガ会員ダウンロードの際、メールアドレスは1件のみ出力されます。

上記挙動が『メルマガ登録メール大文字小文字区別』オプションの正しい挙動となりますが、元々オフにしていた店舗様が、運用途中からこのオプションをオンにした場合、別アドレスで2通(オンが適用されない状態)のままで出力する仕様となっていたため、これを正しく1通のみ出力される<よう修正いたしました。

2016-11-01

#213メールフォーマットで送料・代引き手数料の消費税額を表示できる置換文字を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会>プロモーション>メルマガ管理>メルマガ会員ダウンロード

エンドユーザーへ配信するメールフォーマットで、送料と代引き手数料の消費税額を表示する置換文字を追加いたしました。
追加される置換文字は以下の通りです。

#SORYO_ZEI#
……送料の消費税額を表示します(外税の場合は消費税額を表示し、内税の場合は内税と表示されます)。
#DAIBIKI_ZEI#
……代引き手数料の消費税額を表示します(外税の場合は消費税額を表示し、内税の場合は内税と表示されます)。

この置換文字を使用できるメールフォーマットは以下の通りです。

3:注文確定時送信メール(注文確認メール)
4:出荷処理時送信メール(出荷お知らせメール)
5:注文キャンセル時送信メール(注文キャンセルメール)
53.携帯注文確定時送信メール(注文確認メール)
54:携帯出荷処理時送信メール(出荷お知らせメール)
55:携帯注文キャンセル時送信メール(注文キャンセルメール)

2016-11-01

#212ポイント還元率の不具合を修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注新規登録>受注明細>[還元率からポイント計算]
【前提】ポイント設定商品設定それぞれにポイント還元率が設定されている場合

上記受注明細の[還元率からポイント計算]ボタンを押した際、ポイント設定と商品設定それぞれにポイント還元率が設定されている場合は、本来商品設定が優先されて還元率が計算されるべき所でしたが、ポイント設定のほうが優先されて計算されていることが判明いたしましたので、これを修正いたしました。


2016-11-01

#211配送時間帯を店舗様で独自にカスタマイズができるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>システム設定マスタ>初期設定>配送時間設定

現在ebisumartでデフォルトとして保持している配送時間帯、

-------------
希望なし
午前中
12時から14時
14時から16時
16時から18時
18時から20時
20時から21時
-------------

こちらの設定を、店舗様で自由にカスタマイズして設定することができるようになりました。
設定方法は以下の通りです。

上記【対象機能・画面】の配送時間設定を開き、店舗様でご希望する配送時間帯とその名称を設定します。



この時の注意事項としては、

1.時間帯は『配送時間A:配送時間A(お届け時間の指定なし)』のようにコロンで区切ります。

 ・コロンの左側は、ショップ管理ツールやユーザーウェブの注文完了画面、及びエンドユーザーへの配信メールで表示される名称です。
 ・コロンの右側は、ユーザーウェブのカート精算画面で表示される名称です。

 ※コロンの左右で、ユーザーウェブ内でも表示されるページが違うため、店舗様で受注管理を円滑にするには、コロンの左右を同一名称にすることを推奨しております。
  画面では分かりやすくするためにカッコ内に配送時間を表記して登録しています。  

2.コロンで区切った配送時間をプルダウンで表示するため、カンマ区切りで区切ってください。

3.ショップ管理ツールの設定は以下の通りです。

 ・お店を作る>サイト基本情報>配送希望日時使用を『表示する』に設定
 ↓
 ・商品の管理>商品新規登録>配送方法を『選択しない』で登録。

このように設定すると、ユーザーウェブのカート精算画面でお届け時間のプルダウンが以下のように変化します。


2016-10-26

#210受注データ管理で『送付先単位で表示』にチェックを入れると送付先の件数が表示されるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理>『送付先単位で表示』のチェックボックス

受注データ管理画面で、各受注データに複数の配送先が登録されている場合に、現状は配送先が実際に何件あるかを表示することができませんでしたが、これを『送付先単位で表示』のチェックボックスをチェックすることで『送付先単位で表示 (送付先件数:○○件)』と送付先件数が表示されるようにいたしました。
これにより、今まで受注データの件数と実際の配送先の件数が合わないといった運用上の不便を、解消させることができるようになりました。

※こちらは『複数配送先』および『受注送付先作成設定』オプションの両方をご利用いただいている店舗様のみ有効です。

2016-10-26

#209受注検索画面で、受注情報を『仕入先名』で検索できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理>検索条件プルダウン

受注データ管理の検索条件で、今まで仕入先コードで受注データを検索することはできましたが、仕入先名での検索はできませんでしたので、これを仕入先でも検索できるようにいたしました。
これにより、仕入先名は分かるが仕入先コードが分からない、といった場合でも受注データを検索することができるようになりました。

2016-10-26

#208閲覧履歴で商品自由項目を表示させたい場合のm:idを追加しました

【対象機能・画面】全テンプレートで利用可能

ユーザーウェブで閲覧履歴を表示させたい箇所に商品自由項目も表示させたい場合、今までは自由項目に何らかの値が設定されていないと自由項目を表示できませんでしたが、こちらについて自由項目を『利用する』にしただけでも表示されるようm:idを追加いたしました。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・common.IF_ITEMACCESSLOG_FREE
 http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_IF_ITEMACCESSLOG_FREE.html

2016-10-26

#207会員別商品価格で自由項目を使えるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>自由項目管理>自由項目登録・照会

自由項目を使用できるメニューに『会員別商品価格』が追加されました。
これにより、ユーザーウェブの商品一覧ページ(item_list.xhtml)・商品詳細ページ(item_detail.xhtml)で、会員別商品価格の自由項目を表示することができるようになります。

※こちらは『会員ごと商品金額設定』オプションをご利用いただいている店舗様のみ有効です。

2016-10-26

#206自由項目を表示する各m:idの表示文字数を指定し、指定文字数以上の表示が"…"で表示されるようm:idを追加しました

【対象機能・画面】各対象テンプレート(下記m:idの先頭にcommonと付くm:idは、全テンプレートで使用可能です)

各自由項目を表示するm:idの表示文字数を指定し(指定する際はバイト数で指定します)、指定した表示文字数を超えた場合は、文字の語尾が"…"になるよう調整するm:idを追加いたしました。
下記の新旧どちらのm:idも使用可能ですので、店舗様の用途に合わせてご利用ください(自由項目のすべての文字を表示させたい場合や画像の場合は、現状のm:idのままで問題ありません)。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・旧:common.SINTYAKU_FREE_VALUE_HERE
 ↓
 新:common.SINTYAKU_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE
   http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_SINTYAKU_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE.html

・旧:common.RECOMMEND_FREE_VALUE_HERE
 ↓
 新:common.RECOMMEND_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_RECOMMEND_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE.html 

・旧:common.ITEMACCESSLOG_FREE_VALUE_HERE
 ↓
 新:common.ITEMACCESSLOG_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_ITEMACCESSLOG_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE.html

・旧:common.ITEM_OF_CATEGORY_FREE_VALUE_HERE
 ↓
 新:common.ITEM_OF_CATEGORY_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_ITEM_OF_CATEGORY_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE.html

・旧:FREE_VALUE_HERE(item_list.xhtml用)
 ↓
 新:SHORTENING_FREE_VALUE_HERE(item_list.xhtml用)
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE.html

・旧:RECOMMEND_FREE_VALUE_HERE(item_detail.xhtml用)
 ↓
 新:RECOMMEND_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE(item_detail.xhtml用)
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_DETAIL_RECOMMEND_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE.html

・旧:RECOMMEND_FREE_VALUE_HERE(cart_index.xhtml用)
 ↓
 新:RECOMMEND_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE(cart_index.xhtml用)
   http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_CART_INDEX_RECOMMEND_SHORTENING_FREE_VALUE_HERE.html

2016-10-26

#205ショップ管理ツールのパスワード間違いによるロック解除を、弊社側ではなく店舗管理者側からでもロック解除できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム管理>利用者マスタ

現在、ショップ管理ツールへのログイン間違いによるアカウントのロックは、弊社サポートで解除、または店舗様でパスワードリマインダーの発行を推奨となっておりましたが、これをショップ管理ツールの利用者アカウントが『システム管理者』の方であれば、ショップ管理ツール上でアカウントロックを解除できるようにいたしました。
今回の機能追加に伴い、利用者マスタに追加された項目とアカウントロックの解除方法は、以下の通りです。

・追加項目:パスワード誤りカウント
 ショップ管理ツールへログインする際、パスワードを間違えてログイン失敗した場合にカウントされます。

・追加項目:パスワード誤り上限
 パスワード誤りカウントの回数が、このパスワード誤り上限を超えた場合、そのアカウントはロックされ、ログイン出来ない状態になります。

・アカウントロックの解除方法
 上記『パスワード誤りカウント』を0にすることで、アカウントロックは解除されます。

2016-10-26

#204画像・テンプレート管理で、個々のファイルやテンプレートの絶対パスが表示されるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理

画像・テンプレート管理の各メニューで、個々のファイルやテンプレートの絶対パスが表示されるようになりました。
サイトに画像を表示させる場合やリンクを貼る際、相対パスではなく絶対パスをご利用したい場合にぜひご活用ください。

2016-10-26

#203エンドユーザーが投稿したレビューを、そのエンドユーザーが再編集できるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>レビュー画面(item_review.htmlまたはmember_review.html)

エンドユーザーが投稿したレビューについては、現状ショップ管理ツールからのみ再編集が可能でしたが、これをユーザーウェブの会員レビュー画面(member_review.html)からエンドユーザーが直接再編集できるようになりました。
再編集を可能にするために追加されたテンプレートとm:idは以下の通りです。

■追加されたテンプレート

・商品レビュー編集(削除)ページ  :member_review_edit.xhtml
・商品レビュー編集(削除)確認ページ:member_review_confirm.xhtml
・商品レビュー編集(削除)完了ページ:member_review_result.xhtml

※上記テンプレートをご利用される場合は、ショップ管理ツールの『最新版テンプレート』よりダウンロードをお願いいたします。

■上記テンプレートを使用するため、会員レビュー画面(member_review.html)用に追加されたm:idは以下の通りです。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・IF_MY_POSTS_REVIEW(item_review.xhtml用)
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_REVIEW_IF_MY_POSTS_REVIEW.html

・REVIEW_EDIT_LINK_TAG(item_review.xhtml用)
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_REVIEW_REVIEW_EDIT_LINK_TAG.html

・IF_MY_POSTS_REVIEW(member_review.xhtml用)
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MEMBER_REVIEW_IF_MY_POSTS_REVIEW.html

・IF_USERWEB_DISP(member_review.xhtml用)
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MEMBER_REVIEW_IF_USERWEB_DISP.html

・REVIEW_EDIT_LINK_TAG(member_review.xhtml用)
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MEMBER_REVIEW_REVIEW_EDIT_LINK_TAG.html

2016-10-19

#202会員情報で会員のリピート数が分かるようになりました

【対象機能・画面】会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員データ検索/一覧>会員情報を[編集]ボタンで開く。

ショップ管理ツールで個々の会員情報を開いた際に、

・その会員が現在注文している注文数(キャンセル受注や削除した受注を除く有効受注数のみを表示します)、
・最終購入日時、
・注文数の中でもっとも購入している商品名、

の3点が表示するようになりました。
これにより、個々の会員のリピート数等を確認することができるようになります。

※現状、会員情報を個別に開いた場合のみ表示されます。
 会員情報一覧やCSVで確認することはできませんが、随時改修予定となっておりますのでなにとぞご了承ください。

画像イメージ

2016-10-12

#201項目を選択して売上レポートを出力できるオプションを追加しました(レポートカスタマイズオプション)

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>データ解析>データ解析>カスタムレポート新規登録

従来の売上レポートのように「期間別売上集計(年ごと)」といった固定項目ではなく項目を選択し、売上レポートが出力できるようになりました。

条件は、商品関連項目、会員関連項目、受注関連項目から選択できます。 以下の例のような集計が可能となります。

例)
商品コードと会員住所(都道府県)を集計軸とし、受注数を出力 (地域ごとに売れている商品を集計)
会員性別と会員生年月日とバリエーション名を集計軸とし、売上数量を出力 (性別、年代ごとの売れ筋カラーを集計)

詳細な利用方法などにつきましては、以下のページをご参考ください。

・売上カスタムレポート機能 特集ページ
http://support.ebisumart.com/ext/function/custom_report.html

※本オプションは無償となります。 ※ご希望のお客様はサポートまでご連絡ください。

2016-10-12

#200各メールフォーマットにおいて、件名に変数が使用できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

今までメールフォーマットの本文にしか使用できなかったメール変数が、件名にも使用できるようになりました。
本文と同じメールフォーマットが使用可能です。

各種メールフォーマットの変数につきましては、以下をご参考ください。

・メールフォーマット登録・照会>3.各メールの配信タイミングと使用可能な置換文字
http://support.ebisumart.com/item/admin_master_mail_format_search.html

これにより、お客様名などを個別にメール件名に表示できるようになりました。
また、自由項目を使用して「受注販売」などの文言も表示させるといった使い方も可能です。

2016-10-12

#199お問い合わせ一覧の表示項目が、常に項目登録時と同じ並びになるようにいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>お問い合わせ一覧>「一覧」ボタン押下>結果一覧>お問い合わせ番号

投稿されたお問い合わせをショップ管理ツール上から確認する際、項目の並び順が「お問い合わせフォーマット編集」上から登録された順番通りになっていないケースがございましたので修正を行いました。

今後は、お問い合わせ一覧からお問い合わせ内容を確認した際の表示順と「お問い合わせフォーマット編集」上から登録された項目の表示順が一致するようにいたします。

2016-10-05

#198トピックス一覧ページの期間表示の不具合を修正しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>お知らせ一覧ページ(topics_list.xhtml)

お知らせ一覧ページに表示されるトピックスは、リンク先に商品ページが指定されている場合のみ表示期間での制御が可能になっていましたので、トップページ同様、リンク先指定関係なく表示期間によって表示するよう修正しました。

2016-10-05

#197会員別商品価格機能の画面表示の不具合を修正しました

【対象機能・画面】商品の管理>商品管理>会員別商品価格テーブル設定検索

「会員別商品価格登録・変更」画面の[会員検索]ボタンで表示されるサブウインドウの「フォーマット追加/編集」が動作しませんでしたので、検索条件のフォーマット追加と編集を非表示にしました。

※「会員別商品価格」はオプション機能です。

2016-10-05

#196クーポン割引機能に利用条件を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>クーポン管理>クーポン新規登録・変更

クーポンに設定する利用条件の選択肢を3つ追加し、より柔軟な設定が可能になりました。

(1)クーポン割引額に「商品個数分クーポンを適用する」フラグを追加
クーポン割引額を指定した場合、受注に対して割引額を適用しますが、「商品個数分クーポンを適用する」にチェックを入れると、 対象となる商品個数分の割引額が適用されます。

(2)「商品コード(対象)を指定した場合、対象商品以外の商品を含む場合でもクーポンを利用可能とする」フラグを追加
クーポン割引の対象となる商品を設定した場合、対象外の商品と一緒に購入された場合はクーポンが利用不可ですが、利用可能にすることもできるようになりました。

(3)「カテゴリ(対象)を指定した場合、対象カテゴリに紐付かない商品を含む場合でもクーポンを利用可能とする」フラグを追加
クーポン割引の対象となるカテゴリを設定した場合、対象のカテゴリに紐づかない商品と一緒に購入された場合はクーポンが利用不可ですが、利用可能にすることもできるようになりました。

※「クーポン割引」はオプション機能です。

2016-10-05

#195商品ページで表示期間を取得できるm:idを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>商品一覧ページ(item_list.xhtml)
         ユーザーウェブ>商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

商品一覧ページと詳細ページで、商品に設定した「表示期間(FROM~TO)」を取得できるm:idを追加しました。
期間限定アイコンをつけたり販売終了までの日数を表示することができるようになります。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・IF_EXIST_KIKAN_TO
http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_IF_EXIST_KIKAN_TO.html
・IF_KIKAN_TO_SAME_DAY
http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_IF_KIKAN_TO_SAME_DAY.html
・PERIOD_UP_TO_END_OF_SALE_HERE
http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_PERIOD_UP_TO_END_OF_SALE_HERE.html

*PCとスマートフォンサイトでのみ使用可能です。

2016-09-14

#194ポイント設定の『ポイント付与回数上限』の動きを修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>ポイント設定>ポイント付与回数上限

従来のポイント付与回数上限は、入金区分が入金済みとなっている受注のみをカウントする仕様でしたが、
これを入金・未入金に関わらず、受注件数でカウントするよう修正いたしました。

これにより、注文時から日が経って入金区分にチェックが入ってから、ポイント付与回数の検知がされるケースが多かったものが、
受注の時点で複数受注がある場合にも対応できるようになり、不正に複数受注があった場合の検知にも受注の時点で対応できるようになりました。

上記のように用途が広がるため、本件仕様変更とさせていただきました。
なにとぞご了承ください。

2016-09-14

#193受注検索を受注日だけではなく、受注時間で検索できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注データ管理>検索条件>受注日

受注データ管理の検索条件に受注日がございますが、この受注日を使った検索が、日にちだけではなく時間でも検索できるよう改修いたしました。

2016-09-14

#192メルマガ機能のひとつ[クリックURLを表示]ボタンの配置を変更しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>メルマガ配信結果コンテンツレポート>[クリックURLを表示]

先般9/6にご案内させていただきました通り、上記ボタンの配置を変更いたしました。
配置イメージとしては下記の通りです。

 ●現在の操作方法:
 ↓
 複数のコンテンツにチェックを入れて[クリックURLを表示]ボタンを押下
 ↓
 チェックした複数のコンテンツ内のクリックURLを同時に表示することができます。

 ●改修後の操作方法:
 ↓
 各コンテンツの右側に[クリックURLを表示]ボタンが表示され、それを押下
 ↓
 各コンテンツごとのクリックURLを表示できるようになります。

配置変更の理由といたしましては、複数のコンテンツを選択し[クリックURLを表示]ボタンを押した場合に、コンテンツの配信数が多い店舗様の場合、クリックURLの結果を表示するまでに、かなり表示速度が遅くなってしまう事象が弊社で確認されたためでした。
この事象がショップ管理ツールの速度に影響を与える恐れがあるため、 複数のコンテンツで同時にクリックURLを表示しないよう、改修いたしました。

2016-09-12

#191PV数超過検知機能を実装しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブのPV数が規定値を超過した場合

ユーザーウェブへアクセスするエンドユーザーのPV数が、店舗様でご希望する規定値を超えてしまった際に、その翌日にシステム側で検知しメールにてお知らせする機能を追加いたしました。

※PV数の検知は、前日のPV数を検知する仕様となります。1ヶ月単位等の指定は出来かねますのであらかじめご了承ください。

※検知機能は無償でご提供可能ですが、弊社でバッチを設定する必要がございますので、ご希望の際は弊社サポートへご連絡ください。その際には、

・検知を希望するPV数
・PV数超過をお知らせするメールアドレス(特にお知らせする先のご希望が無い場合は、店舗管理者宛てにメールを配信いたします)
・上記メールアドレスへPV数超過をお知らせする時間帯(バッチを設定するために必要です)

上記3点のご確認をお願いいたします。

2016-09-12

#190カテゴリの絞り込み条件をクリアしてトップまたはカテゴリトップに画面遷移できるm:idを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>トップまたはカテゴリトップへ画面遷移する場合

現状のえびすマートでは、カテゴリ絞込み時にトップページ(またはカテゴリトップページ)へ戻っても、絞込み条件がクリアされず保持されたままでしたが、絞り込み条件をクリアしてトップページ(またはカテゴリトップページ)に戻れるようm:idを追加いたしました。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・common.SIBORIKOMI_CLEAR_TOP_FORM_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_SIBORIKOMI_CLEAR_TOP_FORM_TAG.html

・common.SIBORIKOMI_CLEAR_TOP_LINK_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_SIBORIKOMI_CLEAR_TOP_LINK_TAG.html

2016-09-12

#189商品一覧画面(item_list.xhtml)で商品レビューを追加するm:idを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>商品一覧画面(item_list.xhtml)

現在、商品詳細画面(item_detail.xhtml)でのみ表示可能だった商品レビューを、商品一覧画面(item_list.xhtml)でも表示できるようにいたしました。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・IF_REVIEW
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_IF_REVIEW.html

・REVIEW_COUNT_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_REVIEW_COUNT_HERE.html

・IF_STAR
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_IF_STAR.html
  
・LOOP_REVIEW_ACTIVE_STAR_AVERAGE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_LOOP_REVIEW_ACTIVE_STAR_AVERAGE.html
  
・LOOP_REVIEW_INACTIVE_STAR_AVERAGE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_LOOP_REVIEW_INACTIVE_STAR_AVERAGE.html
  
・REVIEW_STAR_COUNT_AVERAGE_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_REVIEW_STAR_COUNT_AVERAGE_HERE.html
  
・LOOP_REVIEW
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_LOOP_ACTIVE_STAR.html
  
・LOOP_ACTIVE_STAR
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_LOOP_ACTIVE_STAR.html
  
・LOOP_INACTIVE_STAR
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_LOOP_INACTIVE_STAR.html
  
・STAR_COUNT_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_STAR_COUNT_HERE.html
  
・REVIEW_TITLE_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_REVIEW_TITLE_HERE.html
  
・REVIEWER_LINK_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_REVIEWER_LINK_TAG.html
  
・REVIEWER_NICKNAME_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_REVIEWER_NICKNAME_HERE.html
  
・REVIEW_DATE_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_REVIEW_DATE_HERE.html

・REVIEW_COMMENT_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_REVIEW_COMMENT_HERE.html
  
・IF_MORE_REVIEW
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_IF_MORE_REVIEW.html

・MORE_REVIEW_LINK_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_MORE_REVIEW_LINK_TAG.html

※本機能は『商品レビュー』オプションをご利用時のみ有効です。

2016-09-12

#188クーポン割引機能でカテゴリコードを対象/対象外に指定できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>クーポン管理

現状のクーポン割引オプションは、商品コード単位でクーポン割引を対象/対象外に指定することができましたが、こちらをカテゴリコードでも対象/対象外とすることができるよう機能を追加いたしました。

※本機能は『クーポン割引』オプションをご利用時のみ有効です。

2016-08-31

#187アトディーネ決済に『取消API連携フラグ』『与信NG時自動受注取消』が追加されました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法>アトディーネ決済(後払い)

アトディーネ決済に『取消API連携フラグ』と『与信NG時自動受注取消』の機能を追加いたしました。

・『取消API連携フラグ』
 与信OKとなった受注をえびすマートの管理画面で受注取消した際、自動でアトディーネ側の与信データを取消連携する機能です。
 
・『与信NG時自動受注取消』
 与信NGでえびすマートに受注データが作成されない場合、アトディーネ側では与信データが作成されるため、そのデータを取り消すための機能です。

2016-08-31

#186クレジットカードのカード種別を識別するための番号を更新しました

【種別】機能修正
【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文と会員の管理>受注データ管理>任意の受注データをダウンロードした際にのみ確認可能

受注情報をダウンロードした場合に確認することができるカード種別の値(どのカード会社のカードを使ったかを識別する数字です)が、一部のカード会社に対応していなかったため、こちらを追加いたしました。
追加されたカード会社は以下の通りです。

・ダイナース(カード種別を識別するための値を追加)
・Discover(新規)
・中国銀聯(新規)

2016-08-31

#185商品詳細画面からポップアップ表示でウィッシュリストに追加できるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>商品詳細画面(item_detail.xhtml)
         ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>テンプレート管理>item_detail.xhtml

商品詳細画面で『お気に入りに追加』ボタンを押した際、今まではウィッシュリスト画面(wishlist.html)に画面遷移しておりましたが、
ポップアップでウィッシュリストに登録できるようm:idを追加いたしました。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・PUT_TO_WISHLIST_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_DETAIL_PUT_TO_WISHLIST_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TAG.html

・PUT_TO_WISHLIST_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_ONE_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_DETAIL_PUT_TO_WISHLIST_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_ONE_TAG.html

・PUT_TO_WISHLIST_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TWO_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_DETAIL_PUT_TO_WISHLIST_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TWO_TAG.html

・PUT_TO_WISHLIST_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_OVER_THREE_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_DETAIL_PUT_TO_WISHLIST_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_OVER_THREE_TAG.html

※こちらのm:idは『ウィッシュリスト』オプションご利用時のみ有効です。
※上記ご案内内容のうち『お気に入りに追加』ボタンという名称は、標準テンプレートの場合です。

2016-08-24

#184会員割引価格が存在する場合に表示するm:id(IF_MEMBER_DISCOUNT)を、userwebのcart_index.xhtmlでも利用できるよう修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート>テンプレート管理>userweb/cart_index.xhtml
         ユーザーウェブ>買い物カゴページ(cart_index.xhtml)

今まで、会員割引価格が存在する場合に文言等を表示させるm:id(IF_MEMBER_DISCOUNT)は、フィーチャーフォンのテンプレート(mobile/cart_index.xhtml)でのみ使用可能でしたが、これをPC用のテンプレート(userweb/cart_index.xhtml)でも使用できるよう修正いたしました。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・IF_MEMBER_DISCOUNT
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_CART_INDEX_IF_MEMBER_DISCOUNT.html

2016-08-24

#183クーポン画像をユーザーウェブのどの画面でも表示できるようm:idを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ全画面

クーポン画像は今までcoupon_detail.xhtmlでのみ表示が可能でしたが、これをユーザーウェブのどの画面でも表示できるようm:idを追加いたしました。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・common.IF_COUPON_IMAGE
 http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_IF_COUPON_IMAGE.html

・common.COUPON_IMAGE_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_COUPON_IMAGE_TAG.html

※こちらのm:idは『クーポン割引』オプションご利用時のみ有効です。

2016-08-24

#182売掛決済が使えるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法>売掛決済

新たな決済方法として『売掛決済』を追加いたしました。
こちらはシステムと連携しない決済方法のため「使用する」にチェックを入れていただくだけで、お使いいただくことができます。
法人取引をする店舗様は、ぜひご利用ください。

2016-08-18

#181『会員ランク変更通知メール』で会員自由項目を表示できるようになりました

【対象機能・画面】 お店を作る>メールフォーマット登録・照会 画面>会員ランク変更通知メール

『会員ランク変更通知メール』で会員自由項目を表示できるようになりました。
以下のようにメールフォーマットに記載することで、表示可能となります。

#FREE_ITEM●#

※●には自由項目の番号が入ります(例:#FREE_ITEM1#)。

2016-08-18

#180ウィッシュリストページにおいて、ページングができるm:idが追加されました

【対象機能・画面】 ユーザーウェブ>ウィッシュリスト(wishlist.html)

ウィッシュリストにおいて、1ページに表示する件数の設定や、ページングが行えるm:idが追加されました。
m:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

※ウィッシュリスト機能はオプションです。ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。
※本機能はウィッシュリストオプション機能を利用時に、追加設定を行うことで利用できます。ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

・IF_ITEM_EXIST
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_IF_ITEM_EXIST.html

・PAGEGUIDE_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_PAGEGUIDE_HERE.html

・IF_PREV_PAGE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_IF_PREV_PAGE.html

・PREV_PAGE_LINK_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_PREV_PAGE_LINK_TAG.html

・LOOP_PAGE_LINK
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_LOOP_PAGE_LINK.html

・IF_PAGE_LINK_LAST
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_IF_PAGE_LINK_LAST.html

・IF_PAGE_LINK_CURRENT
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_IF_PAGE_LINK_CURRENT.html

・PAGE_LINK_NO_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_PAGE_LINK_NO_HERE.html

・PAGE_LINK_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_PAGE_LINK_TAG.html

・PAGE_NAVIGATION_MAX_ROW_SELECT_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_PAGE_NAVIGATION_MAX_ROW_SELECT_HERE.html

・IF_NEXT_PAGE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_IF_NEXT_PAGE.html

・NEXT_PAGE_LINK_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_NEXT_PAGE_LINK_TAG.html

・PAGE_NUMBER_LINKS_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_WISHLIST_PAGE_NUMBER_LINKS_HERE.html

2016-08-10

#179時限設定を可能にするm:idを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブの全ページ

m:idに時限設定をして、その期間内だけ特定の文言等を表示することができるm:idを追加いたしました。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・common.IF_VALIDITY_PERIOD
http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_IF_VALIDITY_PERIOD.html

2016-08-10

#178商品一覧ページ(item_list.xhtml)で、カテゴリの自由項目を表示させるm:idを追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート>テンプレート管理>item_list.xhtml
         ユーザーウェブ>商品一覧ページ(item_list.xhtml)

ユーザーウェブの商品一覧ページで、カテゴリの自由項目を表示することができるm:idを追加いたしました。
これにより、商品一覧ページでカテゴリの自由項目を使って、HTMLリンクや画像を表示することができるようになります。
今回追加されたm:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・IF_CATEGORY_FREE_VALUE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_IF_CATEGORY_FREE_VALUE.html

・CATEGORY_FREE_VALUE_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_CATEGORY_FREE_VALUE_HERE.html

・CATEGORY_FREE_VALUE_HTML_HERE
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_CATEGORY_FREE_VALUE_HTML_HERE.html

・CATEGORY_FREE_IMAGE_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_LIST_CATEGORY_FREE_IMAGE_TAG.html

2016-08-03

#177お問い合わせフォーマット編集で、テンプレートの作成を選択できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>お問い合わせ管理>お問い合わせフォーマット編集>変更[編集]>[確認]
         ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>各端末のapply$フォルダ

従来のお問い合わせフォーマットは、お問い合わせフォーマットを更新すると、自動でapply$フォルダにテンプレートが作成されるようになっておりましたが、
テンプレートの作成について、店舗様が任意で選択できるようになりました。
任意で選択できるようになる条件は以下の通りです。

【条件】
お問い合わせフォーマットで使用する下記3つのテンプレートが、apply$フォルダにどれかひとつでも存在しない場合(下記テンプレート名の*****にはお問い合わせフォーマットコードが入ります)。

・error_*****.xhtml
・input_*****.xhtml         
・result_*****.xhtml

上記条件を満たした場合、お問い合わせフォーマットの内容を更新する際『テンプレート作成処理』という項目が表示されるようになります。
こちらで、

・テンプレートを作成しない(初期状態)
・テンプレートを作成する

のどちらかを選択して、お問い合わせフォーマット編集画面を更新すると『テンプレートを作成する』を選択した場合のみ、テンプレートが作成されるようになります。
この際、すでに存在しているテンプレートについては、従来通り上書き更新されますのでご注意ください。

2016-08-03

#176フィーチャーフォン用テンプレートに『会員登録して精算させる』ボタンを表示させるm:idを追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート>テンプレート管理>/view/mobile/cart_login.xhtml
         ユーザーウェブ>カートログイン画面(cart_login.html)

従来のフィーチャーフォン用カートログイン画面(/view/mobile/cart_login.xhtml)に下記m:idを追加し『会員登録して精算させる』ボタンを表示できるようになりました。
明日8/3(水)以降、最新版テンプレートに追加されておりますので、ご希望の場合は、最新版テンプレートをダウンロードの上ご利用ください。
m:idの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

・CART_MEMBER_REGIST_FORM_TAG
 http://support.ebisumart.com/item/MOBILE_CART_LOGIN_CART_MEMBER_REGIST_FORM_TAG.html

2016-07-27

#175メールアドレス検証画面(mail_validate.xhtml)で使えるm:idとメールフォーマットを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>mail_validate.xhtml
         ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

従来のメールアドレス検証画面(mail_validate.xhtml)に、下記m:idを追加しメールアドレスを変更できるようにいたしました。
本日7/27(水)以降の最新版テンプレートに追記されております。
m:idそれぞれの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

 ・IF_SHORI_MODE_MAIL_CHANGE'
  会員ログイン時のメールアドレス変更画面にのみ表示されます。
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MAIL_VALIDATE_IF_SHORI_MODE_MAIL_CHANGE.html

 ・IF_CHANGED'
  会員がメールアドレス変更を認証した際の結果画面にのみ表示されます。  
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MAIL_VALIDATE_IF_CHANGED.html

また、このm:id追加に伴い、メールアドレス変更時(会員へメールアドレス変更の認証を促すため)に配信されるメールフォーマットを、新たに追加いたしました。

 ・メール種類ID:44 会員メールアドレス変更確認メール
 ・メール種類ID:93 携帯会員メールアドレス変更確認メール

2016-07-27

#174トピックスの自由項目で使えるm:idを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>トピックス詳細画面(/topics_detail.html)

トピックスの自由項目で使えるm:idを追加いたしました。
こちらを使用すると、トピックスの自由項目にHTMLタグを記述した場合、そのHTMLタグが反映された状態で出力されるようになります。
m:idそれぞれの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

 ・INFO_FREE_VALUE_HTML_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_TOPICS_DETAIL_INFO_FREE_VALUE_HTML_HERE.html

2016-07-27

#173お問い合わせフォーム会員連携機能に性別を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>お問い合わせ管理>お問い合わせフォーマット編集>[編集]>任意の質問項目を[編集]

『お問い合わせフォーム会員連携機能』をご利用いただいている際の会員マスタ項目に「性別」を追加いたしました。
これにより、お問い合わせフォームから会員情報の性別が変更できるようになります。

会員マスタ項目については、弊社サポートサイトのUpdate History(下記URL)より、
『#152『お問い合わせフォーム会員連携機能』が追加されました』をご参照ください。

2016-07-27

#172商品検索/一覧で検索条件を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品検索/一覧>検索条件

商品検索/一覧の検索条件に『配送方法』を追加いたしました。
商品の配送方法を指定し忘れてしまった場合や、特定の配送方法の商品だけメンテナンスしたい場合等の検索条件にご利用ください。

2016-07-27

#171カテゴリ新規登録の項目名を一部改修しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>カテゴリ管理>カテゴリ新規登録>検索結果表示フラグ

従来カテゴリ管理画面では『検索結果表示フラグ』という名称でしたが、
このフラグは、そのカテゴリをユーザーウェブに表示するかしないかを選択するフラグのため、
項目名を『カテゴリ表示フラグ』に変更いたしました。

2016-07-27

#170トピックス管理・トピックスカテゴリ管理で、トピックスを検索する条件を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>トピックス管理>トピックス検索/一覧
         ショップ管理ツール>プロモーション>トピックスカテゴリ管理>トピックスカテゴリ検索/一覧

トピックスを検索できる条件に『トピックスカテゴリコード』『トピックスカテゴリ名』を追加いたしました。
また、トピックスカテゴリ管理では、トピックスカテゴリが最後に更新された日時が表示されるようになりました。

2016-07-27

#169会員情報のポイント履歴区分を一部改修しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員ポイント管理>ポイント履歴区分
         ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員ポイント管理>[新規登録]>ポイント履歴区分
         ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員ポイント管理一括アップロード>ポイント履歴区分

ポイント履歴区分に常時表示されていた『レビューポイント付与『『レビューポイント付与取消』ですが、
この履歴区分は、本来『商品レビュー』オプションをご利用いただいている場合にのみ表示される履歴区分であったため、
商品レビューオプション未利用時には表示されないよう修正いたしました。

2016-07-27

#168メルマガ機能の[全コンテンツのクリックURLを表示]ボタンを非表示にしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>メルマガ配信結果コンテンツレポート>[全コンテンツのクリックURLを表示]

こちらの[全コンテンツのクリックURLを表示]は、
店舗様が配信したメルマガコンテンツ内のクリックURLを複数一度に確認できる機能でしたが、
メルマガの配信数が多い店舗様の場合、このボタンを押すとショップ管理ツールの負荷が高騰し、
ショップ管理ツールが正常に動かなくなる恐れがあるため、一時的にこのボタンを非表示とさせていただきました。
こちらのボタンについては弊社で改修し、改めて店舗様でご利用いただけるようになり次第、本メールにてご案内させていただきます。

このボタンをご利用いただいている店舗様におかれましては、
上記なにとぞご容赦いただき、今後は[クリックURLを表示]ボタンでメルマガコンテンツ内のクリックURLをご確認いただきますようお願いいたします。

2016-07-27

#167ショップ管理ツールのお知らせ一覧を一括で既読にすることができるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>トップページ

通常、店舗様がショップ管理ツールにログインしていただく際には、
トップページで、弊社からの各種お知らせをご案内させていただいておりますが、
このお知らせを一度ですべて既読にする『全て既読にする』ボタンを追加いたしました。

お知らせウィンドウの左上に『お知らせ/全て既読にする』と表示されますので、
『全てを既読にする』にカーソルを合わせてクリックすると、未読のお知らせがすべて既読になります。

2016-07-20

#166テンプレート管理のスクロールバーの位置が、最下部で固定される不具合を修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート>テンプレート管理

【前提】chromeでショップ管理ツールをご利用いただいている場合のみ

テンプレート管理画面でテンプレートを開いた際、上下に動かすスクロールバーが一番下から始まるという不具合が発生しておりましたが、こちらについては他のブラウザ同様、最初に開いた時は上から始まり、編集後は、最後に編集した箇所から始まる、というふうに修正いたしました。
なお、他のブラウザ(IE・firefox等)で、同様の不具合は確認されておりませんので、どうぞご安心ください。

2016-07-14

#165商品コードリスト・受注NOリストで検索する際の検索条件を、一部制御するよう改修しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品検索/一覧>検索条件『商品コードリスト』
         ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注データ管理>検索条件『受注Noリスト』

上記検索条件の『商品コードリスト』『受注Noリスト』は、従来リスト内の件数を無制限で検索することができましたが、
大量の検索条件で検索するとエラーを起こすことが判明いたしましたので、この検索条件の上限数を"5,000件まで"とすることにいたしました。
5,000件を超えて検索した場合は、以下のメッセージが表示されますので、ご注意ください。

「検索条件数が多いために検索を行えません。検索条件を減らした上で再度検索を行ってください。」

2016-07-14

#164トピックス管理でトピックスに紐付くリンク先指定を削除できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>トピックス管理>トピックス検索/一覧>[変更]>リンク先指定

今まで各トピックスに紐付くリンク先指定は、一度登録した内容の変更はできても、登録する欄の内容事態を削除して、空欄にすることができない状態でしたが、
これを改修し、空欄にすることができるようになりました。

2016-07-14

#163発送スパンを指定している商品で、受注登録した場合の次回配送予定日が自動反映するようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注新規登録>その他情報>次回配送予定日
         初期設定>『SK受注登録時次回配送予定日自動計算機能』

【前提】
・『定期販売』オプションをご利用中。
・商品の『発送スパン』が指定されている。

上記前提で、ショップ管理ツールから受注新規登録を行う際、
次回配送予定日が指定されていない状態で、受注を登録しようとすると、
従来は必須項目の入力エラーとなり、登録ができなくなっておりましたが、
発送スパンを自動計算して、次回配送予定日が登録できるように機能を改修いたしました。

この次回配送日は、登録された後、手動で変更することも可能です。

※この設定をご希望される場合は、弊社で設定をする必要がございますので、弊社サポートへお問い合わせください(設定は無償です)。

2016-07-14

#162商品バリエーションが大量にある場合の警告メッセージを追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品新規登録>バリエーション・在庫登録
         ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品一括アップロード>バリエーションリスト
         ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品バリエーション一括アップロード>バリエーションコード

上記の対象画面で、商品に紐付くバリエーションを登録する際、
商品に紐付けるバリエーション数が多くなった結果、商品名とバリエーションコードの合計文字数が半角で200文字以上になる場合は、
警告として、

『バリエーションを組み合わせた際のバリエーション名が文字数の制限を超えています。』

という文言を黄色で表示するようにいたしました。
警告文は、弊社のシステムで情報収集をする目的で表示しているため、店舗様の運用に問題は生じません。

2016-07-14

#161新オプション『会員タグオプション』が追加されました

【対象機能・画面】弊社サポートサイト『会員タグオプション』(下記URL)をご参照ください。


http://support.ebisumart.com/item/MEMBER_TAG_OPTION.html

会員タグオプションは、会員情報を個々のグループ(名称:会員タグ)で、登録することができる機能です。
グループ化された会員情報は、各メニューでさまざまな用途にご利用いただくことが可能です。

こちらのオプションは無償でご利用可能です。
ご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。

2016-07-07

#160『予約フラグ自動有効化フラグ』オプションの動きを変更できる初期設定を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品検索/一覧>[編集]>『予約商品フラグ』及び『予約フラグ自動有効化フラグ』

【前提】
・『予約販売』オプションをご利用中。
・『予約フラグ自動有効化フラグ』をご利用中。
・『予約フラグ自動有効化フラグ』が『有効化する』に設定されている商品。

●変更前(現在の挙動)

ユーザーウェブで上記前提に該当する商品の注文があり、その商品が在庫切れになった場合、その商品は自動的に"予約商品"となるよう設定されていましたが、
ショップ管理ツールで該当商品が在庫切れになった場合、その商品は"通常商品"のままで予約商品にはなりませんでした。



●変更後

システム管理の初期設定に『SK商品変更時予約フラグ自動有効化』という設定を追加いたしました。
この設定を利用すると、ユーザーウェブ・ショップ管理ツール共に該当商品が在庫切れになった場合は、自動的に"予約商品"となります。
なお、この初期設定を使用しない場合は、現在の挙動のままとなりますので、店舗様の運用状況に応じてご活用ください。

※設定は、弊社にて行います(無償です)。
ご希望の場合は、弊社サポートまでお問い合わせください。

2016-06-29

#159ショップ管理ツールから受注登録した際のエラーメッセージを一部修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>受注登録

ショップ管理ツールで受注登録する際、商品が複数明細あり、かつその複数明細のいくつで在庫が足りない場合、

『在庫数が不足しています。
恐れ入りますが、数量を減らして再度明細を追加してください。(明細番号:1)』

と表示され"一番最初の明細番号のみ"在庫が足りない旨の表示が今まではされておりましたが、
こちらについて、複数明細で在庫が足りない場合は"在庫が足りないすべての明細番号を表示"するよう修正いたしました。

2016-06-29

#158高額購入割引のメッセージを修正いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>買い物かご確認画面(cart_index.html)

高額購入割引使用時に、商品を買い物かごに入れると、買い物かご確認画面で、

・割引後送料を無料に設定している場合は『あと***円で送料が無料に割引になります。』
・割引後送料をいくらと設定している場合は『あと***円で送料が***円に割引になります。』

というメッセージが表示されておりましたが、若干、日本語がおかしいというご指摘をいただいておりましたため、

・割引後送料を無料に設定している場合は『あと***円で送料が無料になります。』
・割引後送料をいくらと設定している場合は『あと***円で送料が***円になります。』

のように修正いたしました。

2016-06-29

#157メルマガメール形式のラジオボタンについて、デフォルトの設定をテキストからhtmlに変更することができるm:idを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>トップページ
         ユーザーウェブ>会員新規会員登録画面、または会員情報変更画
         ユーザーウェブ>カート精算画面


えびすマートの標準仕様では、メルマガのメール形式を指定するラジオボタンがデフォルトでテキスト形式に設定されておりますが、
こちらをHTML形式に設定することができるm:idを追加いたしました。
m:idそれぞれの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

■トップページ用(トップページだけではなく、default.xhtmlで使用可能なm:idです)

 ・common.INIT_NOT_SELECTED_MAILMAG_MAILTYPE_TEXT_RADIO_TAG
  http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_INIT_NOT_SELECTED_MAILMAG_MAILTYPE_TEXT_RADIO_TAG.html
 ・common.INIT_SELECTED_MAILMAG_MAILTYPE_HTML_RADIO_TAG
  http://support.ebisumart.com/item/DEFAULT_INIT_SELECTED_MAILMAG_MAILTYPE_HTML_RADIO_TAG.html

■会員新規会員登録画面、または会員情報変更画(userweb/member_input.xhtmlで使用可能なm:idです)

 ・INIT_NOT_SELECTED_PC_MAILTYPE_TEXT_INPUT_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MEMBER_INPUT_INIT_NOT_SELECTED_PC_MAILTYPE_TEXT_INPUT_HERE.html
 ・INIT_SELECTED_PC_MAILTYPE_HTML_INPUT_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MEMBER_INPUT_INIT_SELECTED_PC_MAILTYPE_HTML_INPUT_HERE.html
 ・INIT_NOT_SELECTED_MOBILE_MAILTYPE_TEXT_INPUT_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MEMBER_INPUT_INIT_NOT_SELECTED_MOBILE_MAILTYPE_TEXT_INPUT_HERE.html
 ・INIT_SELECTED_MOBILE_MAILTYPE_HTML_INPUT_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_MEMBER_INPUT_INIT_SELECTED_MOBILE_MAILTYPE_HTML_INPUT_HERE.html

■カート精算画面用(userweb/cart_seisan.xhtmlで使用可能なm:idです)

 ・INIT_NOT_SELECTED_PC_MAIL_TYPE_TEXT_INPUT_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_CART_SEISAN_INIT_NOT_SELECTED_PC_MAIL_TYPE_TEXT_INPUT_HERE.html 
 ・INIT_SELECTED_PC_MAIL_TYPE_HTML_INPUT_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_CART_SEISAN_INIT_SELECTED_PC_MAIL_TYPE_HTML_INPUT_HERE.html
 ・INIT_NOT_SELECTED_MOBILE_MAIL_TYPE_TEXT_INPUT_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_CART_SEISAN_INIT_NOT_SELECTED_MOBILE_MAIL_TYPE_TEXT_INPUT_HERE.html
 ・INIT_SELECTED_MOBILE_MAIL_TYPE_HTML_INPUT_HERE
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_CART_SEISAN_INIT_SELECTED_MOBILE_MAIL_TYPE_HTML_INPUT_HERE.html

2016-06-29

#156『Paidy翌月払い(コンビニ/銀行ATM)』『Amazonログイン&ペイメント』のご利用が可能となりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法

Paidy翌月払いについて
Paidy翌月払いとは、メールアドレスと携帯番号の登録だけで、簡単にオンライン決済ができる支払い方法です。
Paidyについて、詳しくはこちらをご覧ください。

https://paidy.com

※受注時に、受注情報をPaidyへ連携し、与信審査をいたします。
※店舗様では、商品出荷時等にオーソリ確定処理をする必要があるため、個別に受注情報のアップロード等をしていただく必要がございます。
※ご利用をご希望される際は、弊社でカート完了画面にテンプレートを組み込む必要がございます。まずは弊社サポートへお問い合わせください。

Amazonログイン&ペイメントについて
詳しくは弊社ニュースをご参照ください。
ご不明な点については弊社サポートへお問い合わせください。

2016-06-15

#155アトディーネ決済のご利用が可能となりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法>アトディーネ決済(後払い)

ジャックスグループが提供する後払い決済サービス『アトディーネ』が、えびすマートでもご利用可能となります。

アトディーネの詳細については、こちらをご覧ください。

http://www.atodene.jp/

※受注時に、受注情報をアトディーネへ連携し与信審査をいたしますので、店舗様で個別に受注情報のアップロード等をしていただく必要はありません。
※ご希望される際は、弊社でバッチ設定をする必要がございますので、ご利用いただく前に弊社サポートへお問い合わせください。

2016-06-01

#154商品コードを変更した場合に発生する、商品バリエーション画像の不具合を修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品管理>商品検索/一覧>商品情報[編集]>バリエーション・在庫登録>バリエーション画像

商品属性画像オプション使用時に、すでに登録されている商品の商品コードを変更すると、その商品に紐づいていた商品バリエーション画像がファイルごと消えてしまう、という不具合がございましたが、こちらの件を修正いたしました。

2016-06-01

#153Criteoオプションを一部追加・改修しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品管理>商品新規登録(または商品情報変更)画面
    ショップ管理ツール>カテゴリ管理>カテゴリ新規登録(またはカテゴリ情報変更)画面
    ショップ管理ツール>プロモーション>データフィード広告管理>Criteo設定

1.商品新規登録(または商品情報変更)画面
『CriteoカタログフィードCSV出力フラグ』『Criteoトラッカー出力フラグ』の2項目を『Criteo連携フラグ』としてひとつの項目に統合いたしました。
こちらはCriteo側での不一致データを減らすための仕様変更となります。

2.カテゴリ新規登録(またはカテゴリ情報変更)画面
『CriteoカタログフィードCSV出力フラグ』『Criteoトラッカー出力フラグ』の2項目を追加いたしました。
『CriteoカタログフィードCSV出力フラグ』は、Criteoカタログフィードにカテゴリを出力するかしないかを設定する項目、『Criteoトラッカー出力フラグ』は、カテゴリページのトラッカータグを出力するかしないかを設定する項目となります。

3.Criteo設定
『デバッグトラッカー出力フラグ』を追加いたしました。
今までは本番環境でしか、トラッカーの出力を確認出来ませんでしたが、このフラグをONにすることでデモ環境や本番環境プレビューでも、トラッカータグの出力を確認できるようになりました。

2016-05-25

#152『お問い合わせフォーム会員連携機能』が追加されました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>お問い合わせ管理>お問い合わせフォーマット編集>項目編集>会員マスタ項目>会員マスタを更新する

この機能をONにすると会員マスタ項目に「会員マスタを更新する」というチェックボックスが表示されるようになります。

このチェックボックスにチェックを入れた場合は、
お問合せフォームで会員マスタ項目として設定されている項目に変更があった際、
変更された内容で、会員マスタが上書きされるようになります。

※上記仕様のため、本設定をご希望の際は弊社サポートへご一報ください。
また、この設定をご利用いただく場合は、店舗様のカスタマイズ状況により、会員マスタに関する影響範囲調査が必要となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

2016-05-25

#151『買い物かごにいれる』ボタンをポップアップ表示で簡略化できるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

商品詳細ページの『買い物かごに入れる』ボタンを、バリエーション単位で表示させている場合に、
カートへの投入が画面遷移型だけではなく、ポップアップ表示でもカート投入できるようになりました。

上記を実現させるために追加されたm:idは以下の通りです。
m:idそれぞれの説明、及び記入例についてはm:idに付記しているURLから、サポートサイトをご参照ください。

 ・PUT_TO_CART_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TAG_ONE_PROPERTY
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_DETAIL_PUT_TO_CART_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TAG_ONE_PROPERTY.html

 ・PUT_TO_CART_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TAG_TWO_PROPERTY
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_DETAIL_PUT_TO_CART_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TAG_TWO_PROPERTY.html

 ・PUT_TO_CART_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TAG_OVER_THREE_PROPERTY
  http://support.ebisumart.com/item/USERWEB_ITEM_DETAIL_PUT_TO_CART_AFTER_AJAX_CHECK_BUTTON_TAG_OVER_THREE_PROPERTY.html

2016-05-25

#150自動お知らせ管理で、お知らせ表示アイコンを自由にアップロードできるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>自動お知らせ管理>新しい自動お知らせ設定の追加>お知らせ表示アイコン>アイコン追加

自動お知らせ管理のお知らせ表示アイコンは、今まで【ブラック】【リピーター】【常連】の3パターンのみでしたが、
アイコン追加ボタンから、任意のアイコン画像をアップロードして使用できるようになりました。
アップロードした画像は「autoalertimage」フォルダに保存されます。
またアップロードした画像の削除も「autoalertimage」フォルダから削除してください。

※上記は『注文・会員登録自動お知らせ』オプションをご利用いただいている場合となります。あらかじめご了承ください。

2016-05-18

#149マイページの購入履歴で、受注配送先自由項目を表示させる事が出来るようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール:テンプレート(member_history.xhtml)
    ユーザーウェブ:マイページ>購入履歴

ユーザーがログイン後のマイページで、購入履歴に受注配送先自由項目を表示させる事が出来るようになりました。
購入履歴で使用出来るようになったm:idは以下の通りです。

 ・IF_SEND_FREE
 ・IF_SEND_FREE_VALUE
 ・SEND_FREE_TITLE_HERE
 ・SEND_FREE_COMMENT_HERE
 ・SEND_FREE_VALUE_HERE
 ・SEND_FREE_VALUE_HTML_HERE

m:idそれぞれの説明、及び記入例については下記のサポートサイトをご参照ください。

 ・m:id一覧userweb/member_history.xhtml
  http://support.ebisumart.com/item/MID_USERWEB_MEMBER_HISTORY.html

2016-05-11

#148後払い(SMBCファイナンスサービス)決済に取消連携機能を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法>後払い(SMBCファイナンスサービス)>取消API連携フラグ

決済方法が「後払い(SMBCファイナンスサービス)」の注文を、ユーザーウェブのマイページまたはショップ管理ツールで取り消した際に、SMBCファイナンスサービス側でも取消処理が行える機能を追加しました。

初期状態は従来通り連携しない設定になっておりますので、ご利用いただく場合は決済方法の設定画面で「取消API連携フラグ」の「受注取消時に取り消し連携する」にチェックを入れてください。

2016-05-11

#147商品バリエーションの自由項目を納品書/発注書に表示できるようになりました

【対象機能・画面】納品書フォーマット

商品バリエーションの自由項目を納品書/発注書に表示できるよう、置換文字を追加しました。
※受注時ではなく、納品書/発注書を出力する際の商品データの情報を表示します。

・置換文字
#ITEM_ITEMPROPERTY_CONFIG.FREE_ITEMn#
(nは自由項目の数字をご入力ください)

・追加が可能なテンプレート
ショップ管理ツール>画像・テンプレート>ファイル管理
/WEB-INF/NOUHINSHO.xls
/WEB-INF/NOUHINSHO_type2.xls
/WEB-INF/HACHUSHO.xls

上記ファイルの、商品名等を表示する行に追加してください。

2016-04-27

#146継続課金にて、0円の注文があった場合のエラーを回避するように修正しました

【対象機能・画面】SMBCFS継続課金/GMOPG継続課金/ECONTEXT継続課金

クレジットカードの継続課金で請求確定情報を送信する際に、0円の情報を送信するとエラーになる為、0円の受注情報は除外するよう修正しました。
※0円の受注も今まで同様、通常の受注と同じタイミングで入金区分にチェックが入ります。

<0円の受注ができるパターン>
初回無料キャンペーンの定期受注など、0円で定期受注が作られる場合があります。
そのデータも正しく継続課金データとして処理できるようになりました。

2016-04-27

#145商品一括アップロードの新規登録で「新着順用更新日」が設定できるよう修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品一括アップロード

商品一括アップロード画面から商品の新規登録を行う際、CSVファイルの「新着順用更新日」の値を無視してアップロード日がセットされていました。
CSVファイルの「新着順用更新日」が設定されている場合は設定された値で、設定されていない場合はアップロード日をセットするよう修正しました。

※本事象は新規に商品を登録した場合のみです。更新の場合はアップロード日のセットは行われません。

2016-04-20

#144ネクストエンジン連携機能の出荷実績取込の文字数制限を変更しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>出荷実績取込(ネクストエンジン)

ネクストエンジン連携機能にて、出荷実績取込の際に登録可能な「発送伝票番号」の桁数が20文字まででしたが、2000文字まで登録出来るよう変更しました。

※ネクストエンジン連携機能はオプション機能です。
ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-04-20

#143商品検索/一覧画面からの登録区分変更で「更新日時」が変更されるよう修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品検索/一覧

商品情報を、ショップ管理ツールの商品検索/一覧画面の[一括本登録][一括仮登録][本登録]ボタンで変更した際、変更した商品の「更新日時」が更新されなかったので、更新されるよう修正しました。

2016-04-20

#142商品と受注を「別精算ページ名」で検索できるよう修正しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品検索/一覧
    ショップ管理ツール>受注管理>受注検索/一覧

「別精算ページメンテナンス」オプションを追加した際に「別精算ページ名」での検索が出来なかった為、検索できるよう修正しました。

・商品検索/一覧 >検索条件 > 別精算ページリンク(チェックボックス表示)
・受注検索/一覧 >検索条件 > 別精算ページリンク(チェックボックス表示)
・受注登録 > その他情報 > 精算ページ(プルダウン表示)
・商品新規登録 > 別精算ページリンク列(プルダウン表示)

※別精算ページメンテナンスはオプション機能です。
ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-04-14

#141会員参照・編集画面の購入履歴表示件数を制御する機能を追加

【種別】機能追加
【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文と会員の管理>会員データ検索/一覧>会員編集画面


現在、新しい順に表示している会員の購入履歴の表示件数を制限する機能が追加されました。
以下の初期設定項目にて入力した値の件数のみが新しい順で表示されます。
今後はページング機能等も実装予定です。

システム管理>初期設定
初期設定項目:ショップ管理ツール会員購入履歴件数

2016-04-14

#140定期割引設定にて機能追加

【種別】機能追加
【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品管理>定期割引設定マスタ>定期割引設定登録・変更画面


2016/3/30にご案内しております定期商品初回割引機能の追加となりますが、
定期割引設定において、割引開始定期番号を「1」に設定した場合でも、
初回購入時より以下の設定が可能になりました。

・定期割引送料無料フラグ
・定期割引決済手数料無料フラグ
・定期割引懸賞商品コード(プレゼント商品コード)

※各設定項目の詳細につきましては弊社サポートサイトをご参照ください。

2016-04-14

#139クレジットカード(ゼウス)に取消API連携フラグの項目を追加

【種別】機能追加
【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法>クレジットカード(ゼウス)


クレジットカード(ゼウス) に取消API連携フラグの項目を追加しました。
決済方法の「取消API連携フラグ」で受注取消時に取り消し連携するかしないかを設定できます。
定期購入商品の確認・変更画面でゼウス決済を使用した定期子受注の取消を行った場合にのみ取消API処理が行われます。
定期親受注の取消では取消API処理は行なわれません。

2016-03-30

#138受注表示番号重複不可機能を追加

今まで受注表示番号が重複した場合でも登録が可能でしたが、
重複した場合はエラーとし登録できないようにする設定が可能となりました。
ご希望の場合はサポートまでお申し出ください。

2016-03-30

#137ショップ管理ツールアクセスログ表示の検索条件に「処理種別」を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>アクセスログ>管理ツールアクセスログ表示

  ショップ管理ツールアクセスログ表示の検索条件に「処理種別」を追加しました。
  システム側で行われた処理の種類で検索ができるようになります。

2016-03-30

#136配送希望日の入力をプルダウン方式で選択可能に改修

【対象機能・画面】ユーザーウェブ

  カート精算ページでの配送希望日を、プルダウンの選択にて指定可能となりました。
  選択可能な日付は、おみせをつくる>サイト基本情報、または商品設定画面の
  「配送希望日指定可能最小日数/最大日数」「商品の配送方法リードタイム」より出力します。

  ▼cart_seisan.xhtml
  (単独配送)
  ・DELIVERY_DATE_SELECT_INPUT_HERE
  (複数配送)
  ・MULTI_SEND_DELIVERY_DATE_SELECT_INPUT_HERE
   ⇒複数配送先の配送希望日をプルダウン形式で出力します。

2016-03-30

#135電話番号の検索時にハイフンありなしどちらでも検索可能に機能を改修

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>受注データ管理/会員データ検索・一覧

  電話番号と配送先電話番号をデータ検索する際に、
  ハイフンありなしどちらでも検索できるようになりました。

2016-03-30

#134商品一覧のm:id【FREE_LINK_TAG】を非推奨とし新規m:id【FREE_ITEM_LINK_TAG】を作成

【対象機能・画面】デザインテンプレート

  商品一覧ページ(item_list.xhtml)のm:id【FREE_LINK_TAG】が、
  相対パスを設定しても正しいリンクが作成されていなかったため、
  m:id【FREE_ITEM_LINK_TAG】を新規作成して正しく動作するよう修正しました。

  ※m:id【FREE_LINK_TAG】は非推奨m:idとします。

2016-03-30

#133ポイント還元率・付与ポイントを表示するm:idを追加

【対象機能・画面】デザインテンプレート

  ポイント還元率・付与ポイントを表示するm:idを追加しました。

 ▼共通テンプレート
  ・m:id='common.MEMBER_POINT_RATE_HERE'
   ⇒ログインユーザのポイント還元率を出力します。
  ・m:id='common.CART_ADD_POINT_SUM_HERE'
   ⇒カートに入っている商品から会員に付与されるポイント数の合計を出力します。

 ▼cart_confirm.xhtml/cart_result.xhtml(userwebのみ/mobileなし)
  ・m:id='ADD_POINT_SUM_HERE'
   ⇒会員に付与されるポイント数の合計を出力します。

 ▼cart_confirm_item.xhtml/cart_seisan_confirm.xhtml(mobileのみ/userwebなし)
  ・m:id='ADD_POINT_SUM_HERE'
   ⇒会員に付与されるポイント数の合計を出力します。

2016-03-30

#132クロネコwebコレクト決済・クロネコ代金後払い決済に対して他社配送対応可能の機能を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>受注登録画面/配送先登録画面/出荷実績アップロード画面

  クロネコwebコレクト決済、クロネコ代金後払い決済の受注に対して、
  今まではクロネコヤマトの伝票番号しか登録できませんでしたが、
  他社配送の伝票番号を連携することができるようになりました。

2016-03-30

#131複数配送先選択時に代引きでの支払いを不可にする選択機能を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>おみせをつくる>決済方法>代金引換

  注文者と別住所に配送する場合や、複数配送先を指定した場合の代引きの支払いについて、
  下記の選択が設定可能となりました。
  ・配送先指定時に代引利用不可とする
  ・複数配送先指定時に代引利用不可とする

2016-03-30

#130メルマガ配信対象アドレス絞り込みの累計購買回数に商品コードを追加

【対象機能・画面】プロモーション>メルマガ管理>メルマガ予約・配信>配信対象アドレス絞り込み

  メルマガ配信対象アドレス絞り込みの累計購買回数に、商品コードを入力することで、
  「指定した商品を指定の期間に○○回購入した会員」を抽出することができるようになりました。
  ※0回~0回と指定することで指定した商品を購入したことがない会員に送信することができます。

2016-03-30

#129カテゴリ別商品詳細テンプレート機能を追加

【対象機能・画面】商品の管理>カテゴリ管理>カテゴリマスタ>カテゴリ別商品詳細テンプレートの設定

  エンドユーザーが、カテゴリを選択>商品一覧ページ>商品詳細ページを表示した際の   デザインテンプレートを、カテゴリ別に設定することができるようになりました。
  カテゴリ商品一覧ページからカテゴリ商品詳細ページを開いた際は、下記URLになります。
  /category/カテゴリコード/商品コード.html
  上記のカテゴリコードに紐づいているテンプレートが適用されます。

  ※本機能のご利用をご希望の場合は、
   カテゴリ別テンプレートオプションのお申し込みが必要となります。
   ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-03-30

#128定期商品初回割引機能を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>定期割引設定マスタ

  定期割引設定マスタ画面にて、定期番号(開始)に「1」を設定することができるようになりました。
  定期番号(開始)に「1」を設定した場合、初回の定期注文の金額を任意に設定することが可能です。
  ※定期割引送料無料フラグ・定期割引決済手数料無料フラグ・定期割引懸賞商品コードは、 2回目の定期注文から設定可能です。
  ※初回の定期注文を0円にする場合、0円で決済可能な決済方法の設定が必要です。
  ※初回の定期割引はユーザーウェブからの注文時のみ適用され、 ショップ管理ツールからの受注登録では適用されません。

 ▼注意点
  初回の定期割引はカートに商品を投入した段階で適用され表示されます。
  カート内商品の金額表示が初回割引後の価格になりますのでご注意ください。
  初回以降の金額も同時に表示する場合は別途m:idの組み込みが必要となります。

  ※定期商品機能はオプションとなります。
  ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-03-30

#127クロスモール出荷実績取込を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>出荷実績取込(クロスモール)

  クロスモールから出力された出荷情報が取込可能となります。
  取込時の選択に下記が設定可能となります。
  ・配送日設定
  ・出荷お知らせメール配信
  ・クレジット決済確定処理
  ・代引決済入金処理

 ※クロスモール出荷実績取込機能はオプションとなります。
  ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-03-17

#126カテゴリを繰り返し表示する際、指定したカテゴリの表示内容の変更が可能になりました

【対象機能・画面】全ページ

カテゴリを繰り返し動的に表示する「common.LOOP_SUB_CATEGORY」
で特定のカテゴリを指定するm:id「common.IF_SUB_CATEGORY_CODE_MATCH」を追加しました。
特定のカテゴリだけ表示内容やリンク先を変更することが出来ます。

記述例)
カテゴリコード「AAA」だけ商品コード「BBB」の商品名「○○」を表示して商品詳細ページに遷移させ、
カテゴリコード「AAA」以外はカテゴリ名を繰り返し表示し、クリックするとカテゴリ一覧に遷移させる場合
テンプレートへ以下のように記述頂くことでご利用いただけます。

<!-- カテゴリAAA -->
<span m:id='common.IF_SUB_CATEGORY_CODE_MATCH' category_cd='AAA'>
<a href='item/BBB.html'>○○</a>
</span>

<!-- カテゴリAAA以外-->
<span m:id='common.IF_SUB_CATEGORY_CODE_MATCH' category_cd='AAA' m:NOT=''>
 <span m:id='common.IF_NOT_SUB_CATEGORY_SELECTED'>
  <a m:id='common.SUB_CATEGORY_LINK_TAG' href="#" title=""><span m:id='common.SUB_CATEGORY_NAME_HERE'>子カテゴリ</span></a>
 </span>
 <span m:id='common.IF_SUB_CATEGORY_SELECTED'>
  <a m:id='common.SUB_CATEGORY_LINK_TAG' href="#" class="select" title=""><span m:id='common.SUB_CATEGORY_NAME_HERE'>子カテゴリ</span></a>
 </span>
</span>

2016-03-17

#125購入履歴ページで件数の表示とページ送りが可能になりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>マイページ>購入履歴ページ


PC・スマートフォンの購入履歴ページに表示件数の表記とページ送り機能を追加しました。
member_history.xhtml のテンプレートへ以下のように記述頂くことで機能をご利用いただけます。

<div m:id='IF_ORDER_EXIST'>
  <div class="pageguide"><span m:id='PAGEGUIDE_HERE'>30件検索されました。1件目から5件目を表示しています。</span></div>
  <div><span m:id='PAGE_NAVIGATION_MAX_ROW_SELECT_HERE'></span></div>
   <td class="button"><span m:id="IF_PREV_PAGE"><a m:id="PREV_PAGE_LINK_TAG" href="javascript:void(0);">< 前ページを表示</a></span></td>
   <td class="link"><span m:id='PAGE_NUMBER_LINKS_HERE' m:max_count='5'>1 | <a href="javascript:void(0);">2</a> | <a href="javascript:void(0);">3</a> | <a href="#">4</a> | <a href="#">5</a></span></td>
   <td class="button"><span m:id="IF_NEXT_PAGE"><a m:id="NEXT_PAGE_LINK_TAG" href="javascript:void(0);">次ページを表示 ></a></span></td>
  </div>
 </div>

2016-03-17

#124会員別商品価格の新規登録/変更画面ができました

【対象機能・画面】商品管理>会員別商品価格テーブル設定検索

CSVファイルでのアップロード機能に加え、画面から個別登録・検索/一覧表示・編集・削除ができるようになりました。

2016-03-17

#123ショップ管理ツールで注文を定期にまとめる際に表示する情報を追加しました

【対象機能・画面】注文の管理>受注管理>受注新規登録/受注変更

ショップ管理ツールから作成する注文を定期にまとめる際に、まとめ先の定期受注を選択する画面に表示される情報を追加しました。
複数の定期受注からまとめ先を選択する際の参考情報になります。
※まとめ先の定期受注を選択する画面は、その他情報タブの「定期にまとめ先注文親番号」の[参照]ボタンで表示されます。

[表示追加項目]
・決済方法
・受注明細番号
・商品コード
・商品名称
・まとめ後合計金額
(現在の注文とまとめ先の注文との「請求合計金額」の合算を表示します。入力中の場合は「計算」ボタンをクリックしてからご確認ください。)
※「定期販売」機能はオプションとなります。ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-03-17

#122受注明細画面に表示する商品設定情報の表示形式を変更しました

【対象機能・画面】注文の管理>受注管理

受注明細画面の「注文ケース数」入力欄横の虫メガネアイコンにカーソルを合わせた際に表示されていた商品情報を、常に表示されるよう変更致しました。
以下の情報が登録されている商品の商品コードを入力すると、個数欄にそれぞれの設定内容が表示されます。

・最低注文数
・商品入数
・商品単位制限数

※ショップ管理ツールからは、商品に設定した数に関係なく注文の登録が可能です。参考情報としてご覧ください。

※「商品入数」はオプションとなります。
ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-03-14

#121カート画面・購入履歴画面での画像表示の仕様変更のお知らせ

【対象機能・画面】
ユーザーウェブ>カート画面


商品のバリエーション画像が存在する場合、
カート画面・購入履歴で商品バリエーション画像を表示することができるようになりました。
今までどおり商品画像を表示することもできます。

本機能をご利用希望の際はサポートまでお問い合わせください。

2016-03-14

#120出荷実績取り込みの仕様変更のお知らせ

【対象機能・画面】
ショップ管理ツール


今まではCSVのヘッダが「日本語名」のカンマ区切りのみでしたが、
「日本語名:英語名」のカンマ区切りもできるようになりました。

例)
仕様変更前
「お客様管理番号,宅配伝票番号~~~」

仕様変更後
「お客様管理番号:ORDER_DISP_NO,宅配伝票番号:SHIP_SLIP_NO~~~~」

対象のアップロード項目は以下4つになります。
・送り状番号アップロード:e飛伝2
・送り状番号アップロード:bizprint
・送り状番号アップロード:yamatob2
・送り状番号アップロード:NEXT-ENGINE

※ご希望の際はオプションの申込みをサポートまでお問い合わせください。

2016-03-14

#119ポイント管理一括アップロード機能追加のお知らせ

【対象機能・画面】
ショップ管理ツール>会員・問い合わせ管理>会員管理


会員のポイント管理をアップロードで行えるようになりました。
会員ポイント管理一括アップロード画面では新規登録のみ行うことができます。
会員ポイント履歴登録・変更画面の処理と同じく該当する会員のポイントの更新も行います。

以下のメニュー管理画面から利用区分を変更することで表示可能です。
ショップ管理ツール>メニュー管理>「会員ポイント管理一括アップロード」

2016-02-25

#118購入時、利用するクーポンをリストから選択できるように修正

【対象機能・画面】ユーザーウェブ


会員がカート精算ページ(cart_seisan.xhtml)でクーポンを利用する際、今まではクーポンコードを入力する必要がありましたが、紐づけ登録してあるクーポンコードが一覧表示され、ラジオボタンにて選択する事ができるようになりました。

また、その際にクーポンの詳細情報を確認できるクーポン詳細ページ(coupon_detail.xhtml)を追加しました。

2016-02-25

#117クーポン機能を改善

【対象機能・画面】プロモーション>クーポン管理(オプション機能)


今まで会員に対してクーポン情報を紐づける際は、ショップ管理ツールの「クーポン新規登録」にて設定していましたが、 新たに「クーポン別会員一括追加登録アップロード」画面を追加し、CSVファイルにて一括アップロードすることができるようになりました。
これに伴い、以下の画面にて項目を変更・追加しています。
※変更に伴う店舗様でのデータ変更等の作業はありません。

▼クーポン新規登録 画面
 【廃止】
  ・会員ID
 【追加】
  ・対象ユーザー数:クーポンコードに紐づけされている会員の数を表示します。
  ・コメント欄:ユーザーウェブで表示されるコメントを入力します。
  ・クーポン画像:クーポンの画像を指定します。
  ・公開フラグ:ユーザーウェブでの公開/非公開を指定します。

▼クーポン検索/一覧 画面
 【追加】
  ・対象ユーザー数:クーポンコードに紐づけされている会員の数を表示します。
  ・公開フラグ:公開/非公開を表示します。
  ・クーポン別ダウンロード:クーポーンコードに紐づく会員IDのCSVをダウンロードします。

▼クーポン別会員一括追加登録アップロード 画面 ※新規追加
  会員IDをクーポンに紐づけしてCSVにて一括アップロード登録ができます。


 ※クーポン機能はオプションとなります。
  ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-02-25

#116個人情報マスク設定の機能改善

【対象機能・画面】初期設定


個人情報をマスクする機能をページごとに分けることができるようになりました。
パスが設定されている場合、その機能は個人情報がマスクされた情報で表示され、
情報の更新はできなくなります。
パスが1つも設定されてない場合は、全ての画面が個人情報マスク対象となります。

※設定をご希望の場合はサポートまでお問合せください。

2016-02-25

#115マイページ購入履歴にて商品単価を税込みで表示するm:idを追加

【対象機能・画面】テンプレート管理(member_history.xhtml)
【m:id】m:id='ITEM_PRICE_WITH_TAX_HERE'


2016-02-24

#114商品登録時のAPIにて項目を追加

【対象機能・画面】初期設定


初期設定にて、Criteo連携用の項目を追加しました。

・CriteoカタログフィードCSV出力フラグ
・Criteoバナー表示フラグ
・Criteoトラッカー出力フラグ


初期設定にて、商品シリアル用の項目を追加しました。

・商品シリアルお知らせメール最低在庫数


今後構築される店舗のデフォルト値が変わるだけですので、
既存店舗に特に影響はございません。

2016-02-24

#113ネクストエンジン連携項目にクーポン割引を追加

【対象機能・画面】ネクストエンジン連携機能(オプション機能)


ネクストエンジン連携用CSVファイル出力にて、項目を追加しました。

受注一覧画面の下に表示されてる「ネクストエンジン連携用CSV出力」ボタンを押下した際に
出力されるcsvファイルの項目に、クーポン割引額を追加しました。
クーポンオプションを使用している場合、マイナス値で出力されます。

※ご希望の際はオプションの申込みをサポートまでお問い合わせください。

2016-02-24

#112定期事前通知メールに変数を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会


定期販売事前通知メールで使用できる変数を追加しました。

置換文字「NEXT_ORDER_VAL」:次回作成予定の子受注が何回目の定期かわかる数値を出力します。

数字のみが表記されますので、以下のようにお使いください。
例:「次回:#NEXT_ORDER_VAL#回目」

2016-02-24

#111会員の購入履歴一覧画面で表示する項目を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文と会員の管理>会員管理>会員データ検索/一覧>編集画面

会員編集画面下部に表示されている当該会員の購入履歴を
配送先ごとに表示できるようになりました。

[1]表示される購入履歴の受注明細を送付先ごとに表示し下記を表示します
・送付先氏名(漢字、カナ)
・郵便番号
・送付先住所1(都道府県)
・送付先住所2(市区町村、番地)
・送付先住所3(ビル、マンション名等)

[2]注文者が送付先だった場合
・送付先には注文者の各情報を表示します

[3]注文が複数配送先となっていた場合
・それぞれの送付先毎に分かれて表示します。

2016-02-10

#110「PCランキング」のタブの画面に不具合があったため修正前に戻しました

【対象機能・画面】プロモーション>ランキング管理


 フィーチャーフォンをご利用で無い場合に、PCランキングの下部に誤って携帯ランキング
 の入力フォームが表示される不具合が発生した為、1/18の修正前の表示に戻しました。

 ※「携帯オプションのみ使用している場合のみ「携帯ランキング」のタブを表示する
 修正」は、また改めて行います。

2016-02-10

#109「ヤマト後払い」決済利用時にマイページにメッセージを表示するようにしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>マイページの購入履歴(member_history.xhtml)
 

 エンドユーザーがヤマト後払いを利用した場合にマイページの購入履歴
 (member_history.xhtml)にて、ヤマト後払いをご利用の注文の「お支払方法」欄に
 「請求書に従ってお支払いください。」と表示されるようになりました。
 また、決済完了後送信される注文確定時送信メール(注文確認メール)にも同様の文言
 が入ります。

2016-02-10

#108お知らせのタイトル画像が全ページ共通で表示できるようになりました

【対象機能・画面】m:id


 お知らせのタイトル画像を表示する
 m:id「common.IF_INFORMATION_TITLE_IMAGE」が全ページ共通(ループ内のみ)で使用
 できるようになりました。

2016-02-10

#107受注一括アップロードに「会員のポイント減算」を追加しました

【対象機能・画面】注文の管理>受注管理>「受注一括アップロード」画面


 受注一括アップロードに「会員のポイント減算」を追加しました。
 また、CSVの項目として「利用ポイント(POINT_USE)」を追加しました。
「会員のポイント減算」で「利用ポイント分、会員のポイントを減算する」を選択すると、
 利用ポイント分、会員のポイントの減算を行います。

【ご注意】
 受注一括アップロードの際に、ポイント使用額(POINT_WARIBIKI)が設定された場合、
 システムで自動的に利用ポイント(POINT_USE)にポイント使用額の値を設定していまし
 たが、自動的に設定しないようになります。利用ポイントの設定が必要な場合はCSVの利
 用ポイントに設定してください。設定しない場合は会員のポイントは減算されないので
 ご注意ください。

2016-02-10

#106商品バリエーションごとに予約商品フラグの設定が可能になりました

【対象機能・画面】商品の管理>商品管理>「商品新規登録」「商品変更・削除」画面
    バリエーション・在庫登録タブ


 商品バリエーションごとに「予約商品フラグ」と「予約フラグ自動有効化フラグ」の
 設定が可能になりました。
 またユーザーウェブの商品詳細ページ(item_detail.xhtml)でも予約可能な商品の
 バリエーションごとの表示(要m:id) が可能になりました。

 商品詳細画面用に下記新規m:idの追加しています。
 m:id='IF_ITEM_PROPERTY_MATRIX_YOYAKU'
 m:id='IF_ITEM_PROPERTY_YOYAKU'

 ※予約販売はオプション機能です。

2016-02-10

#105初期設定の「ユーザーウェブ自由パス設定」の説明文に追記しました

【対象機能・画面】システム設定>システム設定マスタ>初期設定>


 変更元のパスについても引き続きアクセスできることを説明しておりませんでしたので
 追記しております。
 また、従来の説明にも具体例を加えています。

   ▼修正後説明文
 ユーザ向け画面のURLパスを変更することができます。
 ※http://XXX/YYY.htmlのYYY部分を変更することができます。

「元のパス:新しいパス」のように元のパスと新しく割り当てたいパスとの組み合わせを
 コロンで結合して、1行に1セットずつ指定してください。
 ※http://XXX/YYY.htmlをhttp://XXX/AAA.htmlにしたい場合は、「/YYY.html:/AAA.html」
 と記載してください。
 なお、元のパスでのサイトアクセスは引き続きできるようになっております。
 パス設定は強制的に上書きされますので、設定には十分にご注意ください。

 #で始まる行は無視されます。

 使用できる拡張子は元のパスは「.html」「.xml」のみ、新しいパスは加えて「.php」
 「.aspx」「.asp」「.cgi」「.pl」が使用できます。
 同一パスの拡張子違い(例:/item/ITEM01.html:/item/ITEM01.xml)を指定すると、
 システムエラーとなり画面が表示されませんので避けてください。

 新しいパスに以下の形式は使用できません。
 /item/×××
 /category/×××
 /category/×××/×××

2016-02-10

#104消費税計算後、クーポン割引が可能になりました

【対象機能・画面】お店を作る>金額設定


 ショップ管理ツールの金額設定に「クーポン割引時消費税計算区分」が追加されました。
 これにより割引率にてクーポン割引きを行う際、これまでは消費税計算後に割引を行う
 ことしかできませんでしたが、金額設定にて以下を選択できるようにしました。

 クーポン利用時消費税計算区分
  ┣ 消費税計算後、クーポン割引
  ┗ クーポン割引後、消費税計算

 ※外税設定の時かつ合計に消費税額を加算設定の場合のみ有効です。
 ※クーポン割引はオプション機能です。

2016-02-10

#103商品シリアル残数のアラートメール閾値設定が、店舗全体だけでなく商品ごとに行うことができるようになりました

【対象機能・画面】お店を作る>商品管理 「商品新規登録」「商品変更・削除」画面


 商品シリアル管理オプションをご利用の場合に、ショップ管理ツール上で「商品シリアル
 お知らせメール最低在庫数」項目で設定できるようになりました。
 これにより商品シリアルの在庫数が、各商品に設定した「商品シリアルお知らせメール
 最低在庫数」の数値を下回った場合に、店舗管理者にお知らせメールを配信します。

 ※商品シリアル管理はオプション機能です。

2016-02-08

#102ショップ管理ツールの利用者のロール毎に、個人情報マスク機能を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>利用者管理>利用者登録>個人情報マスク


 利用者登録時に設定する権限に、受注や会員データ等の個人情報を閲覧させるかどうかを
 指定できるようになりました。

 利用者登録・編集画面に「個人情報マスク」という項目が追加されております。
 当該権限に設定された利用者は編集画面でチェックが付いた状態で表示されます。
 ※登録時も項目は表示されていますが、弊社にてどのロールに権限を付けるかを
  設定する必要があるため、現状はチェックをつけることができません。

 なお、当該権限に設定された利用者は、個人情報データの閲覧および更新も不可となります。

 本機能をご希望される際は、お手数ですがお問い合わせください。

2016-02-08

#101初期設定「ショップ管理ツールパスワード有効日数」の機能を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム管理>システム設定マスタ>初期設定


 以前は「ショップ管理ツールパスワード有効日数」は、ご希望の日数を弊社まで
 いただき設定しておりましたが、ショップ管理ツールの初期設定より、
 お客様にて設定いただける様になりました。

2016-02-08

#100ユーザウェブ自由リダイレクトパス設定の仕様変更のお知らせ

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム管理>システム設定マスタ>初期設定


 今までは、初期設定「ユーザウェブ自由リダイレクトパス設定」は
 リダイレクト元に/ITEMと/CATEGORYのパスが使えない仕様でしたが、
 指定可能に変更しました。

2016-01-27

#99フィーチャーフォン用問い合わせフォームの表示期間制限の修正

「会員名(漢字、カナ)」を姓名で検索可能になりました。

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お問い合わせ管理>お問い合わせフォーマット編集

フィーチャーフォン用お問い合わせフォームにて
表示期間制限をしても表示された状態になっていましたが
表示期間内の時にのみ表示させるよう修正対応をしました。

=========================================================================

【対象機能・画面】ショップ管理ツール 

管理画面の下記の検索場所で、「会員名(漢字、カナ)」を姓名で検索可能になりました。

 ・受注データ管理の「会員名(漢字、カナ)」と「送付先名」
 ・会員データ検索・一覧の「会員名(漢字、カナ)」
 ・メルマガ予約/配信の「会員名(漢字、カナ)」
 ・請求データ作成の「会員名(漢字、カナ)」
 ・請求データ検索/一覧の「会員名(漢字、カナ)」
 ・入金管理の「会員名(漢字、カナ)」
 ・支払いデータ作成の「会員名(漢字、カナ)」
 ・支払いデータ検索/一覧の「会員名(漢字、カナ)」
 ・出金管理の「会員名(漢字、カナ)」 

例:「田中 太郎」を検索したいとき、
  「田中」、「太郎」、「田中太郎」、
  「タナカ」、「タロウ」、「タナカタロウ」で検索で検索可能。

2016-01-27

#98クレジットカード(GMOペイメントゲートウェイ)に取消API連携を追加

【対象機能・画面】お店を作る>決済方法>クレジットカード(GMOペイメントゲートウェイ)

GMOペイメントゲートウェイの決済に対して決済取消依頼(オーソリ取消処理連携)を行います。
取消API連携フラグが「取消連携しない」の場合は、受注取消時に決済取消依頼を行わず、
「受注取消時に取消連携する」が選択されている場合は決済取消依頼を行います。

なお、「受注取消時に取消連携する」が選択されている場合、
下記処理を行った際に決済取消依頼を行います。

◆ショップ管理画面
受注データ管理で受注取消処理を行った時

◆ユーザウェブ画面
購入履歴で注文取消時を行った時

※オーソリ確定後も決済取消依頼が可能です。
※決済取消依頼は、受注データ管理で「取消区分」にチェックを入れることで行えます。
「取消区分」のチェックを外してもGMOペイメントゲートウェイと連携されず、取消を行うことは出来ません。
受注には取消の履歴が残らず、実際はカードからの引き落としがされませんので、
一度「取消区分」に入れたチェックは外さないようご注意ください。

2016-01-27

#97会員割引販売価格を表示するm:idにパラメータを追加

【対象機能・画面】テンプレート


これまでは商品詳細画面・商品一覧画面で割引価格に
その商品の金額を含めた割引計算の価格が表示されていましたが
下記のm:idにパラメータを追加しました。

m:calc_ignore_item="true" を指定した場合、
金額設定画面にて設定した会員割引率を考慮する際に
この商品の金額を含めずに金額計算を行います。
指定がない場合はこの商品の金額を含めて金額計算を行います。

userweb
▼item_detail.xhtml
「DISCOUNT_PRICE_HERE」
会員割引販売価格を出力します。

▼item_list.xhtml
「DISCOUNT_PRICE_HERE」
現在の商品の販売価格を出力します。

mobile
▼item_detail.xhtml
「DISCOUNT_HERE」
会員割引販売価格を出力します。

「DISCOUNT_HONTAI_HERE」
会員割引販売価格のうち本体価格(税抜き金額)を出力します。

「DISCOUNT_TAX_HERE」
会員割引販売価格のうち消費税額を出力します。

「DISCOUNT_ZEIKOMI_HERE」
会員割引販売価格の税込金額を出力します。

▼item_list.xhtml
「DISCOUNT_HERE」
会員割引販売価格を出力します。

「DISCOUNT_HONTAI_HERE」
会員割引販売価格のうち本体価格(税抜き金額)を出力します。

「DISCOUNT_TAX_HERE」
会員割引販売価格のうち消費税額を出力します。

「DISCOUNT_ZEIKOMI_HERE」
会員割引販売価格の税込金額を出力します。

2016-01-27

#96マイページにて標準利用するクレジットカードを選択できる機能を追加

【対象機能・画面】マイページ>クレジットカード情報入力画面

クレジット情報入力画面のクレジットカード情報一覧から
標準利用するクレジットカードを選択できるようにしました。
クレジット情報入力画面のテンプレート(member_credit_entry_input.xhtml)に
下記m:idを埋め込むことで機能が利用できます。

m:id='IF_MEMBER_DEFAULT_CARD'
現在の登録しているカード情報が標準利用するカードであるときのみ表示します。

m:id='UPDATE_MEMBER_DEFAULT_CARD_FORM_TAG'
現在の登録しているカード情報を標準利用するカードに変更するときの情報を送信するフォームです。

共にクレジットカード情報一覧(m:id='LOOP_SAVED_CARD')の中でのみ使用可能です。
※本機能は会員クレジットカード情報保存オプションを利用時になります

2016-01-22

#95定期割引設定の懸賞商品を複数付与可能に変更

【対象機能・画面】商品の設定>商品管理>定期割引設定マスタ>定期割引懸賞商品個数設定


「定期割引設定マスタ」の定期割引懸賞商品個数設定にて、
商品の個数分の懸賞商品を付与することが可能になりました。

2016-01-20

#94受注データのダウンロード件数を制限

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理>CSVボタン


受注データの一括ダウンロードの件数を、最大100,000件に設定しました。

2016-01-20

#93ダッシュボードの日付検索を修正

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>ダッシュボード


検索期間が無制限だったため、1年以内で検索出来るよう修正しました。

2016-01-20

#92cart_result.xhtmlのm:id『HIDDEN_DATA_TAGS_HERE』に情報を追加

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>テンプレート管理


上記m:id『HIDDEN_DATA_TAGS_HERE』内で、出力されるhiddenタグに下記4点を追加しました。

・性別(会員情報から) : SEX
・生年月日(会員情報から) : BIRTH
・住所1~3 : ADDR1~ADDR3
・会員情報の住所2~3 : MEMBER_ADDR2~MEMBER_ADDR3

2016-01-20

#91オーソリ確定失敗後の処理結果ステータスについて

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>受注管理>各受注データ


オーソリ確定失敗後、再度確定処理を行い成功した場合、今までは異常終了のままでしたが、
オーソリステータス(クレジット処理結果ステータス)が「正常終了」になるよう修正しました。

2016-01-20

#90商品自由項目が使えるテンプレートを追加

【対象機能・画面】テンプレート

商品自由項目のm:id、IF_FREE_VALUEが使えるテンプレートが増えました。
 
・present_confirm.xhtml(userweb)
・address_confirm.xhtml(userweb/smartphone)
・teiki_renew_confirm.xhtml(userweb)

2016-01-18

#89受注一覧のCSVダウンロードにて、ダウンロードできる件数の上限を設定

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文と会員の管理>受注管理>受注データ管理

受注一覧のCSVダウンロードにて、ダウンロードできる件数の上限を10万件に設定しました。

※件数は受注単位で明細単位ではありません。
※件数の上限を引き上げたい場合はサポートまでお問い合わせください。

2016-01-18

#88フィーチャーフォンオプションのみ使用している場合のみ、「携帯ランキング」のタブを表示

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>ランキング管理

現状、ィーチャーフォンオプションを使用していない店舗でも
各ランキングの「携帯ランキング」のタブが表示されていたため、下記のように変更いたしました。

  ・PCオプションのみ使用している場合は、「PCランキング」のタブのみ表示。
  ・PC+フィーチャーフォンオプションを使用している場合は、「PCランキング」と「携帯ランキング」のタブを表示。
  ・フィーチャーフォンオプションのみ使用している場合は、「携帯ランキング」のタブのみ表示。

2016-01-13

#87ノベルティオプションの金額を表示するm:idを追加

ノベルティオプションをご利用のお客様に、金額を設定した際にユーザーウェブに表示するm:idを追加しました。

テンプレート:cart_novelty_select.xhtml

「NOVELTY_TANKA_HERE」ノベルティ商品の金額を表示します。
「IF_NOVELTY_KAKAKU_ZERO」ノベルティ商品に設定されている金額が0の場合は表示をします。

2016-01-13

#86メールフォーマットの本文量の最大値を拡張

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店をつくる>メールフォーマット登録・照会

現状のメール本文の上限10,000byteを上限20,000byteに拡張しました。
全角の場合、5000文字が10000文字まで入力できます。

2016-01-13

#85新オプション:別精算ページメンテナンス画面追加

すでにご用意している別精算ページオプションに対して、マスタ画面をご用意しました。
※この機能はオプションです。
ご利用をご希望の際はサポートまでお問い合わせください。

2016-01-13

#84新オプション:全ページ強制SSL機能追加

全てのページに対してhttpsでアクセスするようになります。
※この機能はオプションです。
ご利用をご希望の際はサポートまでお問い合わせください。
また、カスタマイズ内容によってご利用頂けない場合がございます。

2016-01-13

#83present_input.xhtmlとpresent_confirm.xhtmlで会員自由項目の番号(free_item_no)で指定できるm:idを追加


  present_input.xhtmlとpresent_confirm.xhtmlで会員自由項目の番号(free_item_no)で指定できるm:idを追加しました

  present_input.xhtml
   FREE_VALUE_INPUT_HERE
   会員自由項目の値を入力するInputタグを出力します。会員自由項目の番号を指定します。(例: m:free_item_no='1')

  present_confirm.xhtml
   IF_FREE_VALUE
   会員自由項目に値が設定されている時にのみ表示します。会員自由項目の番号を指定します。(例: m:free_item_no='1')
   FREE_VALUE_HERE
   会員自由項目の値を出力します。会員自由項目の番号を指定します。(例: m:free_item_no='1')

2016-01-13

#82スマートフォンで、プレゼント詳細ページから[友達にこのプレゼントへの応募をすすめる]ボタンを押した時の挙動について

スマートフォンで、プレゼント詳細ページから[友達にこのプレゼントへの応募をすすめる]ボタンを押した際、
別タブでpresent_friend_mail_sub.htmlを開くようになっておりましたが、

プレゼント詳細ページ(present_detail.html)>
友達にこのプレゼントへの応募をすすめるページ(present_friend_mail_sub.html)>
送信>
プレゼント詳細ページに戻る(present_detail.html)の流れを、

すべて同じタブ内で行えるようにするm:idを追加いたしました。

 ・present_detailにm:id='FRIEND_LINK_TAG'を追加
 ・present_friend_mailにm:id='BACK_LINK_TAG'を追加
 ・present_friend_mail_resultにm:id='BACK_LINK_TAG'を追加

2016-01-13

#81cart_seisan.xhtmlで利用出来るm:idを追加いたしました

cart_seisan.xhtmlで利用出来るm:idに、送付先情報2以降でもアドレス帳の登録が出来るようm:idを追加いたしました。

 ・cart_seisan.xhtmlで利用できるm:id='MULTI_SEND_NOT_REGIST_SEND_ADDRESS_TO_MEMBER_RADIO_TAG'を追加しました。
  現在の複数配送先の届け先情報をアドレス帳に「追加しない」を選択するラジオボタンになります。
  name属性、value属性、checked属性が変化します。 m:id="LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS"の中だけで使用できます。

 ・cart_seisan.xhtmlで利用できるm:id='MULTI_SEND_REGIST_SEND_ADDRESS_TO_MEMBER_RADIO_TAG'を追加しました。
  現在の複数配送先の届け先情報をアドレス帳に「追加する」を選択するラジオボタンになります。
  name属性、value属性、checked属性が変化します。 m:id="LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS"の中だけで使用できます。

 ・cart_confirm.xhtmlで利用できるm:id='IF_MULTI_SEND_REGIST_SEND_ADDRESS_TO_MEMBER'を追加しました。
  現在の複数配送先の届け先情報をアドレス帳に「追加する」を選択した時のみ表示します。
  m:id='LOOP_MULTI_SEND_ITEM'かm:id='LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS'の中だけで使用できます。

 ・cart_result.xhtmlで利用できるm:id='IF_MULTI_SEND_REGIST_SEND_ADDRESS_TO_MEMBER'を追加しました。
  現在の複数配送先の届け先情報をアドレス帳に「追加する」を選択した時のみ表示します。
  m:id='LOOP_MULTI_SEND_ITEM'かm:id='LOOP_SEND_TO_MULTI_ADDRESS'の中だけで使用できます。

2016-01-13

#80商品検索/一覧に『カテゴリ名』を追加いたしました

従来よりカテゴリコードでの検索は可能でしたが、カテゴリ名でも検索出来るようになりました。
カテゴリコードとカテゴリ名がまったく違う場合等にご活用ください。

2015-12-24

#79Criteo機能連携オプションに対応

Criteo(WEB広告)に店舗の商品を掲載するためのオプションを追加しました。
本システムの商品データからCriteo登録用のCSV出力ができます。

また、商品登録時にフラグを付け、Criteoでの掲載状態のコントロールや、
掲載したWEB広告からの本システムへのエンドユーザーのトラッキング(流入情報)
も取得できます。

Criteoについて詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.criteo.com/jp/

2015-12-10

#78商品詳細画面とカート投入画面のループレコメンド内のみ使えるm:idを改善

【対象機能・画面】ユーザーウェブ「商品詳細」、「カート投入」ページ
従来会員ランク設定が無い会員に対しては、会員価格を表示できませんでしたが、
  新たに「デフォルト会員ランク」を定義追加することにより表示可能になりました。
  
 以下のm:idにパラメータを付加することにより、会員ランク未設定の会員でも
 会員価格表示が可能です。

 ・RECOMMEND_LOGIN_MEMBER_RANK_ITEM_TEIKA_PRICE_HERE(修正)
|非ログイン時| ログイン時
 ---------------------------------
 会員ランク有|  非表示 | 対応する価格
 ---------------------------------
 会員ランク無|  非表示  | 非表示

 ・IF_RECOMMEND_LOGIN_MEMBER_RANK_ITEM_TEIKA_PRICE(新規追加)
       |非ログイン時 | ログイン時
 -------------------------------
 会員ランク有|  非表示  |  表示
 -------------------------------
 会員ランク無|  非表示  | 非表示

 ※m:idの詳細は、サポートサイトをご参照ください。

2015-12-10

#77お問い合わせフォーマット編集時の仕様を改善、スマートフォンにも対応

【対象機能・画面】会員・お問い合わせ管理>お問い合わせフォーマット編集

 APLLYテンプレートが無い場合に、名称変更せずにAPLLYを更新をしても、
 テンプレートを自動作成するようにしました。

 [変更例:1]
 テンプレートが無い状態で、名称変更せずにAPLLY更新
 ⇒ error_APPLY1.xhtmlが作成される
 ⇒ input_APPLY1.xhtmlが作成される
 ⇒ result_APPLY1.xhtmlが作成される

 [変更例:2(既存機能)]
 (1)お問い合わせフォーマットコード変更
 APPLY1 ⇒ TEST01

 (2)上記お問い合わせに紐づくデザインテンプレート名変更(自動化)
 error_APPLY1.xhtml ⇒ error_TEST01.xhtml
 input_APPLY1.xhtml ⇒ input_TEST01.xhtml
 result_APPLY1.xhtml ⇒ result_TEST01.xhtml
  
 また、新規店舗は初期状態がAPPLY1つになります。(既存店舗は変更ありません)
※スマートフォンをご利用の場合は、スマートフォン用テンプレートも作成されます。

2015-12-10

#76本番環境のみに表示させるm:idを追加

  アフェリエイトタグなどがデモ環境でも送信されてしまうので、
  本番環境かどうかを判断するm:idを追加しました。

  common.IF_LIVE_MODE

2015-12-10

#75トピックのお知らせを表示する表示順の仕様変更

【対象機能・画面】ユーザーウェブ「お知らせトピック」ページ

 [変更前]
  トピックに登録した「表示順」のみ
 [変更後]
 「表示順」が同じときは「お知らせ日付」順、「お知らせ日付」も同じ時は
 「最終更新日時」を見るように修正しました。

 以下のm:idを仕様変更しました。
 
  LOOP_INFO_LIST

2015-12-10

#74クレジットカード情報の登録ページで、入力用のテキストボックスが16桁に対応するm:idを追加

【対象機能・画面】ユーザーウェブ「クレジットカード登録」ページ
    テンプレート:member_credit_entry_edit.xhtml

  既存のクレジットカード番号入力用のテキストボックスは(4桁)-(4桁)-(4桁)-(4桁)に加えて、
 (16桁)を表示するm:idが追加されました。

  CREDIT_NUMBER_INPUT_HERE

2015-12-10

#73「お知らせトピック」ページ用m:idを追加

【対象機能・画面】ユーザーウェブ「お知らせトピック」ページ

  現在のお知らせトピックから、お知らせ詳細画面へのリンクを表示するm:idを
  追加しました。

  common.INFORMATION_DETAIL_LINK_TAG

2015-11-05

#72カート内商品のログインによる価格変更メッセージ表示箇所の変更

ログインした際に表示される価格変更のメッセージ表示箇所を変更しました。

[変更前]
カートページ(cart_index)
[変更後]
注文情報入力ページ(cart_seisan)

※会員別商品価格か会員ランク別商品価格が設定されている商品をカートに入れ、 注文情報入力ページに進むタイミングでログインした場合に表示されるメッセージです。

2015-11-05

#71ベリトランス3Gモバイル決済でPCメールアドレスを利用可能に変更

【対象機能・画面】決済方法

ベリトランス3Gモバイル決済の際、携帯メールアドレスの入力が必須となっていましたが、携帯メールアドレスが未入力の場合はPCメールアドレスを使用して決済できるよう修正いたしました。

2015-11-05

#70ユーザーウェブでの会員情報と請求先情報の同時登録に対応

【対象機能・画面】請求・支払>請求先マスタ(オプション機能)

ユーザーウェブにて、会員登録と同時に請求先情報の登録を行うことが可能になりました。
請求先情報を登録するにはテンプレートにm:idの埋め込みが必要です。
別途設定を行う必要がありますので、ご希望の場合はサポートまでご連絡ください。

2015-11-05

#69ヤマトクレジットファイナンス「クロネコあんしん決済」追加

ヤマトクレジットファイナンスの決済方法に、クロネコあんしん決済が追加されました。
企業間売掛・請求代行が可能です。

※クロネコあんしん決済のご利用には「請求管理オプション」のお申込みが必須です。

2015-10-28

#68SKU単位でウィッシュリストに登録可能なm:idを追加

【対象機能・画面】m:id(item_detail.xhtml)

商品詳細画面にある「お気に入りに追加」ボタンをバリエーション毎に表示できるm:idを追加しました。
バリエーション1種用、2種用、3種以上用の3つがあります。

・バリエーション1種
PUT_TO_WISHLIST_BUTTON_ONE_TAG

・バリエーション2種
PUT_TO_WISHLIST_BUTTON_TWO_TAG

・バリエーション3種以上
PUT_TO_WISHLIST_BUTTON_OVER_THREE_TAG

※ウィッシュリスト機能はオプションです。

2015-10-28

#67複数配送オプション利用時に配送方法重みを利用不可に制限

【対象機能・画面】お店をつくる>送料/配送方法設定>送料/配送方法新規登録

現在、複数配送オプションの利用時に、配送方法重みを指定して購入すると、送料が0円になってしまいます。
複数配送オプション利用時は送料/配送方法新規登録画面の送料加算フラグに「重み加算」を指定できないように修正しました。

2015-10-28

#66フィーチャーフォン用m:idの追加

【対象機能・画面】m:id(mobile/cart_index.xhtml)

フィーチャーフォンのカートページにて、現在の商品の小計を出力するm:idを追加しました。

SYOKEI_PRICE_HERE

2015-10-28

#65入力項目への自動フォーカスのオフ設定に対応

【対象機能・画面】初期設定「フォーカスオフ設定ページリスト」

ページに入力フィールドがある場合、開いたタイミングで最初の入力項目に自動フォーカスされます。
デザインによってはページ中段から表示されてしまうこともあるため、初期設定に登録したページのフォーカスをオフにすることが可能になりました。

2015-10-28

#64会員のポイント履歴の検索条件に有効期限を追加

【対象機能・画面】注文と会員の管理>会員管理>会員ポイント管理

会員のポイント履歴を「ポイント有効期限」で検索することが可能になりました。

2015-10-28

#63スマートフォンサイトの動作保障OSを追加

以下のOSが追加されました。

Android4.4
Android5
iOS8

また、以下OSはシェア率の観点から非対応になりました。
iOS5
Android2.3

2015-10-21

#62お問い合わせフォーマットコード変更時のテンプレート名自動変更

【対象機能・画面】会員・お問い合わせ管理>お問い合わせ管理>お問い合わせフォーマット編集

お問い合わせのフォーマットコードを変更した際、それに紐づくデザインテンプレートの名前を手作業で修正する必要がありましたが、自動で変更されるようになりました。
※紐づくテンプレートファイルが存在しない場合は、新たにテンプレートファイルを自動生成します。

[変更例]

(1)お問い合わせフォーマットコード変更
APPLY1 ⇒ TEST01

(2)上記お問い合わせに紐づくデザインテンプレート名変更(今回自動化)
error_APPLY1.xhtml ⇒ error_TEST01.xhtml
input_APPLY1.xhtml ⇒ input_TEST01.xhtml
result_APPLY1.xhtml ⇒ result_TEST01.xhtml

2015-10-07

#61定期注文履歴ページのm:id追加

【対象機能・画面】m:id(userweb/teiki_detail.xhtml)

定期購入商品の詳細確認ページ内で、該当の注文の親受注が取消済の場合に表示するm:idを追加しました。

IF_HEADER_ORDER_CANCELED

※定期販売機能はオプションです。

2015-09-30

#60トピックス内容の文字数を増やしました

トピックス内容の文字数を1000文字から5000文字に増やしました。
※HTMLタグを含めて最大で全角5000文字までとなりますので、ご注意ください。

2015-09-30

#59カートページのレコメンド表示に使用可能なm:id追加

cart_index.xhtml内で使用可能なm:idに、IF_RECOMMEND_FREE_ITEM_VALUE_MATCHを追加いたしました。
買い物かごに入れたおすすめ商品の商品自由項目に、アイコンやリンクを表示させる事が出来るようになります。
※m:idの詳細は、サポートサイトをご参照ください。

2015-09-30

#58ノベルティオプションが追加されました

ノベルティオプションを利用すると、商品登録したノベルティグッズを、注文時に付与する事が可能となります。
ノベルティ商品にした商品は、通常の商品と紐づける事が出来(紐づけられた商品はノベルティ付与対象商品と呼びます)、付与するための条件・付与数の指定も可能です。
付与する条件が、エンドユーザー様の注文内容に一致した場合に、注文情報入力後、ノベルティ商品を選択出来るようになります。

※複数配送には非対応となっております。

※ノベルティオプションは有料となりますので、ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2015-09-16

#57定期販売の注文履歴ページで表示できる受注情報の件数を指定できるようになりました

定期販売の注文履歴(teiki_index.xhtml)で使用できるm:id='LOOP_DETAIL'にて表示件数を指定できるようになりました。
m:max_count="2"のように件数を指定すると、指定した件数だけ過去の受注情報が表示されます。

m:idについてはサポートサイトをご参照ください。
※定期販売機能はオプションです。ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2015-09-16

#56facebook API ver2.4対応

【対象機能・画面】オプション機能:ソーシャルログイン

facebook APIのバージョンアップに伴い、2015/07/09以降、ソーシャルログイン機能で利用するfacebookアプリを作成した場合、facebookアカウントを利用してのソーシャルログイン時に個人情報の取得ができませんでしたが、最新のfacebook API ver2.4に対応し、取得ができるよう修正いたしました。

2015-09-03

#55商品在庫一括アップロード時のエラー行の処理方法を追加しました

商品在庫一括アップロード時に従来
・エラーのある行があっても、エラーのない行を登録する
・エラーのある行があっても、エラーのない行までを登録する
がありましたが、
・エラーのある行があっても、エラーのない行は全て登録する
を追加しました。
こちらはエラーが起きる行だけを無視して登録可能な行全てが登録されます。

2015-08-28

#54ペイジェントの払込票決済に対応しました

ペイジェントの払込票決済に対応いたしました。
※「ペイジェント指定業者による払込票印刷と発送」のみ対応となります。
 「加盟店による払込票印刷と発送」には対応しておりません。

2015-08-28

#53クロネコwebコレクト決済にコンビニ支払が追加されました

このたび、「ヤマトフィナンシャル決済」より「クロネコwebコレクト決済」へ、
文言が変更となりました。

2015-08-28

#52GMOペイメントゲートウェイのクレジット決済が3Dセキュア認証に対応しました

3Dセキュア認証の詳細につきましては、GMOペイメントゲートウェイへ
お問い合わせくださいませ。

2015-08-28

#51GMOペイメントゲートウェイのトークン決済に対応しました

トークン決済の詳細につきましては、GMOペイメントゲートウェイへ
お問い合わせくださいませ。

2015-08-28

#50初期設定「特定UA指定」を正規表現でも指定可能になりました

以下より、判定したいユーザーエージェントの指定が、正規表現でも可能になりました。

システム管理>システム設定マスタ>初期設定>特定UA指定

2015-08-28

#49商品コードの桁数が50桁まで設定できるようになりました

商品登録時、CSVにてアップロードした[商品コード]は50桁まで対応しておりましたが、
商品新規登録画面からの直接入力は20桁までの対応でした。
こちらを、直接入力でも50桁まで登録するよう修正いたしました。
本修正に伴い、[レコメンド]商品の登録箇所も50桁に対応しております。

2015-08-06

#48複数配送先の初期値を変更可能になりました

エンドユーザー様が複数配送選択画面において商品個数選択のプルダウンメニューの
初期状態が購入数の最大数になっておりましたが、”0”を選べるようになりました。
※カスタタマイズ店舗は対応できない可能性がありますのでご希望の際は
サポートまでお問い合わせください。

2015-08-06

#47フィーチャーフォンの閲覧履歴で画像が表示できるようになりました

テンプレートファイルに下記m:idで記述することにより
エンドユーザー様が閲覧履歴で商品画像を見ることができるようになります。

common.ITEMACCESSLOG_MOBILE_IMAGE_TAG

  

2015-07-15

#46入力フォームにplaceholderが対応可能になりました

m:idで出力している入力フォームにて、type="text"のとき、m:placeholder,m:typeを指定することが可能になりました。
これにより、フォームの入力欄に薄い灰色のテキストを表示しエンドユーザーへ入力項目の誘導ができます。
※入力フォームplaceholderオプション(無償)のお申込みが必要です。
 ご利用をご希望の際はサポートまでお問い合わせください。

2015-07-15

#45メルマガ配信の配信対象アドレス絞り込みに「本登録メール送信日時」を追加しました

承認制会員登録オプション利用時に、メルマガ配信の配信対象アドレス絞り込み機能の条件で「本登録メール送信日」が追加されました。
※承認制会員登録オプションを利用していない場合は、絞り込み条件には出ません。

2015-07-15

#44複数配送先追加画面にモーダルウィンドウ機能を追加しました

ユーザーウェブのカート清算画面にて、複数配送先指定時の「お届け先を追加」及び「アドレス帳から選択する」に関して、
画面遷移となっているところを、モーダルウィンドウ(ポップアップ画面)で呼び出せるようになりました。
※デザイン組込み作業が発生するためご利用ご希望の場合はサポートまでお問い合わせください。

2015-07-08

#43商品とバリエーションの紐づきが50を超える場合の仕様の変更

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の設定>商品管理>商品検索/一覧

商品とバリエーションの紐づきが50を超える場合の仕様を変更します。
<変更前>
バリエーション・在庫登録のタブ内のチェックボックスはすべて非活性になる。
<変更後>
「商品属性の紐づきが多く画面の変更不可能です。アップロードで変更してください。」とメッセージが出力される。

※紐づきが50を超える場合は、CSVアップロードの作業をお願いしております。

2015-07-01

#42「DMS物流連携」オプションを追加しました

株式会社ディーエムエス社の提供するDMS通販出荷代行サービスと
連携する為の機能「DMS物流連携」オプションが追加されました。
※連携内容によってカスタマイズが必要となります。
 ご利用をご希望の際はサポートまでお問い合わせください。

2015-07-01

#41SMBCファイナンスサービスの後払い決済を追加しました

SMBCファイナンスサービスの後払い決済をご利用いただけるようになりました。
導入をご検討の方は、お手数ですがサポートまでお問い合わせくださいませ。

2015-07-01

#39トピックスにカテゴリを紐づけられるようになりました

【対象機能・画面】プロモーション管理>トピック管理>トピックスカテゴリ新規登録

トピックスにカテゴリを紐づけることができるようになりました。

2015-06-18

#38商品詳細画面にて、該当商品を購入しているかどうかをチェックするためのm:idを追加しました

【テンプレート】item_detail.xhtml

▼会員登録しているエンドユーザーで、該当商品の購入者以外にレビューさせないための制限をかけられるようになりました。
レビューへのいたずら投稿を抑止できるようになります。
レビューフォーム部分をm:NOTのm:idで括ることでフォームを隠すことができます。
▼今までの購入有無を:「購入したことがあります」「購入したことがありません」などの任意のメッセージで表示できます。

  ・m:idコード: IF_SEND_ITEM_ALREADY
   説明:商品を配送済の時にのみ表示します。
   使用例:<div m:id="IF_SEND_ITEM_ALREADY" >条件にあった文言</div>
   表示される条件:ログイン済み、商品の配送日時が当日より以前(受注のキャンセル、削除なし)

  ・m:idコード: IF_BUY_ITEM_ALREADY
   説明:商品を購入済の時にのみ表示します。
   使用例:<div m:id="IF_BUY_ITEM_ALREADY" >条件にあった文言</div>
   表示される条件:ログイン済み、商品の購入履歴がある

2015-06-18

#37GMOのコンビニ・ペイジー決済手数料を%指定可能になりました

決済手数料区分にて従来の[手数料額]に加え、[手数料率]が選択できるようになります。
上記選択をすることで手数料設定にて手数料率を%指定で設定可能になります。

 ▼対象決済方法
 <ペイジー(GMOペイメントゲートウェイ)>
 <コンビニ(GMOペイメントゲートウェイ(ローソン))>
 <コンビニ(GMOペイメントゲートウェイ(ファミリーマート))>
 <コンビニ(GMOペイメントゲートウェイ(サンクス))>
 <コンビニ(GMOペイメントゲートウェイ(サークルK))>
 <コンビニ(GMOペイメントゲートウェイ(ミニストップ))>
 <コンビニ(GMOペイメントゲートウェイ(デイリーヤマザキ))>
 <コンビニ(GMOペイメントゲートウェイ(セブンイレブン))>

2015-06-10

#36SBPSマルチ決済の売上確定用APIを追加いたしました

ソフトバンク・ペイメント・サービスのマルチ決済について、
オーソリ同時確定ではない場合に、売上確定が出来ないという不具合がございましたので、
売上確定用のAPIを新たに作成いたしました。
これにより、与信と売上確定を分けている店舗様でも、API連携して決済完了とする事が可能となります。

2015-05-27

#35リッチテキスト機能の追加

【項目】ショップ管理ツール>商品の設定>商品管理>商品登録・変更画面

商品登録画面にリッチテキスト機能が追加されます。
以前は改行をする際などはhtmlタグを直接記述しなければなりませんでしたが、
今回の変更でボタンを押すことによって対応するタグを挿入できるようになりました。
使用する場合は、「リッチテキストエディターで編集する 」にチェックします。
使用できる箇所は以下になります。
 ・アピールポイント
 ・商品コメント1~3・カート用商品コメント
 ・携帯用商品コメント1~3・携帯カート用商品コメント

2015-05-27

#34定期受注が契約中か判定を行うm:id を追加しました

定期受注が契約中のまま退会できてしまうことを防ぐため、
定期契約中の場合には退会ボタンを非活性化するなどできるように、
定期契約中の判定を行うm:id を追加しました。
ログインユーザが有効な定期受注を持っている場合にのみ表示します。

<div m:id='common.IF_HAS_ACTIVE_TEIKI_ORDER' ><span>条件にあった文言</span></div>

2015-05-27

#33購入履歴画面で決済方法を判定するm:idを追加しました

購入履歴画面にて、現在の購入履歴の決済方法が指定された決済IDと一致する場合にのみ表示します。

<span m:id='IF_MATCH_KESSAI_ID' m:kessai_id="1,3,5">文言など...</span>

2015-05-13

#32受注一括アップロード時に注文確認メールを送信できるようになりました

【対象機能・画面】受注管理>受注一括アップロード

「注文確認メール」のラジオボタンが追加されました。
CSVでの受注一括アップロード時に選択することで、注文確認メールを配信するか選べるようになります。

・送信しない
 →従来の処理通り、注文確認メールは送信されません。

・店舗管理者に送信する
 →サイト基本情報で設定されたメールアドレスに対してのみ送信します。

・注文者に送信する
 →注文者のメールアドレスに対してのみ送信します。

・店舗管理者及び注文者に送信する
 →店舗管理者、注文者の両方に注文確認メールを送信します。

2015-05-13

#31受注一括アップロード時に注文確認メールを送信できるようになりました

【対象機能・画面】受注管理>受注一括アップロード

注文確認メールのラジオボタンが追加されました。
CSVでの受注一括アップロード時に選択することで、注文確認メールを配信するか選べるようになります。

2015-05-13

#30クレジットカード番号マスク設定が追加されました

対象となるのは以下の項目です。
 ・【オプション機能】会員クレジット番号保存設定有効時の画面表示するクレジット番号
 ・【オプション機能】定期商品のお届け先変更画面で表示するクレジット番号
 マスク例:************9999 (カード番号は下四桁のみ表示されます。)
 新たにご希望される場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

2015-04-28

#29標準利用支払い方法を設定できるようになりました

SNS連携解除用のm:idを追加しました。

会員の方がカート画面に行った際に自動で指定していた決済が選択されます。
現在会員新規登録/編集画面に表示されていない場合は、別途テンプレートの組み込みが必要です。

=========================================================================

SNSとの連携を解除するためのm:idを追加いたしました。

■会員情報入力/変更画面(userweb/member_input.xhtml)
 ・IF_SNS_LINKED
 ・LOOP_LINKED_SNS
 ・SNS_REMOVE_CHECKBOX_TAG
 ・SNS_REMOVE_CHECKBOX_LABEL_TAG
 ・SNS_NAME_HERE

各m:idの説明、及び記入例については、下記サポートサイトをご参照ください。
http://support.ebisumart.com/item/MID_USERWEB_MEMBER_INPUT.html

■会員情報入力後の確認画面(userweb/member_confirm.xhtml)
 ・IF_SNS_REMOVE
 ・LOOP_REMOVE_SNS
 ・SNS_NAME_HERE

各m:idの説明、及び記入例については、下記サポートサイトをご参照ください。
http://support.ebisumart.com/item/MID_USERWEB_MEMBER_CONFIRM.html

2015-04-28

#28商品検索条件「ポイントフラグ」で検索できるようになりました

検索できる条件は、「利用不可」「利用可能」となります。

2015-04-28

#27会員検索条件「クレジットカード有効性フラグ」で検索できるようになりました

会員検索条件は「有効性全てOK」「有効性NG(洗い替えエラー)を含む」となります。

2015-04-28

#26納品書に出力できる置換文字に配送方法が追加されました

納品書フォーマットに#HAISO_NAME#の置換文字を記述すると配送方法が表示されます。

2015-04-28

#25FACEBOOKのバージョン2.0に対応しました

FACEBOOKのバージョン2.0に対応しました。

2015-04-22

#24決済方法に、ニッセン後払い決済を追加いたしました

ニッセン後払い決済を、決済方法に追加いたしました。

2015-04-22

#23e-SCOTTPLUSに会員クレジットカード情報の保存が可能になりました

こちらは、現在クレジットカード保存機能オプションをONにしている店舗様のみご利用可能です。
新たにご希望される場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

2015-04-01

#22CSVダウンロードボタンの二重クリック防止機能を追加しました

ショップ管理ツールのCSVダウンロードボタンの二重クリック防止のため、
実行時に確認メッセージを表示するように改修いたしました。

2015-03-25

#21注文履歴の割引に対する表示で、割引なしの場合は0円表示としました

ユーザーウェブ画面の注文履歴で割引なし(ポイント未使用など)の場合は空欄としておりましたが、
0円表示とするよう改修しました。

2015-03-25

#20物流連携(e-logit連携)が追加されました

本機能はオプションになりますため、
ご利用をご希望の際はサポートまでお問い合わせください。

2015-03-18

#19ステップメール配信結果から配信アドレス一覧のダウンロードができるようになりました

ダウンロードの流れは下記の通りです。

 プロモーション一覧>ステップメール管理>ステップメール一覧>任意のシナリオの確認ボタンを押下。

2015-03-04

#18受注をコピーした際に分割回数もコピーされるように対応しました

現在は受注をコピーした際に、分割回数が保持されませんでしたが、
分割回数が保持されるように修正を行いました。

※ベリトランス3G決済 クレジットカード使用時のみ。

2015-03-04

#17受注番号をカンマ区切りで検索できるようになりました

受注番号のリスト(カンマ区切り)で受注検索ができるようになりました。
商品コードリスト検索と同様の検索方法です。

2015-02-10

#16クレジットカード(ベリトランス3G) で会員連携機能「会員ID」が追加されました

【対象機能・画面】お店を作る>決済方法>クレジットカード(ベリトランス3G)
ベリトランス3G会員連携フラグ:連携する

クレジットカード(ベリトランス3G)で会員連携機能(会員ID)が追加されました。
ベリトランスの取引管理画面にて会員IDで取引情報の検索や参照が可能になります。

2015-02-04

#15注文確認メールに商品自由項目を表示する事が可能になりました

注文確認メールフォーマット内で商品の詳細情報を表示している
#item_info#内で、商品自由項目を使用することが可能になりました。

 ▼注文確認メールフォーマット編集箇所
 お店を作る>メールフォーマット登録・照会>注文確定時送信メール(注文確認メール)

 ▼#item_info#の中身を編集する箇所
 システム管理>システム設定マスタ>初期設定>注文完了メール明細フォーマット

 ※#item_info#とは、注文確認メール内において、
  エンドユーザが複数の商品を買った際、メール内に個別に
  商品名などを書かなくても商品情報を繰り返し表示できるよう
  作られている変数です。

 ※#item_info#内に出力する項目、レイアウトは
  上記「注文完了メール明細フォーマット」から編集できます。

このたびは上記の#item_info#内に「#ITEM.FREE_ITEM●#」という形で
商品自由項目を記載することで、表示が可能となりました。

2015-02-04

#14クーポン管理で「会員ランク」「会員ID」を設定できるようになりました

【対象機能・画面】プロモーション管理>クーポン管理>クーポン新規登録/編集

クーポンに「会員ランク」「会員ID」を設定できるようになりました。

これにより、特定の会員ランクのみ利用可能なクーポン、
特定の会員のみ利用可能なクーポンといった設定が可能になりました。

※クーポン管理機能はオプションとなります。

2015-02-04

#13X-FRAME-OPTIONSの有効/無効ができるようになりました(セキュリティ強化)

不正なサイトの内部にiframeを使用して
ユーザーウェブを表示させることができないよう、
同ドメイン内でしかiframeを呼び出せないようにできる設定を追加いたしました。

※ご希望の際はサポートまでご連絡ください。

2015-01-28

#12ポイント利用不可と利用可の商品が一緒にカートに入っていた場合の制御が可能となりました

【対象機能・画面】 システム設定>システム設定マスタ> 初期設定>ポイント利用区分にて

商品のポイントフラグ設定が混在する商品を同時にカートに入れた場合の動作設定が可能となりました。
下記4つのうちから1つが設定可能となります。
・全ての商品に対してポイント利用可能
・ポイント利用可能商品とポイント利用不可商品が混在する際全ての商品に対してポイント利用不可
・利用可能商品のみポイント利用可能(送料、代引き手数料はポイント決済不可)
・利用可能商品のみポイント利用可能(送料、代引き手数料はポイント決済可)

2015-01-28

#11定期の洗替え・オーソリNGの場合の処理選択が可能になりました

①オーソリ失敗した定期受注の未作成設定が可能となりました。(要問合せ)
デフォルト設定(現状)では、オーソリ処理に失敗しても受注を作成します。

②過去の定期オーソリ失敗受注に対して
再度オーソリ確認を行う事が可能となりました。(要問合せ)
カード番号変更と定期子受注作成時に再度オーソリ確認を行う事が可能です。

*①、②両方同時の設定は不可となります。
*本機能は定期商品に決済方法で「クレジットカード継続課金」を
設定されている方のみ利用可能です。

2015-01-28

#10商品の発売日が未来の時、表示、非表示か選択する事が可能となりました

【対象機能・画面】 システム設定>システム設定マスタ> 初期設定>商品の発売日によるお勧め商品表示区分

商品の発売日が未来の時、表示するかどうかを決める設定が可能となりました。
以下が、上記設定をした場合、未来日の商品が表示される影響範囲です。

・各種レコメンド
・バスケット分析
・おすすめ商品
・各種ランキング
・新着

2015-01-14

#9Google提供【reCAPTCHA】機能の追加

購入者がコンピュータでないことを確認するために本人認証を行います。
これによりセキュリティ面を強固にすることが可能となりました。

クイック購入、およびフィーチャーフォンサイトにつきましては、本機能の特性上対応しておりません。
※追加には、弊社での設定と、テンプレートへの入力欄追加が必要です。ご希望の場合はサポートまでご連絡ください。

2014-12-18

#8「ヤマトフィナンシャル クレジットカード決済」を追加しました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法

ヤマトフィナンシャル クレジットカード決済を利用可能な決済方法として追加致しました。
*3Dセキュア非対応

※この決済方法をご利用になるには、ヤマトフィナンシャルとのご契約と、「ヤマトB2連携オプション」のお申し込みが必須となります。 オプション費用等についてはサポートまでお問い合わせください。

2014-12-18

#7注文情報入力画面の入力項目で会員情報に反映可能な項目を追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ(注文情報入力画面:cart_seisan.xhtml)

注文情報入力画面(cart_seisan.xhtml)の注文者情報のうち、会員情報に反映できる項目は限られておりますが、「生年月日」「性別」が変更可能項目に追加になりました。

[従来より変更の反映が可能な項目]
・氏名(漢字)
・氏名(カナ)
・メールアドレス
・郵便番号
・都道府県
・市区町村・番地
・ビル・マンション名
・電話番号

[追加で変更の反映が可能となった項目]
・生年月日
・性別

※追加には、弊社での設定と、テンプレートへの入力欄追加が必要です。ご希望の場合はサポートまでご連絡ください。

2014-12-18

#6注文情報入力画面の「備考」登録用m:idを追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ(注文情報入力画面)

注文と同時に新規会員登録する際に備考を登録させるためのm:idは、会員マスタ/受注ヘッダ共通m:idのひとつでしたが、それぞれにデータ登録可能な備考入力用m:idを追加致しました。

■cart_seisan.xhtml
・会員マスタの備考登録用m:id→ BIKOU_MEMBER_INPUT_HERE
・受注ヘッダの備考登録用m:id→ BIKOU_ORDER_INPUT_HERE

■cart_confirm.xhtml/cart_result.xhtml
・会員マスタの備考表示用m:id→ BIKOU_MEMBER_HERE
・受注ヘッダの備考表示用m:id→ BIKOU_ORDER_HERE

※既存の備考登録用m:id(会員マスタ/受注ヘッダ共通)も引き続きご利用頂けます。
→BIKOU_INPUT_HERE/BIKOU_HERE

2014-12-18

#5受注検索の検索条件で複数配送先の配送テーブルも検索対象に追加しました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ(注文情報入力画面:cart_seisan.xhtml)

受注検索の「送付先名」を指定した検索条件について、複数配送先も検索対象となるよう変更致しました。

※「複数配送先オプション」を使用している店舗様向けの追加機能となります。

2014-12-18

#4定期受注情報変更時の店舗管理者宛お知らせメール本文変更

エンドユーザーが、購入履歴から定期受注の「お届け先」「次回お届け日」を変更した際に店舗管理者宛に送信されるメールの本文に、変更前と変更後の情報が表示されるようになりました。

※「定期販売オプション」を使用している店舗様向けの機能変更となります。

2014-11-19

#3ITEM_NAME_HEREににmax_sizeを追加しました

商品一覧ページ(item_list)で使用可能なm:id  「ITEM_NAME_HERE 」にmax_sizeが使用可能となりました。

 「ITEM_NAME_HERE」は、商品名を出力するm;idです。
  max_sizeを指定することで、指定バイト数を表示制限できます。
  表示制限を超える場合は、語尾を"..."にした上で
  指定バイト以下になるように調整します。

※全角文字の場合、1文字2バイトとなります。

※例といたしまして「max_size="20"」とした場合、
 10文字を超える商品名は10文字以降が"..."と表示されます。

2014-11-12

#2初期設定に「商品閲覧履歴保存件数」を追加しました

【対象機能・画面】システム管理>システム設定マスタ>初期設定>商品閲覧履歴保存件数

ユーザーウェブに商品閲覧履歴を表示させている場合(テンプレートにm:id='common.LOOP_ITEMACCESSLOG'を使用している場合)、今までは商品詳細画面を開いた時に常に50件まで閲覧履歴を保持していました。

閲覧履歴の保持件数と表示する閲覧履歴の件数を揃えることで処理の無駄がなくなり、画面に表示させている商品閲覧履歴の件数と初期設定の件数を同じにすることでパフォーマンス向上が見込まれます。

※また、ユーザーウェブに商品閲覧履歴を表示させていない場合は「0」を設定してください。

2014-11-12

#1商品のダウンロードを判定するmidを追加しました

ダウンロード商品か否かを判定するm:idを追加しました。
今までは、商品詳細ページなど限られた場所でしか使用できませんでしたが、全ページ共通で使用できるようになりました。
「common.IF_DOWNLOAD」になります。

2017-07-26

#330メルマガの配信対象アドレスを『誕生月』で絞り込めるようにいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ予約/配信>[上記の条件に加えて、さらに詳しく配信対象アドレスを選択する]

メルマガの配信対象アドレス絞り込み画面に『誕生月』の検索条件が追加されました。
誕生月で絞り込んだデータをメルマガの配信対象とすることで、誕生月ごとに異なったメルマガを配信できるようになります。
また会員タグオプションとクーポン機能を併せてご利用いただくことで、下記のようなCRM施策を実施することも可能です。

【例】
誕生月でセグメント化されたメルマガを配信する際、配信対象を会員タグでグループ化
グループ内の会員のみが使えるクーポンの付与や、セールのご案内等

会員タグオプションについてはこちらをご覧ください。
無償オプションとしてご利用可能です。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

クーポンオプションについてはこちらをご覧ください。
月額費用が発生するオプションとなります。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-07-26

#329バリエーショングループに自由項目を登録できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>自由項目登録・照会>バリエーショングループ
         ショップ管理ツール>商品の管理>バリエーション管理>バリエーショングループ追加
         ユーザーウェブ>商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

バリエーショングループで新たに自由項目が登録できるようになりました。
登録された自由項目は、ユーザーウェブの商品詳細ページ(item_detail.xhtml)に表示されます。

自由項目を表示させるために必要なm:idは以下の通りです。

IF_ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE

現在のバリエーショングループの自由項目に値が設定さてている場合のみ出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_TITLE_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の画面表示名を出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の値を出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE_HTML_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の値を出力します。 出力される値はエスケープされていません。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

2017-07-26

#329バリエーショングループに自由項目を登録できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>自由項目登録・照会>バリエーショングループ
         ショップ管理ツール>商品の管理>バリエーション管理>バリエーショングループ追加
         ユーザーウェブ>商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

バリエーショングループで新たに自由項目が登録できるようになりました。
登録された自由項目は、ユーザーウェブの商品詳細ページ(item_detail.xhtml)に表示されます。

自由項目を表示させるために必要なm:idは以下の通りです。

IF_ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE

現在のバリエーショングループの自由項目に値が設定さてている場合のみ出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_TITLE_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の画面表示名を出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の値を出力します。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

ITEM_PROPERTY_FREE_VALUE_HTML_HERE

現在のバリエーショングループの自由項目の値を出力します。 出力される値はエスケープされていません。
m:id='LOOP_ITEM_PROPERTY'の中だけで使用できます。

2017-07-26

#328メールフォーマットの置換文字列を『全ページHTTPSオプション』に対応するよう修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

メールフォーマット登録・照会でサイトURLを表示させる置換文字列『#SITE_URL#』の出力内容が、『全ページHTTPSオプション』を使用している場合でも『http://……』のまま出力されておりましたので、これを『https://……』と出力されるよう修正いたしました。

2017-07-26

#328メールフォーマットの置換文字列を『全ページHTTPSオプション』に対応するよう修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

メールフォーマット登録・照会でサイトURLを表示させる置換文字列『#SITE_URL#』の出力内容が、『全ページHTTPSオプション』を使用している場合でも『http://……』のまま出力されておりましたので、これを『https://……』と出力されるよう修正いたしました。

2017-07-19

#327カスタム売上レポートの集計基軸を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>データ解析>カスタム売上レポート新規登録

カスタム売上レポートの集計基軸に、以下の集計基軸を追加いたしました。
下記表のオプション等をご利用いただいている際には、これらの集計基軸を使うことで、より詳細なカスタムレポートを作成することができるようになります。
今回追加される集計基軸と追加される場所は、以下の通りです。

機能名
【商品】集計基軸

【会員】集計基軸

【受注】集計基軸

『BtoBオプション』
使用時

会員法人コード

注文者法人コード

『広告媒体管理』
使用時

広告媒体コード

『クーポン割引』
利用時

利用クーポンコード

『会員ランク/割引設定』
及び
『会員ランクメンテナンス』
両方使用時

会員ランク

『仕入先管理』
(ebisumart標準機能)

仕入先コード


【ご注意】
※本機能は『レポートカスタマイズオプション】及び追加される集計基軸に対応する各オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-07-19

#327カスタム売上レポートの集計基軸を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>データ解析>カスタム売上レポート新規登録

カスタム売上レポートの集計基軸に、以下の集計基軸を追加いたしました。
下記表のオプション等をご利用いただいている際には、これらの集計基軸を使うことで、より詳細なカスタムレポートを作成することができるようになります。
今回追加される集計基軸と追加される場所は、以下の通りです。

機能名
【商品】集計基軸

【会員】集計基軸

【受注】集計基軸

『BtoBオプション』
使用時

会員法人コード

注文者法人コード

『広告媒体管理』
使用時

広告媒体コード

『クーポン割引』
利用時

利用クーポンコード

『会員ランク/割引設定』
及び
『会員ランクメンテナンス』
両方使用時

会員ランク

『仕入先管理』
(ebisumart標準機能)

仕入先コード


【ご注意】
※本機能は『レポートカスタマイズオプション】及び追加される集計基軸に対応する各オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-07-19

#326後払い決済に関するメールフォーマットの名称を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

7/12に#321で告知しております『後払いに関するメールフォーマットの名称変更』が完了いたしました。
こちらは名称変更のみのため、機能自体に変更はございません。
従来の名称に比べ、実際のメール配信のタイミングに則した名称に変更しております。

メール種類ID
メール種類(変更前)

メール種類(変更後)

42

決済確定メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査OKメール

43

与信審査結果通知メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査NG(受注キャンセル)メール

2017-07-19

#3257/19に追加されたm:id

【対象機能・画面】カート精算画面(cart_seisan.xhtml)

7/19に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例・記入例については、下記m:idを直接クリックしてご確認ください。

SEISAN_LOGIN_ID_INPUT_HERE

精算画面でログインする為のログインIDを入力するInputタグを出力します。

2017-07-12

#324会員データの検索条件に『誕生月』を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員データ検索/一覧>検索条件

会員データの検索条件に誕生月を追加いたしました。

誕生月で絞り込んだ会員データへ会員タグを紐付けることで、会員データを誕生月ごとにセグメント化できるようになります。
会員タグでセグメント化された会員データを使用すると、下記のようなCRM施策を店舗様で実施することができるようになります。

【例】
誕生月ごとにセグメント化されたメルマガ配信
誕生月のエンドユーザーのみ使用可能なクーポンの付与

会員タグオプションについてはこちらをご覧ください。
無償オプションとしてご利用可能です。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

クーポンオプションについてはこちらをご覧ください。
月額費用が発生するオプションとなります。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-07-12

#324会員データの検索条件に『誕生月』を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員データ検索/一覧>検索条件

会員データの検索条件に誕生月を追加いたしました。

誕生月で絞り込んだ会員データへ会員タグを紐付けることで、会員データを誕生月ごとにセグメント化できるようになります。
会員タグでセグメント化された会員データを使用すると、下記のようなCRM施策を店舗様で実施することができるようになります。

【例】
誕生月ごとにセグメント化されたメルマガ配信
誕生月のエンドユーザーのみ使用可能なクーポンの付与

会員タグオプションについてはこちらをご覧ください。
無償オプションとしてご利用可能です。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

クーポンオプションについてはこちらをご覧ください。
月額費用が発生するオプションとなります。ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-07-12

#323『会員別商品価格テーブル設定一括アップロード』で会員別商品価格の追加登録ができるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>会員ランク別商品価格一括アップロード

会員別商品価格テーブル設定一括アップロード機能は、従来、CSVファイルに登録されている会員別商品価格にすべて入れ替えて登録する機能でしたが、今回新たに追加登録と一括更新を選択できる機能を追加いたしました。
これにより、従来すべての会員別商品価格をCSVファイルで毎回登録・更新していた手間が省け、追加登録したいデータだけをアップロードして登録・更新ができるようになります。

【例】
会員別商品価格がすでに5件登録されていて、新たに6件目を追加したい場合。

■追加登録
 →CSVファイルには6件目の会員別商品価格だけ登録してCSVアップロード。
■一括更新(入替登録)
 →CSVファイルには現在登録されている5件+6件目の会員別商品価格を登録してCSVアップロード。
【ご注意】
※こちらは『会員ごと商品金額設定』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
※7/12以前に店舗作成された店舗様では初期値が「一括更新(入替登録)」に設定されています。
 7/12以降に店舗作成される店舗様では初期値が「追加登録」に設定されます。
※こちらの設定を変更する場合は初期設定の『会員別商品価格アップロード区分初期値』から変更可能です。
※追加登録時にキー項目となる値は『商品コード』と『会員ID』となります。

2017-07-12

#322一部m:idの不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】受注明細自由項目に自由項目マッピング機能を使用した場合

下記m:idを使用して受注明細自由項目(項目入力形式:チェックボックス)をユーザーウェブから入力する際、自由項目マッピング機能を使用して、コピー元項目に『商品自由項目(項目入力形式:チェックボックス)』を設定していると、商品自由項目にチェックボックスで入力されている内容が、カート精算画面でコピーされない状態で表示されてしまう不具合があったため、コピー元項目を正しく表示するよう修正いたしました。

MEISAI_FREE_INPUT_HERE

受注明細自由項目の値を入力するInputタグを出力します。

【ご注意】
※本不具合は『自由項目マッピング機能表示フラグ』をご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-07-12

#322一部m:idの不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】受注明細自由項目に自由項目マッピング機能を使用した場合

下記m:idを使用して受注明細自由項目(項目入力形式:チェックボックス)をユーザーウェブから入力する際、自由項目マッピング機能を使用して、コピー元項目に『商品自由項目(項目入力形式:チェックボックス)』を設定していると、商品自由項目にチェックボックスで入力されている内容が、カート精算画面でコピーされない状態で表示されてしまう不具合があったため、コピー元項目を正しく表示するよう修正いたしました。

MEISAI_FREE_INPUT_HERE

受注明細自由項目の値を入力するInputタグを出力します。

【ご注意】
※本不具合は『自由項目マッピング機能表示フラグ』をご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-07-05

#321後払い決済に関するメールフォーマットの名称を変更いたします

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

下記メールフォーマットの名称を、実際のメールフォーマットの動きに則した名称に変更いたします。

メール種類ID
メール種類(変更前)

メール種類(変更後)

42

決済確定メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査OKメール

43

与信審査結果通知メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査NG(受注キャンセル)メール

※上記変更は2017年7月19日(水)の本番更新を予定しております(名称変更のみのため、機能に変更はございません)。

2017-07-05

#321後払い決済に関するメールフォーマットの名称を変更いたします

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

下記メールフォーマットの名称を、実際のメールフォーマットの動きに則した名称に変更いたします。

メール種類ID
メール種類(変更前)

メール種類(変更後)

42

決済確定メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査OKメール

43

与信審査結果通知メール(後払い決済用)

後払い決済与信審査NG(受注キャンセル)メール

※上記変更は2017年7月19日(水)の本番更新を予定しております(名称変更のみのため、機能に変更はございません)。

2017-07-05

#320『会員別利用制限決済』オプションをリリースいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員新規登録

会員データに『利用制限決済』を設定できるオプションが追加されました。
この機能をご利用いただくと、会員ごとに別々の決済方法を使用して商品を購入することができるようになります。

この機能をご利用いただく場合、商品データに設定できる「利用制限決済」と「お店を作る>決済方法」の設定状況により、表示される決済方法が変わってきます(下記参照)のでご注意ください。

会員データ・商品データ・決済方法それぞれを指定している場合、その会員のカート精算画面で選択する決済方法会員情報変更画面で設定できるお支払い方法が下記のように変化いたします。

1.会員データの『利用制限決済』をひとつでも選択している場合
 →会員データに設定した『利用制限決済』が表示されます。

2.会員データの『利用制限決済』をひとつも選択していない場合
 →購入する商品の商品データに設定された『利用制限決済』が表示されます。

3.会員データも商品データも『利用制限決済』を選択していない場合
 →『お店を作る>決済方法』で選択している決済方法が表示されます。
【ご注意】
※会員データの利用制限決済を設定する際、その会員の標準利用支払い方法で選択している決済方法を、
 利用制限決済から外すことはできません。
※定期販売で、上記オプションをご利用いただく場合は、定期の親受注(最初の受注)のみ使用可能です。
 子受注の決済方法を変更する場合は、ショップ管理ツールからのみ変更可能です。
※上記仕様のため、すでに商品データで利用制限決済を使用している店舗様においては、本機能のご利用を
 お勧めしておりません。本オプションをご利用いただく際はご注意ください。
※本オプションは無償オプションとなります。
 ご利用をご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-07-05

#319ebisumartで使用可能な決済方法に『NP後払い』『NP掛け払い』が追加されました

ネットプロテクションズが提供する後払いサービス『NP後払い』『NP掛け払い』がebisumartでも利用可能となりました。
『NP後払い』は元々ebisumartでご利用可能な決済方法でしたが、従来は手動連携のみだったため、今回APIによる自動連携が可能となりました。
詳細については、こちらをご覧ください。

■NP後払い:https://www.netprotections.com/
■NP掛け払い:https://frexb2b.jp/

※上記決済方法のご利用をご希望される場合は、弊社サポートへお問い合わせください(別途担
 当営業からお見積もりをお送りいたします)。

2017-07-05

#3187/5に追加されたm:id

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

7/5に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例・記入例については、下記m:idを直接クリックしてご確認ください。

common.IF_ITEM_OF_CATEGORY_SHORT

現在の「カテゴリに紐づく一覧商品」の在庫が最低在庫数を下回る場合に表示します。

2017-06-21

#3176/21に追加されたm:id

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

6月21日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例・記入例については、それぞれのm:idを直接クリックしてご確認ください。

common.CORPORATION_NAME_HERE

ログイン中の会員に紐づいている法人名を出力します。

common.IF_CORPORATION_MEMBER

ログイン中の会員が指定された法人コードの会員の場合に出力します。

ご注意
本m:idで出力される法人名やパラメータとして指定する法人コードは『法人管理オプション』ご利用時にのみ使用可能な項目です。

2017-06-21

#316『メルマガ配信エラーアドレス検索/一覧』が日付で検索できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>配信エラーアドレス検索/一覧

6月14日に#314で告知いたしました『メルマガ配信エラーアドレス検索/一覧』での日付検索が追加されました。
これにより、エラーとなったメールアドレスを日付単位で検索することができるようになりました。

2017-06-14

#315商品データに『公開会員ランク(指定した会員ランクのみに公開する)』が追加されました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品新規登録>公開会員ランク

6/7に告知いたしました#311『公開会員ランク(指定した会員ランクのみに公開する)』がリリースされました。
このフラグを使って登録した商品は『特定の会員ランクのみに特定の商品をご案内する』ということが可能になります。

なおこの機能の追加加に伴い、商品CSVファイルの項目に『公開会員ランク指定フラグ』が追加されておりますので、CSVファイルのダウンロード・アップロード時にはCSVファイルの登録内容にご注意ください。

2017-06-14

#314『メルマガ配信エラーアドレス検索/一覧』が日付で検索できるようになります

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>配信エラーアドレス検索/一覧

メルマガ配信エラーアドレス検索/一覧は、メルマガ配信時に何らかの原因で配信できなかったメールアドレスを一覧で表示する機能ですが、従来はすべてのエラーアドレスが表示されていたため、配信日時でエラーアドレスを検索できるようにいたします。
下記はイメージです。

なお配信日時は検索した日を含むその月一ヶ月分がデフォルトの値として表示されるようになります(例:6月20日に検索した場合は6/1から6/30が表示され、7月1日に検索した場合は7/1から7/31が表示されます)。
この日時を店舗様で変更してエラーメールアドレスを検索することも可能です。

※本機能のリリースは2017年6月21日(水)を予定しております。

2017-06-14

#313CSVファイルの登録処理に使用している文言を変更いたしました

【対象画面】ショップ管理ツール>お店を作る>ショップカレンダー>日付一括アップロード
      ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品カテゴリ一括アップロード
      ショップ管理ツール>プロモーション>クーポン管理>クーポン別会員一括追加登録アップロード

上記メニューの各登録処理で使用している文言『洗い替え登録』ですが、少々分かりづらい文言ということで『一括更新(入れ替え登録)』という文言に変更いたしました。
文言の変更のみとなりますので、CSVファイルでアップロードする際、すでに登録されているデータをそのCSVファイルの内容にすべて入れ変えて更新・登録するという機能自体に変更はございません。

2017-06-14

#312初期設定に『配送時間設定』が追加されました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>システム設定>初期設定>配送時間設定

6/7に告知いたしました#308初期設定の『配送時間設定』を店舗様に公開・登録可能とするようにいたしました。
これにより上記の初期設定から店舗様独自の配送時間を設定することが可能となります。

なお2017年6月19日から適用される、クロネコヤマトの新しい配送時間帯をこの初期設定に適用させる場合は、下記をコピーしてご登録ください。

クロネコヤマトの新配送時間帯に設定したい場合はこちら
希望なし:希望なし,午前中:午前中,14時から16時:14時から16時,16時から18時:16時から18時,18時から20時:18時から20時,19時から21時:19時から21時
ご注意
配送時間帯をカスタマイズで表示している店舗様では、この機能はご利用になれません。
ご不明な点は弊社サポートへお問い合わせください。

2017-06-07

#311商品データに『公開会員ランク(指定した会員ランクのみに公開する)』が追加されます

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品新規登録>公開会員ランク

受注データの公開会員ランクは、指定した会員ランクと同じランクか、その会員ランクより上位ランクのエンドユーザーのみが商品を閲覧・購入できるという機能ですが、この公開会員ランクに『指定した会員ランクのみに公開する』というフラグを追加いたします。
この追加により、従来できなかった『特定の会員ランクのみに特定の商品をご案内する』ことが可能となります。

なおこの追加に伴い、商品CSVファイルの項目に『公開会員ランク指定フラグ』が追加されますので、CSVファイルのダウンロード・アップロード時には、CSVファイルの設定にご注意いただきますようお願いいたします。

※本機能のリリースは2017年6月14日(水)を予定しております。

2017-06-07

#310定期販売の子受注が作成された際に配信するメールフォーマットを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

定期販売の子受注をバッチで作成した際に、自動で配信可能なメールフォーマットを追加いたしました。
追加されたメールフォーマットは以下の通りです。

メール種類ID
メール種類

47

注文確定時送信メール(注文確認メール):定期受注バッチ用

96

携帯注文確定時送信メール(注文確認メール):定期受注バッチ用

使用可能な置換文字は通常の受注時に配信されるメールフォーマット(メール種類ID:3注文確定時送信メール・メール種類ID:53携帯注文確定時送信メールと同様です。

ご注意
※こちらは『定期販売』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
※デフォルトでは『配信しない』に設定されております。
※定期の親受注作成時には配信されません(子受注作成時のみ配信対象となります)。

2017-06-07

#309入荷お知らせを一括削除できるようになりました

ショップ管理ツール>プロモーション>入荷お知らせ管理

入荷お知らせ管理に登録されている入荷お知らせの中から、不要なものを選択して一括で削除できる機能を追加いたしました。
追加されたボタンは以下の通りです。



注意事項
※本機能は『入荷お知らせ』オプションをご利用いただいている場合のみ対象となります。

2017-06-07

#3085/31にリリースされたクロネコヤマトの配送時間変更について追加のご案内

5/31の下記#306でご案内いたしましたクロネコヤマトの新配送時間帯ですが、配送時間設定を指定していない配送方法をご使用いただいている店舗様の場合や、それ以外でも下記例に挙げている設定をしている場合等は、ebisumartがデフォルトで用意している配送時間帯を表示するようになっております。

そのため配送方法をクロネコヤマトの新しい時間帯に変更しても、新しいクロネコヤマトの時間帯が表示されない場合がございます。

この場合、このデフォルトで用意している配送時間帯の変更については6/14(水)以降、店舗様で変更可能となりますので、今しばらくお待ちください。

※クロネコヤマトの新しい配送時間帯は6/19以降に適用されるものですが、もしお早めの変更をご希望の場合は弊社サポートへお問い合わせいただければ、前もって変更することも可能です。

クロネコヤマトの旧時間帯以外で、デフォルトの時間帯が表示される設定(例)

お店を作る>送料/配送方法基本情報>送料基本設定にて、

・送料基本設定にて、サイト内の全商品の送料を無料に設定している場合
・または送料基本設定にて、全商品一律送料に設定している場合

お店を作る>送料/配送方法新規登録にて、

・送料加算フラグを重み加算に設定して、配送方法を指定していない場合
上記設定の場合にebisumartがデフォルトで表示する配送時間帯

希望なし
午前中
12時から14時
14時から16時
16時から18時
18時から20時
20時から21時

2017-05-31

#307会員がお気に入りに登録した商品を、自動でリマインドする初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

会員がログイン後お気に入りリストに登録した商品を、

・お気に入りリストに入れた日から〇日後に、
・お気に入りリストに入れた商品の在庫が〇個以上だった場合、

のように設定し、設定内容に応じてあらかじめ作成したメールフォーマットを、その会員に自動で配信する初期設定を追加いたしました。

本初期設定で設定できる内容は以下の通りです。

お気に入り商品リマインダー機能
利用フラグ

この機能を使うか使わないかのフラグです。

お気に入りリマインド経過日数

会員がお気に入りリストに追加してから、何日後にメールを配信するかを設定できます。
初期値は7日後に設定されています。

お気に入りリマインド最低在庫数

会員がお気に入りリストに追加した商品の在庫が、何個以上だったらメールを配信するという設定ができます。
初期値は1に設定されています。

お気に入り商品リマインダーメール
明細フォーマット

メールフォーマットの『メール種類ID:45 お気に入り商品自動リマインドメール』の#WISHLIST_INFO#に出力する内容を設定します。
設定した内容はテキスト形式で出力されます。

お気に入り商品リマインダーメール
明細フォーマット(HTML)

メールフォーマットの『メール種類ID:45 お気に入り商品自動リマインドメール』の#WISHLIST_INFO#に出力する内容を設定します。
設定した内容はHTML形式で出力されます。

注意事項
※この機能は『ウィッシュリスト』オプションをご利用いただいている場合のみご使用いただけます。
※お気に入りリストに登録された商品をその会員が一度でも購入済みとなっている場合、メールは配信されま
 せん。
※一度本メールを配信したお気に入りリストへの再配信はされません。
※5/29現在、パソコン・スマートフォンのみ配信可能です(ケータイ対応は後日となるので、今しばらくお待
 ちください)。
※本機能をご利用いただく際は、弊社でバッチの設定が必要となります(バッチは1日1回となり、配信時間の
 設定も可能です)。ご希望の際はまず弊社サポートへご依頼ください。
※バッチ設定後、初回のバッチ起動時のみ、条件にあったすべてのお気に入りリストが自動配信の対象となり
 ます。古いお気に入りリストを自動配信の対象にしたくない場合等は、弊社サポートへご相談ください。

2017-05-31

#306クロネコヤマトの配送時間帯が変更になります

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>送料/配送方法設定>送料/配送方法一覧

クロネコヤマトの配送時間帯変更に伴い、ebisumartのクロネコヤマト用配送時間帯設定を新たに追加いたしました。
変更される時間帯と、配送時間帯を指定するヤマトB2用CSVで出力される文字列は以下の通りです。

【6/18まで】
クロネコヤマト(宅急便)

【6/19から】
クロネコヤマト(宅急便-5つの区分)

ヤマトB2用CSV出力用文字列

午前中(12時まで)

午前中(12時まで)

812 → 812
(変更なし)

12時から14時

廃止

廃止

14時から16時

14時から16時

1416 → 1416
(変更なし)

16時から18時

16時から18時

1618 → 1618
(変更なし)

18時から20時

18時から20時

1820 → 1820
(変更なし)

20時から21時

19時から21時

2021 → 1921

現在ご利用いただいている『クロネコヤマト(宅急便)』の配送時間帯は、2017/6/19以降、上記の通り一部の時間帯が受付不可となるため、6/19までに店舗様で『クロネコヤマト(宅急便-5つの区分)』への変更をご準備いただきますようお願いいたします。
設定方法は以下の通りです。

配送方法の変更方法
ショップ管理ツール

お店を作る

送料/配送方法設定

送料/配送方法一覧

該当するクロネコヤマトの配送方法を編集

配送時間設定を『クロネコヤマト(宅急便)』から『クロネコヤマト(宅急便-5つの区分)』に変更
注意事項
※6/18までは『クロネコヤマト(宅急便)』『クロネコヤマト(宅急便-5つの区分)』どちらの配送時間帯も並行
 運用可能です(詳しくはご利用いただいているクロネコヤマトの営業所へ直接お問い合わせください)。
※上記配送時間設定を変更しても、すでに登録されている出荷前の受注データについては配送時間帯が変更さ
 れません。
 受注データの配送時間帯変更をご希望の際は、弊社へご依頼いただければ、受注データの配送時間帯を一括
 変更することも可能です(有償のため都度お見積もりとさせていただきます)。
※初期設定の『配送時間設定』で配送時間を設定している場合は、今回の変更に合わせて初期設定の配送時間
 を変更する必要があるのでご注意ください。
※配送時間についてカスタマイズをしている店舗様については、上記の変更によりカスタマイズに影響がある
 可能性がございますので、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-05-31

#305ユーザーウェブの詳細検索画面で会員別商品価格を検索できるようになります

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>詳細検索画面(item_detail_search.html)

ユーザーウェブの詳細検索画面(item_detail_search.html)で金額を入力して検索する際は、従来、定価またはタイムセール価格のみが検索対象となっていましたが、この検索対象を会員別商品価格にも適用させることができる初期設定『金額検索設定』が追加されました。 この初期設定をご希望する際は、弊社サポートへお問い合わせください。

注意事項
※この初期設定は会員別商品価格オプションをご利用いただいている場合のみ対象となります。
※会員別商品価格は、該当する会員がログインして検索した場合のみ検索対象となります。
※同一商品に会員別商品価格とタイムセール価格を設定している場合は、タイムセール価格が検索対象となる
 のでご注意ください。

2017-05-24

#304メールフォーマットがHTML形式でも配信できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>メールフォーマット照会・受注データ管理

従来ebisumartのメールフォーマットはすべてテキスト形式でのみ配信可能でしたが、HTML形式でも配信できるようになりました。
一部のメールフォーマット(下記注意事項参照)を除き、ほぼすべてのメールフォーマットがHTMLタグを使用して配信可能となります。
今回追加された項目は以下の通りです。






テキスト形式・HTML形式ともに本文サンプルは弊社サポートサイトへ載せております。
ショップ管理ツールから各メールフォーマットサンプルを確認したい場合は『サンプルはこちら』のリンクをクリックしてください。

なお、今回のHTML対応に伴い、メールフォーマットに画像イメージを表示させる置換文字と、商品情報をメールフォーマットに出力させる初期設定を追加しております。
追加された置換文字を初期設定で登録すると、HTML形式でメールフォーマットを設定した際、商品画像をメールに表示させることができるようになります。
今回追加された置換文字と初期設定は以下の通りです。


今回追加された置換文字

今回追加される置換文字

置換文字で変換される内容

#ITEM_APPEAL_IMAGE_URL#

商品アピール画像URL

#ITEM_IMAGE_URL[画像項目番号]#

商品画像URL

#M_ITEM_APPEAL_IMAGE_URL#

携帯商品アピール画像URL

#M_ITEM_IMAGE_URL[画像項目番号]#

携帯商品画像URL


今回追加された(上記置換文字を使用可能な)初期設定と、初期設定の内容をメールフォーマットに出力させる置換文字

今回追加された初期設定

初期設定の内容を出力させる置換文字

注文完了メール明細フォーマット(HTML)

#ITEM_INFO#

注文完了メール明細フォーマット2(HTML)

#ITEM_INFO2#

注文完了メール複数配送先明細フォーマット(HTML)

#SEND_ITEM_INFO#

注文完了メール複数配送先フォーマット(HTML)

#OTHER_SEND_INFO#

お気に入り商品リマインダーメール明細フォーマット(HTML)

#WISHLIST_INFO#

注意事項
・本機能は『メールID:36ネクストエンジンメールフォーマット』では使用できません。
・ショップ管理ツールに上記追加項目が表示されていない店舗様ではこの機能がご利用になれない場合がござ
 います。
 本機能をご希望の場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-05-24

#303自由項目マッピング機能をリリースいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>自由項目登録・照会

ユーザーウェブのカート精算画面に出力されている自由項目の内容を、ショップ管理ツールの受注データへ自動で反映させる機能『コピー元項目』を追加いたしました。
従来、本システムでは自由項目同士のデータを共有することができませんでしたが、本機能を使うことで自由項目同士のデータを共有できるようになりました。
本機能をご希望の場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

コピー元項目を設定できる自由項目と、設定したコピー元項目に対応する各マスタは以下の通りです。

コピー元項目を設定できる
自由項目

コピー元項目に
コピー可能なデータ

コピーされたデータが
反映される箇所

受注ヘッダ

会員マスタ

受注ヘッダのその他情報タブ

受注明細

商品マスタ

受注明細のその他情報

受注配送先

アドレス帳マスタ

受注ヘッダの送付先情報タブ

コピー元項目のご利用例

BtoBサイトにおいて、会員の自由項目として『法人名』と『法人住所』を設定しており、その自由項目を受注ヘッダに反映させたい場合

1.受注ヘッダ自由項目をふたつ作成し、コピー元項目に会員マスタの自由項目(法人名・法人住所)をそれぞれ設定します。

2.エンドユーザーがサイトにログインします。

3.会員ログインした状態で注文します。この時カート精算画面には、会員の自由項目(法人名・法人住所)が表示されています。

4.注文完了後、ショップ管理ツールの受注ヘッダ>その他情報タブには、この会員の自由項目(法人名・法人住所)が反映されます。

※この会員がアドレス帳を使って法人名や法人住所を登録していれば、受注配送先自由項目にコピー元項目を設定することで、送付先情報タブに反映させることも可能です。
また複数配送先でアドレス帳を使用している場合もコピー元項目へ反映されます。
注意事項
※コピー元項目に設定するデータは、自由項目だけではなく、元々標準で使用している基本項目(商品マスタ
 であれば商品名や販売価格等)を設定することも可能です。
※コピー元項目に設定する項目とコピーされる自由項目は、双方で入力形式や文字数等の設定が異なっている
 と、エラーとなり正しく表示されないことがあります。
※自由項目の項目入力形式が『画像』または『パスワード』の場合、本機能は対応しておりませんのでご注意
 ください。
※コピーされるデータは『ユーザーウェブの受注→ショップ管理ツール』のみとなります。
 ショップ管理ツールでの受注登録時には、コピーか適用されないのでご注意ください。
※『コピー可能なマスタのデータ』→『コピー元項目へのデータコピー』のみができる機能となります。
 例:会員マスタのデータ→受注ヘッダの自由項目へコピー:〇
   受注ヘッダのデータ→会員マスタへのコピー:×
※すでに表示されているコピー元となるデータを、カート精算画面で書き換えて注文完了した場合は、書き換
 えたデータのほうがコピー元項目に反映されます。

2017-05-17

#302サポートサイトのm:idに関する説明文のうち『会員ランク別商品価格』について名称を統一いたしました

【対象機能・画面】サポートサイトのm:idに関する説明文全般

ebisumartのオプション『会員ランク別商品価格』を表示することができるm:idの説明で、オプションの名称が正しくは『会員ランク別商品価格』である所を、一部『会員ランク価格』『会員別ランク価格』のように表現に揺れがあったため、これらを正しい名称で統一いたしました。

2017-05-17

#302サポートサイトのm:idに関する説明文のうち『会員ランク別商品価格』について名称を統一いたしました

【対象機能・画面】サポートサイトのm:idに関する説明文全般

ebisumartのオプション『会員ランク別商品価格』を表示することができるm:idの説明で、オプションの名称が正しくは『会員ランク別商品価格』である所を、一部『会員ランク価格』『会員別ランク価格』のように表現に揺れがあったため、これらを正しい名称で統一いたしました。

2017-05-10

#301ショップ管理ツールの受注登録画面でセキュリティコードについての文言を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注新規登録

ショップ管理ツールの受注登録画面で、クレジットカードのセキュリティコードを登録する際の文言を下記のように変更いたしました。
変更の理由は、American Expressのみセキュリティコードが4桁だったため、となります。

(半角数値3桁まで):セキュリティコードを入力してください。』

(半角数値3桁または4桁):セキュリティコードを入力してください。』

2017-05-10

#300退会済み会員のログインIDを、重複して利用できる初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブの会員登録画面または会員情報変更画面、及びショップ管理ツールの会員登録画面

すでに退会済みとなっている会員のログインIDを、別の会員が新たなログインIDとして利用できる初期設定『退会済ログインID重複許可』を追加いたしました。

こちらの機能をご利用いただくと、ユーザーウェブ・ショップ管理ツールともに、退会済み会員のログインIDを別の会員が使用できるようになります。
新規登録・会員情報変更、どちらの場合も利用可能です。

※重複したログインIDが新たに登録された場合は、すでに退会済みの会員から退会フラグを外そうとしてもエラーとなります。
※本初期設定をご希望の場合は、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-04-26

#299全ページHTTPSオプション使用時の一部不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】相対パスに『http://support.ebisumart.com/client_info/EBISU_SUPPORT』『http://support.ebisumart.com/client_info/EBISU_SUPPORT/view/userweb』『http://support.ebisumart.com』を使用している場合

全ページHTTPSオプションを使用している際に、下記置換文字列を使用した相対パスがHTTPで始まるURLになってしまう不具合を修正いたしました。
対象となる相対パスは以下の通りです。

2017-04-26

#299全ページHTTPSオプション使用時の一部不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】相対パスに『http://support.ebisumart.com/client_info/EBISU_SUPPORT』『http://support.ebisumart.com/client_info/EBISU_SUPPORT/view/userweb』『http://support.ebisumart.com』を使用している場合

全ページHTTPSオプションを使用している際に、下記置換文字列を使用した相対パスがHTTPで始まるURLになってしまう不具合を修正いたしました。
対象となる相対パスは以下の通りです。

2017-04-26

#2984/26に追加されたm:id

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

4月26日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例・記入例については、それぞれのm:idを直接クリックしてご確認ください。

common.IF_SOLDOUT

指定された商品コードの商品が在庫0となった場合に表示します。

common.IF_ITEM_OF_CATEGORY_SOLDOUT

カテゴリに紐づく商品一覧が在庫0となった場合に表示します。

2017-04-26

#297ショップ管理ツールのログインパスワードを、自動入力されないように制御いたします

【対象機能・画面】ショップ管理ツールログイン画面

ebisumartのセキュリティ強化のため、ショップ管理ツールのログイン画面で、(ブラウザの自動入力機能を使った)ログインパスワードが自動入力されなくなるよう修正いたします。

修正予定日:5/10(水)

※ブラウザのバージョンにより本設定が無視される場合もありますので、予めご了承ください。

2017-04-19

#296SMBCファイナンスサービス(クレジットカード)に取消API連携フラグを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法>クレジットカード(SMBCファイナンスサービス)

SMBCファイナンスサービスのクレジットカード決済に『取消API連携フラグ』機能を追加いたしました。

このフラグをオンにすると、ショップ管理ツールから受注を取り消しにした時や、ユーザーウェブのマイページ(購入履歴)から受注キャンセルをした際に、SMBC側の与信データを自動で取り消しすることができるようになります。

※ebisumart側で受注金額の変更をしている場合は、SMBC側と金額を合わせてキャンセルをする必要があります。
※初期状態では連携しない設定になっております。ご利用の際は『取消API連携フラグ』の『受注取消時に取り消し連携する』にチェックを入れてください。

2017-04-19

#296SMBCファイナンスサービス(クレジットカード)に取消API連携フラグを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法>クレジットカード(SMBCファイナンスサービス)

SMBCファイナンスサービスのクレジットカード決済に『取消API連携フラグ』機能を追加いたしました。

このフラグをオンにすると、ショップ管理ツールから受注を取り消しにした時や、ユーザーウェブのマイページ(購入履歴)から受注キャンセルをした際に、SMBC側の与信データを自動で取り消しすることができるようになります。

※ebisumart側で受注金額の変更をしている場合は、SMBC側と金額を合わせてキャンセルをする必要があります。
※初期状態では連携しない設定になっております。ご利用の際は『取消API連携フラグ』の『受注取消時に取り消し連携する』にチェックを入れてください。

2017-04-19

#2954/5に追加されたm:idの一部修正について

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

4/5に追加された『高額購入割引使用時に送料等を表示させるm:id』ですが、金額の表示にカンマ(,)と単位(円)が出力されないことが判明したため、カンマと単位(円)が表示されるよう修正したm:idを新たに追加いたしました。
今回追加されたm:idは以下の通りです。

common.SORYO_DISCOUNT_REST_PRICE_HERE

送料オプション「高額購入割引を使用する」がONの場合に送料割引までの金額を単位付きで表示します。

common.SORYO_DISCOUNT_PRICE_HERE

送料オプション「高額購入割引を使用する」がONの場合に送料高額割引後の送料を単位付きで表示します。

※4/5に追加された下記m:idのうち、下記2つは非推奨となります。
すでに実装済みの店舗様はご注意ください(このままでも使用可能ですが、カンマと単位が表示されません)。

common.SORYO_DISCOUNT_REST_HERE
common.SORYO_DISCOUNT_HERE

2017-04-19

#294受注管理画面で『配送区分』『入金区分』『取消区分』を連打できないよう制御いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理>『入金区分』『配送区分』『取消区分』の各チェックボックス

ショップ管理ツールの受注管理画面で『入金区分』『配送区分』『取消区分』のチェックボックスをダブルクリックできないよう制御いたしました。
本修正は、従来のebisumartでは『各チェックボックスをダブルクリックした場合に、リクエストが二重で送信されてしまっていたため』となります。
修正後の挙動は、ダブルクリック時にダイアログを表示しリクエストが二重に送信されないよう制御いたします。

2017-04-12

#293GMOペイメントゲートウェイ(コンビニ決済)で、支払い番号の名称及び桁数が変わりました

【対象機能・画面】コンビニ決済を利用した注文確定時

GMOペイメントゲートウェイ(コンビニ決済)の仕様変更に伴い、受注時にエンドユーザーへ通知する支払い番号の名称及び桁数が、それぞれ下記のように変更されます。

コンビニ名

変更される名称及び桁数

サークルK
サンクス
セイコーマート

:オンライン決済番号:11桁の番号

:受付番号:6桁の番号
  確認番号:10桁の番号

ファミリーマート

:お客様番号:11桁の番号
  確認番号:4桁の番号

:企業コード:5桁の番号
  注文番号:12桁の番号

ローソン
ミニストップ

:お客様番号:11桁
 確認番号:4桁の番号

:お客様番号:14桁
 確認番号:4桁の番号

セブンイレブン
スリーエフ

変更はありません

上記変更に伴い、店舗様でサイト上に支払い方法のご案内(テンプレート上に支払い番号や桁数の直書き等)をしている場合は、各テンプレートの文言修正等が発生する場合がございます。
なにとぞご了承ください。

2017-04-05

#292パスワードの変更を通知するメールフォーマットを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会

エンドユーザーがパスワードを変更した際に配信されるメールフォーマットを、新たに追加いたしました。
新たに追加されたメールフォーマットは以下の通りです。

メール種類ID:48 パスワード変更通知メール
メール種類ID:97 携帯パスワード変更通知メール

どちらも初期状態は配信しない設定となっておりますので、こちらにつきましては、店舗様の運用に合わせてメールフォーマットを加筆・修正の上ご利用ください。

2017-04-05

#291受注データ等を登録する際の商品検索画面で、検索条件を設定できる初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注新規登録>受注明細>[商品検索]
         ショップ管理ツール>プロモーション>各種ランキング>[商品検索]
         ショップ管理ツール>プロモーション>トピックス新規登録>リンク先指定>[商品検索] 等

ショップ管理ツールで[商品検索]ボタンを押した際開かれるサブウィンドウで、検索条件を追加・保存できる機能を追加いたしました。
検索画面のイメージは以下の通りです。


4/4以前に作成された店舗様の場合、初期状態は検索条件が固定です。
4/5以降に作成される店舗様の場合、初期状態は検索条件が追加・保存できるようになっています。

どちらの場合も弊社サポートにて設定の変更をいたしますので、ご希望の店舗様はお問い合わせください。
※設定変更後の動作確認(弊社側・店舗様双方にて)が必要となります。
※本機能は、当該機能をカスタマイズしている店舗様ではご利用になれない場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

2017-04-05

#290自動会員ランク設定で、会員ランクを下げないようにする初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】自動会員ランク設定バッチ作動時

自動会員ランク設定とは、店舗様で決めた条件(過去1年間の購入金額や購入回数)に沿って、該当会員の会員ランクをバッチ処理でアップダウンさせる機能ですが、このバッチ処理時に会員ランクのダウンをせず据え置きにし、会員ランクのアップのみ行うことができる初期設定を追加いたしました。
本設定をご希望の場合は、弊社サポートにお問い合わせください。

※こちらは『会員ランク』オプション及び『自動会員ランク設定』をご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-04-05

#289受注データの検索条件『送付先電話番号』の検索条件を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理>検索条件「送付先電話番号」

2017年3月29に告知いたしました『送付先電話番号』の検索条件変更について、修正が完了いたしましたのでご報告いたします。
本修正により、送付先電話番号は電話番号にハイフンがあるなしを問わず検索できるようになりました。

2017-04-05

#288ステップメールのメールコンテンツ削除について仕様を一部変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>ステップメール管理>ステップメール一覧>[編集]>ステップメール編集

従来、上記画面からステップの変更画面を開いた場合、サブウィンドウの下部に[削除]ボタンが表示されておりましたが、このボタンを廃止いたしました。
廃止の理由といたしましては、登録したステップを削除してしまうと、その削除したステップを再度編集できなくなってしまう不具合が発覚したためとなります。
シナリオ内に登録したステップを店舗様でご利用にならない場合は、今後は[削除]ボタンではなく、各コンテンツの状態を『強制停止』にしてご利用ください。


※こちらは『ステップメール』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-04-05

#2874/5に追加されたm:id

【対象機能・画面】すべてのテンプレートで使用可能です

4月5日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

common.IF_SORYO_DISCOUNT

高額購入割引を使用していて送料割引が適用された場合に表示します。

common.SORYO_DISCOUNT_REST_HERE

高額購入割引を使用している場合に、送料割引までいくらなのかを表示します。

common.SORYO_DISCOUNT_HERE

高額購入割引が適用された後の送料を表示します。

2017-03-29

#286画像・テンプレート管理で、複数のフォルダを一度に削除またはダウンロードできるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート

2017年2月1日に『画像・テンプレート管理で、複数ファイルを一度にダウンロードできるようになりました』とご案内させていただいております複数ファイルの一括ダウンロード機能ですが、このたび複数ファイルだけではなく、複数フォルダでも一度に削除・ダウンロードができるようになりました。

2017-03-29

#285商品一括アップロード画面の項目に『予約商品自動有効化フラグ』を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品一括アップロード

商品一括アップロード画面の項目に『予約商品自動有効化フラグ』を追加いたしました。
従来よりダウンロード・アップロード可能な項目でしたが、ショップ管理ツールに説明がなかったため項目の説明を追加しております。

※機能の変更ではございませんので、従来通り商品一括アップロードをご利用可能です。

2017-03-29

#284受注検索画面の検索条件『送付先電話番号』が、ハイフンの無い電話番号でも検索できるようになります

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注データ管理
【前提】『複数配送先』オプション・『受注送付先作成設定』オプションどちらもご利用いただいていない場合

受注検索画面の検索条件『送付先電話番号』で、ハイフンの無い送付先電話番号でも検索にヒットするように機能改修を行います。

:
送付先電話番号が『03-1234-5678』で登録されている場合

改修前:
『0312345678』や『0312』のようにハイフンを抜いて検索した場合は、ヒットしませんでした。

改修後:
電話番号の部分一致・完全一致を問わず、ハイフンを抜いた状態で検索してもヒットします(ハイフンを入れた状態でもヒットします)。

上記の仕様変更のため店舗様の運用によっては、検索条件にヒットする件数が多くなる恐れがございますので、本メールでは事前告知とさせていただきました。
本仕様変更にご不都合がある場合は、弊社サポートへお問い合わせください。


【改修日程】
4/5(水)の本番更新を予定しております。

2017-03-15

#283別精算ページでログイン画面をスキップして直接カート精算画面へ進める初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カートログイン画面(cart_login.xhtml)・カート精算画面(cart_seisan.xhtml)

従来、未ログインのエンドユーザーがebisumartで商品を購入する際の購入フローは、

商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

買い物かご一覧ページ(cart_index.xhtml)

カートログイン画面(cart_login.xhtml)

カート精算画面(cart_seisan.xhtml)

このようなフローになっておりますが、別精算ページをご利用いただいている場合にのみ、この中のカートログイン画面をスキップして、直接カート精算画面(cart_seisan.xhtml)に画面遷移できる初期設定を追加いたしました。
初期設定の名称は『別精算ページ遷移時のカートログインスキップ』となります。

この初期設定を使用して、別精算ページをご利用いただいた場合の購入フローは以下の通りです。

商品詳細ページ(item_detail.xhtml)

カート精算画面(cart_seisan.xhtml)

別精算ページでは、元々買い物かご一覧ページを表示しないため、上記のように商品を買い物かごに入れた所から購入までのステップが大幅に削減されます。

※こちらは『別精算ページ』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
※本機能をご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-03-15

#282サイト混雑時ユーザー整理機能で整理終了メールの配信条件を変更いたしました

【対象機能・画面】サイト混雑時ユーザー整理機能で、入場整理開始始後、サイトへの訪問ユーザー数上限値を下回ったアクセスになった場合

『サイト混雑時ユーザー整理機能』では『サイトへの訪問ユーザー数上限値』を上回った場合に、指定したメールアドレスへ入場整理開始メールを配信し、下回った場合には入場整理終了メールを配信しておりますが、この入場整理終了メールを『サイトへの訪問ユーザー数上限値』の80%を下回った場合に配信するよう、配信条件を変更いたしました。
変更の理由は『サイトへの訪問ユーザー数上限値』を下回った時点で終了メールを配信していたため、頻繁に開始と終了のメールが配信されてしまっていたためとなります。

※こちらは『サイト混雑時ユーザー整理機能』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-03-15

#281一部のm:idが正しい動作をしていなかったため、これを修正いたしました

【対象機能・画面】各m:idが使用可能な画面に準じます

下記m:idを使用する際、自由項目の種別がチェックボックスまたはラジオボタンの場合に正常に使用できずテンプレートエラーとなってしまっていたため、こちらを修正いたしました。

common.IF_ITEMACCESSLOG_FREE

商品自由項目を「使用する」に設定している場合に表示します。
商品自由項目の番号を指定します。(例: m:free_item_no='1')

2017-03-15

#281一部のm:idが正しい動作をしていなかったため、これを修正いたしました

【対象機能・画面】各m:idが使用可能な画面に準じます

下記m:idを使用する際、自由項目の種別がチェックボックスまたはラジオボタンの場合に正常に使用できずテンプレートエラーとなってしまっていたため、こちらを修正いたしました。

common.IF_ITEMACCESSLOG_FREE

商品自由項目を「使用する」に設定している場合に表示します。
商品自由項目の番号を指定します。(例: m:free_item_no='1')

2017-03-08

#280アフィリエイト等の計測タグで出力できる項目に『割引額合計』を追加いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>注文確認画面(cart_confirm.xhtml),注文完了画面(cart_result.xhtml)

店舗様がアフィリエイトやGoogleアナリティクスで計測タグとして使用する『HIDDEN_DATA_TAGS_HERE』で、HIDDEN_DATA_FORMに指定できるHIDDENタグを追加いたしました。
追加した内容は以下の通りです。

WARIBIKI_SUM

割引額合計を出力します。
割引額合計は、割り引いた後の注文金額合計ではなく、割り引く金額の合計を出力します。
使用できる画面は、注文確認画面(cart_confirm.xhtml)と注文完了画面(cart_result.xhtml)です。

2017-03-08

#279特定の条件でお問い合わせフォームに生年月日が時分秒まで表示されてしまう不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブのお問い合わせフォーム
【前提】・会員ログイン時
    ・お問い合わせフォーマットの項目編集で会員マスタ項目を生年月日とした場合
    ・ログインした会員の会員データに生年月日が登録されている

上記前提の際、ユーザーウェブのお問い合わせフォーマットの生年月日が、年・月・日だけではなく時・分・秒まで表示されてしまう不具合がございましたが、こちらを年月日だけ表示するよう修正いたしました。

2017-03-08

#2783/8に追加されたm:id一覧

【対象機能・画面】m:idが使用可能な画面に準じます

3月8日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

IF_EXIST_CHANGE_TEIKI_ORDER_CARD

定期注文で使用するカードとして変更できるカードが一つ以上ある場合にのみ表示します。
ゼウス決済を使用している場合にのみ使用できます。

IF_CHANGE_TEIKI_ORDER_CARD

現在の登録しているカード情報を、定期注文で使用するカードとして変更できる場合にのみ表示します。
ゼウス決済を使用している場合にのみ使用できます。

CHANGE_TEIKI_ORDER_CARD_BUTTON_TAG

現在の登録しているカード情報を、定期注文で使用するカードとして変更します。
定期注文が複数ある場合はすべての注文に反映されます。
ゼウス決済を使用している場合にのみ使用できます。
href属性が変化します。

2017-03-08

#277問い合わせ管理で一部文言を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>お問い合わせ管理>お問い合わせ一覧>[編集]>投稿データ一覧>表示中データのダウンロード済みを解除する

上記画面で『表示中データのダウンロード済みを解除する』を押した際に、

『処理します。よろしいですか?』
 ↓
[OK]
 ↓
『ダウンロードします。よろしいですか?』
 ↓
[OK]
 ↓
『ダウンロード済みを取り消しました。〇件』

このように「ダウンロードを解除する」機能であるにも関わらず「ダウンロードしますか」と表示されておりましたが、こちらについては明らかな日本語の間違いであるため、これを「ダウンロード済みを解除します」という文言に変更いたしました。

※文言の修正のみのため、機能自体に変更はございません。

2017-03-01

#276GMOのコンビニ決済で連携可能なコンビニが増えました

【対象機能・画面】お店を作る>決済方法

GMOのコンビニ決済で『スリーエフ』と『セイコーマート』が連携可能となりました。
ご利用をご希望されるかたは、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-03-01

#275クーポン割引が使用できないオプションについて、ショップ管理ツール上に明記いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>クーポン管理>クーポン新規登録

本システムのオプションである『クーポン割引』は、別オプション『カートオプション商品』に対応しておりません。
その旨を、ショップ管理ツール上に記載し、店舗様が運用面で齟齬をきたさないようにいたしました。

※こちらは『クーポン割引』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-03-01

#274予約フラグ自動有効化フラグの名称を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品管理>商品新規登録>予約フラグ自動有効化フラグ

2016年11月1日に告知しております『予約フラグ自動有効化フラグ』の名称について、こちらの名称を『予約商品自動有効化フラグ』に変更いたしました。
この変更に伴い、商品在庫一括アップロードでCSVファイルを一括アップロードされてる店舗様の場合は、CSVファイルのカラム名も『予約商品自動有効化フラグ』に変更されますので、あらかじめご了承ください。

※こちらは『予約販売』及び『予約フラグ自動有効化』オプション両方を、ご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-03-01

#273ショップ管理ツールのトップページで、一部文言を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>トップページ>マニュアル

従来「マニュアル」という文言で、こちらのページへリンクするようにしておりましたが、これを「管理画面説明書」という名称に変更し、管理画面説明書のトップページへリンクするよう変更いたしました。


従来のページをご覧いただく場合は、トップページ画面右上の[?]ボタンからご参照ください。

2017-03-01

#2723月1日に追加されたm:id一覧

【対象機能・画面】m:idが使用可能な画面に準じます

3月1日に追加されたm:idは以下の通りです。
本メールでは、m:id名と簡単な概要のみを記載するにとどめております。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

TEIKA_SUM_HERE

小計を出力します。
定期の配送先変更画面(teiki_renew.xhtml)及び定期の配送先変更確認画面(teiki_renew_confirm.xhtml)で使用可能です。

2017-02-22

#271一部のm:idが正しい動作をしていなかったため、これを修正いたしました

【対象機能・画面】各m:idが使用可能な画面に準じます

下記m:idが本来想定している動きではなかったため、正しい動きをするよう修正いたしました。

DELIVERY_DATE_SELECT_INPUT_HERE

一度プルダウンで配送日を選択すると、配送日を指定しない状態に戻すことができなかったため、これを修正いたしました。

IF_CAN_REGIST_CARD

元々ペイジェント用に開発されたm:idでしたが、このm:idを使用した場合ペイジェント以外の決済でカード保存機能が使えなくなってしまっていたため、これを修正いたしました。

2017-02-22

#271一部のm:idが正しい動作をしていなかったため、これを修正いたしました

【対象機能・画面】各m:idが使用可能な画面に準じます

下記m:idが本来想定している動きではなかったため、正しい動きをするよう修正いたしました。

DELIVERY_DATE_SELECT_INPUT_HERE

一度プルダウンで配送日を選択すると、配送日を指定しない状態に戻すことができなかったため、これを修正いたしました。

IF_CAN_REGIST_CARD

元々ペイジェント用に開発されたm:idでしたが、このm:idを使用した場合ペイジェント以外の決済でカード保存機能が使えなくなってしまっていたため、これを修正いたしました。

2017-02-15

#270すべての会員に対してメルマガを一斉送信する機能を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>メルマガ管理>メルマガ予約配信>「会員(メルマガ未購読者含む)のみ」

現在登録されているすべての会員に対して、メールを一斉配信できる機能を追加いたしました。
本機能を使ってメルマガを配信すると、本来メルマガを受け付けない会員に対してもメルマガを配信することができます
そのため配信内容には十分ご注意ください。


※本機能は、店舗様でシステムメンテナンス等を行う場合に、全会員へ一斉送信する機能を想定して作成しております。
※この機能を使った配信対象は「PCテキストコンテンツ」のみとなります。HTMLには対応しておりません。
※全会員を配信対象とする機能のため、会員のメールアドレスを絞り込んで特定の会員のみに配信することはできません。
※PC用メールアドレスの登録がない会員の場合は、その会員の携帯用メールアドレスへ配信されます。
※配信対象から除外される会員は以下の通りです。
 ・退会フラグが退会済みの会員
 ・登録区分が仮登録の会員(承認制会員登録オプションをご利用のお客様のみ)
 ・会員データがない、メルマガ希望のみのメルマガ会員

※メルマガ機能をカスタマイズしている店舗様では、この機能をご利用になれません。あらかじめご了承ください。

2017-02-15

#269ノベルティ商品が仮登録でも表示されてしまう不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.html)

ノベルティ商品として登録した商品が、仮登録であるにも関わらずビューで表示されてしまう不具合がございましたが、これを修正いたしました。
従来はこの状態でも在庫が0であれば表示されない状態でしたが、在庫がある場合でも仮登録の場合は表示されないように修正しております。

※こちらは『ノベルティ機能』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-02-15

#268メルマガ配信解除に関する不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>メルマガ配信[購読]または[解除]を押下した場合

2017年1月25日に事前告知いたしました『メルマガ購読・解除ボタン押下時の仕様変更』について、弊社の修正作業が完了いたしました。
詳細については『#255 メルマガ購読・解除ボタン押下時の仕様変更について』をご参照ください。

2017-02-08

#267決済方法に各決済の決済IDを追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>決済方法

各決済方法に決済IDを追加いたしました。
イメージは以下の通りです。


決済IDは、CSVファイルによる一括アップロード機能(下記参照)をご利用いただく際、必要となる項目です。

一括アップロード機能例:
・受注一括アップロード:支払い方法
・商品一括アップロード:商品利用決済IDリスト
・会員一括アップロード:標準利用支払い方法

※決済方法画面をカスタマイズしている一部の店舗様では、上記改修は対象外となります。

2017-02-08

#266ペイジェントのカード情報登録件数が5枚から10枚に変更されました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.xhtml)・カード情報登録画面(member_credit_entry_input.xhtml)
【前提】決済代行会社にペイジェントをご利用いただいている店舗様

エンドユーザーがクレジットカード情報を登録する際、従来は5件まで登録可能となっておりましたが、これを10件まで登録できるようにいたしました。

※本機能は『会員クレジットカード情報保存』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。
※ペイジェントについてはこちらをご覧ください。

2017-02-08

#265入金管理の決済ステータスで、表示の不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>請求・支払管理>請求管理>入金管理

入金管理画面の決済ステータスで発生する、表示内容の不具合を修正いたしました。

従来の仕様では、

請求データ作成時(請求済みで更新時)
請求金額合計:10,000円 残高:10,000円 決済ステータス:未入金

入金処理:10,000円

請求金額合計:10,000円 残高:0円 決済ステータス:入金済み

マイナス処理(入金取り消し等、店舗様の運用でマイナス処理:10,000円)

請求金額合計:10,000円 残高:10,000円 決済ステータス:一部入金

このように入金取り消しをし、残高が戻ったにも関わらず、決済ステータスが一部入金のままとなっておりましたが、これを下記のように修正いたしました。

請求データ作成時(請求済みで更新時)
請求金額合計:10,000円 残高:10,000円 決済ステータス:未入金

入金処理:10,000円

請求金額合計:10,000円 残高:0円 決済ステータス:入金済み

マイナス処理(入金取り消し等、店舗様の運用でマイナス処理:10,000円)

請求金額合計:10,000円 残高:10,000円 決済ステータス:未入金

※請求金額合計-残高=プラスの金額の場合、決済ステータスは一部入金のまま表示されます。
※請求金額合計-残高=0円またはマイナスの場合に、決済金額は未入金となります。

※仕様変更は、2/8以降に作成される請求データのみ対応しております。
 2/8以前の請求データにつきましては、仕様変更後も決済ステータスが『一部入金』のままと
 なりますので、ご注意ください。

※本機能は『請求管理』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-02-08

#264売上レポートで一部の商品画像が表示されない不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>データ解析>売上レポート>商品別売上/利益集計

売上レポートの商品別売上/利益集計画面で、一部の商品画像が表示されない不具合があったため、これを修正いたしました。

2017-02-08

#263スマートフォン用テンプレートの仕様を一部を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート管理>テンプレート管理

ebisumartの仕様として、テンプレートの構成がPC用とスマートフォン用で同じ構成になっていないと、スマートフォン側でエラーになってしまうというのがございましたが、これを修正し、スマートフォン用のファルダにアップされているテンプレートのみでも、スマートフォンページが表示されるよう修正いたしました。

※今回の修正はextフォルダ配下のテンプレートのみとなっております。
あらかじめご了承ください。

2017-02-01

#262画像・テンプレート管理で、複数ファイルを一度にダウンロードできるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>画像・テンプレート

従来の画像・テンプレート管理画面では、テンプレートをひとつひとつダウンロードするか、フォルダごとまとめてダウンロードするかのどちらかしか出来ませんでしたが、これを任意のテンプレートや画像ファイルのみ選択してダウンロードできるよう改修いたしました。

画面イメージは以下の通りです。

2017-02-01

#261広告媒体管理で掲載期間の検索条件を変更いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>広告媒体管理>広告媒体マスタ>掲載期間

広告媒体管理マスタで、掲載期間の検索条件を以下のように修正いたしました。
現在有効/無効となっている広告媒体データを、店舗様で確認しやすくなりました。

 before = 掲載期間:FROM/掲載期間TO(範囲内の広告媒体データを表示)
 ↓
 after = 掲載期間:なし/期間前/期間中/期間後(検索した日付を基準として、広告媒体データを表示)

※こちらの機能は『広告媒体管理』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-02-01

#260受注データ一覧の明細に小計を表示できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注データ管理>[明細行を表示]またはCSVダウンロード

受注データ一覧画面の明細行に、各明細の小計金額を表示させるようになりました。
下記画面は受注データ一覧画面ですが、CSVファイルで受注データをダウンロードする際にも、小計を出力できるよう項目を追加しております。

※明細行・CSVファイルどちらも、表示項目編集で「小計」を選択する必要があります。

2017-02-01

#259納品書のクーポン割引額がマイナスで出力できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注データ管理>[納品書作成]ボタン

納品書を出力する際のクーポン割引額を、マイナス表記にすることが可能となりました。
マイナスを表記することにより、クーポンによる割引額であることがより明確となります。

2017/2/1以降に店舗構築された店舗様

クーポン割引額はマイナスで表記されます。

2017/2/1以前に店舗構築された店舗様

クーポン割引額はマイナスで表記されません。
弊社で設定をONにいたしますので、弊社サポートへご連絡ください。

2017-02-01

#258カート精算画面で配送希望日をプルダウンではなくカレンダー方式で入力できるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.html)

カート精算画面の配送希望日を、プルダウン形式ではなくカレンダーから直接入力できるようになりました。
イメージは以下の通りです。


本機能をご利用いただく際は、下記の最新版テンプレートをダウンロードしてご利用ください。

・ebisu_datepicker_uw.js
・ebisu_lib.js
・style.css
・cart_seisan.xhtml
上記テンプレートのうち、cart_seisan.xhtmlには、下記の新規m:idが追加されております。
SEND_HOPE_CALENDAR_JS_HERE

年月日に分割されている配送希望日の入力フォームで使用可能なカレンダーの初期化処理を行うJavascriptを出力します。

SEND_HOPE_CALENDAR_HERE

年月日に分割されている1つ目の配送希望日に使用するカレンダーを表示するタグを出力します。

MULTI_SEND_HOPE_CALENDAR_HERE

年月日に分割されている2つ目以降の配送希望日に使用するカレンダーを表示するタグを出力します。

※テンプレートの修正作業を行う際は、必ずテンプレートのバックアップを取っていただくことをお勧めしております(CSS等を店舗様で修正している場合、新規テンプレートをそのままアップロードするとそれまでのデザインが崩れる場合があります)。
※ご不明な点がございましたら、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-02-01

#258カート精算画面で配送希望日をプルダウンではなくカレンダー方式で入力できるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.html)

カート精算画面の配送希望日を、プルダウン形式ではなくカレンダーから直接入力できるようになりました。
イメージは以下の通りです。


本機能をご利用いただく際は、下記の最新版テンプレートをダウンロードしてご利用ください。

・ebisu_datepicker_uw.js
・ebisu_lib.js
・style.css
・cart_seisan.xhtml
上記テンプレートのうち、cart_seisan.xhtmlには、下記の新規m:idが追加されております。
SEND_HOPE_CALENDAR_JS_HERE

年月日に分割されている配送希望日の入力フォームで使用可能なカレンダーの初期化処理を行うJavascriptを出力します。

SEND_HOPE_CALENDAR_HERE

年月日に分割されている1つ目の配送希望日に使用するカレンダーを表示するタグを出力します。

MULTI_SEND_HOPE_CALENDAR_HERE

年月日に分割されている2つ目以降の配送希望日に使用するカレンダーを表示するタグを出力します。

※テンプレートの修正作業を行う際は、必ずテンプレートのバックアップを取っていただくことをお勧めしております(CSS等を店舗様で修正している場合、新規テンプレートをそのままアップロードするとそれまでのデザインが崩れる場合があります)。
※ご不明な点がございましたら、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-02-01

#257配送希望日を過去日に設定できる不具合を改修いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.html)
【前提】サイト基本情報または商品データで『配送希望日指定可能最少日数』を0に設定していた場合

上記前提の際、ユーザーウェブのカート精算画面で配送希望日を過去日に設定できてしまう不具合がございましたが、過去日については入力できないよう修正いたしました。

※2/1現在、ユーザーウェブからの受注のみ対応済みとなります。
ショップ管理ツールでの配送希望日は過去日に設定可能でございますのでご注意ください。

2017-02-01

#257配送希望日を過去日に設定できる不具合を改修いたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.html)
【前提】サイト基本情報または商品データで『配送希望日指定可能最少日数』を0に設定していた場合

上記前提の際、ユーザーウェブのカート精算画面で配送希望日を過去日に設定できてしまう不具合がございましたが、過去日については入力できないよう修正いたしました。

※2/1現在、ユーザーウェブからの受注のみ対応済みとなります。
ショップ管理ツールでの配送希望日は過去日に設定可能でございますのでご注意ください。

2017-02-01

#256一部のm:idが正常に動作しない不具合を改修いたしました

【対象機能・画面】各m:idに準拠します

本システムで提供している一部のm:idが、正常に動作せずテンプレートエラーとなる不具合がございましたので、これを修正いたしました。
対象となるm:idは以下の通りですが、現在は正常に動いております。

common.IF_ALL_ITEM_DISCOUNT

現在の「すべての商品一覧」に会員割引販売価格が存在する場合にのみ表示します。

common.IF_NOT_ALL_ITEM_DISCOUNT

現在の「すべての商品一覧」に会員割引販売価格が存在しない場合にのみ表示します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引価格を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_HONTAI_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格のうち本体価格(税抜き金額)を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_TAX_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格のうち消費税額を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_ZEIKOMI_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格の税込金額を出力します。

2017-02-01

#256一部のm:idが正常に動作しない不具合を改修いたしました

【対象機能・画面】各m:idに準拠します

本システムで提供している一部のm:idが、正常に動作せずテンプレートエラーとなる不具合がございましたので、これを修正いたしました。
対象となるm:idは以下の通りですが、現在は正常に動いております。

common.IF_ALL_ITEM_DISCOUNT

現在の「すべての商品一覧」に会員割引販売価格が存在する場合にのみ表示します。

common.IF_NOT_ALL_ITEM_DISCOUNT

現在の「すべての商品一覧」に会員割引販売価格が存在しない場合にのみ表示します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引価格を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_HONTAI_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格のうち本体価格(税抜き金額)を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_TAX_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格のうち消費税額を出力します。

common.ALL_ITEM_DISCOUNT_KAKAKU_ZEIKOMI_HERE

現在の「すべての商品一覧」の会員割引後販売価格の税込金額を出力します。

2017-01-25

#255メルマガ購読・解除ボタン押下時の仕様変更について

告知

エンドユーザーがメルマガの[購読]または[解除]を押した際の挙動について、
一部正常に動かない不具合がございましたので、この機能を改修いたします。

【不具合の対象となる条件】
エンドユーザーの会員データで、PC用メールアドレスと携帯用メールアドレスが、両方同じメールアドレスで登録されている場合のみ。
※ここでいう「携帯」とは、いわゆるガラケー・フィーチャーフォンを指しております。あらかじめご承知おきください。
■現在の仕様

メルマガの[購読]または[解除]を押した際、PC用のメールアドレスを入力した場合であっても、入力されたメールアドレスを携帯用のメールアドレスとして判断しておりました。

そのため、例えばメルマガ受付区分を「受け付けない」にしようと試みた場合に、

メールアドレスはパソコン用とケータイ用で同じメールアドレスなので、両方ともメルマガ受け付けが解除されて、メルマガ受付区分が「受け付けない」となるのが、本来想定される正常な動きでしたが、現状では、入力されたメールアドレスを「携帯用のメールアドレス」と認識してしまっていたため、携帯用のみが解除され、メルマガ受付区分は「PCのみ受け付ける」になってしまうという動きをしておりました。
■改修後

上記のような場合に、入力されたメールアドレスをPC・携帯の端末区分で判断せず、メールアドレスのみで判断するようにいたします。

同じメールアドレスで[解除]した場合には、メルマガ受付区分が正しく「受け付けない」に設定されます。
【改修日程】
2/15(水)の本番更新を予定しております。

2017-01-18

#254新オプション『タグマネージャ機能』をリリースいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>データ解析>タグマネージャー

タグマネージャとは、googleアナリティクスやアフェリエイトなどの各種タグを、ショップ管理ツール上で一括登録・編集し、各テンプレートへ反映させることができる機能です。

従来は各テンプレートへそれぞれのタグを直接ベタ書きする必要がございましたが、これをショップ管理ツール上で管理できるようなります。

アクセス制限機能

追加されたメニュー

・タグ新規登録/一覧(サポートサイトはこちら
・タグルール新規登録/一覧(サポートサイトはこちら

注意事項
※本オプションは無償でご利用可能です。
※ご利用をご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。
※本機能を使用して各種タグを埋め込む際、既存のテンプレートに書き込まれたタグは、
 店舗様にて削除していただく必要がございます。あらかじめご了承ください。

2017-01-18

#253投稿済みの商品レビューをエンドユーザーが直接削除できるよう、レビュー機能の改修をいたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>商品の管理>商品レビュー管理

投稿済みの商品レビューをエンドユーザーが直接削除できるよう、レビュー機能を改修いたしました。
これに伴い、商品レビュー削除時のポイント減算機能について下記の項目を追加いたしました。

商品レビュー基本設定画面に『レビューポイント減算区分』を追加

レビューを削除した際は(店舗様の運用にもよりますが)レビュー時にエンドユーザーへ付与されたポイントを減算する必要があります。
この減算すべきポイントについて、レビュー投稿時に実際に付与されたポイント数を基に減算するか、レビュー基本設定のレビュー付与ポイントを基に減算するかを選択することができるようになりました。

なおこの設定は下記のように初期値が設定されておりますが、店舗様で自由に変更可能です。

2017/1/18以降に店舗構築された店舗様

レビュー時に実際に付与されたポイント数を基に減算。
項目名:付与済みポイント数を利用する

2017/1/18以前に店舗構築された店舗様

レビュー基本設定のレビュー付与ポイントを基に減算。
項目名:レビュー付与ポイントを利用する

商品レビュー管理に『付与済みポイント数』と『削除日時』の項目追加

付与済みポイント数

レビューを投稿した際に付与されたポイント数を表示します。

削除日時

ユーザーウェブでレビューが削除された日時を表示します。

商品レビュー一括アップロード画面に『付与済みポイント数』を追加

CSVファイルでレビューを一括アップロードする際、ポイント減算を行う場合の必要項目として追加されております。
CSVアップロード時のポイント付与・減算は、新規登録とデータ更新時で下記のように変化いたしますのでご注意ください。

1.レビュー新規登録時の『付与済みポイント数』の動き

ポイント承認フラグの状態

動作

『承認済み』

CSVファイルの『付与済みポイント数』を付与します。
『付与済みポイント数』が空白のままCSVファイルをアップロードした場合は、商品レビュー基本設定の『レビュー付与ポイント』を基に付与します。

『未承認』

ポイントは付与されません。

2.レビューの内容を更新した場合の『付与済みポイント数』の動き

更新時のポイント承認フラグの状態

動作

『承認済み』→『未承認』

ポイントが減算されます。
減算するポイントは、

1.CSVファイル『付与済みポイント数』

2.上記1.が空白の場合は現在登録されているレビューの『付与済みポイント数』

3.上記1.2.どちらも空白の場合は商品レビュー基本設定の『レビュー付与ポイント』

のように優先順位が決まっております。

『承認済み』のまま

新たにポイントが付与されることはありません。

『未承認』→『承認済み』

商品レビュー基本設定の『レビュー付与ポイント』を付与します。
CSVファイルの『付与済みポイント数』が設定されていても、付与されません。

『未承認』のまま

ポイントは付与されないままです。

※こちらの機能は『商品レビュー』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2017-01-18

#252会員がカード情報を保存している際、マスクされたカード情報を確認できる初期設定を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員管理>会員データ検索/一覧>[編集]

会員がカード情報を保存している場合に、マスクされたカード情報を確認できる初期設定を追加いたしました。
この機能をご利用いただくと、ショップ管理ツールの会員データ上部へ、下記のようにマスクされたカード情報が表示されます。



※この機能のご利用をご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。

2017-01-18

#2511月18日に追加されたm:id一覧

【対象機能・画面】対象となるテンプレート:各m:idをご参照ください。

1月18日に追加されたm:idは以下の通りです。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

REVIEW_DELETE_BUTTON_TAG

レビュー削除確認画面に遷移するボタンを表示する。

IF_DELETE

商品レビュー削除処理の場合のみ表示。

PARENT_SEND_HOPE_TIME_HERE

現在の定期受注親データの配送希望時間を出力。

2017-01-13

#250非稼働日(商品の出荷ができない日)を考慮した配送希望日を表示させる機能を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>ショップカレンダー>日付一括アップロード

ショップカレンダーの日付一括アップロードに『非稼働日フラグ』を追加いたしました。
このフラグを使って日付をアップロードすると、予め、倉庫の非稼働日を考慮して、配送希望日を表示させることができるようになります。

エンドユーザーから週末にご注文いただいた際、土日は倉庫が動かず出荷できない場合や、その結果週明けの最短お届け希望日に間に合わない、といった場合にご利用いただくことを想定しております。
また土日だけではなく、大型連休などの際にも店舗様の運用に合わせてご利用いただくことが可能です。

例:
注文日の翌日出荷ができる商品で、

 →配送希望日指定可能最小日数→2日
 →配送リードタイム→2日
 →配送希望日指定可能最大日数→10日

のように商品を設定し、1/16に注文した場合。

■非稼働日フラグを使用しない通常の設定であれば……

『最小日数2日+リードタイム2日=4日後からお届け可能』となるため、1/20から26の間でお届け可能として注文可能。
■非稼働日を1/17に設定した場合……

非稼働日として設定された翌日1/18から3日後、1/21から26の間でお届け可能として注文可能。
1/18を最小日数のうち一日として計算するので、1/18の3日後という計算方法です。
■非稼働日を1/17・18のように連続して設定した場合……

非稼働日として設定された翌日1/19から3日後、1/22から26日の間でお届け可能として注文可能。
1/19を最小日数のうち一日として計算するので、1/19の3日後という計算方法です。
■非稼働日を1/17・19のように飛び飛びにした場合

非稼働日として設定された翌日1/18から3日後、1/21から26日の間でお届け可能として注文可能。
1/18を最小日数のうち一日として計算するので、1/18の3日後という計算方法です。
この場合、1/19の非稼働日が適用される注文は、1/18の注文分となります。
■非稼働日を1/25・26のように、最大日数に当たる日にした場合

『最小日数2日+リードタイム2日=4日後からお届け可能』となるため、1/20から26の間でお届け可能として注文可能。
この場合、この非稼働日が適用される注文は、1/24・25の注文分となります。
【注意事項】
※カレンダーオプションをご利用いただいている店舗様のみご利用可能な機能となります。
※カレンダーオプションをご利用いただいてない店舗様で、この機能のご利用をご希望される際は、弊社サポートへお問い合わせください(カレンダーオプションは無償でご提供しております)。
※カレンダー自体をユーザーウェブに表示させない店舗様であってもご利用可能です。
※カレンダー機能をカスタマイズしている店舗様の場合、この機能を使うことによって本来意図しない動作をする恐れがございます。該当する店舗様でこの機能のご利用をご希望される際は、弊社サポートへお問い合わせください。
※定期販売オプションをご利用いただいている店舗様の場合、定期の子受注はこの非稼働日フラグに対応しておりません(後日改修予定です)。なにとぞご了承ください。

2017-01-13

#249ショップ管理ツールで『加算ポイント合計』を手入力できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>注文の管理>受注管理>受注新規登録>受注ヘッダ>受注金額>加算ポイント合計

受注データの加算ポイント合計を、手入力で登録できるようにいたしました。
受注ごとに個別でポイントを付与したい場合等にご利用いただけます。

2017-01-13

#248『サイトオープンIPアドレス制限』機能で、IPアドレスを範囲指定できるようになりました

【対象機能・画面】対象範囲:ユーザーウェブ全般

『サイトオープンIPアドレス制限』とは、ショップがオープンしている状態で、指定したIPアドレス以外からのアクセスをすべて準備中として表示させるための機能です。
この機能をご利用いただくと、指定したIPアドレス以外からはユーザーウェブにアクセスすることができなくなるため、クローズドサイト等でご利用いただくことを想定しております。

従来、この機能で指定するIPアドレスは『000.000.0.00』のような形式のみでしたが、これを『000.000.0.00/24』のようにIPアドレスを範囲で指定することができるようになりました。

※本機能は無料でご利用いただけますが、弊社での設定が必要なため、ご希望の際は弊社サポートへご依頼ください。

2017-01-13

#247『ユーザー情報更新時送信メール(確認メール)』で使用できる置換文字を追加いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>メールフォーマット登録・照会>ユーザー情報更新時送信メール(確認メール)

会員情報を更新した際に配信されるメールフォーマットで、使用できる置換文字を追加いたしました。対象となるメールフォーマットと追加される置換文字は以下の通りです。

【対象となるメールフォーマット】
2.ユーザー情報更新時送信メール(確認メール)

【追加される置換文字】
#CORPORATION_CD_OLD#
……変更前の法人コードを表示します。
#CORPORATION_NAME_OLD#
……変更前の法人を表示します。

※この置換文字は法人管理オプションご利用時のみご利用可能です。

2017-01-13

#246ランキング情報を表示するm:idの中で商品レビューを表示させるm:idが使えるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ全般

下記ランキング情報を繰り返し出力するm:id一覧の中で、商品レビュー関連の既存m:idが使えるようになりました。
こちらはすべて、既存のm:idに対しての機能追加となります。
各m:idの詳細・使用例については、m:idを直接クリックしていただくと、m:idの説明ページを閲覧することができます。

ランキング情報を繰り返し出力するm:id一覧


common.LOOP_RANKING

ランキング商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_RECOMMEND

おすすめ商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_SINTYAKU

新着商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_FREE_RANKING

ランキング自由設定の商品を1位から順に繰り返します。
※『ランキング自由設定』オプションをご利用いただいている場合のみ使用可能なm:idです。

common.LOOP_ACCESS_RANKING

アクセスランキング設定の商品を1位から順に繰り返します。 ※『アクセスランキング設定』オプションをご利用いただいている場合のみ使用可能なm:idです。

商品レビュー関連の既存m:id


common.IF_REVIEW

商品レビューが1件以上存在する時にのみ表示します。

common.LOOP_REVIEW_ACTIVE_STAR_AVERAGE

商品レビュー自己評価星数の平均(切り捨て)の回数繰り返します。

common.REVIEW_STAR_COUNT_AVERAGE_HERE

商品レビュー自己評価の平均数(小数点二桁)を出力します。

common.LOOP_REVIEW_INACTIVE_STAR_AVERAGE

商品レビュー自己評価星数の平均(切り捨て)が最大数に見たない場合最大数までの残りの回数繰り返します。

common.REVIEW_COUNT_HERE

レビュー件数を出力します。

common.LOOP_REVIEW

現在の商品の商品レビューを繰り返します。

common.LOOP_ACTIVE_STAR

現在の商品レビューの自己評価星数の回数繰り返します。

common.LOOP_INACTIVE_STAR

現在の商品レビューの自己評価星数が最大数に見たない場合最大数までの残りの回数繰り返します。

common.STAR_COUNT_HERE

現在の商品レビューの自己評価星数を出力します。

common.REVIEW_TITLE_HERE

現在の商品レビューのタイトルを出力します。

common.REVIEWER_LINK_TAG

現在の商品レビューの投稿者が過去に行ったレビューの一覧ページへ遷移します。

common.REVIEWER_NICKNAME_HERE

現在の商品レビューのニックネームを出力します。

common.REVIEW_DATE_HERE

現在の商品レビューの投稿日(年・月・日・時・分・秒)を出力します。

common.REVIEW_COMMENT_HERE

現在の商品レビューの本文を出力します。

common.REVIEW_ITEM_NAME_HERE

現在の商品レビューの商品名を出力します。

common.IF_SEND_ITEM_ALREADY

現在の商品の商品レビューの商品が発送済み(配送日が現時刻以前)のときのみ表示します。

common.IF_BUY_ITEM_ALREADY

現在の商品の商品レビューの商品が購入済みのときのみ表示します。

common.MORE_REVIEW_LINK_TAG

現在の商品の商品レビューのリンクを表示します。

common.IF_MORE_REVIEW

現在の商品の商品レビューの総件数が属性m:max_countで指定した値より大きい場合に表示します。

2017-01-13

#246ランキング情報を表示するm:idの中で商品レビューを表示させるm:idが使えるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ全般

下記ランキング情報を繰り返し出力するm:id一覧の中で、商品レビュー関連の既存m:idが使えるようになりました。
こちらはすべて、既存のm:idに対しての機能追加となります。
各m:idの詳細・使用例については、m:idを直接クリックしていただくと、m:idの説明ページを閲覧することができます。

ランキング情報を繰り返し出力するm:id一覧


common.LOOP_RANKING

ランキング商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_RECOMMEND

おすすめ商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_SINTYAKU

新着商品を1位から順に繰り返します。

common.LOOP_FREE_RANKING

ランキング自由設定の商品を1位から順に繰り返します。
※『ランキング自由設定』オプションをご利用いただいている場合のみ使用可能なm:idです。

common.LOOP_ACCESS_RANKING

アクセスランキング設定の商品を1位から順に繰り返します。 ※『アクセスランキング設定』オプションをご利用いただいている場合のみ使用可能なm:idです。

商品レビュー関連の既存m:id


common.IF_REVIEW

商品レビューが1件以上存在する時にのみ表示します。

common.LOOP_REVIEW_ACTIVE_STAR_AVERAGE

商品レビュー自己評価星数の平均(切り捨て)の回数繰り返します。

common.REVIEW_STAR_COUNT_AVERAGE_HERE

商品レビュー自己評価の平均数(小数点二桁)を出力します。

common.LOOP_REVIEW_INACTIVE_STAR_AVERAGE

商品レビュー自己評価星数の平均(切り捨て)が最大数に見たない場合最大数までの残りの回数繰り返します。

common.REVIEW_COUNT_HERE

レビュー件数を出力します。

common.LOOP_REVIEW

現在の商品の商品レビューを繰り返します。

common.LOOP_ACTIVE_STAR

現在の商品レビューの自己評価星数の回数繰り返します。

common.LOOP_INACTIVE_STAR

現在の商品レビューの自己評価星数が最大数に見たない場合最大数までの残りの回数繰り返します。

common.STAR_COUNT_HERE

現在の商品レビューの自己評価星数を出力します。

common.REVIEW_TITLE_HERE

現在の商品レビューのタイトルを出力します。

common.REVIEWER_LINK_TAG

現在の商品レビューの投稿者が過去に行ったレビューの一覧ページへ遷移します。

common.REVIEWER_NICKNAME_HERE

現在の商品レビューのニックネームを出力します。

common.REVIEW_DATE_HERE

現在の商品レビューの投稿日(年・月・日・時・分・秒)を出力します。

common.REVIEW_COMMENT_HERE

現在の商品レビューの本文を出力します。

common.REVIEW_ITEM_NAME_HERE

現在の商品レビューの商品名を出力します。

common.IF_SEND_ITEM_ALREADY

現在の商品の商品レビューの商品が発送済み(配送日が現時刻以前)のときのみ表示します。

common.IF_BUY_ITEM_ALREADY

現在の商品の商品レビューの商品が購入済みのときのみ表示します。

common.MORE_REVIEW_LINK_TAG

現在の商品の商品レビューのリンクを表示します。

common.IF_MORE_REVIEW

現在の商品の商品レビューの総件数が属性m:max_countで指定した値より大きい場合に表示します。

2017-01-11

#2451月11日に追加されたm:id一覧

【対象機能・画面】対象となるテンプレート:userweb/wishlist.xhtml

1月11日に追加されるm:idは以下の通りです。
各m:idの詳細・使用例については、それぞれのm:idを直接クリックしていただきご確認ください。

IF_USE_MEMBER_WISH_LIST_PAGING

ウィッシュリストページングを利用している時にのみ表示します。

2016-12-26

#244ステップメール登録時の不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>ステップメール管理

ステップメールをご利用いただく際、ステップメールのシナリオに商品コードを設定しなくても登録できてしまう不具合がありましたが、これを修正いたしました。

※こちらは『ステップメール』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-12-26

#244ステップメール登録時の不具合を修正いたしました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>プロモーション>ステップメール管理

ステップメールをご利用いただく際、ステップメールのシナリオに商品コードを設定しなくても登録できてしまう不具合がありましたが、これを修正いたしました。

※こちらは『ステップメール』オプションをご利用いただいている店舗様のみ対象となります。

2016-12-26

#243サイト混雑時にユーザーの入場数を調整できる機能をリリースいたしました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ全般に影響あり

店舗様でセールやキャンペーン等を実施した際、アクセスが集中して「サイト混雑中」となってしまうのを防ぐため、ユーザーウェブへの訪問ユーザー数を一定の範囲内に保ち、安定したサイト閲覧・商品購入が実現できる機能をリリースいたしました。
こちらの機能はすべて無料でご利用いただけますので、ご希望の際は、弊社サポートへお問い合わせください。

・サイトへの訪問ユーザー数上限値
ユーザーウェブ内で一度に閲覧・購入ができるユーザー数を設定します。
初期値は1000に設定されています。
この場合、1000以上のアクセスについては「サイト混雑中」画面に画面遷移させ、ユーザーウェブ内のアクセス数が1000以下になった時点で、次のユーザーがアクセスできるようになります。
・訪問中ユーザーか否かの判定時間
ユーザーウェブ内で閲覧・購入しているユーザーが、どれぐらいの時間ユーザーウェブに滞在できるかを設定します。
初期値は10分で設定されています。
・サイトへの訪問ユーザー数上限値係数
ユーザーウェブへのアクセスが急激に高騰した場合に、ユーザーウェブの安定稼働を目的として入場者数を制限し、強制的かつランダムに「サイト混雑中」画面へ画面遷移させる機能です。
設定する内容は『サイトへの訪問ユーザー数上限値』を基準とした係数で設定し、初期値は1.2(=1200人の入場者数)で設定されています。
この場合、1000×1.2=1200のアクセスがあった場合に、200人を強制的かつランダムに退場させます。
・警告メール送信閾値
ユーザーウェブへの訪問ユーザーが、この『警告メール送信閾値』を超えた場合に『警告メール送信先アドレス』へ警告メールを配信します。
初期状態では数値が設定されておりません。
警告メールとしての用を成すため、必ず『サイトへの訪問ユーザー数上限値』を下回る数値で設定してください。
・警告メール送信先アドレス
『警告メール送信閾値』で設定した値を超えたアクセスがあった場合に、警告メールを配信する先のメールアドレスを設定します。
初期状態ではメールアドレスは設定されておりません。
なお『警告メール送信閾値』を設定しても、このメールアドレスの設定がない場合はメールが配信されないのでご注意ください。

2016-12-26

#242会員一括アップロードで、ログインパスワードを暗号化できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>会員・お問い合わせ管理>会員一括アップロード

※この機能は『会員パスワード暗号化』オプションをご利用いただいている場合のみ、ご使用いただけます。
※ログインパスワードがすでに暗号化されている会員データの場合、この機能を使って会員データを更新するのは避けていただきますようお願いいたします。
 この機能を使って再度アップロードしてしまうと、暗号化された旧パスワードの文字列をさらに暗号化してしまいます。
 そのため、この会員のログインパスワードが本来のログインパスワードとはかけ離れた文字列になってしまいますのでご注意ください。
※上記理由のため、この機能は新規会員のCSVアップロード時のみご使用いただくことをお勧めいたします。

2016-12-14

#241ポイントの利用レートを設定できるようになりました

【対象機能・画面】ショップ管理ツール>お店を作る>ポイント設定>ポイント利用レート

ebisumartのポイントは、従来1ポイントにつき必ず1円の割引と決まっておりましたが、これを変更できる機能として下記画面に『ポイント利用レート』を追加いたしました。

この機能をご利用いただくと、1ポイントに対しての割引金額を、1ポイントにつき10円や100円といった割引額に変更することができるようになります。

※1ポイントにつき1円以下の設定(0.5円=2ポイントにつき1円割引等)は不可となっておりますのでご注意ください。

※店舗様でポイント機能についてカスタマイズを行っている場合、カスタマイズの状況により、この機能が使えない場合がございます
 ので、ご不明な場合は弊社サポートへお問い合わせいただいた上でご利用いただくことをお勧めいたします。

2016-12-14

#240ペイジェントで、クレジットカード情報の保存機能が使えるようになり、
定期販売オプションにも対応できるようになりました

【対象機能・画面】ユーザーウェブ>カート精算画面(cart_seisan.xhtml)・カード情報登録画面(member_credit_entry_input.xhtml

従来『会員クレジットカード情報保存オプション』及び『定期販売オプション』は、株式会社ペイジェント様をご利用いただく場合に、ebisumartで使用することができないオプションとなっておりましたが、これを改修しオプションをご利用いただくことが可能となりました。
こちらについては別途お申し込みが必要となりますので、ご希望の際は弊社サポートへお問い合わせください。

※『会員クレジットカード情報保存オプション』は無償でご提供可能です。
※定期販売をご利用いただく場合は、定期受注作成時に都度与信が必要となります。
 またカード情報の登録が必須となる定期販売になるため、ユーザーウェブのテンプレート等を書き換える必要があります。

なお、ペイジェントでは保存できるカード情報は最大5枚までとなっておりますので、これを判定するm:idが新たに追加されております。
IF_CAN_REGIST_CARD