会員関連

会員情報を作成・編集したり、検索することができます。

リソース一覧

リソースURI 説明
会員一覧
会員
会員ポイント履歴
会員ポイント履歴
会員ポイント履歴
レビュー

リソース属性

このリソースが持つ属性を以下に示します。本リソースについてのAPIを実行すると、以下の属性を取得、変更することができます。

(必須)が付いている項目は登録時に設定が必須です。
MEMBER_ID
会員IDです。会員データを一意にする識別子です。
L_NAME (必須)
姓(漢字)です。
F_NAME (必須)
名(漢字)です。
L_KANA
姓(カナ)です。
F_KANA
名(カナ)です。
PC_MOBILE_KBN (必須)
端末区分です。1:PCで新規会員登録、3携帯で新規会員登録
REGIST_LANG
登録言語。デフォルトはja(日本語)です。
ZIP
郵便番号です。
ADDR1
住所1(都道府県)です。
ADDR2
住所2(市区町村、番地)です。
ADDR3
住所3(マンション名等)です。
SEX
性別です。M:男性、F:女性を指定します。
BIRTH
生年月日です。
TEL
自宅電話番号です。
PC_MAIL
PCメールアドレスです。
MOBILE_MAIL
携帯メールアドレスです。
DEL_DATE
削除日です。削除時に設定します。
TAIKAI_DATE
退会日です。退会時に設定します。
LOGINID
ログインIDです。ユニークな値です。
MEMBER_RANK
会員ランクです。会員ランクオプションが有効な場合に使用します。1、2、3のいずれかを指定します。
POINT
保有ポイント数です。
MAIL_FLG
メルマガ受付区分です。未設定:受け付けない、1:PC/携帯の両方で受け付ける、2:PCで受け付ける、3:携帯で受け付ける
LOGIN_COUNT
ログイン回数です。
LAST_LOGIN_DATE
最終ログイン日時です。
MEMBER_ACCESS_BROWSER_KBN
会員アクセスブラウザ区分です。
MEMBER_USER_AGENT
端末機種情報です。
PC_MAIL_TYPE
PCメール形式です。
MOBILE_MAIL_TYPE
携帯メール形式です。
BIKO
会員備考です。
CORPORATION_ID
法人IDです。
MEMBER_DEFAULT_KESSAI_ID
標準利用支払い方法です。
REGIST_KBN
登録区分です。
REGIST_MAIL_SEND_DATE
本登録メール送信日時です。
LOGIN_FAILURE_LIMIT
パスワード誤り上限です。
LOGIN_FAILURE_COUNT
パスワード誤りカウントです。
ADMIN_REGIST_USER_ID
管理ツール登録者IDです。管理ツールで登録を行った管理ツール利用者のIDです。
ADMIN_UPDATE_USER_ID
管理ツール更新者IDです。管理ツールで最後に更新を行った管理ツール利用者のIDです。
REGIST_DATE
データの登録日です。
UPDATE_DATE
データが最後に更新された日です。
FREE_ITEM1~100
自由項目です。店舗によって用途は異なります。使用可能設定になっている自由項目のみにアクセスできます。
point_records
会員に紐づくポイント履歴のオブジェクトです。配列の形式になります。
POINT_RECORD_ID
ポイント履歴IDです。ポイント履歴を一意にする識別子です。
MEMBER_ID
会員IDです。
POINT_RECORD_DATE (必須)
ポイント履歴日です。
POINT_RECORD_KBN (必須)
ポイント履歴区分です。
  • 0:失効(バッチ処理で設定される)
  • 1:新規会員登録
  • 2:注文(入金)ポイント付与
  • 3:注文(入金)ポイント付与取消
  • 4:ポイント利用
  • 5:ポイント利用取消
  • 6:レビューポイント付与
  • 7:レビュイーポイント付与取消
  • 9:その他
PLUS_MINUS_POINT (必須)
増減ポイント数です。減の場合マイナス値を指定します。
POINT_LIMIT_DATE
ポイント有効期限の日付です。プラスポイントの場合のみ有効です。null:ポイント有効期限なし
ORDER_NO
受注番号です。受注と関連する場合に設定します。
POINT_COMMENT
購入商品などのコメントを設定します。
metadata
会員に紐づくメタデータのオブジェクトです。アプリで独自定義したキー、バリューを保持することができます。
メタデータはPOST /members, PUT /members/{member_id}にて登録・更新できます。
一度に指定可能なメタデータ数は20となっております。20を超えた場合、登録・更新を行わずエラーを返します。
metadataに多量のデータを登録した場合、店舗の運用費の負担が増えることにつながりますので、不要なデータの登録が行われないようにお願いします。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。
0人の方が「参考にならなかった」と言っています。