ebisumartアプリとは

ebisumartアプリ(以下アプリ)とは、ebisumartの店舗の挙動をカスタマイズしたり、ebisumartの情報を用いて追加機能をしたりするための仕組みです。

アプリを作成するためには、アプリケーションパートナーとしてご登録いただく必要があります。登録を希望される方は、ebisumartのビジネスパートナーのページをご参照のうえお申し込みください。
※アプリケーションパートナーのお申込みについては現在準備中です。

アプリは、ebisumartとは独立したサーバーで稼働するWebアプリケーションです。アプリが稼働する環境は開発者側で用意していただきます。
店舗管理者がアプリをインストールすると、その店舗とアプリとがAPIを経由して協調して動作するようになります。具体的には、以下のことができるようになります。

処理カスタマイズAPI

処理カスタマイズAPIとは、ebisumartのシステムによる処理の一部をアプリによってカスタマイズするための仕組みです。たとえば送料計算や在庫引当処理など、ebisumartのシステムが特定の処理を行う前または行ったに、あらかじめ登録したアプリのロジックを呼び出すことができます。
カスタマイズできる個所の一覧は、処理カスタマイズAPIを参照してください。

ビューアドオンAPI

ビューアドオンAPIとは、エンドユーザーに表示するHTMLの情報をアプリによって動的に制御するための仕組みです。テンプレートにビューアドオンAPIの呼び出しが含まれていると、ebisumartがアプリのAPIを呼び出して、その結果に応じてビューを動的に生成します。
たとえば、アプリが独自に管理しているポイント情報やおすすめ商品情報を、ebisumartの画面に表示することができます。
詳細についてはビューアドオンAPIを参照してください。

データアクセスAPI

データアクセスAPIとは、ebisumartが保持しているデータ(たとえば顧客情報や商品情報など)にアプリからアクセスするための仕組みです。これを使って、上記二種類の処理の最中にたとえばebisumartの情報にアクセスしたり、あるいはアプリ独自の画面にebisumartの情報を表示したりできます。
詳細についてはデータアクセスAPIを参照してください。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
0人の方が「参考にならなかった」と言っています。

ここを見た方は他にもこんなページを見ています。