テンプレートの拡張機能 [extフォルダの使用方法]

ID EXTEND

テンプレートの拡張機能 [extフォルダの使用方法]

userwebフォルダ・mobileフォルダ・smartphoneフォルダ内のextフォルダには、テンプレート以外の拡張ファイルを置くことができます。たとえば、安売りフェア等の特設ページを設置したい場合にこのフォルダに置くことができます。ここでは、extフォルダに置くことのできるファイルの説明をします。


拡張ファイルの格納場所

テンプレート以外の拡張ファイルは、PCの場合userwebフォルダ内、携帯の場合mobileフォルダ内、スマートフォンの場合smartphoneフォルダ内の「ext」フォルダにそれぞれ格納します。参照方法は、テンプレートのダウンロード・アップロード・編集をご覧ください。


ランディングページ

安売りフェア等の特設ページを設置したい場合にこのフォルダに置くことができます。テンプレートと同様にXHTML形式で保存してください。動的要素として、共通で使用できるm:idを使用することができます。一覧は共通で使用できるm:id一覧を参照ください。もちろんm:idを使用しない完全静的ページを作成して置くことも可能です。

トップページ以外のリンクについて

ext配下でシステム内の特定ページへの静的リンクを記載する際は、先頭の"/"は不要です。通常のWebページとはリンク作成方法が異なりますのでご注意ください。

※作成例:ext/page1.htmlからext/page2.htmlへのリンクの場合

×href="page2.html"
×href="./page2.html"
〇href="ext/page2.html"

このページは参考になりましたか?

はい いいえ

2人の方が「参考になった」と言っています。
1人の方が「参考にならなかった」と言っています。

ページトップへ戻る