会員タグ機能

会員を好きな条件でグルーピング、
セグメント分けした施策や分析に活用しLTVを最大化!

リリース日 : 2016年7月14日(水)

メインビジュアル

会員タグとは、サイト会員を好きな条件に応じてグルーピングできる機能です。
Gmailのラベル機能のように、振り分けや目印的な要素でご活用いただける他、会員タグを利用しセグメント化することで購買分析にも活用できます。

例えば、ebisumart無償オプション機能の「売上カスタムレポート」と掛け合わせてご利用いただくことで、会員タグ基軸での売上分析が可能です。会員の購買行動を「見える化」し、繰り返し施策を実施していただくことが、LTV最大化のポイントの一つとなります。

当機能は、無償オプション機能です。ご利用いただく場合、弊社サポート窓口までご一報いただく必要がございます。

こんな人におすすめです

  •  会員向け施策を強化していきたい
  •  特定の会員グループにだけクーポンの発行やメルマガ配信を行いたい
  •  ある条件で会員をグルーピングしたい

会員タグでできること

会員に対してタグを付与すると、以下のようなことができます。

会員一覧で検索
会員一覧で検索イメージ

ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員データ検索/一覧

会員タグ基軸で、会員を検索することができます。
検索結果を活用し、会員タグが付与されている会員にのみポイントを付与するということにもお役立ていただけます。

受注一覧で検索
受注一覧で検索イメージ

ショップ管理ツール > 注文の管理 > 受注データ管理

会員タグ基軸で、受注を検索することができます。
会員タグが付与された会員の購買データを、受注データ一覧で確認できます。

売上カスタムレポートの集計基軸
売上カスタムレポートイメージ

ショップ管理ツール > データ解析 > カスタム売上レポート新規登録

会員タグ基軸で売上レポートが集計できます。
会員タグを利用することで、リピーター分析など会員の購買分析にもご活用いただけます。

タグ付けされている会員にクーポン発行
タグ付けされている会員にクーポン発行

ショップ管理ツール > プロモーション > クーポン管理 > クーポン新規登録

特定の会員グループに対してクーポンの発行ができます。
会員タグを活用することで、その会員に合ったベストなクーポンを発行することが可能です。

タグ付けされている会員にメルマガ配信
タグ付けされている会員にメルマガ配信

ショップ管理ツール > プロモーション > メルマガ予約/配信 (配信対象選択画面)

メルマガの配信対象セグメントとして「会員タグ」が追加されています。特定の会員グループに対してのみメルマガを送りたい、という場合に便利です。
メルマガはセグメント分けが重要になってきますので是非ご利用ください。

会員タグの作り方

STEP1.会員タググループを作る

ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員タグ管理 > 会員タググループ追加

グループを追加します。「リピート数」「累計購入金額」などお好きなグループ名を記入してください。

画面キャプチャ01

STEP2.会員タグを作る

ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員タグ管理 > 会員タグマスタ

会員タググループ枠にある「会員タグ追加」ボタンをクリックし、会員タグ新規登録画面を表示します。該当情報を記入し、登録します。
これで、会員タグの作成は完了です。次に、作成したタグを会員に付与します。

画面キャプチャ02

STEP3. 会員タグを会員に付与する

ショップ管理ツール > 会員・お問い合わせ管理 > 会員管理 > 会員データ検索/一覧

グルーピングしたい条件で会員を検索する。検索結果画面下部にある、ドロップダウンリストから、該当の会員タグを選択し、
「実行」ボタンをクリックします。

画面キャプチャ03

STEP4. 会員タグの付与完了

 会員データ検索の検索条件で「会員タグ」基軸で検索することも可能です。

画面キャプチャ03

会員タグ活用事例

特定のブランドが好きな会員に対してメルマガを送信したい

例)
会員の自由項目に「好きなブランド」があり、会員登録時にユーザーに好きなブランドを選択させている場合の店舗で、ブランドAが好きな会員に対して、ブランドAの新作商品の紹介やキャンペーン情報を事前に告知するメルマガを送信したい。

  • ①会員タグを作成し、会員データ検索画面で会員タグを付与する。
    ・会員タグ名 ブランドA会員グループ
    ・会員タグの付与 検索基軸で会員の自由項目「好きなブランド」を選択し検索する。
    ブランドAグループのタグを付与する。
  • ②メルマガ送信の際、「配信対象アドレス絞込」画面で該当の会員タググループを選択する。

例)「ブランドA会員グループ」のチェックボックスをONにする。

画面キャプチャ04

会員タグ機能 Q&A

会員タグを作成したけど、どこで付与をすればよいですか?
会員検索メニューで特定の条件で検索し、検索一覧画面下の選択画面から付与したいタグを選んでください。
会員タグの作成は、会員タグマスタからでしか作成できませんか?
現状(2017年9月時点)、会員タグマスタからのみ作成可能となっております。追加された際ににはご案内いたします。
条件に応じて自動で会員タグを付与することはできますか?
基本的に、タイミングに応じて手動でタグを付与していただきます。
その他、メルマガ配信の際に、配信対象となった会員に対してタグを自動で付与できる機能がございます。メルマガの配信予約画面にて、「会員タグ」という項目があるので、そこにタグ名を記述します。いつ、どのようなメルマガを配信した会員なのか?追客施策の一環としてご利用いただけます。

ebisumart機能特集

毎週アップデートされるebisumartの機能の中から厳選して、おすすめ機能ご紹介します!ご要望やお気づきの点がありましたらお気軽にお問合せください。

> ebisumart機能特集